特集記事
SPECIAL

(9)ポジション徹底分析 フロントロー編

ラグビー 2020.05.05

 計5回にわたってお送りする企画は「ポジション徹底分析」。本紙ラグビー担当が記録した過去のデータを基に、学生記者独自の視点からポジションごとの注目選手を特集する。第1回はフロントロー(プロップ、フッカー)編をお送りします。

 

<プロップ>

4学年合わせて16人が所属する激戦区

学年名前出身校身長・体重
4年遠藤孝一国学院栃木181㌢・110㌔
 辻龍哉流経大柏183㌢・107㌔
 藤涼雅常翔学園173㌢・109㌔
3年田中隼斗大分舞鶴180㌢・102㌔
 宮崎航瑠札幌山の手180㌢・106㌔
 村上慎法政二181㌢・112㌔
 山本耕生桐蔭学園173㌢・102㌔
2年大賀宗志報徳学園179㌢・106㌔
 葛西拓斗流経大柏184㌢・105㌔
 倉田真京都成章178㌢・103㌔
 鈴木玲央黒沢尻北185㌢・110㌔
 中村公星国学院栃木183㌢・112㌔
1年為房慶次朗常翔学園180㌢・115㌔
 床田淳貴桐蔭学園178㌢・110㌔
 中山律希天理169㌢・105㌔
 古田空明大中野178㌢・110㌔

(引用:明治大学ラグビー部公式サイト 5月4日現在)



◆山本耕生(商3=桐蔭学園)

◆山本耕生データベース◆
大会名試合数出場時間トライ数
2018関東大学春季大会115分0
2018関東大学ジュニア選手権4241分0
2018関東大学対抗戦450分0
2019関東大学春季大会4158分0
2019関東大学ジュニア選手権4254分1
2019関東大学対抗戦7162分1
2019全国大学選手権210分0


1年次、スクラムハーフ飯沼蓮(営3=日川)と並んで紫紺最速デビュー。

現フロントローの中では、公式戦出場数、出場時間ともに群を抜いている。

 


◆村上慎(商3=法政二)

◆村上慎データベース◆
大会名試合数出場時間トライ数
2018関東大学ジュニア選手権
290分2
2019関東大学ジュニア選手権
4233分0
2019関東大学対抗戦
4158分0


昨年のジュニア選手権では、全4試合にスタメンで出場。関東大学対抗戦では、成蹊大、日体大、青学大戦で先発出場を果たすなど4試合に出場した。

 


◆大賀宗志(営2=報徳学園)

◆大賀宗志データベース◆
大会名試合数出場時間トライ数
2019関東大学ジュニア選手権
487分1
2019関東大学対抗戦
451分0
2019全国大学選手権
26分0


ジュニア選手権最終戦・早大戦では逆転決勝トライを演出。1年生ながら大学選手権のピッチも経験した。

また、世代別の日本代表ジュニアジャパンに選出され、3月に行われたパシフィックチャレンジ2020トンガ戦でトライを決めた。

 


<フッカー>

武井日向前主将(令2商卒・現リコーブラックラムズ)の後継

学年名前出身校身長・体重
4年三好優作松山聖陵174㌢・97㌔
3年田森海音長崎北陽台180㌢・100㌔
 福田陸人国学院栃木174㌢・97㌔
2年紀伊遼平桐蔭学園173㌢・101㌔
1年松下潤一郎筑紫172㌢・93㌔
 渡邊元隆筑紫丘175㌢・95㌔

(引用:明治大学ラグビー部公式サイト 5月4日現在)



◆三好優作(文4=松山聖陵)

◆三好優作データベース◆
大会名試合数出場時間トライ数
2017関東大学ジュニア選手権
117分1
2018関東大学ジュニア選手権
5111分2
2019関東大学春季大会
295分2
2019関東大学ジュニア選手権
4100分0
2019関東大学対抗戦
140分0


フッカー唯一の4年生。

昨年は武井、松岡賢太選手(令2商卒・現神戸製鋼コベルコスティーラーズ)に次ぐフッカーとして存在感を発揮。ジュニア戦を中心に長いプレー時間を経験している。 



◆福田陸人(法3=国学院栃木)

◆福田陸人データベース◆
大会名試合数出場時間トライ数
2018関東大学ジュニア選手権
381分0


公式戦経験こそ浅いがフランカー、ナンバーエイトもこなす逸材。

坂和樹選手(令2政経卒・現NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)が次期ナンバーエイト候補として箸本龍雅主将(商4=東福岡)の次に名前を挙げた。

 


◆紀伊遼平(営2=桐蔭学園)

公式戦記録なし

 

石井洋介選手(令2情コミ卒・現栗田工業ウォーターガッシュ)が「頭が回る」と期待。

12月に行われた練習試合の法大戦では40分間で2トライの活躍。

2019年度のTIDキャンプU-20(20歳以下)に選出。

 

≪総評≫

 田中澄憲監督が「今年の明治の課題」と位置付けるフロントローのレギュラー争い。「今まで隠れていた選手が出てくる可能性は十分にある」(田中監督)。今季紫紺を背負うのは経験豊富な上級生か、それとも早咲きの新米ルーキーか。新生〝重戦車の核〟お披露目は、まだ少し時間がかかりそうだ。

 

[髙智琉大朗]

 

次回は8日(金)セカンドロー(ロック)、バックロー(フランカー、ナンバーエイト)編です。お楽しみに!


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読