特集記事
SPECIAL

(4)古川満選手・福田健太選手 卒業記念対談

ラグビー 2019.03.26

 本日発行の『明大スポーツ 卒業記念号』において古川満前主将(平30商卒・現トヨタ自動車ヴェルブリッツ)と福田健太主将(法4=茗渓学園)の対談を特集しました。今回は紙面の都合上、お届けできなかったインタビューの中から武井日向新主将(商3=国学院栃木)率いる新チームへの思いなどをお送りします。(この取材は3月6日に行われたものです)


――武井新主将はどんな選手ですか。

福田:日向(武井)は下級生なりにチームを勝たせようと努力していた選手です。シーズンを通して良いパフォーマンスをしてくれて、決勝でも日向がダメ押しのトライをしてくれました。パフォーマンスに関しては体を張るので問題ないと思いますが、チームを引っ張って行く上ではパフォーマンスだけでは優勝できないです。キャプテンになりたての時期は未知の世界で、日向自身も分からないことがあると思います。そこは周りの人間に頼ってみるのが、1年間を通して重要だなと思いました。周りの人間に頼りながら日向の良さを消さずに1年間で日向の色にチームを持っていけば、連覇につながると思うので頑張ってほしいです

古川:すごく良いプレーヤーですし、1年の時から試合に出て活躍もしています。その分ミスもしてきましたが、ミスをミスで終わらせる選手じゃないなと、とても感じていていました。試合で大きなミスをしても次の日には一番早くレビューをしっかりして、僕のところにも『ラインアウトがこうでした』とか話をしに来てくれて、自分に対する厳しさを持っている選手です。プレーの面では福田も言った通りすごい選手です。キャプテンとしてメンタルの部分では大変な部分もあると思うので、そこは周りの力を使いながらやってくれたら良いと思います


――新4年生はどんな学年ですか。
福田:
オフの日もみんなで遊びに行ったり、ご飯に行ったりしているイメージがすごく強いので仲が良いのだなと思います。仲が良い分、チームが良い方向にいったらまとまりの強いチームになると思うけれど、士気の低い人間が多くなるとそっちに引きずり込まれる人間も多いと思います。仲良し軍団で終わるか、チームを勝たせる厳しい集団になれるかのどちらかです。そこは日向を中心に良い方向に持って行くようにしていければと思います

古川:日向とか石井洋介(情コミ3=桐蔭学園)とか山村(知也・営3=報徳学園)とかとは、僕らが4年の時から梶(梶村祐介選手・平30政経卒・現サントリーサンゴリアス)とかを交えてそういう話をしていました。『心の底から優勝したいと思っている人間がどれだけいるのか』『本当に全員がAチームを目指してやっているのか』と正直なところ思ったこともあったし、彼ら自身も思ったことだと思います。(この2年間で)僕らの代の4年生が下のグレードでもしっかり引っ張ってきているのを見てきて、健太たちの代がそれを継承してもっと良くやってくれたと思います。それを見てどう変わっているのか、そこで変われているかというところが一つ大きなポイントで、良い結果が出るか出ないかの境目になると思います


――後輩たちにエールをお願いします。

福田:満(古川)さんの代で19年ぶりに決勝に出て殻を破ってくれて、僕らの代で優勝できて、良かった年の2年間を見られたということ。そして日向が1年生だった頃はどちらかというと悪い結果だったと思うので、良かった時と悪かった時を両方見ているからこそ、自分たちの代がどうあるべきかを考えるのが大事だと思います。また、今年は22年ぶりの連覇に向けてプレッシャーもあると思いますが、この明治大学ラグビー部で経験できることもなかなかないと思うので、そのプレッシャーを楽しんでほしいです。そのプレッシャーは大変なものだと思うし、彼らにしか分からないことだと思いますが、そこは一つにまとまって連覇してくれたら僕らとしてもうれしいです

古川:終わった後に悔いが残らないように一日一日を大切にして、毎日をベストな状態でステップアップしていければ良いと思います。連覇につながらなかったとしても4年生のつながりやまとまりというのは本当に一生のものだと思いますし、ずっと続いていく人生の一部です。一日一日を悔いなくやってくれたら、明治に入ってよかったと最後に言えると思います


――ありがとうございました。


[清水康佑・藤里陽]


古川 満(ふるかわ・みつる)平30商卒、現トヨタ自動車ヴェルブリッツ、186センチ・112キロ

2017年度主将。ポジションはロック。4年次にはチームを19年ぶり全国大学選手権決勝進出へと導いた


福田 健太(ふくだ・けんた)法4、茗渓学園、173センチ・80キロ

2018年度主将。ポジションはスクラムハーフ。プレーと言動の両面で絶対的な存在感を放ち、22年ぶり日本一の立役者となった


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内