特集記事
SPECIAL

(18)「自分の実力以上のパフォーマンスを」慶応戦直前コメント

ラグビー 2018.11.03

 全勝優勝へ。負けの許されない熱戦が幕を開ける。対抗戦も佳境を迎え、残すは強豪との3連戦。まずは昨年度、わずか2点差で苦汁を飲まされた慶応との伝統の一戦だ。今秋季初の聖地・秩父宮でのビッグマッチに全身全霊で挑み抜く。

 

スクラムハーフ福田健太主将(法4=茗溪学園)

――ここまでの対抗戦の振り返り、今試合への意気込みをお願いします。

  「現在4連勝していて、チームとしてもいい形で来ていると思います。残りの慶応、帝京大、早稲田との3連戦が今後にとっても大事な試合になってくるので、まずは最初の慶応に自分自身としてもチームとしてもベストな状態で挑みたいと思います。(慶応は)ひたむきに挑んでくるチームというイメージがあります。FWもファイトしてくるチームですが、明治のFWも武器とするところなので負けないと思います。相手に対してもディフェンスの部分で1人ではなくしっかりとセカンドマンを使ってディフェンスしていきたいなと思います」

 

フッカー武井日向(商3=国学院栃木)

――慶応戦のテーマを教えてください。

「チームとして〝ビートファーストコリジョン〟というテーマを掲げていて、最初の1発目のコンタクトから圧倒するというものなので、それを体現できるように頑張ります」

 

――試合のカギはどこになりますか。

「セットプレーの部分でスクラム、ラインアウトどちらもプレッシャーをかけられたら明治のペースになると思うので、FW戦の部分で勝てるように頑張ります。セットプレーはシーズンに入ってからも成長していて自信があるので、しっかりと見せつけます」

 

右フランカー井上遼(政経4=報徳学園)

――昨秋は慶応に2点差で惜敗しました。

「自分は昨年度の負けもあって、この1週間は常に慶応を意識して取り組んできました。入りから明治のペースで80分間試合を進めていければ接戦になることもないですが、相手に流れを渡してしまった時にいかに早く自分たちに戻してこられるかが重要だと思います」

 

――対慶応の具体的な戦略はありますか。

「どの相手でも変わらないスタンダードを今年の明治は持っているので、特別変わったことはしていません。いつも通りスクラムでプレッシャーをかけて、FWで勢いをつくってBKに良い球を渡せれば自然と結果も付いてくると思います。爆発力のあるBKにフラストレーションをためさせないでボールを供給するというのが自分たちの役目なので、まずはFWからですね」

 

右センター渡邉弐貴(営4=国学院栃木)

――今季初スタメンですが、いかがですか。

「対抗戦自体初めてなので緊張しています。慶応戦という伝統の一戦に出させていただけるので、自分のやれることをしっかり出してチームの勝利に貢献したいです。アタックだったらゲインライン、ディフェンスだったらコミュニケーションを遂行して、個人的にはタックル成功率100パーセントを目指していきたいです」

 

左ウイング髙橋汰地(政経4=常翔学園)

――慶応はどういったチームでしょうか。

「一人一人体を張ってくるイメージがあるので、フィジカルバトルで負けないようにこっちも体を張っていきたいです。春もケガが多くてチームに迷惑を掛けたので、今回の試合で自分の実力以上に良いパフォーマンスをしてチームに貢献したいです。あと、ブレークダウンが激しいので、BKだからブレークダウンに寄らないとかではなくて、しっかり止めたいと思います。(相手の注目選手は)BKだと古田京選手に注目しています。長いキックと短いキックを使い分けるのがうまいので、バックスリーの裏の連動への対策をしっかりしたいです。明日はトライを取ります」



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内