1点に泣いた決勝から1年 悲願の22季ぶり13度目V! /全国大学選手権

 ついに歓喜の瞬間が訪れた。今年度最後の一戦は関西リーグ覇者・天理大と対戦。前半は早々に先制を許す展開となるが、すぐに流れを引き寄せ12-5で折り返す。後半は、FWが伝統の〝前へ〟を実践し、一時17点差まで広げた。22-17で最後は、ノックオンを誘いノーサイド。昨年度の悔しさを越え、22年ぶりの優勝を果たした。◆1・12 全国大学選手権(秩父宮ラグビー場)▼決勝 対天理大戦 ○明治22{12―5、10―12}17天理大 前半のアタックが勝利を引き寄せた。今年度、1勝もしていなかった天理大に対し「1年間積み上げてきたものをぶつけようと思った」(スクラムハーフ福田健太主将・法4=茗溪学園)。前半22分、敵陣でのラインアウトをキープ。福田健が前方にスペースをつくり出すと、背後から走り込んだ左ウイング髙橋汰地(政経4=常翔学園)が独走トライ。12-5とした。以降一度もリードを許すことなく、22-17で試合終了。昨年度の敗戦の雪辱を果たし〝EXCEED〟を体現してみせた。 快挙の裏には「我慢強さ」(田中澄憲監督)があった。22-17で試合終了まで残り4分、自陣でのボールキープを試みる。しかし、相手FWのプレッシャーに押され痛恨の反則を献上。自陣で相手ボールスクラムとなった。絶体絶命の状況の中でも「全員がもう一度ボールを奪い返してやるという気持ち」(福田健)。右センター森勇登(政経2=東福岡)がタックルに入った瞬間、相手がノックオン。昨年度の決勝での経験を活かし、最後まで集中力を切らすことはなかった。 「今日まで決して楽な道のりではなかった」(福田健)。今大会は対抗戦4位扱いで3回戦からの出場。それでも「選手権に入っても成長し続けていた」(田中監督)と、昨年度の悔しさを晴らすために、選手一人一人が昨日の自分を越えていった。この試合で見せた勝利への執念は観客に勇気と希望を与えてくれた。福田組、感動をありがとう。[髙橋昇吾]試合後のコメント福田健——改めて今の心境をお願いします。 「去年は決勝で負けてしまって、その悔しさを心のどこかにずっと残っていました。今日のゲームは春と夏試合をしてどっちも負けていたので、気持ちの余裕とかは全くなく自分たちが1年間積み上げてきたものをしっかりとぶつけようと臨みました」右プロップ祝原涼介(情コミ4=桐蔭学園)——前半のスクラムでは劣勢でしたが、どう修正を加えましたか。 「関西のスクラムは方向が難しいのと、外国人が入っているので後ろの重さがあります。準備していたスクラムはもう少し左で組もうと言っていたんですけど、しっかり戻して一対一で組もうとフロントロー3人で勝負しました」フッカー武井日向(商3=国学院栃木)——5点差まで追い付かれた時の心境を教えてください。 「きつい中でよく全員走って守り切れたので良かったです。最後のスクラムは前3人全員変わったんですけど、信頼していたので見守るだけでした」右フランカー井上遼(政経4=報徳学園)——福田組としての1年間はいかがでしたか。 「充実した1年間でした。あいつがキャプテンで日本一になれたので、最高のキャプテンです」スタンドオフ忽那鐘太(文4=石見智翠館)——今のお気持ちはいかがですか。 「言葉にならないです。感無量でとてもうれしいです。僕自身何かで日本一になったことがなかったので頂点に立てたという経験は1番の財産になりました」髙橋汰——トライシーンを改めて振り返ってください。 「準備してきたプレーというか、スペースが空くだろうなと思ってそのサインが生まれて、練習通りにトライできたので良かったです」フルバック山沢京平(政経2=深谷)——蹴り合いの時はどのような心境でしたか。 「エリアっていうのは意識していたことなので、少しでもボールを前に出すことができたんで、それは良かったなと思います」
READ MORE

(女子)大矢が3位で表彰台入り 団体も3位入賞/日本学生氷上選手権

 大舞台で表彰台入りを果たした。シーズンの集大成となる今大会。大矢里佳(商2=中京大中京)が安定感のある演技でSP(ショートプログラム)、FS(フリースケーティング)ともに3位、総合順位も3位となり良い形でシーズンを締めくくった。◆1・6~7 第91回日本学生氷上選手権(日光霧降アイスアリーナ)完ぺきな演技だった。SP前の公式練習ではジャンプが決まらず「不安があった」(大矢)。それでも本番前にはジャンプの入りの形を確認。今シーズン全日本選手権出場こそは逃したものの、安定した演技は健在だった。SPの全てのジャンプをきれいに着氷し、加点も獲得。「ジャンプが決められてホッとした」(大矢)。演技終了後には笑顔がこぼれ、観客席もスタンディングオベーションの嵐となった。快進撃は止まらなかった。前日のSPに続き、FSでも大矢は躍動。全日本選手権4位の実力者三原舞依(甲南大)直後の最終滑走にも焦りはなかった。冒頭の3回転フリップとダブルトーループのコンビネーションジャンプを成功。その後も3回転ジャンプが多く盛り込まれたプログラムを完璧にまとめ上げた。SP、FSともに自己ベストを更新し、結果総合168.71で総合3位に。「入賞する機会も少なかったのでうれしい」(大矢)。昨年度の9位から大きくジャンプアップ果たし、明大女子団体3位にも大きく貢献した。 女子も負けるわけにはいかない。今大会男子は劇的な逆転で総合優勝。実力者の多い関大や中京大にも決して勝てないことはないと証明された。1位関大とは22点差と差はまだまだ大きい。それでも森千夏(営2=愛知みずほ大瑞穂)、井上千尋(商1=椙山女学園)など下級生中心で戦っただけに伸びしろはある。来年度はそれぞれが個人で順位を上げて、日本一を成し遂げる。[大西健太]試合後のコメント大矢――SPを振り返っていかがですか。「朝の公式練習からジャンプが全然決まらなくて不安もありましたが、いつもできているのであれば、いつも通りにできるだろうと思って気持ちを強く持って本番に臨ました」――SPの時のコンディションは悪くはなかったですか。「普通に練習もジャンプが決まることが多かったので悪くはなかったですが、SPだけは少し悪くて、朝の公式練習の時だけジャンプがタイミングがすごく遅くなってしまっていました」 ――SPの衣装のコンセプトは。「映画の中の歌っている人の衣装をそのまま衣装にさせていただきました。ある人に思いを寄せている切なさもありながら、強い女性のイメージです」――好調の要因はありますか。 「前より落ち着いたスケーティングができるようになったことだと思います。跳ぶ前の姿勢だったり形だったりを先生がよく指導してくださるので毎回同じ姿勢で入れるようになることが多くなって失敗が少なくなりました」森――FSを振り返っていかがですか。 「トーループで攻め切れなかったので、ちょっと悔しいです」――今シーズン振り返っていかがですか。「1回もノーミスや自分の納得いく演技できなかったので、しんどいシーズンでした」井上――SP終了後にコーチと話をされていましたが。「今回うまく調整できていたのに自分のメンタル弱さが原因で失敗してしまったので、改善していくとか、どうしてそうなったのかを話しました。今後につながればいいなと思います」 
READ MORE

(男子)FSで逆転成功! 5年ぶり男子団体優勝を飾る/日本学生氷上選手権

 5年ぶりの快挙だ! 大学日本一を決める日本学生氷上選手権が日光で開幕。ショートプログラム(SP)の結果では団体入賞が危ぶまれたが、フリースケーティング(FS)で1番滑走の佐上凌主将(商4=武蔵野)が流れをつくり、悲願の団体優勝を果たした。◆1・6~7 第91回日本学生氷上選手権(日光霧降スケートアリーナ) 主将の滑りが優勝を引き寄せた。SPでは思うような演技ができず涙を飲んだ佐上。「自分のできることをやるだけ」(佐上)と挑んだFSでは、全てのジャンプを着氷させる圧巻の演技を見せた。それに続いたのは「フリーは自信がある」と話していた鎌田英嗣(営4=獨協)。最後のコンビネーションジャンプがシングルループになったが、ほぼミスなくまとめ上げ会場を魅了した。そしてSPを6位で通過し、明大勢最後の滑走となった中野耀司(営3=横浜創英)。4年生の演技は見れなかったが、活躍を耳にし「やるしかない」と火がついた。冒頭のトリプルアクセル、ダブルトーループのコンビネーションジャンプを決めると軌道に乗り、その後のジャンプも次々と成功。終盤には何度もガッツポーズを見せ喜びをあらわに。実力者がひしめく第4グループで存在感のある滑りで圧倒。2位の同志社大に1点差で5年ぶりの総合優勝を果たした。 黄金世代がついに引退を迎える。卒業後も競技続行を表明している鎌田英は「青春というかいい思い出になった、楽しかった」と明大スケート部での4年間を振り返った。「どんな状況でも応援してもらえる選手に一人でも多くなってほしい」(佐上)。主将の願いを受け継ぐ後輩たちが、新たな黄金世代を作り上げる。[上代梨加]試合後のコメント佐上――演技を振り返っていかがですか。 「(滑走順が)1番でこれ以上下がることもなかったので、自分のできることをとりあえずやるだけだと思っていました。みんなに迷惑かけてばっかりなので、最後取り返せるのはここしかないと思ってやりました」――団体優勝について。 「昨日の結果からまさか優勝できるとは…。諦めてはいなかったんですけど、昨日の結果でもギリギリ3位だったのでそこからしたらもう満足です。これ以上求めるものは無いです」鎌田英――大学での部活を振り返っていかがですか。 「明治大学の代表として試合というのがそういえば本当に今日が最後ですね。『明治大学、鎌田英嗣』というふうに呼んでいただけることがすごくうれしかったと思います」――この先挑戦していきたいこと。 「あと1年スケートをやるのでもちろん全日本に行くことは必須です。あとはケガが原因でできなかった、4回転の練習や長時間の練習をしっかりできるように体のケアをしてチャレンジの年にしたいと思います」中野――FSの心境はいかがでしたか。 「4年生の演技は最初に2人いたので、見に行けなかったですが、4年生はいい演技をしていると聞いたので、これはやるしかないなと思って頑張りました」――来年へ向けての意気込みをお願いします。 「インカレの優勝はもちろんですが全日本に向けて4回転を習得して他のジャンプを固める、スピンはさらに磨きあげる、ステップはラストシーズンで1回でも4を取ることを目標に、滑り込んでいけたらと思います」
READ MORE

インカレ閉幕 6年ぶりの部門総合4位/第91回日本学生氷上選手権

 日本学生氷上選手権(以下、インカレ)の3日目は2000mリレーとチームパシュートの団体種目が行われた。明大はそれぞれ5位と3位。部門総合は昨年度より一つ順位を上げて4位となった。スケート部の総合優勝も達成し、有終の美を飾った。◆1・5~7 第91回日本学生氷上選手権(星野・石幡記念日光霧降スケートセンター)▼部門総合 明大――4位▼男子2000mリレー 明大――5位 (2分29秒26)【メンバー】向山、佐藤、下舘、久保▼男子チームパシュート 明大――3位(4分06秒74)【メンバー】関口、山本、篠原 作戦が功を奏した。2000メートルリレーはインカレ1カ月前の合宿から練習してきた種目。「もらい手が加速した状態でもらえるように」(久保)と、外側よりも難易度が高い内側からのバトンパスを選んだ。また、同走の専大は明大より実力を持つチーム。「前にいることをプラスに捉えていた」(久保)。 格上を追うことで、全力を出し切るレースになった。 チームパシュートは悔しい結果となった。準優勝した昨年度と同じ3人で挑んだ種目。序盤から勢い良く滑り、2000メートル地点まで1位と、速いラップを刻み続けた。しかし「人生で1番かと思うくらい辛かった」(関口)。ラスト3周で失速し3位。関口は「自分がついていけていれば2位は取れた」と、2位・法大と0.28秒差のレースを悔やんだ。 さらなる高みを目指す。「選手層が厚くなってきた」(関口)。昨年度はエース・山本大史(政経2=八戸西)以外が46ポイントを獲得。今年度はそれを5ポイント上回る51ポイントを獲得し、6年ぶりの4位につけた。来年は関口が主将となり、チームを引っ張る。「もっと上を狙いたい」(関口)。成長続ける選手たちの活躍が楽しみだ。[渡部伊織]今大会の写真をこちらに掲載しています‼️※後日、今シーズンの総括記事を掲載します。お楽しみに!大会後のコメント久保廉(政経4=帯広三条)――2000mリレーはいかがでしたか。 「前日まで3走と4走のバトンパスがうまくいっていませんでしたが、今日はつなげられて5位でした。狙っていた結果は6位で、それより良かったのはみんなが健闘した結果だと思います」小林耕大主将(政経4=佐久長聖)――インカレを見ていかがでしたか。 「最大限のパフォーマンスを出せなかった人もいますが、全員がやり切れて勝ち取れた4番だと思います」高村憲孟(政経4=富士北陵)――インカレを見ていかがでしたか。 「4位はうれしいですが、4年生が1人しか出れていないので、後輩に助けられてしまったと感じる大会でしたね。普通の大会よりも辛そうに必死に足を動かしているのを見て、こんな4年生のために頑張ってくれているのかと思うと泣きそうになりました。こんな4年生でごめんねって気持ちと、全力で戦ってくれてありがとうという思いです」村山翔威(政経4=八戸西)――インカレを見ていかがでしたか。 「4年間で最高位なので、素直にうれしいです。メンバーのみんなに感謝しています」
READ MORE

山本が5000メートルで2位! 部門総合は4位のまま最終日へ/第91回日本学生氷上選手権

 日本学生氷上選手権(以下、インカレ)2日目、男子は5000メートルと1000メートルが行われた。5000メートルでは、山本大史(政経2=八戸西)が2位となり、今大会チーム初の表彰台に上った。◆1・5~7 第91回日本学生氷上選手権(星野・石幡記念日光霧降スケートセンター)  明大、そして大学界を引っ張る存在として申し分ない滑りを見せた。1日目の1万メートルでは4位と納得のいかない結果に終わったが、大本命の5000メートルで実力を発揮。前日から調子は万全とは言えない中でも「しっかり体のケアだけはしてレースに臨んだ」。今季W杯にも出場している同走の伊藤貴裕(日大)を追い掛ける展開となったが「焦らず自分のペースで滑ること」を意識。残り2周まで32秒台の速いラップタイムを刻み、6分50秒29のリンクレコードで準優勝を果たした。 5000メートルには山本のほかに篠原克哉(政経2=小海)、関口顯一(政経3=長野工)も出場。それぞれ粘りのレースで13位、14位となり、学校対抗のポイントを獲得し、長距離の層の厚さを示した。 最終日には団体種目である2000メートルリレーとチームパシュートが行われる。チームパシュートのメンバーは5000メートルに出場した関口、篠原、山本。昨年度の同大会でも2位に入った顔ぶれだ。「おととしは3位、昨年は2位と来ているので今年は1位を取りたい」(関口)。3人の力を存分に発揮し、頂点を狙う。[織田有衣子]今大会の写真をこちらに掲載しています‼️試合後のコメント関口――今日のレースを振り返っていかがでしたか。「踏ん張れたっちゃ踏ん張れたんですけど、同じカルテットで滑ってたあと2人に勝てれば最低でも順位は2つ上がって、僅差だったのでそこは悔しいです」――昨日と比べて調子はいかがですか。「軽いとだめなんですけど、足がいい感じに重たかったです。公式練習でいい感じの重たさがあって、今日は足は動きました」篠原――インカレ2日間を終えていかがですか。 「納得できる結果ではないです。1500メートルは入賞できず悔しいレースで、5000メートルは良くも悪くもないレースでした。今年は8月までケガで練習できませんでした。そのツケが今回ってきたかなと思っています。脚力や体力が落ちているので、粘りたいところで粘れなかったりスピードを出したいところで出せなかったりします。重要なポイントをうまくこなせないですね。ケガは完治していないですが、来年は今年以上に練習します」山本――今日のレースを振り返っていかがでしたか。「昨日順位とかタイムも全然出せていなかったので、今日こそは最低2位以上取らなきゃだめだなと思っていたので、ギリギリだったけど安心しました」――前の組で戸水謙一郎選手(高崎健大)がいいタイムを出しましたが。「本当にプレッシャーで(笑)、あんな最後に上げてくるかって思ったんですけど、でも不思議と焦らなかったです」――チームパシュートへの意気込みをお願いします。「日大がやっぱり強いので、頑張って、貴裕先輩(伊藤)がいるのでなかなか勝つのはきついと思うんですけど、優勝目指して頑張りたいです」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内