喜多の一打で勝ち点キター! 難敵攻略で最高のスタート/東京六大学春季リーグ戦

 単なる1勝以上に価値のある勝利だ。中1日で両校エースが先発した、立大3回戦。近年苦戦を強いられてきた田中誠(立大)から、喜多真吾内野手(法4=広陵)の2点適時二塁打などで4得点を挙げた。投げては森下暢仁主将(政経4=大分商)が1失点10奪三振で完投勝利。開幕カードで勝ち点1を手に入れた。(明)○森下―西野(立)●田中誠、中川、中﨑―藤野【安】(明)6(立)4【三】(明)内山(1回)【二】(明)添田(6回)、喜多2(7回、8回)、森下(8回)(立)中嶋(8回)(明)◇犠打2 丸山(6回)、内山(6回) ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁0 ◇失策0 親友にささげる一打となった。膠着(こうちゃく)状態にあった8回表。先頭・添田真海内野手(法4=作新学院)が内野安打で出塁すると、死球も絡み2死一、二塁の好機を演出。ここで迎えたのが「喜多がしっかりやってくれれば優勝できる」(善波達也監督)と今季大きな期待のかかる喜多だ。「絶対俺が帰してやる」。強い気持ちで打席に立つ一方で「意外と冷静にもなれた」と、前打席の配球から勝負球の直球を読み切った。迷いなく振り抜いた打球は中堅手の上空を超える2点適時二塁打に。「とにかく暢仁(森下)を楽に投げさせてあげたかった」。普段から仲のいい同士へこれ以上ない贈り物となった。 混戦脱出へ。第2週終了時点で4校が勝ち点1と、緊迫している今春リーグ戦。それだけに大きなカギを握りそうなのが、次カードの早大戦だ。小宮山新監督の元、発足したチームは「投手が安定している」(善波監督)。明大も投手力が武器のチームであるだけに接戦は避けられない。「何とか勝ち点を取れるように」(善波監督)。優勝へ向け走り出した猪軍団が、次なる戦いへと挑む。[小野原琢真]試合後のコメント善波監督――森下主将はエース対決でリベンジを果たしました。 「立大の田中くんは今日もすごくいい立ち上がりをしていて。『粘る子だな』と思ったけれど、そこに粘り負けることなく暢仁(森下)がゲームを作ってくれました。後は西野(真也捕手・政経4=浦和学院)との4年生バッテリーがいい感じに機能して、仕事をしてくれました」森下主将――野手陣が難敵・田中誠を攻略しました。 「本当にみんながよくやってくれたので、感謝しかないです。自分もそれに応えなきゃなと思っていました」――次戦に向けて意気込みをお願いします。 「1戦目に何が何でも勝つという気持ちでやっていきたいと思います」喜多――今日の試合を振り返っていかがですか。 「1戦目でやられていたので、絶対やってやるという強い気持ちを持って試合に臨みました」――森下主将の好投に応える適時打となりました。 「1戦目は援護できていなくて。今日はとにかく暢仁(森下)を楽に投げさせてあげたい思いだけで、チーム全員がやっていたと思います」
READ MORE

学芸大にフルセットで辛勝 5勝1敗で後半戦へ/春季関東大学1部リーグ戦

 立ち上がりから学芸大の強力なサーブに苦しめられ、試合はフルセットに。それでも最後には地力の差を見せつけて、リーグ戦5連勝を飾った。            ◆4・6~5・18 春季関東大学リーグ戦(日体大健志台キャンパス米本記念体育館他)◆4・21 学芸大戦(駒沢大学体育館)◯明大3{19-25、25―23、25―23、23―25、15―11}2学芸大<スターティングメンバー>(ローテーション順)OH(アウトサイドヒッター)鎌田佳朗(法4=東亜学園)、MB安井恒介(政経1=尼崎市立尼崎)、OP池田颯太(営3=松本国際)、OH小松一哉主将(政経4=雄物川)、MB三輪大将(政経2=高川学園)、S上林直澄(法3=東亜学園)、Li鳴尾空海(商2=習志野)、Li瀧田大輔(商3=洛南) セットカウント2-1で迎えた第4セット、20点過まではリードをする展開。しかし、「キャッチが我慢できなかった」(小松)と、序盤から苦しんでいた学芸大の強力なジャンプサーブを前に再びレセプションが乱れた。23―23の場面ではセッターに返らなかったサーブレシーブを学芸大にダイレクトアタックされ失点。さらにレシーブの乱れからの2段トスを池田がシャットアウトさえ、第4セットを逆転で落とした。「精神的な弱さがある」(池田)。大事な場面でミスを1回で止めきれていないのが、今リーグ戦での大きな課題となっている。 最後に本来の力を発揮できた。流れが相手にいきかけていた第5セット、いきなり鎌田が強力なジャンプサーブで相手のレセプションを乱すと、4連続得点に成功。「本来なら先にやりたかった」(小松)。理想とするサーブから攻撃のリズムをつくる形がようやく最終セットに出てきた。勢いに乗った明大はさらに池田のフローターサーブで相手を揺さぶり、15-11で最終セットをモノにした。 優勝を懸けた大事な試合が始まる。11試合中6試合終えて5勝1敗とまずまずの滑り出し。来週からは上位チームとの対戦で、フルセットの激闘が予想される。「技術よりメンタルを」(小松)。来週以降の戦いでミスをしても立て直せる強いメンタルを得て、春リーグ王者の称号をつかむ。[大西健太]試合後のコメント小松――今試合を振り返っていかがですか。 「学芸大はかなり勢いがあって、それに対して対応し切れなかったのがフルセットになった理由だと思います。とてもタフなゲームだったけれど、勝てたことは素直に良かったです。こういう展開にならない自分たちのやり方があったと思うので、とても勉強になった試合です」――前半戦を終えていかがですか。 「結果的に5勝1敗で、終わってみたら6試合通して学ぶことは多かったです。まだまだこのチームはこれからだと実感していて、もっともっと伸びていけるチームなので、後半戦上位と試合をして、自分たちの技術や精神が磨かれていくと思うので、後半戦も変わらずにチームとして強くなる要素はいっぱいあると思います。もちろん勝ち負けも大事だけど、チームとしての成長を求めて後半戦も取り組みたいと思います」池田――サーブが非常に効果的でした。 「サーブで崩して相手が2段トスになったところを切り返すという場面が増えれば戦えるということは昨年度で実感できたので、今年度は全員サーブが武器だと言えるくらい強化して、サーブで崩す形をいかに多く作れるかという話をチームの中でもしているので、全員意識してやれていると思います」
READ MORE

ルーキー躍動で早大に逆転勝利!/関東学生春季1部リーグ戦

春季リーグ3戦目は早大と対戦した。立ち上がりは自陣のミスから連続失点を許し最大5点差をつけられる。しかし徐々に調子を取り戻し、前半を13―15の2点差で折り返すと後半開始直後に逆転。1年生の活躍もありそのまま逃げ切りに成功した。 ◆4・13~5・18 関東学生春季1部リーグ戦(日大八幡山体育館他) ▼4・21 対早大戦(日体大健志台体育館)○明大29{13―15、16―12}27早大  「徹底できるところはちゃんとしよう」(山田信也主将・政経4=愛知)。前半11分、5点差をつけられたまらずとったタイムアウトで主将のげきが飛んだ。試合開始から簡単なミスを連発し次々に失点。得点もわずか3点に抑え込まれていた。だが主将の指示でチームの雰囲気は一変。パスを回す時間を伸ばし、相手の速攻につながせない攻めでじわじわと点差を詰める。法大に敗戦したことを受け、1週間練習してきた作戦だった。これが奏功し、前半を終えるころにはわずか2点差。遠ざかっていた早大の背中を完全に捉えた。 後半は清水裕翔(営1=氷見)の得点からスタート。「点を取るのが僕の仕事」と調子の上がらない上級生をプレーで引っ張り上げる。ノーマークでキーパーと対面した際には、回転をつけバウンドさせる技ありのシュートで点を挙げるなど、ルーキーとは思えない落ち着きっぷり。他の1年生とともにコートを駆けまわり、点を量産した。加藤良典監督も「しっかりと自分の仕事をしてくれた」と絶賛。5点を取る活躍で、チームの勝利に一役も二役も買ってみせた。 次戦が一つの分水嶺となる。3戦を終えた現時点で2勝1敗の明治は3位タイ。そして同じく3位につける国士大こそが次戦の相手となる。その実力は宮崎大輔率いる日体大に1点差まで追いすがるなど折り紙付き。また試合会場も国士大多摩体育館と地の利は相手にある。空気にのまれずにいかに明治のハンドボールを貫けるか。真価が問われるゲームとなるだろう。 [島田雄貴] 試合後のコメント加藤監督――前半のタイムアウトではどのようなお話をされたのでしょうか。  「自分たちのミスでリズムを崩しているだけだから、シュートで終わることを徹底して、ディフェンスをしっかりやろうという話をしました」――次戦への抱負をお願いします。  「今日できなかったことを1週間しっかり確認して、次の国士大戦でしっかり勝って終われるようにしたいと思います」 清水――ご自身の調子はいかがでしたか。  「先週調子を崩していた分、シュートのタイミングだとか練習していたものを出し切れたので良かったです」――チームには馴染めてきましたか。  「最近は完全に馴染めています」――国士大戦への抱負をお願いします。  「僕は点を取るのが仕事だと思うので、今日のような固いプレーで点を取っていきたいと思います」
READ MORE

奇跡の3分逆転劇! 東京武蔵野シティFC破り天皇杯出場に王手/東京都トーナメント

 苦しみながらも決勝進出を果たした。相手は社会人の部代表の東京武蔵野シティFC。前半9分に失点を許したが、後半アディショナルタイム3分、6分に立て続けにゴール。〝奇跡的〟逆転で天皇杯出場に王手をかけた。  試合終盤にドラマが待っていた。リードを許していた明大に、待望の瞬間が訪れる。アディショナルタイム3分、瀬古のクロスボールのこぼれ玉を小柏がゴール左端に突き刺し、同点。「確実に決めろと言われていた」。途中出場の小柏が監督の采配に応えた。 一度ついた勢いは止まらなかった。同点ゴールから3分後、左サイドを駆け抜けた須貝のクロスボールが相手のハンドを誘発しPKを獲得。決めれば勝利の場面、キッカーには主将の佐藤亮が名乗り出た。「この大事な場面で蹴るのは主将しかない」。相手GKの動きを冷静に読み、チームの勝利を導く逆転弾を決めた。土壇場での逆転に成功した明大。「最後まで走って、ボールに食らいついた結果」(佐藤亮)。勝利への執念が実った。 天皇杯出場を懸け、5月11日に早大と対戦する。昨年度の関東大学1部リーグ戦では1勝1敗と実力は拮抗(きっこう)している相手。「勝つには全員の力が必要となる。いい準備をして臨みたい」(小柏)。一丸となって勝利を目指し、天皇杯の切符つかみ取る。[浅野拓磨]試合後のコメント栗田大輔監督――試合を終えていかがですか。 「1年にこういうゲームは何度もできないので、この試合をターニングポイントにしてほしいです」――勝因を教えてください。 「前半がすごく悪かったので、ハーフタイムに修正をしました。後半は戦う姿勢やベースを思い出してくれて、執念が実ったと思います」佐藤亮――本日の試合を振り返っていかがでしたか。 「勝ち切れたことが大きかったです。Jクラブのチームを倒すという目標を掲げた以上、ここで負ける訳にはいきませんでした。勝てたことが良かったです。仲間や観客の方々が声を出して応援してくださったので、とても励みになりました」――残り3分での逆転でした。 「いままでの人生の中でもなかなかないですね。最後まで走って、ボールに食らいついた結果だと思います」――PKを決めました。 「キッカーを自分で志願をしました。あそこの場面で自分が蹴らないで誰が決めるんだという気持ちでした。周りも自分にボールを渡してくれました。決めることができて良かったです」――蹴る方向は決めていましたか。 「最後まで悩みましたが、蹴る瞬間にGKが逆に飛ぶのが見えたので、冷静に決めることができました」小柏――早大戦への意気込みをお願いします。 「チーム全員の力が必要です。みんながいい準備をして臨みます」
READ MORE

男子は2敗目 女子は初黒星で王座進出へ黄色信号/関東学生1部リーグ戦

 勝てば王座出場が大きく近づく第4戦が行われた。男子は強豪・拓大相手に60点差をつけられ惜敗。女子も接戦を落とし初黒星。王座に向けて暗雲が立ち込める結果となった。◆3・31~4・28関東学生1部リーグ戦(東京電機大レンジ他)▼4・21男子 対拓大戦(明学大レンジ) 明大3835ー3895拓大○▼4・21女子 対慶大戦(武蔵大レンジ) 明大2459-2464慶大○ 粘りを勝利に結びつけることができなかった。王座進出へ一戦も落とすことができない状況で迎えた第4戦の相手は、実力者ぞろいの拓大。前半の50メートルでは4人が300点越えを達成するも、28点差を追う展開に。「負けていると悲壮感が漂ってしまう」(玉田健治監督)。悪い流れを何とか巻き返したい後半は、高木敬徳(法4=逗子開成)を中心に55点越えを連発。「全員に一体感があった」(玉田監督)と、全員アーチェリーで拓大に猛追した。しかし、猛攻実らず3825-3895で試合終了。「最後の食らい付きは次につながる」(八町友貴主将・政経4=明大中野八王子)。後半で真骨頂を見せたが、大事な一戦で白星を飾ることはできなかった。 またもこの男がチームを引っ張った。第3戦で652点を記録していた高木は676点とこの日も絶好調。50メートルで328点を記録し、チームトップをたたき出す。勢いそのままに、後半は安定した射を見せ348点をマーク。「チームの雰囲気がすごく良くて、応援がアドバイスしてくれた」(高木)。最終学年での自己ベスト更新。第5戦で有終の美を飾る。[髙橋昇吾]
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内