試合後インタビュー 宮坂倖乃/ジャパンオープン2020

 ジャパンオープン2020が2月4日〜7日に開催された。宮坂倖乃(法2=春日部共栄)は50メートル、100メートル平泳ぎで3位という成績を残した。当記事では、見事2種目での表彰台入りを果たした宮坂のインタビューをお届けする。(この取材は2月12日に行われたものです)◆2・4〜7 ジャパンオープン(東京アクアティクスセンター)▼女子50メートル平泳ぎ 3位 31秒20▼女子100メートル平泳ぎ 3位 1分07秒44▼女子200メートル平泳ぎ 11位 2分28秒56ーー今大会はどのような位置付けでしたか。 「日本選手権までの最後の大きな大会だったので、日本選手権を見据えて、自分の強化がどのくらいできているかを確認するためにも良い記録を出したいと思っていました」ーー結果を振り返っていかがですか。 「2週間前の大会でベストを出すことができ、そこまでは良かったのですが、今大会ではタイムを落としてしまったので、自分の中では悔しい大会となりました」ーー3位という結果についてはいかがですか。「日本選手権では、100メートル平泳ぎで4位だったので、順位が上げられたことはよかったです。(順位が)上の2人がすごくレベルの高い方たちであることも、自信につながりました」ーー今大会で感じたことや課題はありますか。 「一番感じたことは、調子がぴったり合っていなかったということです。あとはスタート、ターンで置いていかれて、泳ぎで少しずつ差を詰めていくというレースだったので、そういう技術的なところを極められれば、トップとの差を縮めていくことができると思いました」ーー日本選手権に向けての意気込みを教えてください。 「オリンピック選考会になる大会で、あと2ヶ月しかありません。ターンや飛び込みが足りないという自分の課題は分かっているので、そこを意識して練習し、悔いのないように仕上げていきたいです。ーー具体的な目標はありますか。 「オリンピックに出場するというのは小さい頃からの夢なので、派遣標準記録を切ることと、平泳ぎはレベルが高いので、その中でも勝てるレースをできるようにしたいです」ーーありがとうございました。[萩原亜依]
READ MORE

試合後インタビュー 水口知保/ジャパンオープン2020

  ジャパンオープン2020が2月4日~7日に開催された。100メートル、200メートルバタフライに出場した水口知保(営1=目黒日本大)は、両種目で入賞を果たし、自己ベストを更新。見事な活躍ぶりを見せた水口のインタビューをお届けする。(この取材は2月12日に行われたものです) ◆2・4〜7 ジャパンオープン(東京アクアティクスセンター)▼女子200メートルバタフライ 4位 2分10秒77▼女子100メートルバタフライ 8位 59秒91 ーー試合を振り返っていかがですか。 「調整を行なっていない試合だったので、とにかくベストが出てうれしかったです」 ーー100、200メートル両方でベストが出たことは具体的にどう感じていますか。 「まさかベストが出るとは思っていなかったですけど、12月の日本選手権でベストが出てから自分に自信が持てるようになったのがこの結果につながったと思います。また、練習にしっかりと打ち込めるようになったことが、スタート台に立つ前の不安を無くして、ベストにつながった要因なのかなと思います」 ーー今まではスタート台に立つと緊張していましたか。 「200メートルバタフライは日本選手権で2年8カ月ぶりのベストです。それまで高校生活での試合ではとにかく不安で、自信があってもスタート台に立つとちょっと怖いなと思うことが多かったです。でも、初めてインカレに出たときに先輩たちの影響が大きくて「インカレで活躍したい」って思えて、2カ月間ぐらいちゃんと練習に打ち込んでいったら12月の日本選手権でベストが出て、練習を頑張ればベストが出るんだと思えました」 ーータイムをかなり伸ばしてきていますが、何か改善してきた点はありますか。 「練習を打ち込めるようになったこと、水泳に対して前向きになれたこと、懸垂をやり始めたのがきっかけだと思います」 ーー懸垂の効果は出ていますか。 「フォームが大きくなったと先生方に言われるようになりました。それがタイムを縮めるきっかけのひとつにもなったと思います」 ーー明大に入ってもうすぐ1年ですね。生活面など変化した部分はありますか。 「とりあえず練習を頑張れたことと、環境としては一人暮らしを始めたことですね。親元を離れて自分で考えたりするように、練習に打ち込める環境、きつい環境を自分でつくりました」 ーー今後伸ばしていきたい点はどこですか。 「練習面では、どんなにきつい練習が来てもあきらめないでやり抜くことです。試合ではどこかを気をつけるというよりは、練習で自信を持てるようにしなくちゃいけないので、やっぱり練習を頑張ることです」 ーー2/13、14に行われる東京都冬季水泳競技会試合ではどんな泳ぎをしたいですか。 「200メートル自由形と100メートルバタフライに出場します。とりあえず今は4月に向けての追い込み期間の時期なので、あまりタイムに期待をしていないのですが、とにかく予選決勝2本とも全力で泳ぎたいです。」 ーー最後に水泳人生での目標を聞かせてください。 「3月に都シニア(東京都シニア春季公認記録会)という長水路の試合がありますけど、この試合で200メートルバタフライはインター(インターナショナル・ナショナル強化標準記録)を突破できれば、日本選手権でトップの選手と戦えるんじゃないかと思っています。100メートルバタフライでは、ここ最近自己ベストを伸ばしているので、200メートルにつながるように、練習を積んでいければいいなと思います。2年次のインカレでは明大に1点でも多く貢献出来たらいいなと思っています」 ーーありがとうございました。 [伊東彩乃] 
READ MORE

【バレーボール部】4年生引退コメント(3)

 日本一を目指した今年度。新型コロナウイルスの影響で春、秋のリーグ戦は中止に。インカレが今年度、最初で最後の大会になった。残念ながら準々決勝で順大に敗れてしまい悲願の日本一は達成ならず。夢は後輩に託された。激動の一年を過ごした4年生の引退コメントをお届けする。 第3回は島波輝(政経4=皇學館)、松田海飛(文4=愛工大名電)、坂本はる陽(法4=サウスリオン)のコメントです。島ーー4年間を振り返っていかがですか。 「4年間すごく楽しく過ごさせていただきました。バレーだけでなく寮生活、学生生活もとても充実できたと思います。特に今年は練習も試合も思うようにできなかったんで4年間の集大成としてインカレが開かれたことはとても嬉しく感謝しています。結果としてはベスト8とあまりいい結果では終われませんでしたが、イレギュラーだらけの中、よく戦えたと思います。後輩はもっと強く上にいって欲しいです」ーー後輩たちに向けて何か思いはありますか。「まったくお手本になるような先輩ではなかったけど、今まで付いてきてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。これからは自分たちの代になり、下もどんどん入ってくると思うので先輩というプライドを持って戦っていって欲しいです」ーー4年間で成長できた部分はどこでしょうか。「自分はこの部活に入ってたくさんのことを経験させてもらいました。子供から大人への成長を1番感じています。まだ完全とはいかないにしても、バレーで言えば冷静さやここ一本の勝負強さなどは入りたての自分にはなかったものだと思います。1人の人間としては、周りを見る視野の広さなどが大きく成長したと思います」ーー今後この4年間をどのように生かしていきたいですか。「この4年間で培ったものを自分は社会人バレーボーラー(ヴィアティン三重)になるので、プレーでも社会人としても出せていけるようにしたいです。具体的には、人の気持ちを考えて自分の行動を起こすということをしていきたいです。4年間お世話になり、ありがとうございました」松田ーー4年間を振り返っていかがですか。「新鮮というか、今まで指導者がいる中で教えてもらってという感じだったので、やりやすいと言うかそんな風に感じました。そこまで自分でめちゃくちゃ考えてというのは今まではあまり必要なかったんですけど、明治の環境は自分でやらないといけないというか、自分たちでやらないと成長出来ない環境だったので、人間として成長出来たと思います」ーー後輩に期待することは何かありますか。「こういう環境、自分たちで考えて自分たちでやるというのはないので、もちろん大変ですけどその分すごい成長できるし、結果付いてくるので、明治の伝統というかこういう環境を生かすように頑張ってほしいです」ーー将来どのような教師になりたいですか。「自分で考えて得たことはすごい武器になるというか、大きなことになると思うのでそういうのを下の子供たち、明治で経験したことを下の世代にも伝えていきたいです」 坂本マネージャーーー4年間を振り返っていかがですか。「最後にメダルと一緒に選手達の笑顔を見られなかったのは本当に悔しく残念でしたが、毎日楽しく充実した4年間でした。学生でしかできない部活動のマネージャーという役割を最後までやり切ることができ、達成感とともにかけがえのない時間を過ごさせてもらったなと思っています」ーーマネージャーをやる中でのやりがい、つらかったことは何かありますか。「友人から誘われる旅行などを部活を理由に断ることは辛かったですが、毎日の練習をサポートし、その中でなりたいマネージャー像を模索すること、選手達が活躍し笑顔で喜ぶ姿を見ることは何よりもやりがいでした。サポートしかできない役割でしたが、選手達の集中しやすい環境やモチベーションの向上に少しでも貢献でいていたならばと思っています」ーー何か選手たちとのエピソードはありますか。「マネージャーという役割の無力さや難しさを実感し、落ち込んだこともありました。その時の、同期をはじめとする選手達の『ありがとう』という言葉や気遣ってくれた行動には本当に感謝しかありません」ーー今後はどのような人になっていきたいですか。「バレー部のOGとしては、後輩たちの活躍する姿を応援し続けたいと思います。新社会人としては、部活も遊びも満喫した大学生活の思い出を糧に、今度は社会と自身の幸せに貢献する人間になっていきたいと思っています」――ありがとうございました。[バレーボール部担当一同] 
READ MORE

【バレーボール部】4年生引退コメント(2)

日本一を目指した今年度。新型コロナウイルスの影響で春、秋のリーグ戦は中止に。インカレが今年度、最初で最後の大会になった。残念ながら準々決勝で順大に敗れてしまい悲願の日本一は達成ならず。夢は後輩に託された。激動の一年を過ごした4年生の引退コメントをお届けする。第2回は上林直澄(法4=東亜学園)、瀧田大輔(商4=洛南)、陸川航(政経4=近江)のコメントです。 上林――引退が決定した瞬間の心境を教えてください。「ああ終わったんだなみたいな。何も思わないっていうか、頭がボーッとしていました」 ――自身の中ではやり切ったという気持ちはありますか。「今年一年に関しては、コロナで練習ができなかったり、試合前にけがをした選手がいたりして、スタメンがいないということに関してはやり切れなかったというか、もっとできたのではないかという思いの方が強いです。久しぶりにこんなに悔しいって気持ちを味わった気がします」 ――明大での4年間を振り返ってみていかがですか。「他の大学と違って、『しっかりとした指導者がいない中で、個人が考えてバレーをやる』というのを軸としてやってきました。個人的には、高校の時よりも、大学に入って、常に何かしら考えるってことができたと思います。それは自分がやろうとしたからできたことなので、後輩たちにもこの悔しさ忘れないで自分で考える力を養ってもらいたいです」 ――4年間を通して、自身の中で一番成長できたと感じることを教えてください。「高校の時は、どちらかというと付いていく側だったのですが、大学に入ってからは最初の方から出させていただいていたということもあって、2年でも3年でもチームに声を掛けて引っ張っていく力が身に付きました。それが自分の中では一番大きいかなと思います」 ――後輩たちへの想いをお願いします。「めちゃめちゃあります。負けて悔しいっていうのは当たり前で、言葉に表せないんですけど、練習からやり切ってほしいってのはすごい思っていています。学生主体、選手主体って良いところと悪いところがあると思うんです。そこで甘えが出て最後の詰めが甘くなるっていうか、最後までやり切れなかって思いをしている人が下級生にもいると思うので、この悔しさを忘れずにていうのはださいですけど、やったらそれ相応の結果が付いてくるよっていうのは全員に理解してほしいと思いました。自分が手を抜いたらそういう結果が付いてくるし、頑張ったらできるってわけではないですけど、やっぱり頑張らなければできないので、それをどうできるかって、考える力につながってくると思います。みんな大人になってほしいって思います」瀧田――4年間を振り返っていかがでしたか。「結果を残せた年もそうでない年もありましたが、3年まで試合に出て活躍してきたので、『4年目で絶対一つでもタイトルを取りたい』という思いがありました。コロナの影響でインカレしかない状況となってしまい、自分自身、社会人でバレーを続けないため、選手から降りて後輩に託すという形になって残念ですが、とても濃い4年間で明大バレー部らしくやれたのでよかったです」 ――後輩たちに向けて一言お願いします。「『明治らしく』を忘れずに」 ――4年間で成長できた部分はありますか。「なんでも楽しくやれるようになりました」 ――この4年間を今後どのように生かしていきたいですか。「社会人になるので大変だとは思いますが、バレーで培った根性を生かしてやっていきたいです」陸川――4年間を振り返っていかがですか。「しんどいことも多かったのですが、自分の糧になって結局楽しかったです」 ――アナリストと主務として気をつけていたことはありますか。「ホウレンソウ(報告、連絡、相談)をしっかりして監督、コーチがなかなか来られない中でチームをどう円滑に動かせるかを意識して動いていました」 ――今の気持ちはいかがですか。「めっちゃ悔しくて、ここで終わるチームではなかっただけにほんとに残念で泣けてきたんですけど、楽しくバレーができたのでこの大会を開催できたことと運営してくれた人に感謝したいです」 ――後輩に期待していることはありますか。「結局僕らがいた時の(インカレでの)最高成績は3位で、去年、今年とベスト8で終わってしまっているのですが、それ以上いけるようなポテンシャルは持っているし、しっかりと練習をすればいい所までいけると思うので期待しています」 ――具体的に期待する選手は誰ですか。「全員なのですが、来年絶対頑張ってほしいのは三輪(大将・政経3=高川学園)と安井(恒介・政経2=市立尼崎)です」 ――この4年間をどのように生かしたいていきたいですか。「忙しさやつらさという部分では今が一番大変で、特に去年の秋頃から今年のコロナでいろんな対応があったときはしんどかったので、その経験で得た根性と、主務やアナリストとして経験してきたことを社会人になったら生かしていきたいです」 ――ありがとうございました。 [バレーボール部担当一同] 
READ MORE

【バレーボール部】4年生引退コメント(1)

 日本一を目指した今年度。新型コロナウイルスの影響で春、秋のリーグ戦は中止に。インカレが今年度、最初で最後の大会になった。残念ながら準々決勝で順大に敗れてしまい悲願の日本一は達成ならず。夢は後輩に託された。激動の一年を過ごした4年生の引退コメントをお届けする。 第1回は池田颯太(営4=松本国際)、吉川正峻(政経4=高岡一高)のコメントです。池田ーー今年1年を振り返っていかがですか。 「コロナのこともあって半年くらい練習できない時もあったので1年生とか下級生にも大会の雰囲気とか経験させてあげられなかったのは申し訳ないと思います。経験の少ない中で下級生は良くやってくれたと思いますし、試合に出ているメンバーはもちろんですけど周りのサポートしてくれた下級生とか同期のマネージャーとかそういう方には感謝したいと思います」 ーーこの1年なかなか大会が出来なかった中キャプテンとして意識したことはありますか。 「練習できてないぶんチーム力というか気持ちの部分でまとまれてないのが代替大会ですごい感じて個人の力でどうにかしてるという印象が強かったです。練習が始められるようになってからはミーティングをすごい多くやったりしましたし、ミーティングやる時も僕がしゃべっているばっかりではなくて、みんなの意見とかを聞いて全員で話し合ってチームのこととか、練習内容とかを決めるように心がけてやってきたつもりです」 ーー今後チームに期待することは何かありますか。 「来年コロナがどうなっているかわからないですし、大会が通常よりやれるとか無観客になるとか全然予想はつかないです。でも今回ベスト4まで行ってそこがスタートだって言ってきて、今回負けの経験とかは何回もできることではないですし、悔しいですけど、そういう経験を来年活かしてほしいです。僕らみたいに大会ができないのは経験してるので、当たり前に試合できるのを感謝してまた頑張ってほしいです」 ーー今後のバレー人生どのようになっていきたいですか。 「ポジションもどうなるか分からなくて、もしかしてポジション変更ということもあるかもしれないです。それでもせっかく声掛けて下さってV1リーグ(VC長野トライデンツ)というトップの場でプレーさせてれもらえる機会をいただいたのでとにかく大学4年間で学んだことを忘れずにVリーグでも活躍できる選手に来年から1年目ですけどなります」吉川ーー4年間を振り返っていかがですか。  「4年間本当に色々な経験をこの体育会バレーボール部ですることができました。自分の実力不足に挫折しそうになったこともありましたが、たくさんの人に励まされ、支えられたバレーボール人生で、最後の大会でユニフォームを着ることができて本当に良かったと思います」 ーー後輩たちに向けて何か思いはありますか。  「関東1部リーグというレベルの高い環境の中で、結果を残すことは本当に難しいことだと思います。それでも『いちずな努力』を続けてひた向きに頑張れば誰かの目には映り、チャンスは巡ってくると思います。本当に頑張ってほしいです」 ーーこの4年間で成長できた部分は何かありますか。 「『人間性』という部分は一番成長できたのではないかと思います。高校時代から監督からずっと言われてきた言葉ですが、大学生になって学生主体のチームになってようやく気づけた部分もありました」 ーー今後この4年間をどのように生かしていきたいですか。 「社会人となる上で、今日まで経験してきたことは決して無駄にはならないと思うので、自分らしく頑張っていきたいと思います」ーーありがとうございました。[バレーボール部担当一同]
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読