林原3位 苦手なクリテリウムで活躍見せる/全日本学生選手権クリテリウム

 明大から8名が出場した男子クリテリウム。林原聖真(法2=倉吉東)が2度のトップ通過により3位と表彰台に名を連ねた。昨年度、0ポイントに終わった小泉響貴(政経2=浦和北)は3ポイントを獲得し9位に食い込んだ。 ◆5・28 全日本学生選手権クリテリウム(大井埠頭周回コース)▼男子林原――3位小泉――9位小久保――17位片岡――21位永野――41位鈴木――51位吉房――61位  雲一つない青空の下で全日本学生選手権クリテリウムが開催された。1周7キロのコースを6周し、周回ごとのポイント制で争われる男子クリテリウムに明大からは8人が出場。その中でもひときわ目立つ活躍を見せたのが林原だ。「スプリント勝負ではポイントが取れないと分かっていたので、逃げて点が取れればと思っていた」。その言葉通り、1周目から逃げのレースを展開した。1周目の終盤、林原はタイミングを見計らい集団の先頭に躍り出る。そのまま逃げ切り、1位で通過し5ポイントを獲得。その後はレース中盤まで田村一暉(京産大)との激しいトップ争いを繰り広げる。「(意識は)していなかった。田村選手は僕と違ってスプリントが得意でそこで点を取ってくるので、僕は逃げて点を取るっていうのをいつできるかということだけを考えていた」。2、3週目のトップを連続で田村に奪われたものの、4周目には再び逃げのレースを展開し首位通過。4周目を終え田村を3ポイント差で追う2位に着けた。迎えた最終6周目。獲得ポイントが倍になる最終周で得点し逆転を狙いたい林原であったが、集団に付いていけず引き離されてしまう。最終周でポイントを獲得することはできなかったが、2度のトップ通過で合計10ポイントを獲得。3位に食い込み表彰台入りを果たした。「クリテリウムは苦手で点が取れると思っていなかったので、その中で3位を取れたのは素直にうれしい」。普段はロードレースを主戦場とし、上り坂や山岳を得意とするクライマータイプの林原だが、この日は専門外のクリテリウムで見事に結果を残した。  また、昨年度はポイントを獲得できず悔しい思いをした小泉は、3周目に3ポイントを獲得し全体9位。入賞にはあと一歩届かなかったものの昨年度からの成長を見せた。  春先から大会が続く中でコンスタントに結果を残している明大自転車部。昨年度、創部初の日本学生選手権(以下、インカレ)ロード総合優勝を果たした彼らが次に目指すのは、トラック、ロード合わせての真の学生日本一だ。「昨年度以上にチームの結束力が強いように思える」(本間滋監督)。インカレまで残り約3カ月、偉業達成に向けさらなるレベルアップを誓う。 [菅波陸哉] 試合後のコメント本間監督――今日のレースを振り返っていかがですか。 「林原にとってはクリテリウムは得意ではなかったと思いますが、不得意な種目で表彰台に登れたことは春先から全体的に水準が上がってきている証拠だと思います」 林原――今後の目標を教えてください。 「今後はロードレースで結果を出したいので、それに向けて頑張っていきたいと思います」 小泉――昨年度のレースとくらべていかがですか。 「昨年度は0ポイントでもがくことすらできませんでしたが、今回は自分の足を使って少しはもがくことができたと思います」 ――上位との差、今後の課題について教えてください。 「スピード差、トップスピードが全然違ったので、今後はトップスピードを上げる練習を重ねて誰も付いてこられないようなスピードをつけていきたいと思います」
READ MORE

年度初の団体戦 国士大を破りベスト4/東京学生優勝大会

 新体制となって初めて迎えた団体戦。シードで迎えた2、3回戦はほとんど相手にポイントを取らせず、勝利を挙げた。準々決勝では昨年同大会で敗れた国士大との死闘を制す。続く準決勝は日大と接戦の末、惜しくも1-2で敗北。それでも全日本学生優勝大会(以下、全日本)に向けて勢い付く試合となった。 ◆5・28 第72回東京学生優勝大会(日本武道館)▼男子明大――ベスト4  来月行われる全日本へつながる今大会。シード権を得て迎えた2、3回戦。日本文化大、帝京大と対峙するも、ルーキーを当用するなどして順当に勝ち進めた。そして、準々決勝で立ちはだかったのは、昨年3回戦で敗れた国士大だった。  「国士館を倒すのが目標だった」と森健心主将(政経4=大牟田)。先鋒の福永夏生(政経4=崇徳)、次鋒の朝廣隆翔(商4=延岡学園)は激しい攻防をしたが、引き分けに終わる。続く五将の高橋麟大郎(商2=延岡学園)が残り1分45秒、ビデオ判定で相手に技ありを与え、そのまま敗北。そんな悪い雰囲気を断ち切ったのは、中堅の竹村虎之(政経3=大成)だった。「自分が取り返したことによって、流れがまた明治に回ってくる」(竹村)。その発言の通り、試合では粘り強く攻撃的なプレーで畳を支配する。そして遂に相手に3度目の指導を与え、見事に反則勝ちをつかみ取った。流れをつかみ出した明大の三将は黒川響(政経3=習志野)。相手の高橋翼(国士館大)は今年の全日本選手権で5位の実力者。それでも4分間の激しい攻防の末、引き分けに持ち込むことに成功した。副将戦は3回戦までは大将だった森を登用し見事勝利を収める。「作戦ですね。ずっと大将で来ていて、向こうも大将をぶつけてくると思っていたので、こちらが1つずらしました」(中濱真吾監督)。大将戦では徳持英隼(政経3=崇徳)が引き分けに持ち込み、2―1で国士大に勝利した。  決勝を懸けて挑んだ準決勝の相手は日大。先鋒の高橋、五将の黒川が技あり一本でポイントを取られる中、中堅の徳持が反則勝ちを収める。流れが明大に来たようにも思えたが、福永、朝廣、森と3人連続の引き分けで1-2の惜敗に終わった。しかし、この結果について森は「自分の内容的には、次に生かせる内容だったと思う」と前向きに捉えていた。  宿敵・国士大に勝利したとはいえ、ベスト4という結果で終わった今大会。来月の全日本に向けては「1カ月しかないので、あまり大きなことは変えられない。やはり小さなミスを減らすための練習をしていく必要があると思う」(森)。全日本に向けてより一層の期待がかかる。 [大橋英晃] 試合後のコメント中濱監督――全体を振り返っていかがですか。 「一つの山は国士舘大だと思っていました。国士舘大に勝てて、チームが勢い付くかなと思ったのですけど、そう甘くはありませんでした。日大戦も2失点して、追いつけなかったので、そこでは力不足を感じました」 ――1年生も起用していたことについてはいかがですか。 「全日本に向けてやっぱ経験を積ませたいという思いがありました。練習でやっていたことをそのまま出せていたので、負けることはないだろうと思って見ていました」 森――帝京大戦を振り返ってどう思いますか。               「自分の柔道のスタイル的に投げることが得意ではないで、立技から寝技の移行を中心にやってきました」 ――新主将としての立場として一言お願いします。 「大学は強制できない部分があるので、みんなの意見を尊重しつつ、その中でもメリハリをつけてチームを引っ張っていきたいです」 竹村――大会全体を振り返っていかがでしたか。 「全体的に、団体戦では流れを作るのが大事です。やっぱ自分とか黒川と徳持、この3年生メンバーが流れを作って、試合に勝っているというのが、ここ最近の試合でよく多いです。今回で団体1、2、3回戦と、自分たちの学年で流れを作って勝つことができています。全日本も、3年生を筆頭に、4年生は支えてくれているので、このまま全国も頑張りたいなと思います」 ――開始直後に大声を上げる姿が印象的でした。 「自分は、今までの柔道人生で、一つとしては、自分を奮い立たせる気持ちでやります。それぞれの大学にはいろんなルーティンを持つ人がいたり、応援からルーティンがあったりするんですけど、やっぱり自分は自分の中で(奮い立たせる気持ちを)作るしかないです」
READ MORE

春季新人戦連覇! 慶大相手に接戦制す/春季木村杯新人戦

 2回戦で法大相手に勝利し、決勝に駒を進めた明大。序盤は順調に得点を重ねるも、中盤から慶大の追い上げにあい、リードを許す展開となる。しかし、前國藤海斗外野手(政経2=明大中野)が2点本塁打を放ちすぐさま逆転に成功。その後はリリーフ陣が1点のリードを守り切り、新人戦優勝を果たした。 ◆5・20~5・28 春季木村杯新人戦(早大東伏見グラウンド他)▼5・28 決勝戦(早大東伏見グラウンド)〇明大6-5慶大  決勝戦123456789計 慶大0100013005 明大11200020×6     序盤は明大が優位に試合を展開していった。初回1番の前國藤が四球で出塁。盗塁した際に相手の失策を誘い、無死三塁の好機をつくると3番・指名打者の鈴木朝陽内野手(法1=三重)の二ゴロの間に1点を先制する。2回裏には早川恭平内野手(政経2=金沢)が本塁打を放ち、3回裏には1死一、三塁から中村立希捕手(営1=明大中野八王子)がスクイズを決め、2死二塁から福本真士外野手(営2=明大中野八王子)が適時二塁打を放つなど追加点を奪っていく。先発の佐藤克哉投手(政経2=小山台)は制球に苦しみながらも要所を抑える投球で3回を1失点にまとめ、3点リードの状態でリリーフに託す。終始明大のペースで試合が進むと思われた。  しかし、中盤以降慶大打線の反撃にあう。6回表に本塁打を浴び、点差は2点に。7回表には2死からセーフティバントでの出塁を許すと相手打線の勢いを止められず、四球も絡み一挙に3点を失い、逆転を許してしまう。  「どうしても勝ちたいという気持ちが自分も含め、全員に見えた」(前國藤)。追う展開となった7回裏、先頭の早川が死球で出塁。途中出場の亘翔大郎捕手(理工1=大分上野丘)が犠打を成功させ、続く福本の右飛の間に走者が進塁し2死三塁となる。この場面で打順が回ってきたのは、今大会絶好調の前國藤。「何としても打ちたいと思った」と振りぬいた打球は逆転となる2点本塁打に。そして1点をリードした状態で迎えた9回表、小磯孝平投手(政経2=日大二)が優勝のかかったマウンドを託された。「とても緊張しましたが、バック(仲間)を信じて投げました」(小磯)。1死から内野安打を許すも最後は空三振に打ち取り試合終了。決勝戦を白星で飾った。  「昨年、先輩たちが春(新人戦)優勝してくれたので、連覇できたのがすごく嬉しい」(山田聖和主将・農2=東海大菅生)。連覇達成で得た収穫を武器に、秋季リーグでの新戦力の台頭に期待がかかる。 [堀口心遥] 試合後のコメント山田――新人戦を通じて得た収穫はありますか。 「リーグ戦であまり2年生が出ていなかったが、(チームを)引っ張る力があったのが、リーグ戦でも生かされたらいいと思いました」 ――秋リーグに向けて意気込みをお願いします。 「春リーグと新人戦で(活躍が)すくなかったので、課題をつぶしていけたらと思います」 小磯――今日の試合を振り返っていかがですか。 「終盤シーソーゲームで、最後ホームランが出て勝っている場面で投げられたのでそこが野手に感謝したいというのと、投手もしっかり繋いでくれたのでみんなに感謝です」 ――新人戦を通じての課題はありますか。 「投手の投げる力以外のところ、牽制とかカバーとかにまだ隙があったので、そういったところももう1回しっかり(練習)して次のリーグ戦につなげたいと思います」 前國藤――優勝が決まりました。今の気持ちを教えてください。 「この代で野球をするのは春の新人戦が初めてだったので、何としても優勝したいという思いの中で、優勝することができてとても嬉しいです」 ――今大会のチームの雰囲気はどうでしたか。 「チーム全体の雰囲気がとてもよくて、負けているときでも勝っているときでも絶えず声が出ていて、本当にいいチームだなと思いました」
READ MORE

春原圧巻の8強入り! 4人がインカレへ/関東学生選手権

 今年度初の個人戦。スピードを武器にベスト8に輝いた春原駿貴(法4=世田谷学園)を筆頭に、海野陽乃汰(法2=御殿場西)、本橋怜欧(政経2=保善)、里見虎太郎(政経1=御殿場西)の4人が全日本学生選手権(以下、インカレ)の切符をつかんだ。 ◆5・28 第51回関東学生選手権(慶大日吉記念館)▼男子個人組手春原――ベスト8海野――ベスト16本橋――4回戦敗退里見――3回戦敗退出羽――2回戦敗退小川――2回戦敗退室井――1回戦敗退  この日一番の成績を残したのは春原。「毎回1戦目の動きが悪い」(春原)とは語ったが、投げ技からの突きで一本を取るなど難なく1回戦を突破し流れをつかむ。2回戦以降では、コーナーに誘い込んでから対角線まで逆に追い詰めるほどの連続突きという、小柄ながら8メートル四方のコートを広く使う戦術で相手を翻弄(ほんろう)。ベスト8入りを決めた一戦はこの必勝パターンに加え、終盤での大技も光った。ラスト15秒を切り2―2と同点の場面。先取のアドバンテージを失い、判定に持ち込まれるかと思われたが、相手頭部の守りが薄くなったと見るや、即座に上段への回し蹴りを決める。準々決勝で昨年度2位の選手に敗れたものの、最後までロースコアの接戦を演じた。  ベスト16の海野は先制点を取る有利な試合運びを披露する。2回戦では豪快な上段裏回し蹴りを決めるなど、全国の舞台での活躍も期待させた。本橋は勝った試合が全て1点差以内の展開を競り勝ちインカレ出場権を獲得。2回戦の決勝点となった上段突きは、相手の中段蹴りをかわしながら鮮やかに決めた。ルーキー・里見は初戦で点の取り合いを制し、代表決定戦の末勝ち取ったインカレだ。「1年生なので楽しんで勝ち上がれるように」(里見)とフレッシュさも垣間見えた。  4人がインカレ出場となったが「フィジカルの差が顕著に見えた」(本橋)。7月のインカレに向け、ここからさらに稽古を積みレベルアップを目指す。強豪を打ち破り、夏の主役になれるか。 [西田舞衣子] 試合後のコメント出羽遼太郎主将(政経4=御殿場西)――今日の試合を終えていかがですか。 「悔しいですが、チームとしては4人がインカレに出場することになりました。近年ではなかなか4人っていうのはなかったので、練習の成果が現れたのかなと思います」 ――ご自身は惜しい試合だったように感じます。 「惜しかったのもあるのですが、まだ自分自身の技の質だとか、試合運びとかそういう部分でまだまだ課題があったと思います」 ――下級生が試合の時に声を掛けていました。 「1人でも多くインカレに行けるようにという思いを持っていました」 春原――今日の試合の収穫はありますか。 「帝京大学の去年2位だった選手(太田真暉選手)と戦って負けてしまったんですけど、スピードとかは経験になりました」 ――自身の結果についていかがですか。 「最後の帝京大学にも大きな点差が開いたわけでもないので、しっかりと練習して強豪に勝てるようにしていきたいです」 本橋――待ちが多い組手のスタイルだと感じます。 「自分はいけるときにいく感じで、あまり手数は出さないけど決められる時に決めるみたいな。それにしても今日は手数が少なかったなと。待ってるだけでは勝てない試合も増えてくると思うので、そこで自分の展開をつくっていくというのを意識してやっていきたいです」 ――次戦(インカレ)に向けて意気込みをお願いします。 「去年も出場することができたんですけど2回戦で負けてしまったので、今回はそれよりも上にいけるように頑張ります」
READ MORE

王座奪還!〝常勝軍団〟再起への序章/第36回東日本大学リーグ戦

 昨年度は準優勝に終わり、大会連覇記録は7で止まった。その雪辱を果たすべく臨んだ東日本大学リーグ戦では、幾度となく優勝を果たしてきた王者としての強さを見せ、予選・決勝リーグ共に終始圧倒。試合の主導権を渡さず、再び頂点に立った。 ◆5・28 第36回東日本大学リーグ戦(大森スポーツセンター)〈男子〉▼明大――1位  〝常勝軍団〟復活を印象づける大会となった。予選リーグでは立正大に6ー1、学連選抜には7ー0と圧倒的な実力を見せつけ、堂々の突破。決勝リーグも勢いそのままに早大を下す。続く関東学大との対戦では先鋒の越智通友(営3=明大中野)が相手に倒され、一本を取られそうになる絶体絶命の状況下で、驚異的な粘りを見せて再び立ち上がることに成功。そこから二本を取った。「倒された後の練習もしていたので、そこが生きたのかなと思う」(越智)。関東学大にも勝利し、優勝に大きく近づいた。  決勝リーグ最終戦。王座返り咲きが期待される中、立ちはだかったのが中大。昨年度惜しくも敗れ、8連覇を逃すこととなった因縁の相手だ。先鋒として登場したのは森川征那(文3=三井)。互いに一本を取り合う中で隙をつき、横打ちを見事に決めた。「自分の動きはしっかりできたのでよかった。相手も強かったので、しっかり先鋒としての仕事を果たせるように全力で頑張った」(森川)。大事な1勝目を勝ち取った。この流れに乗ってチームは4勝を先行した。  5戦目となる参将戦はルーキーの大谷流生(法1=大商大堺)が任された。相手に先に一本を取られたが、「セコンドの土屋賢生(法2=関西福祉科学大)先輩たちが声を掛けてくれて、これは勝たないと明治のブランドが下がると思った」(大谷)。終了まで残り3秒で逆転勝ち。大川翔(法4=藤嶺学園藤沢)が登場した大将戦は開始2分で取った一本を守り切って勝利に持ち込み、個々の強さで中大を圧倒した。「緊張感だったりチャレンジャーでいくところが前回の差でそこが優勝につながったのかなと思う」(野見山雄人・商4=明大中野)。6―1で勝利を飾り、再び優勝旗をその手中に収めた。女子の部では市川由奈女子主将(法4=関東学院)が学連選抜Bの大将として出場。「調子自体は本当に良い中で試合には入れたと思う」(市川)。チームを準優勝に導く活躍を見せ、技能賞を獲得。秋に行われる個人の全国大会へ向けて弾みをつけた。  決して盤石ではなかった。リーグ戦を前に多くの選手がケガで離脱。それでも「絶対に勝とうとみんなで話していたので、執念で勝てたと思う」(矢吹遼佳・文4=明大中野)。部員が一丸となって勝利へ向かった結果が表れた。そして目指すは、昨年度成し遂げられなかったグランドスラム。「東日本なら明治だし、全国見ても明治しかいないって言われるくらいの存在感を知らしめていけるようにみんなで頑張っていきたい」(井上晴陽・法3=三井)。その第一歩をしっかりと踏みしめた。 [北原慶也] 試合後のコメント大川――大将を務めていかがですか。 「個人的には満足していないです。これからもっと後輩が安心して後を任せられるようなキャプテンになっていきたいと思います」 野見山――全体を振り返っていかがですか。 「ケガ人が多かったりしたので全員が100点の試合はなかったかもしれないですけど、部員同士でお互いの穴を埋め合って、ケアし合う形でできたから優勝したと思います」 森川――最優秀選手賞を受賞した気持ちはどうですか。 「今、すごい泣きそうです。初めて取ったので、すごく嬉しいです」 大谷――次戦へ向けて意気込みをお願いします。 「今日の欠点は動画を見て直して、個人戦の矢野杯は優勝を勝ち取りたいと思います」 
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読