大会直前インタビュー/全日本学生選手権大学対抗戦

 日本一の大学を決める全日本学生選手権大学対抗戦(以下、団体戦)が2月23日に開幕する。昨年度見事5連覇を果たし、今年度は6連覇を狙う明大。今年度最後の大会でもある大事な試合を前に、一人一人の思いを伺った。 (この取材は2月13日~19日にオンラインで行われました) 内藤紳之助主将(法4=アサンプション国際)――4年間団体戦メンバーですが年を経るにつれて団体戦に対する意識の変化などはありますか。 「元々入部した時点から目標というのは、団体戦で明治大学が優勝することっていうのが今まで全く変わらない、ぶれない目標だったので。正直、あまり変わってはないんですけど。ただ一つ大きな違いというのが、優勝を重ねていることで、今5連覇をしていて、その5連覇という重みがすごくのしかかってきていて、自分に。今のチーム内でそれにどう打ち勝とうかっていうのが課題と言いますか、変わった変化です」 ――団体戦を前にしてご自身が4年間大事にしてきたり成長したと感じたりしたことは何でしょうか。 「この4年間は、個人で優勝というよりかはこの明治大学で優勝したいっていう思いが強くて。今のところ5連覇できていて、自分の入学からは優勝を3回も経験させてもらえていて。やっと自分の代となって活動してきてやっぱり一番に考えたことは、チーム全員の技術面だったり、人間性だったり、そういったところを向上させていかなければならないと考えていて。実際にインカレ個人戦(全日本学生選手権)で自分の同期の大島春哉(商4=佐倉)が優勝してくれたり、追いかけるようにして3年生もぐんぐん伸びていってくれて本当に頼りがいのあるメンバーだなっていう風に、もちろん1年生も含めてみんなが頼りがいのあるメンバーなので。そういったところで自分がやってきたことっていうのが団体戦の結果として残せたら本当にいいなという風に思ってます」 ――改めて個人の目標とチームの目標をお願いします。 「個人的な目標としてはこの団体戦のレースのどのレースかで、絶対に明治が1、2、3位でフィニッシュするようなレースをつくれたらなっていう風に思ってます。チームとしての目標っていうところで、団体戦6連覇ということですけど、この団体戦6連覇っていうのは本当にもう壮大な目標だと思うので、ちょっと物怖じしちゃうんですけど、でもやっぱりこの1年間だったりこれまで、自分だったらこれまでの4年間で、3年生だったらこれまでの3年間っていうのを振り返った時に、やっぱりそれを達成するだけの実力と、その自信っていうのがあるという風に断言できるので。団体戦6連覇して有終の美を飾りたいなっていう風に思います」 大島――インカレ個人戦で日本一に輝いてから今まで、どのようなモチベーションでボードセーリングに向き合ってきましたか。 「1年生の頃から4年間、団体戦に向けて練習をやってきたので、団体戦でも勝たなくてはいけないというプレッシャーもあります。でも、個人戦で優勝できたことがすごく自分の自信につながっているので、団体戦でも個人戦の時と同じようなモチベーションで、同じような気持ちで走れたらいいなと思いながら練習してきました」 ――大学競技生活最後の大きな大会となると思います。この団体戦に懸ける思いを伺いたいです。 「正直、ここまですごく長くかったというのがあります。去年も団体戦に出ることを目標として1年間やってきたのですが、それが叶わず4年目にしてやっとというところがあって、4年間で1回しか出られない大会というのは中々ないので、それに向けて今年度が始まってから、個人戦よりも団体優勝ということをずっと考えてやっていたので、 やっとこの時が来たなという感じで、すごくワクワクしています」 ――現在のチームの雰囲気はいかがですか。 「団体戦は大学の部で戦うものなので、チームの雰囲気としてはメンバーはもちろん、メンバー以外の子たちも必死に応援してくれたり、メンバーが決まった後の練習でも、そのメンバーに食らいつくような姿勢を見せてくれているので、総力戦という意味では、例年通りの雰囲気かなと思っていますし、僕自身も最近は早寝早起きで体調も完璧なので、問題なくレースに臨めるかなと思います」 蓮田拓己(営3=明大中野)――初めて団体戦のメンバーに選ばれた時の気持ちはいかがでしたか。 「この1年を通して自分が団体戦で走るというのを目標として活動してきたので、うれしいというよりもやらなきゃいけない覚悟という気持ちの方がすごい大きかったです。1年前は自分は応援する立場で選手たちを見ていて、今度は自分が選手として出場するという意味で、緊張感というのはものすごいありますし、自分がチームの一員として日本一のなるという覚悟の部分がすごく大きかったと思います」 ――練習など去年から変えたところや力を入れていたことはございますか。 「この競技を始めて3年目で、技術的に少し余裕が出てきた分、自分の視野が広がって戦術的な面で選択肢が増えたというか、視野を広げられるようになったので、そこは自分にとっては大きな変化です。あとは学年が上がっていくごとに後輩ができて、後輩に説明するために言語化したり、自分の頭でより考えて競技に向き合う時間が増えました。そのおかげで、自分の苦手な部分だったり、得意な部分だったりがより鮮明になったなと思います」 ――本番ではどのようにチームに貢献していきたいですか。 「団体戦は風域やレースによって出るメンバーは変えられるんですけど、自分の得意風域としては、中・強風ぐらいだと思っています。自分の持ち味である安定した走りと、あとはチームを盛り上げるとか、そういうメンタル的な面でチームを鼓舞する姿勢だったり、レースだけじゃなくて、気持ちの面でも貢献していけると思っています」 森健太郎(文3=元石川)――この大会での個人的な目標を教えてください。 「上級生2人はこれで本当に最後なので、最後にどういう思いでやってきたかっていうのを全部受け取ってそれを後輩たちにつなげて、伝えて、チームをこれからも優勝させていくのが自分の目標なので、やっぱり2人の思いをしっかり感じ取りたいです」 ――団体戦のメンバーに選ばれるのは今年が初めてだと思いますが、選ばれた時はどのような気持ちでしたか。 「自分は絶対なるって、去年から思っていたのでなれてほっとした気持ちです。1、2年生の時、団体メンバーが本当にとんでもない思いで部を背負って、すごいプレッシャーなんだろうなというのをすごく思っていたので、その団体メンバーに自分がなって、やっと俺もあの時の先輩のようになれたんだという思いがすごい強かったです」 神田俊斗(法1=光)――インカレ6連覇が懸かった大会となりますが、今の気持ちはいかがですか。 「団体戦メンバーとして、自覚と責任を持って自分の出せる全力を尽くしたいと思っています」 ――団体戦メンバーとして、今プレッシャーを感じていますか。 「5連覇、今まで先輩方がつないできてくださったので、6連覇をしなくてはいけないなという気持ちと、たくさんの応援があるので、それに応えなくてはいけないプレッシャーはあります。でもいい緊張感なので、それを楽しんでレースに挑みたいです」 ――今大会に向けての意気込みをお願いします。 「目標に掲げてきた6連覇を必ず達成して、7連覇、8連覇と続いていけるような、チームを勢いづけるような団体戦にしたいと思います」 ――ありがとうございました。 [ボードセーリング担当一同]
READ MORE

(199)日本選手権・20キロ競歩事後インタビュー②/長田隼人、櫻井建太

 パリ五輪の選考も兼ね〝世界一熾烈な代表争い〟が繰り広げられた日本選手権。明大は多くの選手が自己ベストを更新するなど出場した全員が次戦につながる歩みを見せた。また、OB選手が表彰台入りを達成するなど大会を通して明大競歩の強さが光った。今回はレース後の選手の声をお届けする。  第2回は長田隼人(商1=松山工)、櫻井建太(法1=星稜)のインタビューです。 長田21位 1時間24分46秒 自己ベスト――今大会を振り返っていかがでしたか。 「自分的にオーバーペースでスタートしてしまい、(このままのペースで)行けるかなと思いましたが、他に強い選手がいたのでリズムをもらいながら歩くことができて15キロくらいまでは良かったです。しかし、まだまだ積み上げが足りずにペースが落ちてしまったので、終盤も耐えられる体づくりを目指して今後の練習に取り組んでいきたいと思います」 ――レースプランはいかがでしたか。 「最初は様子を見て(1キロを)4分20秒のペースで行こうと思ったのですが、雰囲気にのまれてしまいました。(1キロを)4分で入ってしまい平常心が保てなかったので、次の全日本競歩能美大会(能美競歩)では平常心を保っていこうと思います」 ――収穫と課題をお願いします。 「目標は1時間25分台だったので、目標以上のタイムが出たことが収穫です。課題は警告を1枚もらってしまったので、次の大会では警告なしで自己ベストが出せるように練習をしていきます」 ――トップレベルの選手と一緒のレースに出場したことはいかがでしたか。 「一緒のレースに出て間近で見ることができたので、フォームなどがとても勉強になりました」 ――新シーズンの目標は何でしょうか。 「関東学生対校選手権(関東インカレ)と日本学生対校選手権(日本インカレ)で3番以内と20キロ競歩は1時間22分切りを目指します」 ――意気込みをお願いします。 「2年生となり新入生も入ってくるので、新入生に負けないように関東インカレや日本インカレで成長していきたいと思います」 ――ありがとうございました。櫻井建太(法1=星稜) 櫻井29位 1時間27分15秒 自己ベスト――レースの振り返りをお願いします。 「今までは前半で突っ込んでしまいフォームが崩れて警告が出たりしていたので、そうならないように抑えて入りました。今回はそれが功を奏してしっかり一定のペースで押し切ることができました。B標準ですが目標だった日本インカレの標準記録を切ることができたので良かったと思います」 ――レースプランを教えてください。 「前半と後半のタイム差をなくし、20キロを押し切れるように考えていました。今回はタイムが出なくてもいいと割り切ってフォームやラップを落とさないことを意識しました。また、体の状態を最優先に考えてレースを進めました」 ――明大卒の選手や日本トップレベルの選手と一緒のレースに出場されたことに関してはいかがでしたか。 「濱西諒さん(令5文卒・現サンベルクス)はよく明大に来て練習をしていたり、古賀友太さん(令4卒・現大塚製薬)もたまにお食事会とかで会ったりしています。世界で活躍するトップ選手のお話をたくさん聞けたので、そこは自分自身の意識を高める上でもすごくプラスになっています。やはり明大の先輩が活躍されていると自分もそのような選手になれるよう頑張らないといけないと日々刺激をいただいています」 ――今季はどのようなシーズンにしたいですか。 「タイムを狙ったレースであまり結果を出せなかったりするので、まずは一歩一歩明大の中で主力になれるように3年目、4年目につなげるためのシーズンにしたいです。ケガなくフォームを固めることとしっかり安定してそこそこのタイムでまとめることを意識して、愚直に取り組んでいこうと思います」 ――次の大会に向けて意気込みをお願いします。 「能美競歩は石川での大会で自分の地元なので、1年経った自分の成長した姿を見ていただける大事な大会です。今回よりももっと自分の中では重要度が高いので、結果もそうですけど、明大で頑張っているところをしっかり見せられるように歩こうと思います」 ――ありがとうございました。 [原田青空、熊谷実夏]
READ MORE

(198)日本選手権・20キロ競歩事後インタビュー①/村越優汰主将、近藤岬

 パリ五輪の選考も兼ね〝世界一熾烈な代表争い〟が繰り広げられた日本選手権。明大は多くの選手が自己ベストを更新するなど出場した全員が次戦につながる歩みを見せた。また、OB選手が表彰台入りを達成するなど大会を通して明大競歩の強さが光った。今回はレース後の選手の声をお届けする。  第1回は村越優汰主将(文3=横浜)、近藤岬(理工2=十日町)のインタビューです。 村越DNF――レースの振り返りをお願いします。 「12月の長崎陸協競歩大会が終わってから膝が痛くて、ポイント練習を始めたのが1週間前でした。なので、今回は現状確認という目的で出ました。その中で最低限というか、良くも悪くも春のシーズンにつながるレースになったと思います」 ――膝のケガの状態はいかがですか。 「まだ少し痛みはあるけど良くなりつつあります。フォームがまだはまっていなくて違和感から痛みが来ているので、これから修正していきたいです」 ――関東学生対校選手権(関東インカレ)に向けてどんなことに取り組んでいきますか。 「個人としては関東インカレで1点でも多くチームに貢献することが目標です。チームとしては今年度は主将を務めるので、チームスローガンに掲げている〝One Team〟を達成できるように幹部や他ブロックの人と協力しながらいいチームを作っていきたいです」 ――主将を務めることになった経緯を教えてください。 「園原健弘監督からの指名という形で務めることになりました。昨年度の関東インカレの時に僕と櫻井(建太・法1=星稜)で応援団を結成してチームを盛り上げたんですけど、 そういったことで周りを巻き込めるところを評価してくれてぜひやってほしいと言われました。(主将を)やるためには結果が必要なので、昨年度は日本選手権の標準切りを目標にしていました。それを達成できたので主将になったという経緯です」 ――指名された時の気持ちはどんなものがありましたか。 「一番はすごくありがたいという気持ちがありました。僕は入学した時からチームとしてまとまりきれていないとずっと感じていて、チームを一つにする必要があると思っていました。結構プレッシャーに感じた時もありましたけど、同期や後輩と話して一人で背負うんじゃなくてみんなでやっていこうと思っています」 ――主将になってからまだ短いと思いますが、チームに変化はありますか。 「主将になった時にみんなの前で、挨拶といったできることを徹底していこうという話をしました。そこから全員がしっかり挨拶するようになって、それによってコミュニケーションも取れるようになりました。今までよりチームの中で会話が増えているので僕自身もすごくうれしいですし、チームとしてもいい方向に向かっていると思います」 ――最後にこれからの意気込みをお願いします。 「チームスローガンに近づけるよう自分だけで精一杯にならずに、周りも見ながらいいチームを作っていきたいなと考えています」 ――ありがとうございました。近藤岬(理工2=十日町) 近藤 16位 1時間23分15秒 自己ベスト――今大会を振り返っていかがですか。 「これまでの自己ベストが1時間30分だったので、そのタイムを切ることを目標にしていました。結果としてそれ以上のタイムで歩くことができて良かったです」 ――今大会の位置付けはどのように考えていましたか。 「テスト終わりということもあり、来月行われる全日本競歩能美大会の前哨戦として臨みました」 ――今シーズン初戦となりましたが手応えはいかがですか。 「今の大学4年生以上の代を除いたら学生の中でトップのタイムを出すことができたので、そこは自信にしていきたいと思います。また、20キロという距離に苦手意識があったのですが、今回の結果でそれが少し薄れたことが一番大きかったと思います」 ――次のレースに向けて反省点はありますか。 「最後に大幅にペースを上げて終わるようなレースをしてしまいました。ゴールした時にまだ少し余力がある状態だったので、もっとへとへとになるくらいまで追い込めたら良かったなと思います」 ――今後に向けた目標と意気込みをお願いします。 「次は1時間22分や21分台を目指してまた自己ベストを更新することと、関東インカレで1位を取れるように頑張っていきたいと思います」 ――ありがとうございました。 [島田五貴、原田青空]
READ MORE

自己ベスト続々更新 競歩の実力示す/日本選手権・20キロ競歩

 パリ五輪出場、自己ベスト更新など各選手が目標に向かいレースに臨んだ。学生から社会人まで多くの選手が参加し〝世界一熾烈な代表争い〟と称される今大会。そんなハイレベルな戦いに明大からは4名の選手が出場し、見事に3人が自己ベストを更新と好成績を残した。現役選手だけではなく明大OBも3人全員が入賞を果たし、明大競歩部門のシーズン幕開けにふさわしい幸先の良いスタートとなった。◆2・18 第107回日本選手権・20キロ競歩(六甲アイランド) ▼男子20キロ 16位 近藤 1時間23分15秒 自己ベスト 21位 長田 1時間24分46秒 自己ベスト 29位 櫻井 1時間27分15秒 自己ベスト ※村越は途中棄権  沿道には周回する選手を応援し続ける観客が並び、にぎわいを見せていた。昨年度よりも応援を受ける明大の出場選手が増え4人の選手が紫紺を背負い出場。序盤では集団でレースが進んだが、4キロ通過あたりから集団が崩れ始める。個人でのレースが展開され、周回遅れとなる選手も出たことで順位の見えづらいレースが続いた。そんな中、近藤岬(理工2=十日町)、長田隼人(商1=松山工)が前後に並び、レースを進めるも後半になるにつれ差が広がり始める。そこから後半さらにペースを上げた近藤は自己タイムを約7分も縮めフィニッシュ。今回のタイムに対して満足度は「100点」と笑顔を見せた。続いて、長田は終盤からペースが落ちてしまったものの自己ベストを更新。「オーバーペースで入ってしまった。15キロくらいまでは良かったが、まだまだ積み上げが足りず、終盤耐えられる体づくりしたい」と振り返る。櫻井建太(法1=星稜)は「タイムではなく、体の状態を最優先に考える」というレースプランを守り、目標としていた日本学生対校選手権(日本インカレ)の標準タイムを切り、自己ベストを更新した。進級前の2月、下級生による3人の自己ベスト更新は競歩部門の今後への期待を一層高めてくれるものとなるだろう。一方、村越優汰主将(文3=横浜)は元より10キロでの棄権を予定し、復帰戦としてレースに臨んでいた。半分の距離ではあるものの集団の中で淡々と自分のペースを刻み、自分の歩きを再確認。次戦に向け準備を重ねている。  現役選手のほかに明大出身の選手が3人出場し、同様にレースに臨んでいた。濱西諒選手(令5文卒・サンベルクス)は昨年度の記録を大きく塗り替え、2位の好成績を収めた。レース終盤、濱西選手と競り合った古賀友太選手(令4商卒・大塚製薬)は続いて3位と表彰を受けている。さらに野田明宏選手(平30商卒・自衛隊体育学校)も8位入賞を果たし、華々しく活躍するOBの姿にも目が離せない。 大会の結果は明大競歩部門を勢いづける大きな一歩となった。この流れが主将・村越を中心に明大競走部全体に波及し、「ワンチームを目指して、自分だけで精一杯にはならず周りを見ながらいいチームを作っていきたい」(村越)という思いをかなえてほしい。競歩に始まり、充実した春を過ごした紫紺の花が咲くことを期待したい。[熊谷実夏]
READ MORE

エース・工藤、Ⅴリーグで躍動/V.LEAGUE DIVISION1

 全日本大学選手権後からVC長野トライデンツ(以下、VC長野)に合流している工藤有史(政経4=清風)。代々木第二体育館で行われた対東京グレートベアーズ(以下、東京GB)戦では、内定選手ながら前日に引き続きフル出場を果たした。サーブレシーブはチーム最多の43本、サービスエース2本と攻守にわたり活躍を見せた。 ◆10・14~3・31 V.LEAGUE DIVISION1▼2・18 VC長野対東京GB戦(代々木第二体育館)VC長野1{25-23、20-25、23-25、33-35}3東京GB〇  観客数2749人と会場はほぼ満席となった今試合。VC長野にとってはアウェーであったが、多くのVC長野ファンが駆け付けた。ウォーミングアップ中から主将の池田颯太選手(令3営卒=現VC長野トライデンツ)など、チームメートと積極的にコミュニケーションを取る姿も見られた。  第1セット最終盤には、東京GBのラファエル・アラウージョ(ブラジル)をブロックで仕留め、工藤の連続得点でセットを先取した。第1セット中盤に続き第3セットにもサービスエースを繰り出し、サーブでもチームを勢いづかせる。大事な場面でサーブが回ってくることも多かったが「『決めたろ』とは思っていたが、いい意味でリラックスしていこうとも考えていた」。 (写真:工藤(左)と藤原奨太) 30点を超えるデュースとなった第4セット。途切れない緊張感の中、工藤はネット際での押し合いを制するなど攻守共に活躍を見せた。しかし最後の数点を取り切れず、33―35で東京GBの勝利となった。「4セット目の中盤から終盤はスパイクも決まって手応えはあったが、それ以上に相手の柳田さん(将洋)などは勝負どころの点の取り方を知っているなと感じた。やっぱりまだトップの人との差を感じた」。  試合を通し、流れが悪い時は一番声を出してチームを盛り上げた。内定選手ながら、すでにチームの主軸のような働きを見せた工藤。今後の活躍にさらなる期待がかかる。 [上原朋子] 試合後インタビュー――試合を振り返ってみていかがですか。 「全体を振り返ると、昨日よりかは全体的にどのプレーも良くなってましたし、昨日よりもいい場面が多くあったんですけど、やっぱりどのセットも最後の点を取り切れなかったっていうのが一番の敗因かなと思います。もちろん最後は個人技なんですけど、自分も最後サーブを打ち切れなかったのが勝てなかった要因ではあるかなと思います」 ――スパイクやサーブなど全体的に活躍されていましたが、具体的に手応えを感じた部分があったら教えてください。 「4セット目の中盤から終盤はスパイクも決まって手応えはあったんですけど、それ以上に相手の柳田さんであったりが、勝負どころでの点の取り方っていうのを知ってるなって感じました。手応えを感じたのはあるんですけど、やっぱりまだトップの人とは差があるなっていうのは感じました」 ――サーブで狙われがちだったと思いますが、ご自身ではどのように思われますか。 「4セット目の終盤ぐらいからは安定して返せてたんですけど、2、3セット目は崩されてたんで、試合を通して安定しないといけないですし、試合の中で修正していけるようにしないといけないかなと思います」 ――昨日、今日とフルでの出場でしたが膝の調子はいかがですか。 「まあ動く分には全然問題がないので。痛みがないわけではないですけど、大丈夫です」 ――次の試合に向けて一言お願いします。 「来週も上位のチームに当たるので、しっかり対策を練りながらも、自分たちのバレーをすることを第一に考えていいバレーをして勝ちたいなと思います」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL