髙橋好投も早大戦を勝ち切れず/東京六大学フレッシュトーナメント

硬式野球 2019.11.05

 1・2年生で出場機会が少ない選手のみが出られる今大会。先発を任された髙橋聖人投手(商2=小諸商)は、序盤から好投で流れを作る。しかし、打線は4回裏に暴投で得た1得点のみでつながらず。9回表に米原大地投手(情コミ2=八王子)が同点打を浴び、悔しい引き分けに終わった。

 

(明)髙橋、宮内、米原―植田

(早)雪山、田中星―尾崎

【安】(明)7(早)4

【二】(明)中村(9回)

(明)◇犠打3 山田陸(1回)、岩田(4回、6回) ◇併殺0 ◇残塁13  ◇盗塁2 大髙(6回)、大橋(7回)◇失策1

 

 リーグ戦後半に続きまたも髙橋が好投を見せた。「優勝のために勝つ気で投げた」と意気込んでマウンドに登る。すると、序盤から相手打線を一歩も引き寄せない。「ブルペンから調子が良かった」と直球を軸に組み立て、2回表には自己最速となる146キロをマーク。勝負所では変化球も織り交ぜ翻弄(ほんろう)し、三振の山を築く。8回を投げ切って無失点、13奪三振と首脳陣の期待に大きく応えることができた。

 一方、打撃面は秋季リーグ戦を彷彿(ほうふつ)させた。1、2回ともに先頭打者が安打で出塁し好機を作り出すも、あと1本出ずに無得点に終わる。先頭から2連打で作った4回裏1死二、三塁の場面、雪山(早大)の投球が大きくそれて先制点を挙げる。だが、それ以降は序盤と同様に好機を作るも、後が続かない。「好機で回ってきたときに1本出ないというのが、まだまだ練習不足」(長南佳洋外野手・文1=八戸学院光星)と多くの課題が見つかった。

 

 フレッシュリーグでの活躍が来季のスタメンに大きくつながる。「自分のためにも、チームのためにも結果を残していきたい」(米原)と来春に向けて、これまで以上に責任感が増す。フレッシュで結果を残し、来季へつなげたい。

 

[下神大生]

 

試合後のコメント

今井竜司学生コーチ(国際4=豊川)

――今日の試合を振り返っていかがですか。

 「先発の髙橋がすごく良いピッチングをしてくれて、攻撃も四球を選ぶことができたり、こっちの良いリズムで試合運びができたのですが、最後悔しい結果になってしまいました。こっちのやりたいことはやれた試合ではあったので、非常に悔しいゲームになったと思います」

 

――チームの一体感はいかがですか。

 「少しずつ一体感も生まれてきています。選手にはずっと言っているのですが2年生にとっては最後のフレッシュリーグで、もしかしたら神宮が最後になる選手もいるかもしれないから悔いなくやっていこうという話をした時に2年生が中心に声を出してやってくれています」

 

米原

――次戦への意気込みをお願いします。

 「先発で投げるかはまだわかりませんが、これから3年の春に向けて自分のためにもチームのためにもちゃんと結果を残していきたいなと思います」

 

――今日の課題はありますか。

 「ボール自体は最近少しずつ良くなってきているのでいざマウンドに上がった時に、もっと強い気持ちでバッターに向かっていければもっと良い結果が出せるんじゃないかなと思います」

 

長南

――新人戦ではフル出場されました。

 「春季フレッシュリーグ初戦の立教戦以来のフル出場で、自分を使ってくださる学生コーチにも感謝したいです。その中で結果を残していかなければいけないです。このユニフォームを着ている以上活躍しなくては、という思いがあるのですが今日はそれに応えることができなかったのでしっかりと練習して次の試合に備えたいです」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読