(女子部)日体大に敗れ秋季リーグ3連敗 前半戦を全敗で折り返す/関東大学秋季1部リーグ戦

 秋季リーグ第3戦、相手は直近の東日本インカレで勝利している日体大。今リーグ初の勝利が期待されたが、試合開始早々、第1、第2シングルスを落としてしまう。何とか第1ダブルスを取ると勝負の行方は第2ダブルスへ。接戦の末に敗れ、前半戦を全敗で終えた。 ◆9・14~9・22 関東大学秋季1部リーグ戦(日体大米本記念体育館)▼女子●西口0―2池内●上杉杏1―2辻田〇上杉夏・鈴木成組2―1杉田・福田組●小原・由良組1―2油上・宮内組●正田1―2神山               チームの流れを変えられなかった。第2シングルスに上杉杏(商1=埼玉栄)が出場。「秋季リーグ始まって2敗して、自信を持ってプレーできなかった」(上杉杏)と第1ゲーム序盤から主導権を握られ、12―21で完敗を喫する。「不安が大きくなって焦った」(上杉杏)と第2ゲームこそ21―18で奪取したものの、第3ゲームも序盤からミスが連発。その隙を相手に攻め立てられ17―21で落とした。  第1ダブルスをなんとか取ると、勝負の行方は第2ダブルスの小原凛々子(文3=聖ウルスラ)・由良なぎさ(政経2=ふたば未来学園)組へ。序盤から一進一退の攻防が続く。どちらが先取してもおかしくない展開の中、緩急ある攻撃に翻弄(ほんろう)される。第1ゲームを19―21で落とすと、続く第2ゲームも同じく拮抗(きっこう)。激闘の末、21―19で制した。運命の第3ゲーム。「勝って後ろに回したい」(小原)と気合いは十分。しかし、序盤ミスも絡み連続失点を食らい一時4―8に。中盤は持ち直すも「ファイナルに近づくにつれて緊張感が高まっていった」(小原)。終盤再び相手のプレッシャーにのまれ、17―21で敗れた。  日体大は東日本インカレで勝利している相手だけに、この負けには大きな悔しさが残る。それでも落ち込んだままではいられない。「切り替えて、1週間の練習を集中して取り組む」(小原)。悪い流れを一新し、残りの試合全勝を目指す。 [下神大生] 試合後のコメント上杉杏――試合振り返っていかがでしたか。 「秋季リーグ始まって2敗して、流れが良くなくて、自信持ってプレーできなかったのがダメだったなと思います」 ――東日本インカレでの準優勝は、リーグ戦で戦う上でどのような自信になりましたか。 「1試合目は自信持って入れたけど、気持ちがだんだん落ちていって、そこできちんと切り替えられるようにならないとダメだなと思います」 ――リーグ前半戦を振り返っていかがでしたか。 「前半戦は上手くいかない結果だったので、後半戦はしっかり振り返って戦っていきたいです」 小原    ――調子はいかがでしたか。 「東日本インカレでは結構よくて、団体戦でも勝つことができたのですが、リーグ戦になって違う雰囲気になった時に、あまり自分の力を緊張で出せなくなってしまいました」 ――前半戦振り返っていかがでしたか。 「ダブルス2本取れたら結構楽になるかなと思っていたので、勝ちたい気持ちはあったのですが、負けてしまって申し訳ないなという気持ちはすごくあります。切り替えて1週間の練習を集中して取り組んで、後半戦に臨みたいと思います」 
READ MORE

接戦制し中大に勝利! 5連勝で単独首位浮上/関東大学リーグ戦

 無敗対決を制したのは明大だった。今試合の相手は同じくリーグ負けなしの中大。第1ピリオド開始3分、DF青山大基(法2=釧路江南)が先制点を挙げると、中盤相手に押される場面もあったが、最終スコア4-1で勝利。3連戦を勝利で終え連勝記録を5に伸ばした。 ◆9・7〜11・24  関東学生リーグ戦(ダイドードリンコアイスアリーナ)▼9・16   対中大戦(ダイドードリンコアイスアリーナ) ○明大4{1ー1、2―0、1―0}1中大  エースが試合を決定づけた。1-1と両チーム一歩もひかずに迎えた第2ピリオド。「何がなんでも決めようと思った」(FW池田涼希・政経4=北海)。開始3分にFW中條廉(政経1=白樺学園)からのパスをゴールに流し込みゴール。エースの一振りで勝ち越しに成功。その後中大に攻められる展開が続くが、第2ピリオド終了間際に角度のないところからゴールを決め追加点。そのままリードを守り切り勝利した。  盤石な守りを見せた。GK香田凌辰(政経3=白樺学園)は第2、3ピリオドを完封する活躍。3連戦で疲労も溜まる中、24本のシュートを体で止め続けた。そしてただゴールを守るだけではない。「言わないで負けるより全部やって負けた方がいい」。試合中、ピリオド間には積極的に周りに指示を送りコミュニケーションをとる。「本当に頼もしい。全てに尊敬している」(池田)と、チームメイトも舌を巻く。頼れる守護神がチームを引っ張っていく。   「やっと強い明治が戻ってきた」(池田)。次戦の相手は春の王者・東洋大。「借りは返す」(池田)。彼らが見据えるものは勝利だけ。絶対王者の威厳を証明し、リーグ3連覇へ駆け上がる。 [菊池登志紀] 試合後のコメント池田――今日の試合を振り返っていかがでしたか。「中大と今年は公式戦では初めてで、どんなチームかは分かりませんでしたが、全勝同士の試合でした。立ち上がりも良くて、今までやってきたことを全部できた試合でした」 ――開幕5連勝したチームの状態はいかがですか。「やっと強い明治が戻ってきました。最終順位が一番大事なので順位は気にせず、次の試合に照準を合わせて勝ちたいと思います」 香田――守りの意識はいかがですか。「試合前にディフェンスだけを集めて毎回自分から指示を出しています。なので、ディフェンスとのコミュニケーションが取れていました。それを始めたのは秋のこの大会からなので、それで勝てている部分もあると思います」 青山――先制点を挙げました。「ゴール前の混戦の中、フリーだったので、ここだというポジションにいたら、ドンピシャのパスが来たので、振りかぶって打つだけでした。自分の力を振り絞りました。気持ちのゴールです」
READ MORE

(男子部)日体大に一歩届かず 連敗は3に/関東大学秋季リーグ戦

 秋季リーグ第3戦の相手は日体大。開幕から連敗中の明大は白星が欲しいところだったが、チームカウント1-4で敗戦を喫した。前半戦を0勝3敗で終え、5日後の21日から始まる後半戦に挑む。 ◆9・14〜22 関東大学秋季1部リーグ戦(日体大米本記念体育館)▼男子 日体大戦●岡田0―2村本●池田1―2霜上●酒井・仁平澄組1―2山下・山田組○武井・遠藤組2―1三上・霜上組●農口0―2山田  相手のホームゲームということもあり、アウェーな状態で始まった今回の一戦。流れを決める第1、第2シングルスは善戦むなしくも落としてしまう。そしてチームカウント0―2で迎えた第1ダブルス。度々後がない状況を任されるエースペアの酒井健登主将(政経4=埼玉栄)・仁平澄也(政経3=埼玉栄)組だが、相手の強烈なスマッシュに追い付けず攻撃の態勢を作ることができない。第3セット終盤では相手に連続7得点を許し、14―21で勝負あり。悪い流れを払拭できずに無念の黒星となった。  今回の戦いで唯一白星を挙げたのが、第2ダブルスの遠藤彩斗(政経1=埼玉栄)・武井優太(商1=埼玉栄)組だ。既にチームとしては負けが決まっていたが、腐ることなく相手のスマッシュに食らい付く。第2、第3セットでは2人の息の合った連携が光り、格上の相手を圧倒。23―21、21―19とギリギリの戦いを勝ち抜いた。「2人で連携してしっかり我慢してプレーできたところが良かった」(武井)。明大を支える次世代の成長から目が離せない。  次回は中大との一戦。今まで白星を挙げられていない明大にとっては何としても勝ちが欲しい場面だ。「負けが続いているので勝ちに貢献できるように頑張りたい」(農口拓弥・農1=福井工大福井)。全員の力を合わせ、勝利をつかみにいく。 [伊藤理子] 試合後のコメント武井――今回の試合を振り返っていかがでしたか。 「自分たちのプレーは低い展開でやるプレーで、それを結構分かられていてやりづらい部分があったんですけど、自分は最後まで我慢できてやれたので良かったと思います」 ――チームとしては負けが決まっていましたが、気持ちの面はどうでしたか。 「まだ中大との試合があって、中大に勝てば1勝1敗になった時にゲーム数差で決まったりするかもしれないので『しっかり1勝を取ろう』という気持ちで臨みました」 農口――今回の試合を振り返っていかがでしたか。 「元々は自分が出る予定ではなかったので気持ちの整理がついていなくて、でも昨日おとといよりは良くなっているという実感はあるので、あと2日あるので今の状態よりもっと良い状態に進めたらいいと思います」 ――次戦までにやりたいことは何ですか。 「気持ちをしっかり固めて臨むというのと、その気持ちを忘れずに勝ちに貪欲に頑張っていきたいと思います」
READ MORE

激闘の末大東大相手に連敗/関東女子大学2部リーグ戦Bブロック

 肝心な場面で勝ち切れない。1回戦、対する大東大のリードを巻き返し延長戦に持ち込むも、85-87と2点差で敗北。明くる今試合は打って変わって好プレーを展開したが、最後の数秒を守り切れず。62-66で負け越した。 ◆8・31~10・27 第69回関東大学女子2部リーグ戦Bブロック(各大学体育館) ▼9・14 対大東大1回戦(明学大白金体育館) 明大85{11ー24、17ー11、23ー15、22ー13、12ー14}87大東大◯▼9・15 対東洋大2回戦(明学大白金体育館) 明大62{16ー12、11ー18、22ー16、13ー19}66大東大◯  1回戦目のスターターはG小野尾梨紗主将(文4=昭和学院)、G稲葉窓華(政経3=下妻第一)、F坂本真祐(情コミ4=山村学園)、C横田ゆき(法1=市ヶ尾)、C洲崎志織(理工3=正智深谷)。  2回戦目はG小野尾、G佐藤美怜(文1=安城学園)、F坂本、C横田、C洲崎。  昨日とは見違えたプレーを見せた。接戦だっただけに惜敗の悔しさは相当で、「3P(ポイント)を打たせない作戦を練った」(稲葉)。この戦略が功を奏し、第1クオーター(Q)で3Pを2本に抑え込むと勢いは右肩上がり。1回戦で見えた課題の一つだったリバウンドは、大東大が36本に対し明大は55本と奮闘。終始好プレーが目立った。このまま猛攻を見せるかと思われた第3Q後半、シュートにぶれが垣間見えてくる。「取るべきところをいくつも落とし、最後まで流れに乗れなかった」(坂本)。数打てど当たらず、一貫して数点差を競り合う展開が続く。第4Q中盤で逆転を許すとそのまま逃げ切られ、試合終了のホイッスルが場内に響いた。   「いつも4年生に頼りきりになってしまう」(稲葉)。春リーグからケガで休養していたエースの坂本が、今季リーグよりコートに戻った。復帰早々その活躍は目覚ましく、今回は2試合連続でフルタイム出場。合計51得点とチーム1の得点率を誇る。しかし、いつまでもエースに頼ってはいられない。今試合は普段はあまり出ない選手も多く出場。1年の佐藤が21点を得るなど、若手も波に乗っている。「このメンバーでも回せることがわかった」(稲葉)と、新エースの誕生に期待がかかる。  いよいよ後がない。この連敗で大東大と勝敗が並び3位に転落した明大。チームの掲げる2部Aブロック昇格には、次戦での勝利が不可欠だ。今一度気を引き締め、白星を手の内に収めたい。 [菅野向日葵] 試合後のコメント 坂本 --鷹見柚香(商3=昌平)の不在は響きましたか。  「ナミ(鷹見)の速攻があるからこそ私たちのやりたいバスケができるので、スローダウンしてしまいました。その分は自分がカバーしなければなりません」 --2試合連続フルタイム出場に、疲労はいかがですか。  「もちろんあります。でも自分が決めなければならないし、人数に余裕がないのでしっかりやろうと思っていました」 稲葉--今日の自己評価を点数でお願いします。  「40点ですね。ゲームを作るポジションなので、負けた責任は一番大きいと思っています」 --数点差の競り合いに焦りはありましたか。 「全くなかったです。(自分たちが)逆転しないために相手に余裕を持たせてしまった所は反省しています」 洲崎--昨年度よりも力強いプレーが見られました。   「レン(横田)が食らいついていってくれているので、強みになっています。アウトサイドの先輩たちの動きを相手がしっかり警戒してくれていたので、今回はとてもやりやすかったです」
READ MORE

学習院大に一歩及ばず 逆転負けで全勝優勝を逃す/関東学生リーグ戦

 悲願の全勝優勝とはならなかった。リーグ最終戦、相手は6位が確定している学習院大。順位が決まった中での試合だったが第4Q(クオーター)ラスト3分に逆転されると、そのまま追いつくことができずに試合終了。チームの課題を浮き彫りにしたゲームとなった。 ◆8・11~11・9 関東学生リーグ(富士通スタジアム川崎他)▼9・16 対学習院大戦(フクダ電子フィールド) 明大9{3―1、2―1、2―4、2―4}10学習院大○  自分たちの技術がどこまで通用するのかを意識して臨んだ今回の学習院大戦。対策で固めるのではなく、今持つ技術だけで真っ向から勝負を挑んだ。試合開始後、AT(アタック)・平島千萌主将(営4=東京成徳)の先制シュートを皮切りに得点を重ね、5―2とリードした状態でゲームは後半戦へと突入した。第3Qでは平島に続き、MF(ミットフィルダー)・武者あさひ(情コミ4=中村)のシュートがさく裂。7―4と点差を広げたがその後失点を許し、1点差まで追い詰められた。第4QではG(ゴーリー)・越智日向子(政経4=基町)がナイスセーブを見せるも、相手の猛攻を防ぎ切れず、ラスト6分で8―8の同点に。その後2点を勝ち越されたが「最後1点取って終わるのが、自分ができること」(平島)。ラスト20秒で平島が執念のシュートを決めた。しかしあと1点を返すことができず、リーグ戦全勝優勝はかなわなかった。 悔しい結果の中でも光明が見えた。井川裕之ヘッドコーチから指摘されていた「4年生が頼りない」というウィークポイント。だが今試合では、9得点中6点が4年生のシュートによるものと、チームをけん引する姿が目立った。そして多くのドローを成功させたMF・佐藤啓(農3=星稜)を筆頭に2、3年生も活躍を見せている。来月に控える準決勝の相手は、昨年度もファイナル4に進出している強敵・日体大。ここから先は一つも落とせない試合が続く。「とにかく勝つ」(平島)という言葉通り、チーム一丸となって優勝をつかみに行く。 [上代梨加] 試合後のコメント井川ヘッドコーチ――本日の試合の振り返りをお願いします。 「今シーズンずっと感じていた課題ですが、自分たちのミスでゲームの流れを壊す、マイボールの時間にそれをすることが多かったです」 ――次戦に向けての課題はなんでしょうか。 「敵にやられるやられない関係なく、自分がフリーな場面で目の前のボールをとるといった基礎的な面を上げていかないといけないです」 平島――本日は4得点を挙げられました。 「自分のプレーについては前回の試合で結構ミスが多かったのでミスをした後に気にするのではなく次どうするか考えようと昨日ヘッドコーチと話していて、もうやるだけだなと思っていました。でもミスをすることは良くないのでそれを減らしつつ今後はできたらなと思います。 ――日体大戦への意気込みをお願いします。 「ここからは負けたら終わりの試合が続いていくので、一戦一戦自分たちの技術を上げつつ、相手のことも対策しつつ、とにかく勝つということに集中してやっていくだけかなと思っています。絶対勝ちます!」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内