2部復帰に向けて好スタート 4勝を収める/関東大学3部トーナメント戦

 昨年度惜しくも3部に降格し迎えた今シーズン初戦。全勝こそ逃したもののライトウェルター級を除く4階級で勝利し、2部復帰に向けて好調な出だしとなった。 ◆5・19~7・13 第54回関東大学3部トーナメント戦(駒大玉川キャンパス他) ▼5・19 1回戦(駒大玉川キャンパス)▽フライ級〇立花(3回・判定)高橋(東海大)▽バンタム級〇笹谷(3回・判定)中村(東大)▽ライト級〇小島(3回・判定)井上(早大)▽ライトウェルター級 稲葉(1回・判定)田下(大東大)〇▽ウェルター級〇入澤(3回・判定)宮路(青学大)  シーズン開幕戦を白星で飾った。チームの目標である「3部優勝、2部昇格」(星野隆監督)を実現するため、全力で挑んだ。1番手はデビュー戦となったフライ級の立花拳斗(文1=出雲工)。第3Rまで戦い判定勝ちを収めると、2番手にはバンタム級の笹谷建公主将(文4=弘前工)が登場。「パンチをガードで受けてしまう癖」(笹谷)が試合で出てしまい苦しい試合展開となった。しかし第3Rの2分経過後ストレートがいい形で決まると、ラスト30秒でボディを連発し判定勝ち。その後はライト級とウェルター級でも白星を挙げ、4勝で次戦につないだ。  悔しさも残る試合だった。4番手に登場したライトウェルター級のルーキー・稲葉翔(商1=日大山形)は格下相手だったが、第1Rの1分30秒に強烈なストレートを受け目頭から流血。惜しくも判定負けを喫した。 次戦に進めるのはライトウェルター級を除く4階級。「全部勝てるように頑張りたい」(星野監督)。2部リーグに返り咲くために勝つのみだ。 [中澤美月]試合後のコメント星野監督――今日の試合を振り返っていかがですか。  「今日の試合は実は5つ勝てると信じて向かったんだけど、いくら3部とはいえ、そんなに甘くなかったというのが振り返りですね」――課題はございますか。 「課題はもう少し手を出すことです。今日は運も良かったです。今日4つ勝てたのも運が良かったというのがあります」 笹谷――今日の試合を振り返っていかがですか。 「元々、自分の中で相手のパンチをガードで受け過ぎないというか、自分のガードで受けてしまう癖を直すという課題があったのですが、その癖がまた試合で出てしまいました。結果的に言うと内容は全然ダメな感じで、もっと上手く戦えたはずだったのですが、渋い試合になってしまいました」 立花――デビュー戦はいかがでしたか。 「絶対勝ってやろうという気持ちでやりましたね」 
READ MORE

絶対王者・日体大にコールド負けも、ルーキーが活躍を見せる/関東学生1部リーグ戦

 リーグ2戦目は大学水球界で圧倒的な実力を誇る王者・日体大と対戦。ルーキーの活躍が光り、昨年を上回る6得点を挙げるも、主導権を握り切れず。相手のスキのないプレーの前に、6―21と第3ピリオドで無念のコールド負けを喫した。 ◆5・18~6・23 関東学生1部リーグ戦▼5・19 対日体大戦(早大所沢プール) 明大6{0-7、4-6、2-8}21日体大〇※規定により3ピリオドコールド  試合序盤から相手の波に飲まれた。日体大のフィジカルを生かしたプレスの前に、決定機の場面で精彩を欠く。さらに、相手のカウンター攻撃にあい失点を許すという悪循環を断ち切れず、第1ピリオドから7点を失う苦しい展開となった。しかし、第2ピリオドにはエース・増田隆弘(商3=明大中野)らによる高さのあるシュートで得点。良い流れかに思えたが、相手の型にはまりミスが相次いだ。「逆サイドの選手が動けていない」(熊谷泰人・営1=明大中野)と攻撃のリズムも失い、課題が多く残る結果となった。   窮地の中でもルーキーの活躍ぶりが光った。前節の筑波大戦に続いて二人のルーキーが出場した明大。熊谷泰は第2ピリオド6分にカウンターから決め切るなど、2ゴールを挙げる活躍をみせた。「ボール渡せばアクションが起きるタイプ」(明石将裕監督)と太鼓判を押す。もう1人の新人、太田竜浩(商1=明大中野)も「チームのために尽くしてくれる選手」(神佑樹・農4=明大中野)。二人のルーキーがさらなるチーム力向上へ一役買う存在となりそうだ。  タフな試合が続く。次週も専大、日大と強豪との対決を控える。しかし「試合の中で成長するものなので(リーグ戦の早い段階で強豪と戦えることは)非常に勉強になる」(明石監督)。今シーズンの目標であるベスト4へ向けて、まずは目の前の試合を勝ちにいく。 [中村奈々] 試合後のコメント明石監督――相手のプレッシャーの中でシュートに結びつかなかった面はありますか。「フィジカルでもスイムでも日体大は強いので、そういう相手に対してチャンスはどうしても少なくなってしまうものです。相手にスペースを〝空けさせられている〟というのが現状で向こうの戦術にはまってしまっている状態ではありました」 ――リーグ序盤で強豪と当たることでのメリットはありますか。「試合でしか学べないこともあるので、1部と2部の差も大きいですね。上のリーグで戦える意味というのは大きいかなと思います」 神佑樹――今日の試合の振り返りをお願いします。「カウンターを多く食らってしまったのが敗因ではないかなと思います。明大はカウンターからのアタックを軸にしているんですけど、その部分であまり攻め切ることができなかったところもあります」 ――今年はどのようなチームですか。「ディフェンスをしっかりしようということを念頭に置いています。そのことが発揮できるようなチームを今年は目指しています」 熊谷泰――選手間の話し合いで出た今回の試合の反省点は何ですか。「攻撃の際にボールを保持している選手の逆サイドの選手が動けていなかったことです。パスがつながらなくて攻撃の形ができなかったので、左サイドについてもこれからどうしていくかを話し合いました」 太田――今日の試合の振り返りをお願いします。「格上のチームではあったんですけど、3ピリオド目の途中という屈辱的な負け方は悔しいです。差をどれだけ詰めることができるかが課題なのでそこを頑張りたいです」
READ MORE

学生王者・関西学大に10年ぶりの勝利! 残り1秒でのTDで接戦制す/第71回関西学大定期戦

圧巻の逆転劇だった。春季オープン戦の第4戦目は、昨年度日本一の強豪・関西学大との対戦。5点のリードを許す中、残り時間1秒でWR#5九里遼太(政経4=明大明治)がTD(タッチダウン)を決め、1点差で関西学大に白星を挙げた。 ◆5・19  第71回関西学大定期戦(アミノバイタルフィールド) 〇明大27{7-6、7-3、7-10、6-7}26関学大  最後の一瞬で激戦を制した。第1Q、「喉から手が出るほど欲しかった」(九里)という先制点をQB#4西本晟(商3=箕面自由学園)、九里のパスプレーにより決める。順調に得点を重ね前半終了時のスコアは14-9。しかし後半はパントブロックから生じたリターンなどのミスが重なり、第4Qには21―26と逆転を許してしまう。  明大の快進撃は後半残り時間2分から始まった。西本がパスを連続で成功させて流れをつかみ、ゴール前17ヤードまで前進。残された時間はたった1秒。会場全体が緊張感に包まれる中、西本がボールを放つ。「走っていればパスが来る。自分ができることをやるだけだと思っていた」と九里がキャッチし、そのままTD。勝利にかける強い思いが一瞬の奇跡を手繰り寄せた。 収穫は大きい。「いつか絶対に勝ちたいと思っていた」(西本)という関西学大に競り勝ったことで、日本一への期待も高まる。今回の勝利に弾みをつけ、まずは春季オープン戦を全勝で終えたい。 [前田彩貴] 平成元年~令和元年に行われた関学大定期戦のスコア第42回平成元年(1989)○20―13第43回平成2年(1990)○28―14第44回平成3年(1991)×7―38第45回平成4年(1992)×10―27第46回平成5年(1993)×10―28第47回平成6年(1994)×0―27第48回平成7年(1995)×0―30第49回平成8年(1996)×0―52第50回平成9年(1997)×21―27第51回平成10年(1998)×0―57第52回平成11年(1999)×0―28第53回平成12年(2000)×16―34第54回平成13年(2001)×7―42第55回平成14年(2002)×0―52第56回平成15年(2003)×0―14第57回平成16年(2004)×0―48第58回平成17年(2005)×6―58第59回平成18年(2006)×7―77第60回平成19年(2007)×22―27第61回平成20年(2008)×7―34第62回平成21年(2009)○12―7第63回平成22年(2010)×0―31第64回平成23年(2011)×14―22第65回平成24年(2012)×14―29第66回平成25年(2013)×27―45第67回平成26年(2014)×28―38 平成27年(2015)                 中止第68回平成28年(2016)×25―27第69回平成29年(2017)×7―22第70回平成30年(2018)×10―25第71回令和元年(2019)○27―26試合後のコメント 北村遼太朗主将(総合4=関西大倉) ――10年ぶりに学生王者に勝ちました。「関西学大に勝てたのはすごく大きいです。でも一番大事なのはつなげていくことなので、再度対戦したときに、また勝てるように取り組みたいです」 九里――残り1秒の心境はいかがでしたか。 「楽しかったですね。勝たなきゃっていうよりも、ここで勝ったらヒーローじゃね?っていう感じでやっていたら自然といい結果がついてきました。本気でプレーを楽しむことは大切なことだと思いましたね」 ――今回の勝利で日本一への期待も高まると思います。 「期待の声をたくさんいただきましたが、そういうところで浮かれず、もう一回気を引き締めていかないといけません。明日からさらに練習していきます」 西本――九里選手との連携プレーはいかがでしたか。「自分が投げたいと思うところにいてくれて、走ってほしいところに走ってくれたので、信頼できます。自分って恵まれているなって思いました」 ――関西学大ということで思いも一層強かったと思います。「高校から大学に上がるときも絶対関西学大を倒したるって決めてましたが、まさか今日こういう形で勝てると思いませんでした。ただ秋に勝たないと意味がないので、慢心せずにやっていきます」 
READ MORE

(女子)5級も熱い! デビュー戦で小川が4位入賞/関東学生選手権

 女子5級クラスには小川菜(文1=新潟南)、岩永詩織(営1=明大中野八王子)が出場した。2人にとって久しぶりの試合である今大会は小川が4位入賞、岩永が9位。7・8級にも負けない盛り上がりを見せた。今後の彼女らの活躍にも注目だ。 ◆5・18~19 関東学生選手権(東大和スケートセンター)▼5級女子4位小川 菜48.759位岩永詩織42.89    悔しいデビュー戦となった。約1年ぶりに大会に出場した小川。赤い衣装に身を包み銀盤に立った。『少林少女』の曲に合わせ、演技冒頭のコンビネーションジャンプは成功させたものの、その後のジャンプでミスが重なり点数が伸びなかった。「史上最低。ミスが多かった」(小川)と4位入賞にも自己採点は辛口。受験の影響で十分な調整時間を確保できず、大学入学後初の試合では本来の力を出し切れなかった。 大学初戦は9位に終わった岩永。「とても緊張した」(岩永)という言葉とは裏腹に、ダブルルッツやダブルアクセル、連続ジャンプなどを次々に成功させ勢いに乗った。最後のジャンプこそ転倒し「気が抜けてしまった」(岩永)と反省も忘れなかったが、手応えは「良かった」(岩永)。冬に解禁されるであろう新プログラムに向けてまずまずのスタートを切った。  2人の目標は5級部門でのインカレ優勝。「1番上を目指していきたい」(小川)。これからさらに練習を重ね、精度を上げればおのずと道は見えてくる。5級の戦いからも目は離せない。 [中野拓土] 試合後のコメント小川――今日の演技を振り返っていかがですか。   「ほとんどのジャンプでミスをしてしまい、いつもの練習通りではなかったです。今までにないくらいミスが多かったので少し悔しいです」 ――東大和のリンクでは初めてですか。   「このリンクは初めてで、大学での大会も初めてです。大会に出ること自体が1年ぶりくらいでとても緊張しました。その部分で気持ちが上がってしまってうまくいかなかったです」 ――今シーズンの課題は何でしょうか?   「受験でずっと休んでいて今回は調整期間が1カ月しかなかったので、次の試合はもっとしっかり時間をかけて練習していきたいと思います。ジャンプのミスがないように、できることをしっかりとできるようにやりたいです」 岩永­――今日の振り返りをお願いします。   「最初の方は降りていたので大丈夫かなと思っていましたが、最後は気が抜けてしまいました。最後まで気を抜かないようにしないといけないなと思います」 ――ご自身の強みは何ですか。   「今日はダメだったのですけれど、最後の方でもジャンプを跳び回ることができるところです」 ――この時期の試合はどのような意識で臨んでいますか。   「できることは全部やろうという気持ちでやっています。調整というよりかは自分の実力を出せるようにしています」
READ MORE

不調の中での一戦 悔しさ残る13位/日本選手権10000メートル

 全国の実力者たちが集う日本選手権10000メートルが大阪・ヤンマースタジアム長居で開催された。明大からは27分台の記録を持つ阿部弘輝主将(政経4=学校法人石川)が出場したが、無念の13位に終わった。◆5・19 第103回日本選手権10000メートル(ヤンマースタジアム長居)▼男子10000メートル決勝13位 阿部 29分5秒43 「思い切った挑戦をしてきた代償」。状態が上がらない中で臨んだレースをこのような言葉で締めくくった阿部。4月のアジア選手権以降、疲労により全く練習が積めておらず「出るか迷った」(阿部)ほどのコンディション不良に陥った。それでも「(いずれ)悪い状態の中でも走らなければいけない大会が来る」(阿部)ことを見越して強行出場した今大会。目標の3番以内には遠く及ばなかったが、今できる最低限の走りはしてみせた。 見据える先は長い。1週間後には関東インカレの5000メートル、そして7月にはメダルを懸けたユニバーシアードが待つ。「少しずつ状態は上がってきている」(阿部)。誰しもがエースの帰還を待っている。[川和健太郎] 試合後のコメント阿部ーー思い描いていたレースプランはありましたか。「そうですね、とにかく粘るということだけだったんですけど、後半、案の定足が止まってしまって。少しずつ状態は上がってきているんですけど、一番この大会に合わせたかったので、自分の計画がうまくいかなかったなと思っています」ーー合わせたかった大会で合わせられなかった悔しさは大きいものでしょうか。「そうですね、大きいですし、もっと上を目指してやっているので、この結果は納得がいかないし悔しいです。でも、思い切った挑戦をしてきた代償というのもあると思うので、そこは割り切って、今の状態と向き合って、関東インカレで少しでも状態を上げて、7月のユニバーシアードでしっかりメダルを獲得できるようにやっていきたいと思っています」ーー関東インカレはチームで戦います。「もう気持ちですかね。しっかり気持ち整えて、今日の結果は今日の結果なのでしっかり切り替えて、関東インカレに臨みたいなと思っています」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内