体育会一覧
CLUB LIST

サッカー部

5名がプロへ 意気込み語る/Jリーグ加入内定選手合同記者会見

サッカー 2018.12.07

 6日、和泉図書館でJリーグ加入内定選手合同記者会見が開催された。プロへの加入が内定している、DF岩武克弥主将(政経4=大分トリニータU―18)、DF上夷克典(商4=鹿児島城西)、DF袴田裕太郎(法4=浜松開誠館)、MF小野雅史(政経4=大宮アルディージャユース)、FW村田航一(法4=日章学園)の5選手が、会見に臨んだ。明大からのJリーガー誕生は、9年連続だ。


5選手と在学生


 会見では冒頭に、井上優部長と栗田大輔監督が感謝と今季の講評を述べた。「(明大での4年間が)プロの選手になった後も、活躍してくれる原動力になると思う」と栗田監督。〝サッカー〟部でありながら、人間形成を重んじている明大サッカー部。「サッカーだけでなく、人間として大きく成長させてもらった」(村田)と、選手らも感謝を示した。

 在学生にとっても充実の内容だった。会の中盤に行われた質疑応答では、報道陣からだけでなく「憧れの選手、理想としている選手はいるか」といった在学生からの質問も。また、Jチームのタオルやユニホームなど豪華グッズが当たる抽選会も行われ、会場は盛り上がりを見せた。会終了後には、プロ入りを決めた5選手が在学生との写真撮影やサインに応じ、和やかな雰囲気に包まれた。


 この会見の前日には、セカンドチームの選手が主体となって出場したインディペンデンスリーグ(Iリーグ)の全国大会決勝が宮城で行われ、見事14年ぶり3回目の優勝を収めた明大。部員全員がそれぞれの舞台で輝きを見せている。今季最後の大会となるインカレまで約1週間。主将の岩武は「チーム一丸となって、優勝できるように頑張りたい」と、力強く語った。


[サッカー部担当一同]


★部長、監督のコメントはこちら

★5選手のコメントはこちら

★質疑応答の内容はこちら


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内