前田剛志 巧みな投球で打者を操る背番号1/4年生取材③

 今年度、春秋どちらも2位という結果に終わった明大。惜しくも優勝はできなかったが安定した成績を残し続けた。その中で特に活躍をした4年生の中心メンバー4名に事後取材を行った。第3弾は投手2本柱の内の一角である副主将・前田剛志(農4=札幌一)。1年次からマウンドに立ち続けた4年間や前田の考えるチームのこれからについて聞いていく。 ――まず最後敗退した神大戦からお聞きしたいと思います。この試合は先発で投げていましたが初めはどうでしたか 。 「流れが良かったと言っても四球を出してしまったりしていました。3人で切るなど流れを良くしていれば、攻撃にスムーズにつなげられたのかなという風に思いますね。ただ、序盤の方は0で続けられたのでよかったのかなという風にいます」 ――その試合が終わった後、どういった気持ちでしたか。 「言い方が変ですがやっと終わったのかといった感じがありました。ただもう終わってしまったのか、4年間が早く終わったといった思いもありました。その二つが何というか、交差しているような感じでした。 ――4年間で思い出に残っていることは何ですか。 「一番大きい大会でもある全国大会に2年前に出場できたことです。ベンチ入りさせて頂いて試合にも出させていただいたんですけど。まあその大会含めて全てがやっぱり思い出になっていると思います」 ――あの時はベスト4までいきましたが、次の大会で優勝まで目指そうという気持ちはありましたか。 「それはずっと多分みんな思っていました。実際に次の年は清瀬杯という全国大会に出場して、一応全国大会に2年連続で出場したっていう実績はできたのかなともらえていたので」 ――それでは、4年間のベストゲームを教えてください。 「2年前の関東選手権の国学大戦です。2対1で勝ったんですけど、当時国学大がめちゃくちゃ強いという話を聞いていました。それでも最後まで投げきることができましたし、今でもしっかりと覚えているので、その試合の印象が強いですね」(関東選手権でも下級生ながらマウンドに上がり、しっかりと要所を締めた) ――今年は全日本学生大会には出場できませんでした、それについては何かありますか。 「もちろん悔しい思いはありますが、こればっかりは仕方がないなという思いの方が強いですね。自分は割り切っていましたが、他の幹部とかはミーティングをしていた時は僕以上に悔しがっていました。谷口(秀斗主将・政経4=広陵)とかは特に泣いていたので、その姿を見ると本当になくなってしまったんだなという思いは本当にあります」 ――4年生になってチームをこうしていきたいみたいなことを共有した事などありますか。 「谷口が突っ走って、谷口が引っ張ると言ったチームでした。なので谷口には本当に感謝しています。自分自身が引っ張っていくだけじゃなくて、自分から行動していくような選手ってなかなかいないと思います。本当に良いキャプテンに出会えたなと、自分たちも4年生になって一致団結して良いチームをつくろうという気持ちがありました」  ――明大の準硬式野球部に入って最初に思ったこととかってありますか。 「正直入る前は準硬式はめちゃくちゃ緩いのかなと思っていました。でも意外と入ってみたら、他にも推薦の人とかがいてレベルも高かったです。その中で文武両道とかも掲げていたので、入って良かったなというような思いはあります。自分自身も1年生の頃から試合に出させてもらっていました。硬式野球ではそういったことはなかなかない難しいと思うので、たくさん出場させてもらったのはありがたく思っています」 ――4年間でつらかったなって思うようなことありますか。 「本当にケガが続いたので、でもそれだけですね。ケガがなかったらどのくらい長く投げられたか、とかどれぐらいの球速が出たのだろうという風には今でも思います」(実力は折り紙つきだったが、ケガも泣かされた日々も多い。苦労人の面もあった) ――神大戦と同日に行われていた新人戦は優勝しました。それについてはどうですか。 「新人戦優勝は自分がいた代ではなかったので単純にうらやましいなというのはあります。もともと1、2年は力があるのかなと思っていたので、それが証明されたと言いますか、今後が楽しみな結果になりました」(1年生捕手とコミュニケーションを取る前田。ともにプレーする中で後輩の力をしっかりと見出していた) ――今後に期待が持てる後輩などいらっしゃいますか。 「投手で言うと岩田一真(情コミ3=日大二)。あいつが投手のリーダーになって色々と大変だとは思うんですけど、しっかりとまとめてくれればなという風に思います。うちは投手の数はいっぱいいるんですけど、今年までは高島が1人で投げる状態だったので、投手王国を作ってほしいなという風に思っています。他は野手で言うと元雄(立・文3=東北)が来年キャプテンなので、大変だと思うんですけどチームをしっかり引っ張ってもらいたいなと思います。あと他の来年3年生になる選手たちは意外と打力がある選手やいい投手も多いと思うので楽しみですね」(前田が注目している岩田。投球回数は少ないが、これからが楽しみな投手の1人だ) ――前田さんが思うこれから明大準硬式野球部を教えてください。 「他のリーグのチームから六大学の準硬式といえば明大と言われるようなチームをつくってほしいなという風に思います。東都で言えば中大みたいな、そういった位置まで上り詰めてくれればいいなという風に思っています」 ――4年間準硬式野球部でプレーし続けた感想をお願いします。 「準硬式で楽しく野球ができて良かったなという風には思っています。あと先ほど言ったんですけど、ケガが続く中で4年間続けられることができたというのは一つ良かったなという風に思っています」 ――前田さんは社会人になっても野球を続けますか。 「いや、今までほどしっかりと野球は続けないですね。それでも今後は草野球だったり、あとは機会があれば指導者とかもあるかもしれないので。そういったところで関わりたいなという風に思っています」 ――明大の試合などは見に行くことはありますか 「都内で勤務することになっているので、もちろん行きたいですね。タイミングがあれば見に行きたいなという風に思っています。やはり先輩とかがリーグ戦を観に来てくださっていましたし、そういった中に自分も加わってしっかり応援していきたいなという風に思っています」 ――ありがとうございました。 [金内英大]
READ MORE

原晟也 攻守でチームを引っ張るムードメーカー/4年生取材②

 今年度、春秋どちらも2位という結果に終わった明大。惜しくも優勝はできなかったが安定した成績を残し続けた。その中で特に活躍をした4年生の中心メンバー4名に事後取材を行った。第2弾は走攻守の要であり、関東選抜にも選ばれた実績がある原晟也(内野手・情コミ4=彦根東)。プレー、そしてムードメーカーとして部の中心に居続けた原に注目していく。 ――春季秋季ともに2位という結果でしたがそれについてはどう思いますか。 「やはり優勝を目指してやってきたので、正直悔しい結果だなというふうには思います。でもチームとしてはすごくいいチームになったと思うので、最後まで全力でやれて良かったなという感じです」 ――春は特に打撃と守備が好調だったと思うのですがその辺りはどうでしたか。 「(バットに)触れば安打が出るくらいの調子の良さだったので楽しかったですけど、それでもチームが優勝できない、勝てないと面白くなかったです。自分がどんなに活躍しても意味がないと思っていたので、調子が良くて自分の中で気持ちがいいという部分もありました。それでも法大戦とかはチームが勝てない状況だったので、そこはちょっとという感じでしたね」(原は春季最多打点、ベストナイン、打率も4割超えと八面六臂の大活躍を見せた) ――リーグ戦や予選会を勝ち抜き、チームの雰囲気も取材をしていてすごく良さげに感じました。 「本当に谷口(秀斗主将・営4=広陵)がリーダーとなって支えてくれて。4年生が少ないのでなかなか回らない部分もありました。でも3年生が僕たちを支えてくれるような形で色々と動いてくれました。4年の色が出るというよりは3、4年生がしっかりとチームをまとめることができたのかなって思います」 ――秋は逆に不調の時間が長かったですが、何か工夫などはされていましたか。 「秋の不調は自分自身の調整不足がリーグ戦に響いてしまったのかなというところがありました。調整不足をどれだけ日頃の練習の中で取り戻していけるかを、常に心掛けていましたが、体重が6キロ落ちてしまい、戻そうとしても戻りきらなかった部分がありました。そこがあまり自分の中で調整するのができなかったのかなと思っています」 ――4年間のベストゲームを教えてください 「自分、試合覚えるのが苦手なんですよ。自分の良くない所ではありますが、自分の打撃の結果が良かった悪かったというのは覚えているんですが、あまり試合ってなるとパッと思い浮かばないですね。でも一番覚えているのは2年の全日本大学大会の初戦の中京大戦です。1点ビハインドでみんながつないでっていうところで、あの試合はすごくみんながまとまっていて。なのでみんなで勝てた試合だったかなと思います。まあ劇的な試合だったというのももちろんありますが。あと、その年の同大会、九産大戦でメッタメタに打たれた試合もすごく印象に残っています。あれは本当にどうにもならなかったなという、僕自身本当に何もできなかったなというのと、優勝したかったのに優勝できなかったっていうのもありますね」(2年前の全日本大学大会、対中京大戦。原は1点ビハインドの9回に先頭で出場。粘った10球目をセンターへ弾き返し、逆転の先陣を切った) (同じく全日本大学大会、対九産大戦。原は無安打、チーム通しても2安打と完敗を喫した) ――それでは記憶に残っている打席はありますか。 「立大戦の3戦目(4年次の春季リーグ戦)、自分の本塁打が出た打席です。2試合目が自分の失策というか、怠慢なプレーで負けてしまってチームの雰囲気を悪くなったところでした。なので何とかしたいなっていう気持ちで打席に立った結果の本塁打だったんですよ。そこからチームとして勢いが出たかなという感じでした。その本塁打を打った打席が自分の4年間の中でトップレベル、1位タイですかね。タイというのは 中京大戦で安打を放った最後の打席がもう一つあります」(春季リーグ戦、対立大3戦目。勝ち越し本塁打を打って喜びをあらわにしている原〈写真提供:準硬式野球部〉) ――4年生に対して思っていることなどがありましたら教えてください。 「この代の4年生は少なくて、だから他の代と比べるとこの代はすごく深いというふうに思っています。この人がいないとなんかちょっとおかしくなっちゃうという感じが自分の中にはあって、全員がいないとこのチームは成り立たないのではないかなと思っています。試合に出ているやつもいれば試合に出ない中でサポートしてくれるやつもいる。サポートとしてくれる4年生がいるから俺らも頑張れるし、試合出なくても4年間ちゃんと続けてくれる姿勢っていうのは自分じゃ多分できないなと思います。自分は試合に出ないと楽しくないと思っているので。少し言い方が良くないのかもしれないですが、でもやはり試合に出られない中で色々サポートしてくれる4年生は僕の中ですごく尊敬しています。その中には野球に限らず自分のミスをなあなあにしないできちんと怒ってくれる4年生もいて、みんな対等に野球に向き合っていて色々言ってくれる、すごくいい仲間に恵まれたなというのはすごく思います」 ――ムードメーカーとして部を引っ張ってきた原選手ですが、後輩に向けてメッセージがあればお願いします。 「やっぱり野球は勝たないと楽しくないと思うんですよ。1年の時はずっと野球を辞めようと思っていました。やっぱり楽しくないと思っていて、全然勝てないし自分がベストナイン取れても、取れたことの喜びはあるんですけどこのチームでやっていくことの喜びがないので。やっぱりチームが一つになって勝つことがスポーツをするということの楽しさだと思います。今の3年生含めて下級生は馴れ合いがあったり逆に個性があって反発があったりしますが、一つの勝利に対して全員が同じ方向を向いてやっていけるように頑張ってほしいなというふうに思っています。それでリーグ戦優勝して、今年自分たちが行けなかった全日本、そして2年前できなかった優勝を成し遂げてほしいです」 ――ありがとうございました。 [菊地秋斗]
READ MORE

谷口秀斗 つなぐ4番、そして主将としての意思/4年生取材①

 今年度、春秋どちらも2位という結果に終わった明大。惜しくも優勝はできなかったが安定した成績を残し続けた。その中で特に活躍をした4年生の中心メンバー4名に事後取材を行った。第1弾は主将、そして今年度は4番にも座っていた谷口秀斗(営4=広陵)。4年間を準硬式野球に懸けた男が何を語るかに注目する。 ――まず、春季秋季ともに2位という結果についてどうですか。 「優勝目指していたので、その中であと一歩及ばなかったというところはやはりキャプテンとしての力不足でみんなを導けなかったという思いがあります。ただ、良く言えば春秋総合優勝みたいなところもあるので(笑)。法政は春1位だったけど秋5位で、慶応も春が5位だったので(秋は1位)。なので1年間通してうまくやれたのかなと、良い時も悪い時もありながらもいろいろな選手を使いながら良い成績取れたのかなという風に思います 」 ――その中でキーとなった選手はいらっしゃいますか。 「やはり試合に出ていた高島泰都(投手・法4=滝川西)、原晟也(内野手・情コミ4=彦根東)、前田(剛志投手・農4=札幌一)、あと自分を含めたこの4年生4人が1年間通してしっかり野球で結果を残してこれたことがこの1年間上手くやれたことの一つなのかなという風に思います」 ――谷口選手は主に4番で出場されていましたがどのような心持ちで出場されていましたか。 「自分は本当は4番を打つタイプではないんですよ、2番とか1番とか9番とか打つようなタイプで。春リーグの法政戦で負けた後に原が調子良かった分、原の後に打つバッターがいないということが問題になったんです。あいつが打って、あいつの後にランナーが溜まるので、そういう場面でスクイズとかゲッツー崩れでもいいから取りにいこうっていうような話になったんです。なので4番としていくと自分から言いました。つなぐ4番っていうイメージでどんな形でもいいから、チャンスがあれば1点を取りにいく、もしランナーいなければ自分から出ていくような心がけでいました」(本来とは違う4番の役割でも全うし、チームに流れを作り続けた) ――秋季どうしてもなかなか勝てないという試合が続きました。やはり2試合目に勝てないという印象を受けましたが、2試合目の戦い方というのは話し合いはありましたか。 「1年間を通して2試合目の戦い方っていうのは未だに正解が分からないまま戦ってきました 。1戦目で高島が投げて、2戦目での前田が投げる。しかし2人に長いイニングを投げさせるわけにもいかない、ましてや春は第3戦もあったわけですし、そういった中で2試合目は後輩に来年のことを考えて投げさせようという方針になりました。そうなったときにやはりあの2人と下級生は大きな差があります。やっぱり球の速さであったり変化球のキレであったりは、後ろから見ても分かるくらいの差がありました。守備のリズムから攻撃につなげていくのが自分たちのスタイルなので、そこで自分たちのリズムがピッチャー陣が悪いと崩れてくるところもありました。やはり打たれてきたり、守備のミスがあったりすると、攻撃のつながりの部分でリズムが乗れなかったです。なので2戦目はいいところまではいくけど、最後の1点が取れずに勝ち切ることができなかったんだと思います」 ――後輩の投手陣で引っ張っていけるような選手はいらっしゃいますか。 「岩田(一真投手・情コミ3=日大二)と浦田(光投手=法2=明大中野八王子)ですかね。岩田はちゃんと自覚もありますし、大丈夫だと思います。あとは浦田ですかね。多分来年以降背番号11番を背負うと思うので。高島の後を受け継ぐのは彼しかいないのかなというふうには思います」 ――練習などからチームの雰囲気はどうでしたか。 「プレー中は自分が引っ張るのは当たり前ですけど、4年生は試合に出ている人数は少ないですが、やっぱり練習から原がちゃんと自分の後に立って引っ張ってくれています。また他の4年生も自分たち4人と城島(丈捕手・政経4=明大中野八王子)以外はサポートとして頑張ってくれていました。学生コーチやトレーナーとして頑張ってくれたり、その他色んな面でサポートしてくれたので練習を上手く回せました。その中で自分と原が引っ張っていく中で一緒にチーム引っ張ってくれて本当に厳しく楽しく良い雰囲気で試合や練習ができたのかなという風に思います」 ――4年間でベストゲームはありますか。 「難しいですね(笑)。最近だと東海大の試合か、今年春の立大第3戦ですかね。過去のことを言うと2年前の全日本の中京大の試合か、同じく2年前の関東選手権2回戦の法大の試合、この四つが自分の中でパッと思いついたベストゲームかなという風に思います。どの試合も自分が絡んでいるんですけど、多分自分が打てなかったらどれも負けていた試合だったので印象に残っています。ゲーム的にもすごく熱い試合だったので、特に今年の2試合っていうのは自分の中にもすごく心に残っています。やっぱり4年間一緒に出ていた4人とは特に思い出があるので、あの4人と一緒に活躍して勝ったというのが思い出でもあります」(2年次の関東選手権、対法大戦でサヨナラ打を放った時の谷口) (ベストゲームに挙げた全日本選手権の対中京大戦。谷口は9回二死から打席に立つとしぶとく内野安打を放ち、サヨナラ勝ちにつなげる活躍を見せた) ――次のキャプテンは誰ですか。 「元雄(立内野手・文3=東北)です」 ――後輩に向けてのメッセージがあればお願いします。 「自分自身も1年間キャプテンをやって、楽しいなって時にもありましたが、やはり苦しかったり、この1年間ずっと家でも野球のこと考えていて頭から離れなかったです。自分は1人でずっと抱え込んでしまっていたので、やはり後輩のみんなには同級生とか後輩、先輩を信じて色んなことを相談して全員で前向いて進んで欲しいなっていうふうに思います。その中でとことん勝ちにこだわってほしいです。本当だったら優勝というのはどういう気分なのかというのを、優勝させて味あわせたかったんですけど、味わえなかったので。その中で惜しいとこまではいけたので、なんとか優勝して全日本には絶対出て欲しいなという風に思います。あとは自分自身が大事にしている言葉が「努力は裏切らない」と「努力が報われなくても報われなくても努力する」っていう二つで、自分自身この二つを大事にしています。ここからどんどん上がっていく選手もいれば、壁にぶち当たる選手もいると思います。その時にこういった言葉を大事にしてほしいです。特に練習時間は限られているので、自分で考えて努力して盛り上がってチームを強くして新主将を優勝に導いていてほしいなという風に思います」  ーーありがとうございました。 [菊地秋斗]
READ MORE

【樋口新葉選手 直筆サインプレゼント企画】

企画概要【フィギュアスケート担当】 1月19日(水)発行予定の1月号では、先月行われた全日本選手権で2位に入り北京冬季五輪代表に選出された樋口新葉(商3=開智日本橋学園)を1面で取り扱います。 そこで、1月号をご購入いただいた方のうち抽選で5名様に樋口選手の直筆サイン入り色紙もしくは直筆サイン入り写真をプレゼントいたします! 1部ご購入につき1回お申し込みいただけます。ご購入いただいた時点で申し込み完了となりますので、別途手続き等は必要ありません。例)5回申し込みたい場合→5部購入 なお、色紙、写真はお選びいただけませんのでご了承ください。  申し込み〆切は1月23日23:59です。〆切以降にご購入いただいた場合は抽選の対象外となりますのでご注意ください。ご当選された方には後日メールにてご連絡させていただきます。 料金1月号①:1〜4部→1部あたり300円(送料200円)1月号②:5〜9部→1部あたり250円(送料300円)※10部以上希望の方はお問い合わせ欄からお買い求めください 残部状況1月19日発行予定 お支払い方法(1)口座振り込み(お申し込み後に詳細をお送りいたします。下記のお問い合わせ欄からお申し込みください)→ お問い合わせ(2)クレジットカード決済 【クレジットカードでのお申し込みについて】 対応カードブランドはVISAカード、MasterCard、JCBカード、アメックスカード、ダイナースです。クレジットカードのお支払いについては、(株)ROBOT PAYMENT様のシステムを利用しております。 下記のガイドラインをご確認の上、同意してお進みください 1.新聞の購入に関しまして  お申込みいただいた新聞は、応募締め切り後1週間以内に発送予定です。なお、本年度は新型コロナウイルスの影響で弊部活動に制限があり、発送が遅れる場合がございます。ご了承ください。 2.個人情報の取り扱いについて 明大スポーツ新聞部は、お客様からご提供いただいた個人情報については、新聞発送以外の目的では利用いたしません。 当該目的以外の目的で利用する場合は事前にお客様にお知らせいたします。 なお、利用目的に照らして不要となった個人情報については速やかかつ適正に削除・廃棄いたします。3.お問い合わせについて サービスの内容やご契約の情報に関するお問い合わせは<こちら>から受け付けております。 回答には数日程度かかる場合がございますのでご了承ください。 4.特定商取引法に基づく表記について こちらに記載してございます。 令和元年9月28日 制定 上記ガイドラインに同意して申込み手続きへ1月号① 金額 300円×  1 2 3 4  1月号② 金額 250円×  5 6 7 8 9    
READ MORE

本が読めない!

 読書。最近まで私が苦手な事の1つであったそれは、趣味に変わりつつある。小さい頃から外で遊ぶことが好きで、読書とは無縁で生きてきた。だが不思議なことに、国語は最も得意な科目であった。しかし、読書となると別なのだ。なぜかと考えてみれば、教科書や試験問題の文章量は楽しく読めるのだが、数日をかけて1冊を読み切るという忍耐力と継続力がないからだった。面白い展開に入るまでに息が切れ、だんだんと読まなくなり、最終的に放棄してしまう。高校生までに読み切った冊数を数えれば両手で足りてしまうだろう。しかも、本を読むには「本を読むためだけの時間」が必要だ。そんな時間どこにある。ちょっとした隙間時間ならば暇つぶしはスマホで事足りるし、本よりSNSの方がよっぽど楽しいと思っていた。 ところが大学生になり、どうしようもなく暇な時間ができた。通学時間である。家から和泉キャンパスまでは約1時間半。唯一の救いは家が始発駅に近いため、ラッシュ時間帯でも確実に座れることだ。春学期のうちはスマホを見るか、寝るかで過ごしていた。しかし、あまりにも暇なので今までできなかった読書に挑戦してみた。ここで問題なのが「何を読むか」だ。まず真面目な文学は読み切れない。高校生の時に夏目漱石の『こころ』を読み切るのは苦痛であった。かといって自己啓発本も娯楽にはならない。そこで、映画の原作を選んだ。東野圭吾の『ラプラスの魔女』。帰りの電車で読んでいたら、あっという間に最寄りに着いた。本は時間を忘れさせる。それからというもの、映像化されたミステリー作品を中心に2ヵ月かけて3冊を読んだ。私にとっては大快挙である。次はどんな作品に挑戦しようか。[春木花穂] (執筆日:12月13日)
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読