特集記事
SPECIAL

俊足のトライゲッター・山村知也 自身4度目の明早戦に挑む

ラグビー 2019.11.28

 大学屈指の両翼だ。今年度、ウイングのスタメンを張るのは山﨑洋之(法4=筑紫)と山村知也(営4=報徳学園)の最上級生コンビ。山﨑は体幹の強さを生かしたステップが魅力で、対抗戦でも首位タイの9トライを挙げている。山村はトライへの嗅覚に優れたいだてん。ともに50㍍6秒0の快足で、チームを何度も勝利に導いてきた。4年生になった今年度は、山﨑がBKリーダー、山村が副将を務め、チームをけん引している。下級生の頃から紫紺のジャージーをまとい、戦ってきた2人。その胸の内には日本一の喜びとともに苦い経験も。そろって戦う明早戦は最初で最後。一番の笑顔で終われるように、頂に向けハイスピードで猛進する。


臥薪嘗胆

 

 昨年度の大学選手権決勝、スタメン15人の中に〝山村知也〟の名はなかった。シーズン中に腰のケガ、さらには体調不良にも見舞われ、長期間チームの最前線から離脱。「コンディションを保つ大切さに改めて気付かされた」。チームが大学日本一に沸く中、一人浮かない表情を浮かべた。「この悔しさを絶対に忘れない」。癒えない記憶を原動力に、最上級生となった春シーズンは大いに躍進を見せる。4月の東日本セブンズ準決勝・帝京大戦では、ラストワンプレーの場面で、値千金の逆転決勝トライ。大会3連覇の立役者となった。さらに春季リーグ戦では、3試合で5トライ。6月末に行われたオールスターゲームでも3トライを挙げるなど、驚異の決定力を見せつけた。


百戦錬磨

 実直な人柄と献身的なプレーを兼ね備える。理想のラガーマン像は「人として尊敬され、誰からも憧れを抱かれる選手」。これまで山村は結果で周囲の信頼を獲得してきた。明大に進学したルーキーシーズン、あまたの先輩たちを退け、紫紺の〝11〟番を背負う。「無名ということもあり、伸び伸びとできた」。持ち前の俊足を生かしトライを量産。対抗戦では6試合11本で、〝トライ王〟に輝いた。それでも謙虚さは忘れない。「紫紺のジャージーは、選ばれた23人しか着られない。部員、明治のラグビーファン、そして多くの人の期待が詰まっている」。紫紺の重みを背負ったひたむきなプレーで、見る者の心をわしづかみにする。


緊褌一番

 紆余曲折(うよきょくせつ)を経て迎えた今シーズン。対抗戦初戦の筑波大戦で手首を故障。それでも「アジリティーや体力面に支障はない」と復帰戦の慶大戦で、鮮やかなトライを決めた。さらに先週の帝京大戦でも、1トライを記録。点取り屋の名に恥じぬ職人芸で、再び秩父宮を沸かせた。

 「ラグビーでも私生活でも日本一」。山村が武井組始動時から、変わらず口にする言葉だ。「細かなことに気付いたり、ちょっとしたところで動けることは、必ずラグビーに通ずる」。今年度の出場がかなえば自身4度目の明早戦。「小さい頃から憧れていた舞台。懸ける思いも他とは違う」。集大成に有終の美を。十八番のランを武器に、〝伝統の一戦〟に臨む。


【髙智琉大朗】


◆山村知也(やまむら・ともや)切れ味鋭いラン。動物で例えるとトムソンガゼル。174㌢・79㌔


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読