太田ら男女3人がシングルス2回戦進出/全日本学生室内選手権1日目

 室内テニスの学生王者を決める大会が幕を開けた。毎年年末に行われる全日本学生室内選手権(インカレインドア)は、全日本学生選手権(以下、インカレ)よりも本選出場者が限られており、非常にレベルの高い大会となっている。迎えた1日目は男女のシングルス1回戦が行われ、明大からは3人が2回戦進出を果たした。 ◆12・7〜11 全日本学生室内選手権(江坂テニスセンター)▼12・7[男子シングルス1回戦] 町田 0{5―7、2―6}2 手嶋(日大)○飯田 0{6―7、4―6}2 山口(早大)○○太田 2{1―6、6―4、6―4}1 中村(筑波大) [女子シングルス1回戦]○吉田 2{6―3、3―6、6―6RET}1 吉川(亜大)○鈴木渚 2{6―1、6―2}0 石川(姫路大)大沼 0{6―7、4―6}2 金子(早大)○丸山 0{1―6、4―6}2 梶野(早大)○ 【男子シングルス1回戦:太田翔(法2=大分舞鶴) VS中村元(筑波大)】 大きな一勝をつかみとった。予選から勝ち上がり本戦出場を決めた太田。強敵を相手に逆転勝利を収め、見事明大男子シングルス勢唯一の2回戦進出を決めた。 試合序盤は完全に相手のペースに持ち込まれてしまう。なかなかポイントを奪うことができず、第1セットを1―6で落とした。第2セットに入っても相手のペースを崩せず、ゲームカウントは一気に0―3に。このまま相手が突き放していくと思われた。しかし「いつも負ける時は何もできなくて負けるので、何かやろうと思った」。テンポを速めたり緩急をつけたりといったプレーで、流れは次第に太田のものになっていく。また「開き直っていたから、冷静でいられた」と相手の動きを冷静に観察し、スキをついたプレーで最後は4ゲームを連取。第2セットを獲得した。 迎えたファイナルセット。相手にアドバンテージを握られた場面でも積極的に攻めたプレーを続け、6―4で勝利を収めた。以前からメンタル面を課題としていた太田。「勝ち切れたことは自信になった」。今回の勝利が今後に飛躍につながることは間違いないだろう。 次戦の相手は早大の高畑里玖。太田が関東学生選手権(夏関)の3回戦にて敗北を喫した選手だ。持ち味である攻めたプレーを生かし、リベンジを果たすことができるか注目だ。 【男子シングルス1回戦:町田晴(文4=四日市工) VS手嶋海陽(日大)】 町田の学生最後の挑戦が始まった。今年度インカレ単複ベスト4など輝かしい成績で明大をけん引してきた町田。しかし「リーグ戦から少し心残りがあった」。今大会に4年生で出場する選手は少ないが、リーグ戦で重要な試合を勝ち切れず悔しさが残っており、完全燃焼すべく今大会に単複での出場を決めた。 「練習は現役と比べると落ちている部分もあったが、できる限りの準備はできて臨めた」。試合は序盤、町田が第4ゲームでブレークに成功し3―1とリードを奪う展開から開始。このまま一気に試合を決めるかと思われたが、直後のゲームで1ポイントも奪えないままブレークを許すと流れは相手のものに。毎ゲーム競った展開にはなるものの、要所での強さを発揮できず第1セットを5―7で落としてしまう。「一度引退して現役の時の切羽詰まった感じがなくなって、それが勝負どころで取り切れない展開になった」。第2セットもプレーは悪くないものの、決め切れない展開が続き、2―6と引き離されてストレート負けを喫した。 シングルスでは思わぬ敗退となったが、町田は明日から始まるダブルスにも出場予定。これまでペアを組んでいた副田温斗(営3=四日市工)ではなく、村田英夢(理工1=麗澤瑞浪)との出場が決まっている。「ダブルスは勝ちに来たので、これまでの現役で一番いい試合をしたい」。4年生の最後の雄姿に期待したい。  迎える2日目は早くもヤマ場となりそうだ。シングルスは2回戦、ダブルスは1回戦だが、どちらも勝てばベスト8が決まる大一番。明大勢は2015年に男子シングルスで優勝して以来、今大会でのタイトルは獲得していない。7年ぶりの栄冠に向けて一歩ずつ進みたい。 [田中佑太、萩原彩水] 試合後のコメントはこちら
READ MORE

試合後のコメント/全日本学生室内選手権1日目

 一年を締めくくる熱戦が始まった。今回は全日本学生室内選手権(インカレインドア)の男女シングルス1回戦に出場した選手の試合後インタビューをお届けします。町田晴(文4=四日市工)――今大会に出場を決めた理由を教えてください。 「明治もそうですが、男子シングルスの中でも唯一僕だけが4年生での出場です。せっかく出るチャンスも動ける体と気持ちもあって、出ておかないともったいないと感じました。僕的にはリーグ戦もですし、関東学生選手権(以下、夏関)もコロナにかかって、そこでシングルスも棄権してダブルスもうまくいかなかったので、このままは少し悔しいなと思いました。なので、最後自分で勝てなくてもやり切れればいいかなと出場しました」 ――ダブルスのペアはどのように決まりましたか。 「ポイントが理由ではないです。僕は今チームの運営とは関わっていなくて、今大会に出場できることだけを伝えていて、下の子たちが決めて組んだので、僕は関与していないのでどういう意図があるのかは分からないです。ただ僕は誰と組んでも頑張るだけです。村田(英夢・理工1=麗澤瑞浪)とは元々リーグ戦でも組もうかと言っていて、練習も何回かしていたのである程度お互いを分かった状態でそれなりに準備もできて臨めます」 飯田翔(商2=足利大付)――今日の試合を振り返っていかがですか。 「いつもよりも緊張していて、思うようなプレーができませんでした。でもその中で、今日できることを最大限にやろうと切り替えてプレーできました。ですが、勝負どころで取り切れなかったところが敗因だなと思いました」 ――今後の意気込みをお聞かせください。 「この試合で1年間の試合が終わりました。やはり全体的に振り返ると、昨年度に比べてテニスのレベルは上がってきていると思います。ですが、まだまだフィジカル面や試合中の戦い方はもっと強化していかないといけないなと感じました。なのでこの冬場にしっかり追い込んで、また春からいい結果を残せるように頑張りたいです」 太田翔(法2=大分舞鶴)――試合を振り返ってみていかがですか。 「1―6、0―3になって、諦めてはないのですが、いつも負ける時は何もできなくて負けるので、何かやろうと思いました。少しいつもよりテンポを速くすることを意識したら、そこからは結構自分のペースというか、勢いでセカンド追いつけて勝つことができました。なのでやはり開き直りが大事だなと思いました」 ――今日の試合で良かったところを教えてください。 「勝ち切ったところが良かったです。あとは、2セット目を取ってもファイナルセットで取られて負けることとかがあるので、ファイナルセットで勝ちを意識せずに、しっかりと自分のテニスができたかなと思います。そこがいつもだったら僕はびびってしまって、4―3あたりまで行っても4―6とかで負けてしまいます。4―4でしっかりとキープできて、最後もマッチポイントを無駄にせずにしっかり取れたところが良かったなと思います」 吉田華菜子(法3=仁愛女子)――本当に長いラリーが続いているというのが印象的でした。やはりずっと粘りを意識していたのでしょうか。 「はい、そうですね。いいポイントの取り方ももちろんあるのですが、最近の練習では振り回しや結構しぶとくラリーをする練習、振られても何球でも粘り強く返すという練習を結構やっていました。なので今日は左右に振られても、きちんと返すことができました。そういうところから、もっと狙わないと、もっと決めないと、とおそらく相手を気持ち的にも追い込むことができたのかなと思います」 ――ダブルスの試合も残っていると思います。そこに向けて意気込みをお願いします。 「1個勝ってベスト16、また予選から上がってきているので、自信を持って1個でも多く試合できるようにしたいですし、明日はダブルスもあります。やはり本戦に上がったからこそチャンスなので、ここまで来たら気持ちを強く持って頑張りたいと思います」 大沼愛弥(文2=野田学園)――試合を振り返ってみていかがですか。 「今大会でまず本戦に上がることができて、まず自分の目標は達成できたのですが、欲を言えば1回戦も勝ちたかったなというのはあります。でも自分のやりたかったテニスというか、思いっきり自分の練習通りのテニスを今大会することができました。なので自分の中でつかめたきっかけというか、一つ殻が破れたのかなというのはあります」 ――今日の試合は今後につながるものになりましたか。 「相手はジュニアの頃からすごく強い選手だったのですが、自分の挑戦したプレーが、その選手にここまで通用するということが分かりました。今後はもし新進(関東学生新進選手権)に出ることができたら優勝するつもりで頑張りたいと思います」 鈴木渚左(国際2=野田学園)――今大会に向けて強化してきたことはありますか。 「夏関後に入替戦もあって、シングルス3で出てその際に勝つテニスをベンチのコーチから教えていただいたり、自分のポジション的に勝たないといけない立場だったりしました。そのため、自分のテニスをするというよりは勝つテニスをやってしまっていました。そこから、自分のテニスが分からなくなってしまって、難しい期間に入りましたが、少しずつ基本から取り組むことで徐々に良くなっていきました。またオープン大会にも挑戦して試合感をつかもうと思って出ましたが、その大会でいろいろなことに気が付いて、良くなってこの大会に挑めました」 ――今試合の振り返りをお願いします。 「第1セットは集中して入っていて、やるべきことを決めていたのでそれをただやるだけでいい感じに入れたと思います。2セット目の途中から1―1になってその長いゲームを自分から攻めて取り切れたのでまた流れを持って行くことができました」 丸山愛以(商1=四日市商)――今大会に向けて強化してきたことはありますか。 「新体制になってハードな練習が増えて、サイドに振られるボールやフィジカルとしても強くしてきました。またオープン大会や部内戦など、試合をする機会を今大会まで空かないようにしていました。これまでの試合では、うまくゆるい球や様々なボールを使って組み立ててやっていたことが良かったのですが、それが今試合でうまくいかなくてそれが悔しいです」 ――大学テニス1年目の振り返りをお願いします。 「やはり大学に入ってコートも変わって、最初はテニスもガタガタで、自分はどんなテニスをしていたかが分からなかったです。自分はインターハイでいきなりいい成績を取ってしまったので、そこから難しくなるよとは言われていましたが、その難しさがやっと分かってきた部分もありました。そこからインカレは、運も良くではないですが、自分の思っている成績より上に行けたことは自信になったし、夏関でもベスト8に入ったことも自信になりました。大学でも少しも1回戦負けはなくて、ほっとはしています。ただ自分の納得いく形では終われていないので、そこから先にまだ課題がいっぱいだなと感じます」
READ MORE

櫻井がJ2・ツエーゲン金沢へ来季加入内定!

 11月29日に櫻井風我(情コミ4=日大藤沢)のツエーゲン金沢への来季加入内定が発表をされた。明大からはこれで今年度のプロ内定者は5人目となる。明大で鍛え上げた三原則をもとに新天地でもピッチを駆け抜ける。  幼い頃からプロサッカー選手になる夢を抱いていた櫻井。中学時代は横浜F・マリノスジュニアユース追浜、高校は名門・日大藤沢で活躍。その後は明大に入学。4年間でプロになることを決意した。中学、高校の3学年上には中村帆高(令2卒=FC東京)がいた。ポジションも一緒で、コーチからも攻撃的なプレースタイルが似ていると言われたことで櫻井は「お手本のようにしていた」中村と同じ明大への進学を決める。 明大の同期のうち白圡大貴(商4=浦和レッドダイヤモンズユース)、福田心之助(文4=北海道コンサドーレ札幌U―18)、林幸多郎(法4=サガン鳥栖U―18)、木村卓斗(商4=横浜F・マリノスユース)、そして櫻井の5人がSB。始めはSBが多いことに驚きを感じたが、「頑張るしかないのでSBが多いことを楽しんで、激しい競争をしていこう」と気持ちを切り替え、し列なポジション争いに挑んだ。 (写真:「アミノバイタル®」カップ決勝で先発出場をした櫻井) 1、2年次の競争を乗り越え、3年次の関東大学1部リーグ戦(以下、リーグ戦)第2節の拓大戦では待望のリーグ戦初出場で初得点。華々しいデビューを飾った。チャンスをつかんだ矢先、櫻井を苦難が襲う。練習で椎間板ヘルニアを発症。大ケガを負い約4カ月ものリハビリを経験した中で「自分を見つめ直して足りていないことを冷静に分析する時間が増え、足りないものと通用するものを冷静に見ることができた」。ケガでも腐ることなく謙虚に成長の歩みを止めなかった。そして苦しいシーズンから飛躍を遂げて挑んだ今季はリーグ戦では11試合に出場し1得点を記録。チームのリーグ制覇に貢献した。 明大では三原則と言われる球際、切り替え、運動量の能力を基礎として求められる。自身も持ち味として挙げた「縦への推進力と何度もオーバーラップをする」姿は4年間で三原則を突き詰めた結果の賜物だった。攻撃時にはサイドを突破して味方にクロスボールを供給。守備の時にはディフェンスラインまで戻って味方を助ける豊富な運動量が魅力の選手だ。明大で培った三原則を武器にプロの世界で躍進を遂げる。 大学生活で残す大会は全日本大学選手権大会(以下、インカレ)のみとなる。櫻井が1年生の時にインカレを制覇してから明大は優勝から遠ざかっている。3年前の歓喜の輪には中村もいた。「自分たちが見た日本一の景色を後輩にも残すこと」で憧れの先輩に見せてもらった頂点を今度は櫻井が導く番となる。 [石田聖]選手のコメントはこちら
READ MORE

九州王者に逆転勝利 トーナメント初戦突破/全日本大学選手権

 トーナメント初戦の対戦相手は九州1位の日本経済大。第1Qから点差を離され苦しめられたが、安定した得点力とディフェンス力で食らいつき第3Qには逆転。勢いに乗った明大はその後も圧巻のプレーで点差をつけ69―52で勝利した。 ◆12・3〜11 第74回全日本大学選手権(大田区総合体育館他)▼12・7 対日本経済大戦(大田区総合体育館) ◯明大69{10―21、18―11、18―14、23―6}52日本経済大  スターターは、PG平松克樹(情コミ2=福岡大大濠)、SG吉村公汰(営4=土浦日大)、SF勝山大輝(法4=正智深谷)、SF田邉太一(情コミ3=福岡大大濠)、PF伊藤治輝(政経2=桐光学園)。  グループステージを突破し、迎えたトーナメント初戦の相手は日本経済大。試合は田邉の鋭いドライブによる得点から始まった。しかしその後はペースをつかまれてしまい相手の連続得点が止まず、すかさずタイムアウト。調子を取り返せないまま、第1Qは10―21と厳しい滑り出しとなった。続く第2Qは、点差を離されている中でも「自分たちのバスケを続けようということを意識した」(平松)。焦らず落ち着いた攻撃で徐々に点を積み重ね、28―32と4点差に詰め寄り前半を折り返した。  追いつき、追い越したい第3Qでは「焦って先走ってしまうと相手に(流れを)持って行かれてしまう。そこは4年生の自分や勝山が声を出して、我慢を心掛けていた」(吉村)。粘り強く戦い続け、ついに勝山の3Pシュートで逆転。積極的なスティールから速攻を仕掛け、得点を重ねていく。ルーズボールにも飛びつきスキを一つ残らず狙うが、終了間際に同点に追いつかれてしまう。しかし追撃を許さず、最終Qにはまたもや明大は勢いに乗る。執念深いプレーで相手を一気に突き放し、69―52でトーナメント初戦を突破した。  「インカレの前の明治だったら、点差を離されたらそこから立ち直ることができなかった」(平松)。グループステージと今試合と、試合を重ねる中でチームとして成長できた部分も見つかった。次戦の相手は同じ関東1部リーグに所属する専大。リーグ戦では1勝1敗と、明大にも勝機はあるはずだ。格上を相手に、次戦も明大の粘り強いバスケットを期待したい。 [尾﨑陽菜] 試合後のコメント吉村――今日の試合を振り返っていかがですか。 「ディフェンスはぶれずにできていたのですが、オフェンスのところで流れが少しつかめていない出だしだったと思います。勝山や田邉の外からのシュートが入り始めて、チームとしては流れが来て良かったのですが、自分的にはシュートが入らなかったので明日までには調整したいです」 ――次戦を勝ち切るために求められることはどのようなことですか。 「練習試合を何度もやっているチームなので新しくスカウティングすることは少ないのですが、留学生を抑えることや、明日は(相手は)1試合目なので、こっちの方がそこは一歩リードしていると思います。出だしから走って差をつけなければ厳しいと思うので、気を抜かずにやっていきたいと思います」 伊藤治――留学生へのディフェンスで意識していることはありますか。 「自分はスクリーンアウトを徹底して留学生に取られないようにしています。周りが飛び込んで取るというのは練習中から意識してやっていることなので、それは今日の試合で出たので良かったと思います」 ――事前に対策していることはありましたか。 「やはり留学生を中心に、外回りもシュートがうまくて、走るチームというのは全員で話していました。そこをいかに自分たちが止めるかっていうので今日の勝ち負けが決まったのかなと思います」 平松――後半では特に、体を張って戦っているのが印象的でした。 「相手が福岡のチームで、自分は福岡の高校から関東に出てきたので、絶対に負けたくないという気持ちがすごくありました。それが口だけではなくてコートで表現できたのは良かったかなと思います」 ――次戦への意気込みをお願いします。 「リーグ戦では1勝1敗で、でも実力的には向こうが上だと思うのですが、今日のように粘り強いプレーをして、最後に(点差を)離せるようなバスケットができれば自分たちにも勝てると思います。リバウンドとディフェンスを徹底してチームで頑張っていきたいと思います」
READ MORE

大会直前インタビュー①/第67回全日本学生選手権

 日本一の大学を決める全日本学生選手権(以下、府立)が12月11日に行われる。昨年度は見事連覇を果たした明大。今年度は圧倒的な強さで3連覇を狙う。大会を直前に控えた今、選手たちに大会に向けた心情を伺った。(この取材は12月3日に行われました) 野村龍星(文3=関西福祉科学大)――今シーズンを振り返っていかがですか。 「自分的に技術や体力よりも、心が強くなりました。試合を通して精神的に強くなっている気がします」 ――府立で意識したいことは何ですか。 「一発ももらわずに、圧倒的に僕だけ攻撃を当てて勝つということです。木村メイジに貢献したいです」 ――7人制になりますが5人制との違いはありますか。 「むしろ今年の明大は7人制の方が強い、安定するのではないかと。メンバー層が厚いので、7人制になれば相手チームの層も薄くなりますし、明大としてはプラスなことだと思います」 ――4年生に向けてメッセージをお願いします。 「先輩方に花を持たせたい気持ちでいっぱいですが、MVPは僕がもらいます」 井上晴陽(法2=三井)――今シーズンで成長したことは何ですか。 「1個の技で1本を取るのではなく、パンチでも蹴りでも組でも1本を取れたということは大きな成長ですが、苦手な部分は去年と同じ失敗を繰り返しているのでそこはまだまだだと思います」 ――府立に向けて意識していることは何ですか。 「去年の府立は負けなしで終わることができなくて、負けてしまって。先輩に助けてもらい結果的には優勝できましたが個人的な結果としては満足できなかったので、今年は団体戦負けなしという結果で終わりたいので、あと1週間自分でコンディションを整えて、府立は全勝で、結果的にも明治の3連覇になったらいいと思っていて、最後先輩の引退に花を添えたいと思っています」 ――府立への意気込みをお願いします。 「もちろん個人の結果としては2-0で、全体としては7-0で全部勝って優勝します」 土屋賢生(法1=関西福祉科学大)――今シーズンを振り返っていかがですか。 「僕は1年生で、今年1年は挑戦の1年でした。練習とかも初めてのことが多くて、何でもチャレンジしていく1年でした」 ――府立で意識したいことはありますか。 「中学、高校の時から観客席から大学生の試合を見ていて、その時から明大はずっと優勝していて、やっとその舞台に立てるので今わくわくしています。でもやはりキャプテンの名前に傷を付けたくない、自分のためでもあるけど、木村メイジ、木村先輩のためにも絶対優勝するために、7-0で全部勝ちたいと思います」 ――府立への意気込みをお願いします。 「僕はひとこと完結に。土屋賢生ここにありというのを見せます」 市川由奈(法3=関東学院)――個人として府立に向けて強化してきたことはありますか。 「自分のプレースタイルを確立することを意識してきました。野村に基本的な構えから教わり、構え方や重心の位置を変えて落ち着いてプレーできるようになりました」 ――意気込みをお願いします。 「自分は最後先輩に花を持たせて引退させてあげたいので、自分のできる最高のプレーをして後悔のないように終われたらと思います」 ――ありがとうございました。 [牛嶋淳太郎、新津颯太郎、菅波陸哉]
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読