特集記事
SPECIAL

(13)ポジション徹底分析 バックスリー編①

ラグビー 2020.05.17

 計5回にわたってお送りする企画は「ポジション徹底分析」。本紙ラグビー担当が記録した過去のデータを基に、学生記者独自の視点からポジションごとの注目選手を特集していく。第5回はバックスリー(ウイング、フルバック)編をお送りします。


<ウイング>

山村知也選手(令2営卒・現リコーブラックラムズ)、山﨑洋之選手(令2法卒・現クボタスピアーズ)を継ぐトライゲッターは

(引用:明治大学ラグビー部公式サイト 5月17日現在)

◆石川貴大(政経4=報徳学園)

一昨年はジュニア選手権を中心に、昨年は対抗戦、大学選手権を中心に着実に出場機会を伸ばしてきた。武器は体格を生かしたラインブレーク。目標に挙げる髙橋汰地選手(平31政経卒・現トヨタ自動車ヴェルブリッツ)のような果敢な突破に期待したい。


◆髙比良隼輝(政経3=長崎北)

公式戦出場機会は少ないものの、練習試合では下級生のころからトライを量産。一瞬で相手を抜き去るランニングスキルとスピードでスタメンも奪取したい。


◆松本純弥(政経3=佐賀工)

昨年まではフルバックでの出場もあったが、今季はウイング登録に。高校時代からユース年代7人制日本代表を経験。今年3月にはワールドセブンズカナダ大会日本代表に選出され、アイルランド戦でトライを挙げた。


◆石田吉平(文2=常翔学園)

昨季、鳴り物入りで明大に入学したものの、春シーズンは肩の手術により出場はなし。対抗戦・成蹊大戦ではデビュー戦にして初トライを挙げた。7人制日本代表として東京五輪出場を目指す石田。五輪延期が今季にどう影響するか、多少の懸念は残る。


フルバック、総評はこちら


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読