打線爆発!18点奪う猛攻でコールド勝ち/関東地区大学選手権

 法大との激闘を制し迎えた3回戦の東京薬科大戦。打線がつながり18得点を奪い、5回コールド勝ちを収めた。            ◆3・20~3・29 第61回関東地区大学選手権大会(早大伏見グラウンド他)◆3・23 3回戦 対東京薬科大(法大多摩グラウンド) ○明大18―3東京薬科大  テンポの良い投球で攻撃のリズムを作った。3回から2番手として登板した石崎海斗投手(政経3=佐倉)。「流れを変えることを意識した」。打者に考える間を与えないテンポの良い投球で相手打線を封じ込め、味方の大量得点を呼び込んだ。「昨年はテンポが悪かったので、今年はテンポを意識している」と、今年度もリリーフとして試合の流れを変える投球が期待される。  クリーンアップとしての役割を果たした。3―3で迎えた3回裏、無死満塁で原晟也内野手(情コミ1=彦根東)に打順が回る。前試合では無安打と「調子を落としかけていた」(原)。練習では齋藤大輔投手(総合3=木更津)に打撃フォームを確認してもらい、高桑一真外野手(商2=日大二)からも積極的にアドバイス求めた。そして今試合では体重を後ろに残すことを意識。「迷わずに振り抜けた」と、放った打球は中堅手の頭を超える3点三塁打に。さらに相手の送球が逸れる間本塁を陥れた。次戦以降も5番打者として走者を返していく役割を果たしていく。  課題は立ち上がりだ。「初回の入りが悪かった」(千田京平主将・農3=花巻東)と序盤に今試合序盤に3点を失ったのは反省点の一つ。次戦は初回から圧倒的な力を見せつけたい。 [大西健太]  試合後のコメント千田――試合を振り返っていかがですか。「初回の入りが悪かったですけれど、打線が頑張ってくれて良かったです」 石崎――投球で意識したことはありますか。「相手が直球を狙ってきていたので、速い系のカットボールやツーシーム系の変化球でゴロを早めに打たせることを意識しました」 ――配球の変化はありますか。「直球の調子もいいので、直球の割合も増やすようにします」 原――3回のチャンスを振り返っていかがですか。  「あまり最近は調子が良くなくて、前の試合も4の0でずっと周りの人にどうしたら良いか聞いていて、いろいろ意識しながらできたことがいい結果につながったので、そこには満足しています。でも次の打席が良くなかったので、いい結果が出たからと言って、おごらずにやっていけたらいいと思います」
READ MORE

宿敵法大にサヨナラ勝ち! 接戦をモノにする/関東地区大学選手権

 1回戦をコールド勝ちで突破し迎えた2回戦。昨年度六大学リーグ戦で苦戦を強いられた法大相手に接戦を繰り広げ、延長10回に4-3でサヨナラ勝ちした。  ◆3・20~3・29 第61回関東地区大学選手権大会(早大伏見グラウンド他)◆3・21 2回戦 対法大(法大多摩グラウンド) ○明大4―3法大2回戦12345678910計法大00010100013明大0101000002×41点の奪い合いだった。2回表、先頭の高桑一真外野手(商2=日大二)が出塁すると、犠打と四球で好機を広げる。一死一、二塁の場面で栗原敬昌外野手(法3=高崎)が適時打を放ち先制点を獲得。4回表に1点を失い追いつかれたが、裏の攻撃で1点追加し突き放した。6回表に再び1失点するが、9回表に継投の高島泰都投手(法1=滝川西)が二死二塁の場面。8球粘られた末、最後は空振り三振を奪う気迫の投球を見せ流れを引き寄せた。走者一、二塁から攻撃が始まるタイブレーク制となる延長10回表、先頭打者に適打を許してしまい1点を勝ち越される。しかし裏の攻撃で犠打の成功で満塁の好機となると、相手の失策により1点を追加。さらに谷口秀斗内野手(営1=広陵)が左前適時打を放ちサヨナラ勝ちとなった。チーム全体で粘り強く戦った。昨年度春秋リーグ戦で1勝もできなかった法大ナイン。強打線が特徴の法大相手に「守備で投手が粘り強く投げてくれたことで、打線もそれに応えようとしてくれた」(千田京平主将・農3=花巻東)結果、延長戦を勝ち抜いた。「ベンチでもしっかりサポートする雰囲気」(栗原)をつくることでチーム力を高め、優勝に近づきたい。[中澤美月]  試合後のコメント千田 ――今日の試合を振り返ってどうでしたか。「今日はチームが一致団結して試合に臨めたと思いますし、投手の前田、高島がよく頑張ってくれたと思います。」――試合中の雰囲気はどうですか。「すごく良くて、逆転された時もみんなベンチでレギュラー陣以外も声を出してくれて、みんなが元気をくれたのでいい状態だと思います」 栗原 ――第一打席のタイムリーについていかがですか。「結果が出てなかったので、あまり考えずにきた球をしっかり打とうと思い、それが結果的にいい適打につながったと思います。」  高島 ――法大打線を抑えられた要因はありますか。「冬から投手陣で走り込みや筋トレをしてきてそこで結構ボールに力強くなったと思います。これで結構相手も飛打を打ってくれたり、まっすぐも打ち損じてくれたりしていたので、そこで冬の成果が出たと思います」 ――チームが好調ですが理由はありますか。 「練習から本番を意識してノックやバッティングを多めに実践をやっているのでそこが大きいです」
READ MORE

今期初公式戦を快勝でスタート!/関東地区大学選手権

 新体制の公式戦初陣である今大会。明大は初回から順当に得点を重ねていき、計10点を獲得。相手に一度も流れを譲ることなく完封でコールド勝ち。新チームでの好スタート切った。◆3・20~3・29 第61回関東地区大学選手権大会(早大東伏見グラウンド他)◆3・20 1回戦 対東京電機大(早大東伏見グラウンド)○明大10-0東京電機大 得たチャンスは逃さない。明大は1回裏、相手の中継ミスのスキを突いた竹村律生(営3=佐野日大)の好走塁で先制点を獲得。2回裏にも1点を追加し迎えた3回裏。谷口秀斗内野手(営1=広陵)が内野安打で出塁すると、続く千田京平内野手(農3=花巻東)がエンドランに合わせて左前適時打を放ち一、三塁のチャンスをつくる。その後、5番の原晟也内野手(情コミ1=彦根東)がこの日2本目となる二塁打で一挙に2点を追加する。流れに乗った明大は4回裏にも5点を獲得し、7回裏に竹村の適時打で10得点目。大会規定により7回10点差によるコールドゲームとなった。守りでは先発した槻橋駿投手(商2=生田)が被安打2、四死球0の好ピッチング。変化球のコントロールに不安が残るものの、力強いストレートで相手打線を封じ込めた。 完封で快勝を果たしたものの、課題も見られた。「フライをバンバン打ち上げた」(原)。ボールの下をこすり、打ち上げてしまう場面が多くあった。次戦の相手は同じ六大学リーグに属する法大。「ライバル視している相手なので負けられない試合」(竹村)と軽はずみなミスが命取りになる相手だ。次戦をモノにし、優勝への一歩を進めたい。【岩田純】試合後のコメント千田――主将としてどのような気持ちで臨みましたか。「そんなに大きな目標は持たずにまずは目の前の相手に一戦一戦戦おうという気持ちで臨みました」――チームの雰囲気はいかがですか。「オープン戦からここまで負けなしでこれていたので、いい雰囲気で大会に入れました。また、これからが大事になってくるので気を引き締めていきます」竹村――決勝打のお気持ちはいかがですか。「ここ1点取ればコールドゲームだったので、自分で決めてやるという気持ちで打席に立ちました」槻橋――ご自身の課題は何ですか。「変化球のコントロールですかね。あとは多くの球数を放っても球威を落ちないようにします」――目標をお願いします。「先発もリリーフもどちらも機会が増えると思うので、どちらにせよチームとしていいリズムで終われるようにやっていきたいです」原――今大会での課題をお願いします。「僕の課題は波があることだと思うので、毎試合自分がヒット打てるようにバットを振っていきます」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内