5000メートルで首位独占!/明大対法大定期戦

 ルーキーの成果が目立った。今年で69回目を迎える伝統の明法戦。総合得点では57-113と法大に勝利を許したが、多くの選手が好記録を収めた。特に加藤大誠(営1=鹿児島実)は対校5000 メートル決勝で優勝し、見事大会最優秀選手賞に輝いた。 ◆7・14 第69回法大対明大定期大会(法大多摩キャンパス)▼対校100m決勝 3位 富山  10秒87 5位 小林  10秒91 6位 中里  11秒22▼対校400m決勝 4位 橋元  48秒64 5位 渡邊  48秒96 6位 村松  50秒03▼対校1500m決勝 3位 漆畑  3分52秒43 4位 杉本  3分54秒31 6位 近藤  3分57秒87▼対校5000m決勝 1位 加藤  14分16秒48 2位 小澤  14分19秒85 4位 櫛田  14分36秒64▼対校400mH決勝 3位 金子  52秒63 4位 鹿瀬島 53秒88▼対校4×100mR決勝 2位 明大  41秒32▼対校砲丸投決勝 4位 渡部  6m53 5位 石河  5m74 6位 小林  5m50▼対校走幅跳決勝 4位 鈴木  6m10 7位 小林  5m88 8位 渡部  5m78▼総合得点 1位 法大  113点 2位 明大  57点  紫紺に新しい風を吹かせる。対校5000メートルは、加藤が安定したペースで果敢にレースを展開した。しかし、オープン参加の鈴木聖人(政経2=水城)にラストスパートで競り負け、このレースとしては2位にとどまった。「夏合宿で死に物狂いで練習したい」(加藤)。加藤は、見事MVPにも選ばれ、今後の活躍に期待がかかる。  復活ののろしを上げた。同じく対校5000メートルに、ケガから復帰して間もなくの出場となった小澤大輝(政経1=韮山)。3000メートル付近で先頭から一度離れたものの、粘りのラストスパートを見せる。加藤に続きフィニッシュしケガ明けの不安を払拭(ふっしょく)した。「どんなレースでも外さずしっかり走り切りたい」(小澤)と次なる大会に向け、さらなる活躍を意気込んだ。  来たる秋の駅伝シーズンに向けて、正念場の夏が始まる。今大会、オープン1500メートルでは前田舜平(政経3=倉敷)、オープン5000メートルでは鈴木がそれぞれトップでゴール。6月の全日本予選でも活躍した両選手が圧倒的な力を示した。「外さない選手が信頼される」(小澤)。ルーキーの台頭に中軸選手の成長、チーム内競争も激しさを増している。さらなる飛躍を目指し、明大競走部の底力を見せつけたい。 [ソル ヨンファン] 試合後のコメント加藤――鈴木選手とは僅差の勝負となりました。 「3000メートル、5000メートルと連戦だったので、距離を踏んで練習できていなかったのでそれが原因の一つだと思っています」 ――夏の合宿ももうすぐ行われます。 「まず7月末まではしっかり距離を踏んで長い距離を走れるようにして、夏合宿でしっかり走り込みができるよう全力で取り組んでいきたいと思っています。(秋には)箱根駅伝の予選もあるので、二つとも出れるよう夏は死に物狂いで練習したいと思っています」 小澤――レース展開はいかがでしたか。 「3000メートルで一度離れてしまってそこから詰めるという展開でした。自分は3000メートルから4000メートルまでは休んで、最後に行くというのが持ち味なんですけど、前に付いていけたらもっと良かったなと感じます」 ーー鈴木選手、加藤選手に続いて3位でした。 「(鈴木)聖人さんの力があるのは、分かっていたんですけど、加藤は同期でもあるので、これから夏合宿でついてしまった差を埋めて次は自分が勝ちたいと思います」 ――今後の大会に向けての意気込みはお願いします。 「これから箱根駅伝や全日本駅伝などで、外さない選手というのが監督からも信頼を得られると思います。どんなレースでも外さずにしっかり走り切るというのを目標にしたいなと思います」  
READ MORE

夏の全国大会は優勝ならず 男子2位、女子3位に終わる/日本学生選抜大会

 インカレに次ぐ大会規模を誇る日本学生選抜大会。男子は春から順位を一つ上げ2位。一方の女子は振るわず3位に終わった。◆7・13~15 日本学生選抜大会(能勢射撃場)▼男子総合 明大――2位▼女子総合 明大――3位[男子]男子が躍進を見せた。春関は3位に沈み涙をのんだ男子団体。しかし今大会は浅井優汰(法3=竜ケ崎一)がSBR(スモールボアライフル)で個人4位に食い込む奮闘ぶり。見事団体戦準優勝に貢献してみせた。また団体成績にこそ関係しないものの、男女混合で行われるSBR伏射では髙田裕介(政経3=致遠館)がスキルの高さを見せつけ準優勝。「春は女子が引っ張ってくれたが、今回は男子が頑張った。全日本では男女共に優勝を」(佐橋朋木監督)と期待のふくらむ結果となった。 [女子]連勝記録が途絶えた。昨年度の秋から負けなしだった女子団体だが同大、日大に次ぐ3位に終わった。今大会は関東学生春季大会で2種目レギュラーを務めた平田しおり(政経2=金沢伏見)がジュニアワールドカップのため欠場。「その穴を埋められる選手はそろっていたが、実力を出し切れなかった」(佐藤綾乃主将・法4=盛岡二)と唇をかんだ。しかし髙橋佳伶(国際3=山形県立南陽)、森本怜花(商3=日大櫻丘)の3年生コンビが存在感を発揮。特に森本はAR(エアライフル)で2位、SBRで3位に入るなど好調ぶりを示した。[島田雄貴、楠大輝]試合後のコメント佐橋監督――今大会を振り返っていかがですか。 「男子が団体で2位に入ったということで、今まで女子の方が強かったので、非常にうれしいです。自分たちの仕事をしっかりしたから、実力が出せたのかなと思います。まだまだ足りてない部分はありますが、上は狙っていけると思うので、日大との差を詰めながら全日本に向けて頑張っていきたいと思います」佐藤――今大会を振り返っていかがですか。 「SBRもARも、どちらも次につながる結果かなと思います。夏の間に実戦経験も積んでいって、インカレまで準備していきたいです」 森本――今大会を振り返っていかがですか。 「能勢の射撃場では練習する機会がなかなかないので調整に時間がかかりました。インカレは長瀞で行われるのでそこではしっかり勝てるように練習していきたいです」
READ MORE

3戦3敗で団体予選敗退 個人戦は東がベスト16入り/全日本大学選抜金沢大会

 強豪がしのぎを削る今大会。予選は東農大、慶大に連敗。強豪校の日大にも一つの白星しかあげられず予選敗退した。一方、個人戦では東龍輝(政経4=文徳)がベスト16進出を果たした。 ◆7・14 第9回全日本大学選抜金沢大会(石川県卯辰山相撲場)▼団体戦 明 大――予選敗退・予選1回戦 明 大 2-3 東農大○・予選2回戦 明 大 2-3 慶 大○・予選3回戦 明 大 1-4 日 大○ ▼個人戦東――ベスト16藤原、太治――2回戦敗退篠田、八幡、赤間、松村――1回戦敗退  あと1勝が遠かった。東日本学生選手権に出場していた宇都宮愛樹(政経3=野村)と佐藤大地(政経3=埼玉栄)がケガの影響で欠場していた明大。「厳しい戦いだと思っていた」(守重佳昭監督)というように、団体予選は苦戦を強いられた。初戦の東農大、2回戦の慶大ともに、中堅・東が2戦2勝の活躍で2-1とするが、その後が続かず。2試合連続2-3で惜敗した。3回戦の日大戦も東の1勝止まり。「チームとしての士気が足りなかった」(東)。勝ち点をあげられないまま予選敗退が決まった。  金沢にめっぽう強い男だ。2年次に初出場した際には、大将として日体大に値千金の勝利を収めると、3年次には団体戦では4戦4勝の活躍。 今大会も団体戦3戦3勝に加え、個人ではベスト16に進出した。「昨年度一昨年と調子が良かったので、その流れに乗れた」(東)。まさにご当所と言わんばかりの活躍を見せつけた。  勝負の夏がやってくる。新体制となってから、一度も決勝トーナメントに進出できていない。それでも東日本インカレ後からは「全体で練習を見直して、みんなで声をかけてやっている」(藤原竜平主将・政経4=埼玉栄)。今大会は強豪校に対し、あと一つまで追い詰め、確実に進化し続けている。インカレ優勝に向けて、一歩づつ課題を克服していく。 [髙橋昇吾]試合後のコメント守重監督--どんな試合展開を想定されていましたか。「東日本で主力だった3年生2人がいない状況で、厳しい戦いだと思いながら今回参加しました。東内容としては、0勝5点だけど、次に光明があるような戦い方としてもチームとして一生懸命声を掛け合ってやっている姿を観れたので、一歩東日本よりは前に進めたかなという試合内容でした」 藤原--東日本学生選手権を終えて意識してることは何でしょうか。「全体で練習を見直して、みんなで声かけてやっています。自分の場合は気持ちで、1年、2年で試合で勝っていた時を思い出して、勝たなければいけないというプレッシャーに勝つように臨みました」 東--今日の試合の評価をお願いします。「団体は自分は良かったですけど、チームとしては士気が足らなかったと思います。個人戦は、調子良かったんで優勝狙っていたんですけど、体の大きい相手に萎縮してしまって負けてしまいました」 --金沢大会との相性が良いです。「一昨年昨年度と調子良かったんで、その流れで今年もいけるかなと思いました」
READ MORE

2勝するも優勝逃す 3部残留が決定/関東大学3部トーナメント

 準決勝で2部復帰に向けて望みをつなげた明大。決勝に進んだ2階級を制すも3部優勝を逃し、 入替戦に駒を進められずシーズンを終えた。   ◆5・19~7・13 第54回関東大学3部トーナメント戦(駒大玉川キャンパス他) ▼7・13 決勝(後楽園ホール) ▽フライ級 〇立花(3回・判定)森本(東大) ▽ウェルター級 〇入澤(1回・RSC)藤井(防衛大)   最後の望みをかけて戦った。決勝戦に挑んだのはフライ級の立花拳斗(文1=出雲工)とウェルター級の入澤心太(商2=崇徳)。1番手に登場した立花は、攻めの気持ちで試合に臨んだが「追い込みが足りなかった」(立花)。試合を決める一発こそは決まらなかったが、3Rを終え判定勝ちを収めた。続く入澤は「ここで負けたらいけない」と強い覚悟でリンクに上がる。開始直後は相手にペースを乱されたが「右ストレートで手応えがばっちりだった」(入澤)。相手にダメージを与えると、1R2分にRSC(レフリーストップコンテスト)で白星を飾った。しかし、3階級決勝に進出していた大東大が2勝し、明大はポイント差で準優勝。3部残留が決まった。   悔しさの残る結果となった。シーズン最初からチームの目標であったのは「3部優勝、2部昇格」(星野隆監督)。目標達成に向けてトーナメントに挑んだが、個々の戦力はあるものの部員数の少なさをカバーすることができなかった。メンバーの少なさが歯車を狂わすもととなり、惜しくも準優勝で閉幕。昨年度3部に降格し、なんとしても2部復帰を果たしたかったが入替戦への道は閉ざされた。チーム一丸となってトレーニングを重ね、一年後こそ3部優勝を果たしたい。   [中澤美月]   試合後のコメント 星野監督 ――今日の試合を振り返っていかがですか。 「立花にしても入澤にしても、本当に明治のボクシングをやってくれたので、そこが満足かなと思います。あとは個人戦にたくさん出場できるように頑張ってもらおうと思っています」   入澤 ――どのような気持ちで試合に挑みましたか。 「ここで負けたらいけないと思ったので、勝つぞという気持ちでした」   立花 ――今後の課題はありますか。 「コーナーとかに逃げられないよう追い詰めるように、足の運びをしっかりしたいです」  
READ MORE

女子創部初全国制覇! 男子は6位入賞/全国大学対抗戦・全国大学女子対抗戦

 6月20日、21日に行われた全国大学対抗戦・全国大学女子対抗戦。明大は、初日好調なスタートダッシュを見せた女子が創部初の優勝、男子は6位入賞を果たした。創部59年の長い歴史に新たな1ページを刻んだ。 ★監督のコメントはこちら★女子選手①はこちら ★女子選手②はこちら★男子選手①はこちら ★男子選手②はこちら [女子] 念願の〝優勝〟をつかみ取った。初日から2位に5打差を付けてトップ。迎えた2日目、優勝への重圧と疲れが見え始めるも、粘りのプレーで見事1打差を守り切った。「優勝できて嬉しい気持ちでいっぱい」(花渕里帆・営2=千葉学芸)。全国の大舞台で躍動した、石川聖奈(商1=拓大紅陵)・髙橋幸(営1=埼玉栄)2人のルーキー。最終ホールでバーディーを決め、チームを救った関野愛美(営3=埼玉栄)。一般入部からメンバー入りを勝ち取った雨宮梨乃(情コミ3=明大中野八王子)・手川美佳(情コミ3=日野台)。チームトップのスコアでけん引した花渕。6人の〝個の力〟が合わさった最高の結果となった。 [男子] あと一歩が遠かった。初日9位と出遅れた男子は、2日目追い上げを図る。伊藤泰良(商2=千葉経大付)がトータル1アンダー、本間佑(商1=水城)がトータル3アンダーと好スコアをマーク。何とか三つ順位を押し上げたものの6位入賞に終わった。「自分がやらなくてはという思いが空回りした」(鈴木海斗主将・営4=拓大紅陵)。次の団体戦は、マッチプレー戦と大きく対戦形式が変わる男子。「バーディーを取らなければ勝てない」(片岡徳幸・法4=帯広柏葉)。今大会の悔しさを糧に、女子の躍進に続きたい。  団体戦でありながら、個人の力が大きくウエートを占める大学ゴルフ。〝1打の重み〟の重圧がかかる一方で、「他の選手のことはどうにもすることができない」(手川)。女子が見せつけた、チームを支える〝個の力〟。技術力と精神力を全て発揮できることが、優勝の絶対条件だと証明してみせた。 日大や東北福祉大と肩を並べ、大学ゴルフをけん引する存在に仲間入りした明大。秋のシーズンに向け、さらなる高みへまい進を続ける。 [仁科せい]
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内