特集記事
SPECIAL

(71)全国大学選手権準決勝・東海大戦 試合直前コメント

ラグビー 2020.01.01

 選手権連覇まであと2勝。3年連続の年越しを迎え、セミファイナルを翌日に控える武井組。相手はセットプレーに定評のある東海大。春季は40ー24で勝利したものの、前節の筑波大戦で見せたノートライ完勝劇は決して偶然ではない。ここを制せば待つは新国立での決勝。王者の矜恃に懸け絶対に負けられない一戦だ!

 

フッカー武井日向主将(商4=国学院栃木)

ーー東海大戦のテーマは何ですか。

 「チームとしては『タフチョイス』です。言葉の通りですが、タフなチョイスができるように。タフに戦えるかどうかが勝負のカギになると思うので、しっかりやっていきたいです」

 

ーー東海大のモールに対してどうお考えですか。

 「しっかり止めないと相手に流れを持っていかれてしまうと思います。モールで劣勢になればそこから主導権を握られてしまうので、FWは明治のプライドを持ってやっていきたいです。逆に明治がモールで押すくらいの気持ちでやっていきます」

 

左プロップ安昌豪(営4=大阪朝鮮)

ーー昨年度の試合はPG(ペナルティーゴール)差での勝利となりました。

 「大事なのは規律の部分だと思います。相手はモールが強いので、ペナルティーをせずにラインアウトをさせないという部分が大事です。相手の強みを消すことがすごく大事なので、自分たちの強みを出しつつ相手の強みを消していけるように。当たり前のことですが、80分間できればいい試合になると思います」

 

右プロップ笹川大五(政経4=明大中野)

ーースクラムで意識することは何ですか。

 「8人で組むまとまりと低さだけを拘っていきます。相手の注意すべきところは、自分のほうに圧力がくることです。1人ではなくて8人で組む、それだけです」

 

左ロック片倉康瑛(法3=明大中野)

ーー東海大FWに注目選手はいますか。

 「FWに関してはチーム力のイメージですが、7番の外国人選手がジャッカルが強い選手なので、その選手に仕事をさせないことも大事だと思います。しっかり勝って国立で優勝を決めたいです」

 

右ロック箸本龍雅(商4=東福岡)

ーー昨年度の選手権では東海大に苦戦を強いられました。

 「(東海大は)後半にペースを掴んできて強くなるチームだと思っています。前半に関して、この前の試合は入りが悪かったですが、入りを良くして、スコアできる時にしっかり取って、主導権握った状態でゲームを進めていきたいです」

 

右フランカー繁松哲大(政経3=札幌山の手)

ーー関西学大戦から修正した点は何ですか。

 「あの時は少し油断していた部分がありましたが、油断しないで準備することは今週はできています。練習通りやっていきたいと思います」

 

ナンバーエイト坂和樹(政経4=明大中野八王子)

ーーご自身のフォーカスポイントは何ですか。

 「この4年間ボールキャリーがチームに一番貢献できてきている部分だと思うので、そこをしっかり発揮したいです。残り2試合ですが、まずは一試合一試合勝つことが第一なので、明日の試合で4年生の姿勢を見せつけます」

 

スクラムハーフ飯沼蓮(営2=日川)

――昨年度との状況の違いについてどうお考えですか。

 「昨年は大学選手権入ってから(福田)健太(平31法卒・現トヨタ自動車ヴェルブリッツ)さん一本で、あまりリザーブにも入っていなくて、この1年メンタル的にも自分に自信を持てたことで成長できたと思います。緊張とか不安は一切ないです。ただ楽しみです。たくさんのお客さんの前で楽しくプレーしたいと思います」

 

スタンドオフ山沢京平(政経3=深谷)

ーー東海大のイメージを教えてください。

 「ディフェンスの出足が早いチームですが、その中でもFWとBKのディフェンスのギャップができているので、そこを狙って少しずつゲインを切っていくことが大事です。自分が浅くなってしまうとボールを受ける人にプレッシャーがかかってしまうので、自分で深さを調節したりして味方に良いキャリーをしてもらえるようにしたいです。コンタクトはこっちも自信を持っているのでしっかりと前にゲインしていきたいです」

 

右センター森勇登(政経3=東福岡)

――早大戦以来の復帰戦です。

 「関西学大戦は雰囲気が悪かったですが、そこからは切り替わっています。ディテールの部分からこだわっていきたいです。今週もコミュニケーションをリザーブスタメン関係なく取って、良い練習ができています」

 

左ウイング山﨑洋之(法4=筑紫)

ーーFW戦と言われている中でBKとしては何を意識されますか。

 「東海大もFWにすごく自信を持っていますし、明治のFWもいつも体を張ってくれています。FWは拮抗(きっこう)していっぱいいっぱいになると思うので、点差を広げる役目はBKです。FWが頑張ってくれた分、BKも勝利に貢献できるように頑張ります」

 

右ウイング山村知也(営4=報徳学園)

ーー明日に向けて意気込みをお願いします。

 「新年を迎えて心機一転ですが、メンバーもノンメンバーも全員の気持ちを背負って明日の試合に臨みます。自分が全員を国立の舞台へ連れて行けるような気持ちで、責任あるプレーをしていきたいです」

 

児玉樹(政経2=秋田工)

ーーセンターの対面は眞野選手(東海大)です。

 「相手が誰でも自分がやることは変わらないので、そこは特に意識せず、誰が相手でも強みを生かせるように強い気持ちでやっていきます。このチームでできるのも最大2試合なので、後悔が残らないように自分ができることは全てやりきりたいです。勝利に貢献します」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読