田中ナインを徹底解剖! 戦力分析2020春【捕手編】/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2020.05.16

 再び神宮に球音が響く日を夢見て。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕延期を余儀なくされた東京六大学春季リーグ戦。4月11日に開幕していたら、果たしてどんな布陣で戦っていたのか――。本紙では3月中の取材を基に、田中武宏新監督(昭59文卒)率いる今季のチームを分析していく。

 

~捕手編~

 昨年度までのチームを支えた西野真也選手(令2政経卒・現JR東日本)が抜け、一層加熱する正捕手争い。多種多様な投手陣の女房役を担うのは果たして誰になるのだろうか。

 

 (成績は通算)


・篠原翔太捕手(政経3=報徳学園)

180センチ・83キロ 右投右打

レギュラー定着なるか


 毎年正捕手候補に挙げられながらも、その座をつかみ切れなかった篠原。報徳学園高時代に輝いた強肩強打は、まだまだ神宮の地で発揮できていない。上級生となった今年度は、ここまで「打撃も守備もいい感じ」と順調な調整ぶり。2年連続での春季リーグ戦開幕マスクをかぶることができるか。

 

・清水風馬捕手(商4=常総学院)

181センチ・90キロ 右投右打

副将としてチームをけん引する


 デビューから6季連続でリーグ戦出場をしているものの、1年次春の7試合が最多出場となっている清水風。ラストイヤーの今年度は兼任している一塁手での出場が有力だ。それでも「(他の選手に)ボディーストップは負けていない」と捕手での出場も決して諦めてはいない。精神的支柱としてチームを支えながら、スタメン出場を狙う。

 

・植田理久都捕手(国際3=高松商)

178センチ・92キロ 右投右打

〝打てる捕手〟としてレギュラー奪取を狙う

 

 豪快な打撃が武器の植田。新人戦では出場した12試合全てでクリーンアップを任され、1年次秋には本塁打も記録している。リーグ戦では3打数3三振とまだ結果は出ていないが、快音を響かせる日もそう遠くはない。実兄・植田響介(慶大)との対戦にも注目だ。

 

[小野原琢真]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読