打線復活で快勝! 首位に並ぶ勝ち点3を獲得/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2019.05.13

 優勝に向けて一歩前進だ。明大は初回、丸山和郁外野手(商2=前橋育英)の右中間に放った適時二塁打で先制。序盤からエンジン全開の打撃陣は一挙4点を獲得。一気に流れを作ると、10安打8得点で圧勝。勝ち点をもぎ取り、勝率8割5分7厘で首位・慶大に足を揃えた。

 

◆5・12 春季リーグ戦(神宮球場)

 

 

 

▼対東大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯明大8―2東大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

明大

4

0

3

0

0

0

0

0

1

8

東大

0

1

0

0

0

0

0

1

0

2

 

 

(明)○竹田、伊勢、入江、磯村―西野、蓑尾

(東)●小宗、小林瑶、小林大―大音、松岡

【安】(明)10(東)7

【二】(明)丸山(1回)、内山(3回)(東)武隈(2回)

(明)◇犠打2 喜多(9回)、丸山(9回) ◇併殺1 ◇残塁7 ◇失策1

 

 気持ちの切り替えに徹した。東大1回戦では延長10回で5安打と貧打に泣き「『俺たち勝つんだ』という空気が足りない」と善波達也監督も苦言を呈した。しかし「今日はノックの時から皆で声を出していた」(北本一樹内野手・文4=二松学舎大付)。意識の改善が序盤の好打線の起源となり10安打8得点で大差をつけてみせた。


 一方守備面では「点は取らせないという気持ちで投げた」(竹田祐投手・政経2=履正社)。直球を得意とする東大打線を前に、多彩な変化球を駆使し5回を1失点。相手打線に主導権を握らせなかった。「一人一人の意識が少しは変わったのかな」(森下暢仁主将・政経4=大分商)。明治らしい野球でリーグ後半戦も勝ち切りたい。

 

 陸の王者が立ちはばかる。「柳裕也(選手・平29政経卒・現中日ドラゴンズ)が勝って以来だよ」(田中武宏コーチ)。2017年春以降、慶大から勝ち点を落とし続けている中「点をやらない野球をやる」(善波監督)。「相手のピッチャー陣をチームで打ち崩す」(北本)と投打がかみ合えば必ず勝てる。チーム悲願の優勝に向かってまい進する。

 

[都甲可奈子]

 

試合後のコメント

森下主将

――慶大に対して抱くイメージはありますか。

 「打線が本当にいいので、まずはそこをしっかりと抑えなくてはいけないと思います。今までとは全然違うとは予想しています」

 

――チームで優勝は意識していますか。

 「本当にしていて、ここまできたら取り組み方次第でつかめると思います。しっかりとつかみ切れるように頑張っていきたいです」

 

西野真也捕手(政経4=浦和学院)

――初回から声がよく出ていましたが、チームで何か意識はしていましたか。

 「昨日話し合って、まずは声から初回の入りを大事にしていこうと話をしていたのでその点ではしっかり声を出せていたと思います」

 

北本

――2打席2安打でしたが、今日の調子は良かったですか。

 「昨日の試合では5安打に抑えられて悔しかったので、今日は絶対打とうという気持ちで打席に入ったので打てて良かったです」

 

竹田

――今日のピンチの場面での気持ちはいかがでしたか。

 「点は取らせないという気持ちで投げていましたが、最後の公家さんの守備に助けられて点を取られなかったので、本当に感謝しています」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内