体育会一覧
CLUB LIST

硬式野球部

喜多の一打で勝ち点キター! 難敵攻略で最高のスタート/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2019.04.23

 単なる1勝以上に価値のある勝利だ。中1日で両校エースが先発した、立大3回戦。近年苦戦を強いられてきた田中誠(立大)から、喜多真吾内野手(法4=広陵)の2点適時二塁打などで4得点を挙げた。投げては森下暢仁主将(政経4=大分商)が1失点10奪三振で完投勝利。開幕カードで勝ち点1を手に入れた。



(明)○森下―西野

(立)●田中誠、中川、中﨑―藤野

【安】(明)6(立)4

【三】(明)内山(1回)

【二】(明)添田(6回)、喜多2(7回、8回)、森下(8回)(立)中嶋(8回)

(明)◇犠打2 丸山(6回)、内山(6回) ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁0 ◇失策0


 親友にささげる一打となった。膠着(こうちゃく)状態にあった8回表。先頭・添田真海内野手(法4=作新学院)が内野安打で出塁すると、死球も絡み2死一、二塁の好機を演出。ここで迎えたのが「喜多がしっかりやってくれれば優勝できる」(善波達也監督)と今季大きな期待のかかる喜多だ。「絶対俺が帰してやる」。強い気持ちで打席に立つ一方で「意外と冷静にもなれた」と、前打席の配球から勝負球の直球を読み切った。迷いなく振り抜いた打球は中堅手の上空を超える2点適時二塁打に。「とにかく暢仁(森下)を楽に投げさせてあげたかった」。普段から仲の良い同志へこれ以上ない贈り物となった。


 混戦脱出へ。第2週終了時点で4校が勝ち点1と、緊迫している今春リーグ戦。それだけに大きなカギを握りそうなのが、次カードの早大戦だ。小宮山新監督の元、発足したチームは「投手が安定している」(善波監督)。明大も投手力が武器のチームであるだけに接戦は避けられない。「何とか勝ち点を取れるように」(善波監督)。優勝へ向け走り出した猪軍団が、次なる戦いへと挑む。


[小野原琢真]


試合後のコメント

善波監督

――森下主将はエース対決でリベンジを果たしました。

 「立大の田中くんは今日もすごくいい立ち上がりをしていて。『粘る子だな』と思ったけれど、そこに粘り負けることなく暢仁(森下)がゲームを作ってくれました。後は西野(真也捕手・政経4=浦和学院)との4年生バッテリーがいい感じに機能して、仕事をしてくれました」


森下主将

――野手陣が難敵・田中誠を攻略しました。

 「本当にみんながよくやってくれたので、感謝しかないです。自分もそれに応えなきゃなと思っていました」


――次戦に向けて意気込みをお願いします。

 「1戦目に何が何でも勝つという気持ちでやっていきたいと思います」


喜多

――今日の試合を振り返っていかがですか。

 「1戦目でやられていたので、絶対やってやるという強い気持ちを持って試合に臨みました」


――森下主将の好投に応える適時打となりました。

 「1戦目は援護できていなくて。今日はとにかく暢仁(森下)を楽に投げさせてあげたい思いだけで、チーム全員がやっていたと思います」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内