(3)ルーキー特集 第2弾 ~堀見華那編I~ 「高校時代を振り返って」

 昨年は例外的になかったものの、今年で4回目を迎える恒例のルーキー企画。これからの活躍に目が離せない期待のルーキーを紹介する。2人目は、フレッシュな演技で観客をとりこにする堀見華那(商1=愛知みずほ大瑞穂)。今回は大学に入るまでの彼女に迫る。 (この取材は6月7日に行われたものです) ――フィギュアスケートを始めたきっかけは何ですか。 「母がフィギュアスケートを好きだったこともあり、浅田真央選手をテレビで見ました。昔から踊ることが好きだったのに加え、テレビで見て楽しそうと思ったのでお母さんにやりたいと言って始めました」 ――何歳ごろから始めましたか。 「小学1年生の時なので、6歳です」 ――ご自身のスケートの強みと弱みは何ですか。 「強みはのびのびと滑れるところです。大きく体を使って表現することを心がけていて、見ている人が楽しい気持ちになれるようにと思っています。弱みは試合でジャンプがうまくはまらないことが多いところです。緊張してしまったり、不安な気持ちがあったりするとジャンプが失敗してしまうことが多いです。そこを大学の間に克服したいです」 ――高校時代で一番記憶に残っている大会はどの大会ですか。 「高校三年生のインターハイです」 ――どうして記憶に残っているのですか。 「最後のインターハイだったからです。演技前の6分間練習では、今までに感じたことがないほど調子が悪かったのですが、本番はうまくジャンプがはまり、FS(フリースケーティング)を行うことができました。ジャンプがうまくいかなくても、試合の時にどうすればうまくできるのかを知れたことが嬉しかったので、記憶に残っています」 ――具体的にどういうことをすればうまくいきましたか。 「吹っ切れたというか、頭の中の悪いイメージを捨てて、いいイメージを持っていこうと気持ちを切り替えました」 ――一番良かった大会はどの大会ですか。 「高校1年生のときの西日本ジュニアです」 ――どうしてですか。 「SP(ショートプログラム)が終わった時点では全日本ジュニア出場圏内ではなかったのですが、FSをほぼノーミスで演技をすることができたので全日本ジュニアに行くことができたからです」 ――逆に一番うまくいかなかったなという大会はどの大会ですか。 「高校2年生の時のインターハイです」 ――どういう失敗をしたのですか。 「ケガをしていたというのもあるのですが、自分の順位が学校の順位に影響するというチーム戦のようなものが初めてだったので、自分の失敗が学校に迷惑をかけてしまうと思うと緊張してうまくいきませんでした」 ――昨年、コロナの影響はありましたか。 「4月、5月の2カ月間氷の上に立てませんでした。その間は陸上でトレーニングをしたり、走りに行ったりしました。6月に練習を再開したときは感覚がすぐ戻るか不安でしたが、思っていたより早く元の状態に戻ることができたので、私はそこまで困らなかったです」 ――自粛期間は長かったと思うのですが、気持ちは切れませんでしたか。 「切れませんでした。名古屋の時の先生がzoomでトレーニングを開催してくださって、1人ではなくチームのみんなでトレーニングをするのが楽しかったからです。周りが頑張っていると自分も頑張らないと、と思えました」 [堀純菜] ♥堀見 華那(ほりみ・はな)商1、愛知みずほ大瑞穂、157センチ
READ MORE

(4)ルーキー特集 第2弾 ~堀見華那編Ⅱ~ 「毎試合全力を出し切れるように」

 昨年は例外的になかったものの、今年で4回目を迎える恒例のルーキー企画。これからの活躍に目が離せない期待のルーキーを紹介する。2人目は、フレッシュな演技で観客をとりこにする堀見華那(商1=愛知みずほ大瑞穂)。今回は大学に入ってからの彼女について紹介する。 (この取材は6月7日に行われたものです) ――今シーズンのSP(ショートプログラム)について教えてください。 「シルク・ドゥ・ソレイユのParamourという演目の中のeverythingという楽曲を使用します。壮大できれいな曲です。この曲がとても好きなので、昨シーズンに引き続き今シーズンも継続して使用しています」 ――この曲を選んだ理由を教えてください。 「初めて聴いた時に自分が滑るイメージがすごく湧いたので『これだ!』と思いすぐに決めました」 ――今シーズンのFS(フリースケーティング)について教えてください。 「SPと同じくシルク・ドゥ・ソレイユのParamourからThe Hollywood wizという曲を使用します。SPとは違ってノリノリで楽しい元気な曲です」 ――どうしてシルク・ドゥ・ソレイユの楽曲を使用しようと思ったのですか。 「ミュージカルや演劇を見るのが好きで、一度だけシルク・ドゥ・ソレイユを見に行ったことがあります。その時に聴いた曲が好きだったので、他にどんな曲があるのか気になり調べてみたらいい曲があったので選びました」 ――何歳ごろに観に行きましたか。 「たしか中学1年生だった気がします」 ――結構前に見て良いなと思って決めたということですか。 「そうですね。鈴木明子さんがシルク・ドゥ・ソレイユの曲を使っていて知ったというのもあります」 ――明治大学を選んだ理由を教えてください。 「明大のスケート部の先輩方はとても強い方がたくさんいて、個人競技だけどみんなで応援して、お互いに力を高め合っている雰囲気がいいと思ったからです。また、私もそこに入って成長したいと思いました」 ――大学に入って一日にどれぐらい練習していますか。 「曜日によって違いますが、朝に45分の練習を2セット、夜に1セット行っています」 ――学業とスケートの両立は大変ですか。 「今はオンライン授業のため家で授業を受けることが多いので、そこまで大変ではないです。4月は対面授業だったので1時間かけて通学して帰ってきて、すぐ練習することが大変だなと最初は感じました」 ――仲のいい同期・先輩を教えてください。 「お世話になっているのは4年生の井上千尋(商4=椙山女学園)ちゃんです。もともと出身が同じ名古屋で明大に入る前から同じリンクで練習をしています」 ――オフの日はどのように過ごしていますか。 「買い物が好きなので一人で洋服やコスメを見に行きます。家にいるときはドラマや映画を見ます」 ――大学での目標を教えてください。 「最終的な目標は全日本選手権に出場することです。全日本に出場するためにはいくつか試合に出て進んでいく必要があります。毎回の試合で自分の全力を出して、ノーミスの演技ができるように自信をつける練習をしたいです」 ――ありがとうございました。[堀純菜] ♥堀見 華那(ほりみ・はな)商1、愛知みずほ大瑞穂、157センチ
READ MORE

(1)ルーキー特集 第1弾 ~大島光翔編I~ 「昨年度を振り返って」

 昨年度は例外的になかったものの、今年で4回目を迎える恒例のルーキー企画。これからの活躍に目が離せない期待のルーキーを紹介する。1人目は、昨年度急成長を遂げ、全日本ジュニア選手権で5位となった大島光翔(政経1=立教新座)。観客を引き込む演技で、さらなる高みを目指す。 (この取材は6月12日に行われたものです) ――フィギュアスケートを始めたきっかけは何ですか。 「父がスケーターで、試合やアイスショーをやっていて、先生でもあったので、その影響で自分も始めました」 ――ご自身のスケートにおける強みは何ですか。 「スケーティングや踊りは普通の選手よりかは滑れて、踊れるのではないかと思います」 ――試合では緊張しますか。 「とても緊張します。大きな会場で1人で滑るのですごく緊張感があります。自分は、大きな試合になればなるほど、お客さんがいればいるほど楽しめるタイプなので、いざ演技が始まると楽しむことができますが、演技が始まる前は緊張します」 ――昨年度の全日本ジュニア選手権は総合5位でしたが、改めて振り返ってみていかがですか。 「あれは間違いなく昨シーズンの中で一番いい演技でした。全日本ジュニア選手権でようやくお客さんが入り始めて、久しぶりにお客さんの前で滑って、笑顔で終えることができたので印象深く残っています」 ――FS(フリースケーティング)では高得点を記録して2位でしたが、その要因は何だと思いますか。 「昨シーズンにトリプルアクセルを習得して、それを演技に入れたことで戦えるようになりました。FSはSP(ショートプログラム)よりもジャンプの本数が多く、個人的にはジャンプの少ないSPの方が苦手意識がありました。FSは得意分野のように思っていて自信があり、その自信を生かしてほぼノーミスの演技ができたので、結果としてFSで2位になれたのだと思います」 ――会場の雰囲気はお客さんがいるからこそ成り立つものですか。 「そうですね。無観客で試合をしたときに『誰のために何をやっているのだろう』と思うことがありました。お客さんにどれだけいい演技を届けられるかという競技なので、お客さんがいないのは寂しいと思いました。全日本ジュニア選手権のときは、お客さんがいて自分の気持ちが乗りました」 ――昨シーズンは好成績を残されていますが、成長できた実感はありますか。 「すごく実感しています。急にジャンプが跳べるようになって、その原因は自分でもよく分からないのですが、いい方向に成長できたのでよかったと思います」 [守屋沙弥香] ◆大島 光翔(おおしま・こうしょう)政経1、立教新座、171センチ
READ MORE

(2)ルーキー特集 第1弾 ~大島光翔編Ⅱ~ 「さらなる飛躍の1年へ」

 昨年は例外的になかったものの、今年で4回目を迎える恒例のルーキー企画。これからの活躍に目が離せない期待のルーキーを紹介する。1人目は、昨年度急成長を遂げ、全日本ジュニア選手権で5位となった大島光翔(政経1=立教新座)。観客を引き込む演技で、さらなる高みを目指す。 (この取材は6月12日に行われたものです) ――シーズン後はどんなことをされますか。  「とにかく食べます。自分が少しでも食べたいと思ったものは食べていて、すぐに太りますね」 ――シーズン中は食事に気を付けていらっしゃいますか。 「はい。体重によって調子や結果が変わってくることもあるので、こまめに自分の体重を見て試合に向けて制限をして調整しています」 ――スケート以外に好きなことはありますか。 「ゴルフが好きです。休日に父とラウンドを回ることがあります」 ――好きな時間はどんな時ですか。 「友達と話をしている時間が好きです。友達といるときが楽しくて一番リラックスできる時間だと思います」 ――大学に入学してから、友達づくりはどのようにされましたか。 「人とコミュニケーションをとるのが好きなので、いろいろな人に話し掛けて友達をつくりました」 ――プログラムはどのように作っていますか。 「振付を作ってもらって、まずは先生に教わったことをやります。それに慣れてきたら、自分の感情を入れていって、その流れを崩さないようにジャンプやステップやスピンを入れられるようにします。振付をしてもらっているときに、アイデアや自分の意思を伝えるようにしています」 ――曲は選手ご自身で選ばれますか。 「今シーズンはFSの曲を自分で選んで、SPは先生に選んでもらいました」 ――FSで選んだ曲にはどんな思い入れがありますか。 「自分は髙橋大輔選手が好きで、髙橋選手がバンクーバー五輪で使われていた『道』という曲があって、ずっとその曲を使いたいと思っていました。昨シーズンは成績が出たということもありこの曲を選びました」 ――これからどんなスケーターになりたいですか。 「父のように、オーラがあって観客を引き込めるようなスケーターを目指したいです」 ――今シーズンの目標を教えてください。 「全日本ジュニア選手権で優勝したいです。世界ジュニア選手権の日本代表に選ばれたいと思っています」 [守屋沙弥香] ◆大島 光翔(おおしま・こうしょう)政経1、立教新座、171センチ
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読