加藤が階級上げ3位 グレコは入賞者1人の寂しい結果/東日本学生春季新人選手権

 1、2年生が出場する今大会。初日はグレコローマンスタイルの試合が行われた。60キロ級で加藤万豊(政経2=いなべ総合)が3位入賞を果たすも、入賞者1人とチームとしては寂しい結果に終わった。 ◆6・26~28 東日本学生選手権(駒沢体育館)[新人戦の部グレコローマンスタイル]▼55キロ級 内田――2回戦敗退 本田――1回戦敗退▼60キロ級 加藤――3位▼67キロ級 谷津――2回戦敗退▼77キロ級 杉山裕――2回戦敗退▼87キロ級 伊藤――1回戦敗退▼97キロ級 道免――1回戦敗退  二つ目のタイトル獲得とはならなかった。昨年度の秋季新人戦を55キロ級で出場し、優勝を果たした加藤。今大会は別階級での優勝を目指した。3回戦をフォールで勝ち上がり、準決勝の相手は清水賢亮(拓大)との対戦。「相手のペースにならないように」。序盤から猛攻を仕掛けてくる相手をうまくかわし、得点を許さず。しかし、1分21秒にバックを取られグラウンド体勢に持ち込まれると、そのままローリングで一気に6点を献上。テクニカルフォール負けで決勝進出を逃した。それでも本来の自身の階級ではない60キロ級で3位と、秋に続き表彰台入り。「力負けせず、思っていた以上に戦えた」。先日行われた明治杯でも1勝を挙げ、グレコローマンスタイルで順調に成長を見せる加藤。明日のフリースタイルでも表彰台を目指す。  初日のグレコローマンスタイルでは加藤以外に入賞者ゼロ。昨年度に比べ成績を落とした。2日目にはフリースタイルが行われる。新人戦フリースタイルで12季連続表彰台入りを出している明大。記録を途切れさせないためにも、今日の悔しさを胸に巻き返しを果たす。 [福田夏希] 試合後のコメント加藤――今日の振り返りをお願いします。 「昨年度の秋の新人戦と違って自分の階級の一つ上の階級で出ることになって、正直力負けすると思ったんですけど、あまりしなくて思っていた以上には戦えたと思います」 ――3回戦はフォール勝ちです。 「相手があのように仕掛けてくるのが分かってたので、それをいつ仕掛けてくるかなと待ってたら仕掛けてきて、それをうまく乗ってカウンターみたいな形で勝てました」 ――フリースタイルへの意気込みをお願いします。 「1回戦から厳しい戦いになると思うんですけど、全力を尽くして3位もしくは優勝目指して頑張りたいです」
READ MORE

危なげなく2位通過! 3人が自己ベスト更新/全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会

 伊勢路への切符を争う全日本駅伝選考予選会。前田舜平(政経3=倉敷)が3組トップという好成績を収めた。さらに小袖英人(政経3=八戸学院光星)、鈴木聖人(政経2=水城)、櫛田佳希(政経1=学校法人石川)の3名が自己ベストを更新。阿部弘輝主将(政経4=学校法人石川)も安定した走りを見せ、全体2位という形で全日本大学駅伝出場を決めた。  好スタートを切ることができた。昨年日本人トップの走りでチームを救った阿部。今年は1組でのレースとなり「プラン通りにレースをまとめられた」(阿部)と序盤から1人飛び出した。その後3000メートルからは後続を一気に離して独走状態に。最後までペースを落とすことなく、トップでゴールした。  3組に出場した前田は集団の中央付近からのスタート。中盤も前には出ず集団で粘っていたが、残り2000メートルから驚異の追い上げを見せた。「ラストのスパートには自身があった」(前田)。ラスト400メートルでトップに躍り出ると見事3組トップを獲得した。 今年もルーキーが輝いた。櫛田は1組で自己ベストを20秒近く縮めてゴール。加藤大誠(営1=鹿児島実業)は2組でのレースで目覚ましいラストスパートを見せ、ライバルたちをごぼう抜きした。「ラスト上げることを意識していた」(加藤)。首位は逃すも堂々の2位でのゴールとなった。  それに加え、新たな“一流選手”の台頭だ。最後の4組目は留学生が8人出場する大一番のレースとなったが、小袖と鈴木が28分台でゴールし、自己ベストを更新した。阿部や前田のつくったリードを無駄にせず、日本人2位、3位で予選会突破を確実なものにした。  多くの選手が好成績をたたき出した今大会。関東インカレでは無念の2部降格となったが、選手たちの勢いは衰えていない。来たる駅伝シーズンで昨年の雪辱を果たすために。夏で練習を重ね、10月の箱根予選会、11月の全日本駅伝で上位を狙う。 [金内英大]※レース後のコメントは、後日「紫子奮迅」にて掲載いたします。
READ MORE

3種目総合6位 課題が浮き彫りに/関東学生三大大会

 万全とは言えない体制で迎えた今大会。1日目の障害競技からエース・高橋義明(政経2=京産大付)やルーキーの鹿戸雄翔(農1=江戸崎総合)の失権があり、団体8位からのスタートとなった。その後も失権やミスが重なり3種目総合6位と昨年度より順位を落とし寂しい結果となった。 ◆6・20~23 関東学生三大大会(山梨県馬術競技場)▼第54回関東学生賞典障害馬術競技大会▽個人 9位 石井〈明鳳〉 17位 安田〈パトリシアM〉 38位 榮〈明輝〉※高橋〈アクレイラスM〉、鹿戸〈プライムローズM〉は失権▽団体  8位 明大 ▼第54回関東学生賞典馬場馬術競技大会▽個人 7位 石井〈明桑〉 20位 安田〈明紫〉※高橋〈明王〉、鹿戸〈プライムローズM〉は棄権 ▼第70回関東学生賞典総合馬術競技大会▽個人 5位 高橋〈明鳳〉 15位 榮〈明輝〉 29位 鹿戸〈パトリシアM〉※安田〈ベルナルドM〉、石井〈ルークM〉は失権▽団体 5位 明大 ▼3種目 6位 明大  障害競技では失権者を2人出し、団体9組中8位という思わしくない成績から初日を迎えることとなった。最終種目の総合、明鳳が得意な馬場で高橋が経路違反し、まさかの6位でスタート。「自分を勝手に追い込みすぎていた」(高橋)。クロスカントリーでも安田圭佑(農3=あずさ第一)と石井李佳(商3=関東国際)が失権。最終競技の障害では鹿戸が減点0で走行するも、クロスカントリーの減点が響き結果は団体5位。3種目総合6位いう結果で三大大会の幕を閉じた。  昨年度に続き、新しく多くの一般部員を迎えた明大。試合に出る選手が馬の手入れも行わなければならなかった以前に比べて、サポート体制が整ってきた。それでも今大会では馬の体調管理の課題が浮き彫りに。2日目の馬場で、プライムローズMと明王が棄権。出場者が2人になった明大は団体成績を出せなかった。「一人で馬を扱えるような部員をつくれるように」(清水諒主将・農4=浦和実業学園)。今回の結果受けそれぞれ課題が見つかった。この反省を11月の全日本学生賞典総合大会へ向けつなげていく。 [波木井里紗] 試合後のコメント佐藤五志監督――全学に向けてどのように取り組みますか。 「枠がどれだけ取れるか分からないですけど、その中で最善を尽くすしかないです。今度出るにあたって、また馬の調子が悪かったというのがないようにしようと思います」 清水――これまでに比べて部員が増えましたが、環境面ではいかがですか。 「新しい人が入ってくれたのですが、教える人の人数が足りていないです。そこは部員が協力して、一人で馬を扱えるような部員をつくれるように努力します。馬を管理する上で人が多いに越したことはないので、人数が多いのは大変助かっています」 高橋――総合を振り返っていかがでしたでしょうか。 「馬場で経路違反をしてしまって、馬のミスではなく人のミスを立て続けにいろいろやってしまっているので反省です。クロスカントリーと障害は満点が良かったですが、一つ落としてしまいました。まずは人のミスを絶対無くせるようにしたいです」
READ MORE

60回目を迎えた伝統の一戦 5-2で勝利し力の差を見せつける/第60回明立定期戦

 梅雨空の不安定な天候のもと、明大のホーム、八幡山グラウンドで明立定期戦が行われた。今年度で60回目を迎えた本戦。開始早々ルーズボールを拾われ、失点するもその後は5点を奪う。リーグ戦首位の実力を発揮し快勝を収めた。 試合はいきなり動く。5分、ルーズボールを自陣ペナルティエリア付近で相手に拾われ、失点を許す。しかし、ここから怒濤(どとう)のゴールラッシュが始まる。13分、小柏が裏へ抜け出して、ゴール左隅に決め、すぐさま追いつく。18分に住永の蹴ったコーナーキックを小野寺がヘディングを決め、逆転。23分には小柏がこの日2点目のゴールを決め、3-1で前半を折り返す。メンバーを2人代えて臨んだ後半。9分、DFが阻んだこぼれ球を相手FWに決められ、1点差とされる。「前半も後半も開始直後に甘さが出てしまった」(中村帆)と失点を悔やんだ。しかし、その後は、安定した守備で無失点。34分にコーナーキックから中村帆がダイビングヘッドを決め、再び2点差。40分にはこの日途中出場の主将、佐藤亮の絶妙なスルーパスから中川が抜け出しダメ押しの5点目を決めて、試合終了。圧巻の攻撃力を見せつけた。 明治・立教定期戦は今年で60回目を迎えた伝統ある戦い。今年はツイッターで5番勝負と題したコラボ企画も行われた。第5戦のリレー対決で敗れ、5番勝負は立教に軍配が上がったもののメインの試合は見事な勝利。両校合わせて7点が生まれた今試合は60という節目にふさわしい一戦だった。[市瀬義高]試合後のコメント栗田大輔監督――伝統ある一戦を振り返っていかがですか。 「2失点をしてしまったことは猛省しなければなりません。後は、準備をしてくれた学生、OBなど定期戦に協力してくれたことは本当に素晴らしいことです」――天皇杯に向けて一言お願いします。 「川崎フロンターレはJリーグチャンピオンで、我々とは100倍ぐらいレベルが違います。それをリスペクトした上で、勝利を目指したいです。」佐藤亮――定期戦は今回で60回目を迎えました。 「これまで歴代の方々が積み上げてきたものがあると言うことで、絶対に負けられない戦いでした。試合前の校歌から一つ一つ気持ちを込めて望むことができたと思います」中村帆――自身のプレーを振り返っていかがですか。 「要所でいいプレーができたと思いますが、前半も後半も終盤で、ボールをとられてはいけない場面でとられてしまったので、個人的にはそこを、修正したいです」
READ MORE

成蹊大に1点差で勝利 1部残留を決める/関東学生1部リーグ戦

 接戦をモノにした。負ければ2部リーグ降格が決まる大一番で成蹊大との対戦。前半は優位に進めるが後半に入り1点差まで詰められる。しかし、関屋雄太郎(文3=明大中野)らの活躍もあり13-12で勝利。1部リーグ残留を決めた。 ◆5・18~6・23 関東学生1部リーグ戦▼6・23 1部2部入替戦 対成蹊大戦(日体大健志台プール) 〇明大13{5―3、4―3、1―2、3―4}12成蹊大※この結果、1部残留。  負けの許されない一戦でも全員で泳ぎ切り勝ち切った。試合開始直後から果敢に攻め、熊谷泰人(営1=明大中野)のシュートで先制すると流れは明大に。退水で人数が減る中、落ち着いたプレーで失点を避け、第2ピリオド終了で9―6とリードをつくった。しかし、後半は一転。第3ピリオドで相手に先制点を決められると、悪い流れにハマってしまう。第4ピリオドでは退水でディフェンスにスキが生まれると1点差まで追い上げられ窮地に立たされる。しかし「2部リーグ校には負けられないという思いがあった」(関屋)。第4ピリオド終盤に得意のプレスから形をつくりカウンターに。最後はゴール前でパスを受けた関屋がこの試合3本目となるゴールを決め渾身のガッツポーズを見せた。直後にペナルティースローで失点するも、関屋のシュートが決勝点となり13-12。リーグ戦期間で並み居る強豪校との激戦を戦い抜いた明大が最後の大舞台で1部リーグ校の意地を見せ勝ち切った。  リーグ戦の結果は満足できるものとは言えない。当初ベスト4入りを目標としていた明大だったが最終的にリーグ戦の順位は8位。昨年度と同様入替戦までもつれ込む結果となってしまった。その一方で多くの成果が表れた。ルーキー・熊谷泰はこの試合5得点。リーグ戦期間を通してフローターとして活躍を見せ、チームの主力となった。「(高校時代よりも)ゴールを狙う意識が強くなった」(熊谷泰)。今大会の結果を踏まえても「1部リーグに残留できたことは前向きに捉えたい」(熊谷泰)と強気の姿勢を崩さない。キャプテンの神佑樹主将(農4=明大中野)は今大会期間で成長できた試合として順位決定戦・日大戦を挙げた。「相手の策にうまく対応できた」(神)。最終的に敗れはしたものの、強豪相手にペナルティースロー戦まで持ち込み肉薄した試合を演じた。日大戦に代表されるような僅差の試合を勝ち切ることが明大の1番の目標だ。  9月にはインカレも控えている。「練習を積み重ねて上位を目指したい」(神)。勝負強さに磨きをかけて来たる大舞台へ。チームの更なる飛躍に期待がかかる。 [村川拓次] 試合後のコメント明石将裕監督――リーグ戦を振り返っていかがですか。 「昨年よりは成長した部分はあったと思います。でも、勝ち切れなかったので勝つことが難しいと思ったリーグ戦でした。かろうじて残留はしましたけれど、しっかり引き締めて、リーグ戦の戦い方を再度調整して来年はやっていきたいなと思います」 塚本康弘コーチ――リーグ戦を通してチームが成長できたポイントはありますか。 「当初は失点をした際に黙ってしまい、そのまま失点を重ねて負けてしまうことが多かった。しかし、今日の入れ替え戦に関しては失点をしても選手同士での声の掛け合いが見られ、悪い流れを断ち切ることができたと思います。そのような場面が見られたのは大きな成長だと思います」 神主将――本日の試合の振り返りをお願いします。   「勝てたことは素直にうれしいです。でも、格下のチーム相手に苦戦する形にはなったので、今後の反省には繋がると思いました。リードしている展開が続いている中で逆転されそうになってしまう形をこの学生リーグの期間でやられてきました。今回は自分たちで声を出して修正することをやってきたのでよかったと思います」 関屋――3得点を挙げる好調でした。 「これまで自分はあまり決められていませんでした。この試合は3点を決めることができて、昨日僕のところの練習をしていてその練習の成果を出すことができました。初めてチームに貢献できたなと思います」 熊谷泰――リーグ戦を通して成長した点は何ですか。 「高校でプレーしていた時は自分以外にも攻める選手がいました。だから仲間任せになることもあったのですが、明大に入ってからは今までよりもゴールを狙う意識が大きくなり、それが得点力になっているのだと思います」 太田竜浩(商1=明大中野)――リーグ戦を振り返っていかがでしたか。 「1年生ということもあって、緊張することも多かったんですけど、先輩方の支えがすごくあって、精いっぱいやらせていただけたのがうれしかったです。緊張の解き方みたいなのを先輩たちに教わりながら、少し落ち着いてプレーができました」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内