エースの粘投むなしく あと一つから逃した勝利/東京六大学秋季リーグ戦

 あと1死から勝利を逃した。先発は背番号〝11〟・竹田祐投手(政経4=履正社)。4回表、今井(早大)に左翼への本塁打を許し、6回表にも中堅への本塁打を浴びるも、7回を2失点にまとめあげるなど貫禄の投球を披露。しかし2点リードで迎えた最終回2死、試合の流れは一変した。四球から連打を浴びると、打席には今井。痛恨の逆転打を食らい、敗戦。野球の怖さを思い知らされるような試合となった。 (明)竹田、村田、磯村、●蒔田、渡部翔―蓑尾(早)徳山、清水成、ユエン、原、加藤、◯齋藤正、西垣―岩本【安】(明)12(早)11【本】(明)上田(3回)(早)今井(4、6回)【三】(明)蓑尾(2回)(早)丸山(9回)【二】(明)蓑尾(4回)(早)今井(9回)、岩本(9回)(明)◇犠打2 西山(2回)、陶山(4回) ◇併殺1 ◇残塁11 ◇盗塁1 丸山(3回) ◇失策1  粘りの投球がチームに流れを引き寄せた。先発・竹田は、初回から制球に苦しみ、四球で走者を出す場面が続くも失点は許さず。そんなエースの粘投に女房役・蓑尾海斗捕手(文3=日南学園)が応えた。2回裏、相手エース・徳山(早大)の球を右中間に運び、2点の先取点を獲得。続く3回裏には4番・上田希由翔内野手(国際2=愛産大三河)に2試合連続の本塁打が飛び出すと、4回裏には東京ヤクルトスワローズからドラフト2位指名を受けた丸山和郁主将(商4=前橋育英)の適時打もあり、序盤で5点を奪い試合の主導権を握る。  しかし、そのまま勝利を手にできるほど、勝利の女神は甘くはなかった。6回表には、今季初の4番に座った今井にこの試合2本目となる本塁打を浴び、徐々に点差を縮められる。8回表には竹田からバトンを受けた村田賢一投手(商2=春日部共栄)が今試合絶好調の今井に適時打を許す。幾度となくピンチをしのいで迎えた最終回、マウンドに上がったのは蒔田稔投手(商2=九州学院)。先頭からテンポよく2死まで早大を追い詰める。しかし、連打でピンチを招くと、打席にはまたしても今井。右翼手の頭を超える痛恨の2点適時二塁打で逆転を許すと、必死の継投も早大打線の流れを止められずこの回だけで明大は5失点。そのまま勝利を逃した。  悔いの残る敗戦を喫した明大。エースの粘投が光り、打線も奮起していただけに惜しい結果となった。しかし、この試合の悔しさを糧にできた時、明大の優勝は近づくに違いない。泣いても笑っても、秋はあと5試合。明大の〝逆襲〟に期待がかかる。 [栗村咲良]
READ MORE

日体大に敗戦 ファイナル4で姿消す/関東学生リーグ戦

 流れをつくることができなかった。ファイナル4の相手は日体大。第1Q(クオーター)から日体大ペースで試合が進む。明大は相手のディフェンス陣に阻まれなかなか自分たちのラクロスをさせてもらえない。その後第3Qに3失点と突き放されゲームセット。ファイナル4で敗退となり、昨年度決勝で敗れた立大へのリベンジはかなわなかった。 ◆9・11~12・27 関東学生リーグ戦※無観客試合のため、会場名は非公開。▼10・16 対日体大戦  明大4{2―3、1―2、0―3、1―2}10日体大◯  第1Q。日体大が先制のショットを決めると、すかさず明大もAT(アタッカー)岡田茉桜(政経4=熊谷女子)のショットで流れをつくる。「やってきたことをやれば絶対に勝てる」(岡田)。しかし追い付いても日体大に追い越され明大にとっては苦しい展開に。「確実に点を取りたいというところで取れなかった」(AT内野彩香主将・営4=所沢北)。第2Qが終わって2点のビハインドで前半を折り返す。  ハーフタイム明けの第3Q。「守り切れなかった」(井川裕之コーチ)と立て続けに得点を許し、防戦一方に。「とにかく基礎技術に違いがあった」(内野)。第4QでMD(ミディー)小瀬かなえ(農4=帝京)が1点を返すも、反撃は続かず。「できないことがあるチームで勝ちにいくことの難しさを改めて感じた」(井川コーチ)。課題であったディフェンスがうまく機能せず、昨年度の決勝進出に並ぶことはできなかった。  この試合で4年生は引退となる。「自分の強みを伸ばそうと一人一人の持つ個性の中でやってきた選手たちだった」(井川コーチ)。個性が強く、勝ちに対する欲が強かった4年生。「自分がチームにどう貢献できるかを考えてほしい」(内野)。先輩が成し遂げられなかった日本一へ向かって。悲願への挑戦が始まる。 [桑原涼也] 試合後のコメント井川コーチ――今日の試合を振り返っていかがですか。 「日体大がミスがないチームで安定したゲームをつくっていたのに対して、こちらは1回のパンチ力がある選手はいたのですがミスが多かったなと思いますね」 ――4年生にどんな声を掛けたいですか。 「コーチになってくれと(笑)。今のコーチたちは日本一になったメンバーしかいないので、こういう悔しい終わり方をした代にこそ指導してほしいなと思いますね」 内野主将――この4年間の思い、振り返りをお願いします。 「日本一に憧れてこの部に入って、昨年一昨年と関東決勝で負けて今年こそは勝ってみんなと喜びたいと思ってずっとやってきました。組織に関しても技術に関しても共通認識ができていなくて、自分たちが伝えたいのはそこを変えないと勝てないということで、後輩たちに頑張ってもらいたいです」 ――後輩たちに期待することはありますか。 「とにかく基礎が大事なのでそこを徹底してほしいと思います。あとは後輩には欲を持ってほしくて、今の4年生は勝ちたいという欲を持っているのですが、3年生はまだ『いや自分じゃなくて』という感じで、自分がチームのためにどう貢献したいのかというのを考えてほしいなと思います」 岡田――今試合の日体大の強さを教えてください。 「奪いたいというところで自分たちが取り切れないということもありましたが、取り切って自分のボールにしてくるということが一人一人全員できるというのが日体大の強みだなと思います」
READ MORE

国武大相手に圧勝 100点ゲームで試合を制す/関東大学2部リーグ戦Bブロック

 文句なしの勝利だった。今試合の相手は2部Bリーグに所属する国武大。前半から相手の思うようにプレーさせず、自分たちのペースで試合を進める。後半もディフェンスの手を緩めることなく相手のシュートを阻む。前半から後半にかけ勢いは衰えることなく、見事勝利を収めた。 ◆9・25~11・7 関東大学女子2部リーグ戦Bブロック(各大学体育館他)▼10・16 対国武大戦(国学院大学たまプラーザキャンパス) 〇明大100{24―11、32―5、28―12、16―15}43国武大  スターターは、SG西来実主将(理工4=鵬学園)、PF大和千夏(文4=埼玉栄)、SF佐藤美玲(文3=安城学園)、PG沖咲月(文2=埼玉栄)、PG新林未悠(理工1=湯沢翔北)。   終始明大が試合を制した。オフェンスでは前半から積極的に攻め、相手のプレーをさせない。ゴール下ではプレーにミスも見られたが、それをカバーするように果敢にドライブで攻め込み得点を重ねた。第2Qではさらに勢いが増し、速攻や3Pシュート、1対1など強気なプレーで、32―5という大差をつけた。続く第3Qでも失速せず、沖を始めとして次々とシュートを打ち、チームの得点につなげていく。ディフェンスでも相手のボールを奪い、リバウンドも自分たちのモノにする。第4Qでも体を張ったプレーで相手のファウルを誘い、与えられたフリースローの機会を確実に点数にした。国武大相手に圧倒的な力の差を知らしめ、100―43という大差で試合を終えた。  PF山本涼菜(文1=浜松開誠館)が存在感を放った。「体を張ってチームに貢献できた」(山本)と、主戦場となるゴール下でその力を見せつけた。ゴール下では体の接触が多い分、どれだけ当たり負けせずに攻め込めるかがカギとなる。その激戦区の中でも山本は自分の役割を全うし、チームの勝利に尽力。1年生ながらまさに縁の下の力持ちとしてゴールを守っていた。   次戦の相手は東女体大。悲願の2部上位昇格を懸ける戦いも残り3試合。やっと折り返し地点を迎えた。今試合の勢いそのままに次戦でもぜひとも白星を挙げたい。 [清水夢芽] 試合後のコメント西――今日の試合を振り返ってみてどうでしたか。 「出だしで相手に何本かシュートを決められてしまいましたが、その後はみんなで、スクリーン(※1)に対するディフェンスをしっかりかいくぐるというのと、3線(※2)を意識しようということを話し合いました。そこからはみんな意識してできたので失点もとても少なく抑えられたかなと思いましたし、一人一人全員がシュートを狙って積極的に攻めることができたのでこの点差につながったと思います」(※1)オフェンスがディフェンスの動きを止めるために使用する戦術。(※2)ディフェンスにおいて、ボールを持っている人と自分がマークしている人の両方が見える位置で守ること。 ――今日の調子はどうでしたか。 「自分たちのチームはディフェンスから流れをつくるチームなのですが、今試合もそこから流れをつくれていたので、トータルで見ると調子は良かったかなと思います」 ――チームの雰囲気はどうでしたか。 「最初の方で点差が開いたので全員出場することもできて、それぞれ一人一人がシュートを狙っていけたので、そういう面でも雰囲気良くできたかなと思います」 山本――試合を振り返ってみてどうでしたか。 「いきなり失点してしまって立ち上がり的にはあまり良くなかったのですが、そこから強気で攻めることで自分たちの流れに持っていき、結果的には100点ゲームで終わることができて良かったです」 ――次の試合の目標をお願いします。 「次も立ち上がりで自分たちの流れに持っていけるように一人一人が攻め気でどんどんゴールに向かえるようにしたいです。また、失点が多いと負けにつながってしまうので、失点を減らせるようにディフェンスでも強気で当たっていきたいと思います」
READ MORE

試合後コメント(法大戦)/王座出場校決定トーナメント(男子)

 全日本大学対抗王座決定試合(以下、王座)の3位校を決める団体戦。今回は法大戦(男子)後のインタビューをお送りします。上原真吾監督――試合の振り返りをお願いします。 「オーダーミスはありましたが、しっかりやり合って、法政が強い中5-4で勝ち切れたことは良かったです。また法政は4年生も多かった中で3年生以下が戦って勝ってくれました。真っ向勝負できたことが良かったです。『俺たちが次やるんだぞ』という気持ちが背中越しに伝わってきました。全員3年生がここで勝ち切るということを思っていたと思いますし、ベンチや審判をやってくれている後輩に見せられたと思います。今回は一歩踏み込んだ試合ができたと思います。今回法政とできて良かったです、接戦で勝ち切れたので希望を持たせる試合だったと思います。全員が全員いい試合を見られたのかなと思います。しっかりこれからも努力していきたいです」 ――4年生は引退となります。 「1年間というか2年間よく頑張ってくれました。耐えてくれました。コロナにもかからずに、寮生活で頑張りました。今年度1年生が合流してから前向きになって、締まってくれたので、彼らの努力なしでは今試合の勝利はなかったです。3回試合をできるというチャンスもなかったので感謝しています。来年度は応援で王座に連れて行けるように頑張りたいです」(ベンチコーチの廣瀬と話す北岡(左)) 北岡志之主将(法4=法政二)――D1はずっと廣瀬大瑚(営4=桐光学園)選手がベンチコーチでした。 「ずっと入ってもらいましたが、同期なので言いたいことを言えましたし、あっちも伝えてくれました。すごく気持ちとしてもやりやすくて言うことのない120点のベンチコーチでした」 ――主将としての1年間はいかがでしたか。 「コロナでいろいろあって、練習ができない時期や難しい時期もありましたが、だからこそ自分たちがテニスを練習できている環境に感謝をして練習に励むことができ、前よりも集中して密な時間を練習できたことが良かったと思います」 ――後輩たちに向けて一言お願いします。 「今回3位になって、王座というのは5年ほど行けていません。本当にそこを目指してもらいたくて、そういった意味で今年はいい結果を残せたと思います。4年生の背中を見せられたと思うので、自分たちが越えられなかった1、2位の壁を越えてほしいなと思います」 (最後までエースとしてS1で戦い続けた田中)田中瑛士(商4=東京学館新潟)――最後の大会となりました。 「途中から、応援ありでやってくれたので『応援してもらって幸せだなー』と思って、プレーとかではなくて、今までの思いが出てきてしまって、情緒がおかしくなってしまって(笑)。最後スコアは負けてしまいましたが、いい雰囲気でできたのではないかなと思います」 ――代替わりとなりますが、後輩たちに対して思うことはありますか。 「シングル3年生が3本取ってくれましたし、今回初めて出た横田(大夢・政経2=足利大付)とかもしっかり勝ってくれました。僕たちが抜けてもいい選手がいっぱいいますし、いい流れが来ていると思うので、頑張ってほしいですね。今まで下位争いというか、入替戦にかかるか、かからないかというところから3位まで上がれたので、もう一回、王座に向けて戦えるようなチームになるように頑張ってほしいです」(副将としてチームを鼓舞し続けた森) 森大地(文4=東海大菅生)――3位という結果はいかがでしたか。 「1、2年生の時は5位、6位と入替戦にいく苦しい結果でした。王座に行くという目標は達成できませんでしたが、主将の北岡を中心に、同期で頑張って3位まで押し上げたことは頑張れたかなと思います」  ――副将としての1年間はいかがでしたか。 「主将もやってみたいという気持ちもありましたが、主将はできませんでした。ずっと何をやろうか迷っていましたが、副将としてなるべく学年の壁をなくそうとしていました。たくさんの部員と関わって、仲良くなれたので、その分毎年のリーグ戦よりもいろいろな選手との思い出ができました。応援もみんな盛り上がっていたので、自分の立ち位置が少しは発揮できたのかなと思います」 ――明大での4年間を振り返っていかがですか。 「前半2年間は苦しい時期が多くて、リーグも勝てなくて、正直嫌だなと思うことはありました。ただ、こうして最後に勝ちを分かち合えて、3位という結果で終わり、とても充実した生活を送れました。スタッフの方をはじめとして、感謝の気持ちしかないです」[金井遥香、田中佑太、渡辺悠志郎]
READ MORE

終盤で粘りを見せる 日大相手にリーグ戦2勝目/秋季関東大学1部リーグ戦

 嫌な流れを断ち切った。2-1で迎えた第4セット。序盤は日大に主導権を握られ、4点をリードされたまま中盤に。このまま第4セットを落としそうになるも、三輪大将(政経4=高川学園)が相手のブロックアウトを誘うと怒涛(どとう)の追い上げを見せ逆転。終盤での勝負強さを発揮し、リーグ戦2勝目を収めた。 ◆10・2~31 秋季関東大学男子1部オープン戦(会場名非公開)▼10・16 対日大戦(会場名非公開) 〇明大3{25-20、25-20、18-25、26-24}1日大 <スターティングメンバ―>(ローテーション順)MB安井恒介(政経3=市立尼崎)、ОP金田晃太朗(政経1=駿台学園)、ОH工藤有史(政経2=清風)、MB三輪、S神園洋(法3=札幌藻岩)、ОH松本大翔主将(法4=埼玉栄)、Li武田大周(商2=松本国際)  出だしから主導権を握り試合を優位に運んだ。「入りは悪くなかった」(松本)。第1セット序盤は、安井の攻守にわたる活躍で日大相手に流れをつかむ。一時は逆転を許すも「相手のスパイカーに決めさせたくない一心だった」(武田)。頼れるリベロがボールをつなぎ続け、第1セットを先取する。いい流れのまま迎えた第2セット。序盤から明大がリードしたまま、立て続けにセットを奪った。  このまま勝ち切りたかった第3セット。中盤まではサイドアウトを重ね合い、互角の攻防を繰り広げる。しかし、レシーブにミスが生まれ嫌な雰囲気が漂うと、コート内は日大の応援に包まれる。「流れにのまれてしまった」(安井)。そのまま6連続ブレイクを許し、第3セットを献上した。 相手ペースのまま迎えた第4セット。悪循環を断ち切ったのは三輪だった。第3セットの雰囲気が尾を引き、13-17と4点をリードされる展開に。しかし、ここで三輪が相手のミスを誘うと、安井の連続スパイクで逆転に成功。「トスを持ってこいと伝えていた」(安井)。試合はデュースにまでもつれるも、最後は主将・松本がスパイクを決め試合終了。終盤での粘りを見せた明大が、3-1で日大を下した。  次戦の相手は専大。「締めるところをしっかり締めて、ストレートで勝ち切りたい」(松本)。今試合で見えた課題を克服し、全日本インカレでのシード権獲得に向け連勝を飾りたい。 [野口優斗] 試合後のコメント松本――第3セット、日大に主導権を許した時どういう声掛けをしましたか。 「やはり自分たちの弱いローテーションということは分かっていたので、そこはしっかり集中してサイドアウトをしっかり切って、何点までに追い付こうというのはずっと言っていました」 安井――最後は安井選手のアタックが光っていました。 「終盤で流れが自分たちに来そうなときに、セッターとかリベロに2段トスを『自分に持ってきて』と伝えていましたし、その期待に応えるというわけではないですが、託してくれたあの場面で決め切れたというのは自分の自信につながったと思います」 武田――次戦への意気込みをお願いします。 「負けられない、落とせない試合です。相手を甘く見てセットを落とすというのが前にもあったので、過信はしないでアップからしっかりやって、個人的には今試合で出た詰めの甘さを次はリベンジできるようにしたいです。また、明日の試合が終わったら一番強い日体大なのでそこに波を持っていけるように、いい状態でセットを取れるようにしたいと思います」  
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読