入江、竹田の先発2枚は強力 清水風、公家ら打線の軸が機能するか/東京六大学秋季リーグ戦展望

 逆襲の秋とすることができるか。1971年の春秋以来49年ぶりとなる2季連続5位に沈んでいる明大。田中武宏新監督(昭59文卒)にとっては厳しい船出となったが「神宮での苦しい場面を乗り越えるための力」と指揮官が語る〝人間力〟野球を武器に巻き返しを図る。 投手陣で中心となるのはやはり入江大生投手(政経4=作新学院)、竹田祐投手(政経3=履正社)の二枚看板だ。入江はこの3年半救援での出番が主であったが、ラストシーズンの今秋は第1先発での起用が濃厚。「5大学全てに勝つ」(入江)という目標通りの投球を紫紺のエースとして見せられるか。竹田は今春2試合に登板するも防御率9.72と自己ワーストの成績に終わった。来年度のエース候補として期待が大きいだけに、今秋は成績を残したいところだ。救援陣には、夏季オープン戦で150キロを計測した中山晶量投手(営4=鳴門)、今春リーグ戦初勝利を飾った髙橋聖人投手(商3=小諸商)、けがからの復活を目指す磯村峻平投手(文3=中京大中京)など多様な選手たちが控える。昨春、森下暢仁選手(令2政経卒・現広島東洋カープ)を中心とした投手陣がリーグ1位のチーム防御率で優勝を飾ったように、今秋は守りからリズムを作っていきたい。 一方の野手陣は奮起が必要だ。今春はチーム打率こそ3位であったが、得点数がリーグ5位。現役選手の通算本塁打数がリーグ最少の2本のみという長打力不足を補うためにも、打線のつながりを作ることが今秋のカギとなるだろう。注目したいのは今春打率を3割に乗せた4選手。藤江康太内野手(国際4=千葉黎明)は巧みなバットコントロールでリードオフマンの役割を担う。公家響主将(政経4=横浜)はチーム最多の4打点を挙げた勝負強さに注目。清水風馬内野手(商4=常総学院)は、4番として2季連続でのベストナイン受賞なるか。また3年生の篠原翔太捕手(政経3=報徳学園)は、持ち前のパンチ力でリーグ戦初本塁打を目指す。 明大投手王国の復活、そして野手陣の勝負所での一打。これらがうまくかみ合えば優勝争いも決して夢ではないはずだ。 [小野原琢真]↓他大学の戦力分析はこちらから↓【慶大】COMING SOON【早大】早稲田スポーツ新聞会【立大】COMING SOON【法大】スポーツ法政【東大】COMING SOON
READ MORE

秋季リーグ開幕 初戦は守備ミス目立ち敗北/東京六大学秋季リーグ戦

 新型コロナウィルスの影響でおよそ1年ぶりの開催となったリーグ戦。初戦の慶大戦は、前半きっ抗した試合が続くも、後半は敵のペースにのまれてしまい、4-8で黒星を付けられた。 ◆9・5~10・24 東京六大学秋季リーグ戦(立川公園野球場他)◆9・15 対慶大戦(明大府中グラウンド)明大4―8慶大〇 慶大戦123456789計明大0010210004慶大31000121×8  公式戦では昨年度の秋リーグぶりとなる慶大との試合。1回裏からいきなり3点を取られる洗礼を受け、続く2回裏も1点の追加点を許してしまう。しかし3回表、一死3塁の場面。相手のボークによって一人が生還。敵のミスに乗じて勢いをつけた明大は5回表、無死1塁の場面でルーキー・栗山穣捕手(政経1=大館鳳鳴)が三塁手の悪送球で出塁すると、敵のファンブルが連続。一塁走者が生還し、続いて中西壱星外野手(営2=三田学園)の中適時打で栗山も生還し2点を獲得した。そして6回表には高桑一真内野手(商4=日大第二)が本塁打を放ち、同点に追いついた。 しかし、そのまま6回裏で1点を取られると流れを奪われてしまい、何回も失策を引き起こす。「各個人の意識の変え方がまだ全然足りない」(辻義大主将・政経4=長崎商)。その後も守備ミスを連発し、攻撃でも追加点を取れず試合終了。4点差で敗北という苦汁をなめた結果となった。  今大会は新型コロナウィルスの影響で1回総当たり戦に変更された。そのため優勝を目指す明大にとってこの敗北は大きい。「一戦も落とさない気持ちでやっていく」(辻)。次の相手は立大。今回見えた守備面の課題をいかにカバーしていくかが、勝利の鍵になるだろう。 [金内英大] 試合後のコメント辻主将――今日の試合を振り返っていかがですか。 「取れるアウトを取れなかったので、そこが点につながってしまったというのが反省点ですね」 ――投手陣については。 「今の投手陣のなかではベストメンバーを選んでいるので、それでやってもらうしかないんですけど盗塁もけっこうされていて、そこはバッテリー間でのことでもあるので、どうにかして盗塁を防いでいくためにも投手にも声かけをしていきたいと思います」 高桑――ホームランが出ましたね。 「本当になかなか3、4年といい結果が出ていなかったので、チームの点になるバッティングをガッツリできて良かったです」 ――これがラストシーズンになります。 「自分の結果というよりも、チームの勝利。そこに向けて泥臭くガッツリとやっていきたいと思います」
READ MORE

古賀が1万メートルWで2位入賞! 長距離部門は悔しさ残る/第89回日本学生対校選手権

 徹底した感染防止対策のもと、無観客で行われた全日本インカレ。2日目は古賀友太(商3=大牟田)が1万メートルWで2位入賞を飾った。他にも夏までの練習の成果を確認した者、これからの課題点を見つけた者、出場した選手おのおのが思うところのある大会となった。※今回の内容は試合後、選手の方々に電話にて取材したものとなっております。 ◆9・11~13 第89回日本学生対校選手権(デンカビッグスワンスタジアム)[2日目]▼男子400メートルR予選2組 松村、野口、石川、渡邊 3着 3分13秒08▼男子1万メートルW決勝2位 古賀 40分19秒907位 濱西 41分45秒829位 村尾 41分57秒95 [3日目]▼男子200メートル準決勝3組 木村 4着 21秒13▼男子5000メートル決勝17位 小袖 14分30秒96  2日目では、競歩のエース・古賀が善戦。東洋大の池田が独走するなか、着実なレース運びを見せた。1位に食らいつくことはできなかったものの2位入賞を果たした。また、男子200メートルでは木村稜(政経1=乙訓)が予選で21秒03の自己ベスト並びに明大新記録を樹立。「不安もありましたが、記録が出たのでレース後はほっとしました」(木村)。決勝まで残ることはできなかったものの、これからに期待が持てる好走を見せ、明大短距離部門に新しい風を吹かせた。  迎えた最終日。男子5000メートルでは他大から主力選手が多く出場するなか、明大からは小袖英人(政経4=八戸学院光星)が出場した。スタートは集団の先頭に位置づけるも2000M付近で集団から遅れ、そのまま追いつくことができず、17位でゴールという手痛い結果となった。「狙ったレースをはずさないようにしていきたい」(小袖)。この結果を糧に〝明大の好スターター”としてロードシーズンでの巻き返しを狙う。  3日間の全日本インカレも無事終了した。不安、緊張、楽しさ、悔しさ。大会を通して改めて競技に対する思いも強くなったかもしれない。 一方で今後の大会開催の見通しが立っていない現状もある。厳しい状況が続く中で、ここからはフィジカルだけでなく、メンタルとの戦いにもなるだろう。自分とそしてチームと向き合って。明大はさらなる一歩を踏み出す。 [金内英大] 試合後のコメント 古賀――レースを振り返っていかがですか。「結果としては2位という形でうれしさも少しはあるんですけど、悔しさのほうが大きいかな、という印象です」 ――1位の選手との一番の差は何ですか。「スタートの飛び出しから反応できなくて、その時点で勝負は決まっていたと思います。昨年度の関東インカレの失格がトラウマになっていて、フォームの面で絶対的な自信とか、覚悟が決まっていたらもう少し違う展開になっていたと思います」 ――フォーム自体の自己評価はいかがですか。 「警告を受けた回数は0だったので、そこは評価できる印象はあります。しかし、注意は何回か受けたので、理想としては完全にその注意も受けずにゴールしたいので、なくなってきてはいますがまだまだ課題はあります」 小袖――レースを振り返っていかがですか。 「割りと調子も良くて、全日本インカレに合わせてはいたんですけど、集団から遅れてそのあとずるずる後ろに下がってしまい粘ることが全くできない状態で、ふがいない走りになってしまいました」 ――今回見えた課題点は何ですか。 「狙ったレースで結果が出せないというのは、まだまだ力が足りないということだと思っています。そういう狙ったレースで外さないよう、コンディションや練習の調整を計画的に取り組んでいきたいと思います」 ――今後の練習方針をお聞かせください。 「これから記録会もあり、駅伝シーズンにもなってくるので、まず記録会でいい走りをして、自己ベストを更新して、その勢いで駅伝につなげていけたらと思っています。今日はふがいない走りになってしまいましたけど、そこはもう過去のことなので前だけを見てやっていきたいと思います」 木村――大学での初の大舞台となりましたが、いかがですか。 「高校生上がりの自分と違って、思っている以上に大学生の勝負強さを感じました。自分はけっこうまわりに左右されやすいんですが、どんな時でも自分のレースをされているな、と感じました」 ――明大記録を出しましたが、その時の周りの反応は。 「周りからはけっこう走れてるんだね、と言われました。監督からはレースの中で改善点もけっこうあったので、それを意識して走っていこうと言われました」 ――今後の目標は。 「1カ月後に同学年だけの大会があるので、そこで優勝していくのが目標です」
READ MORE

2種目で入賞! 主力選手陣の走力も安定/第89回日本学生対校選手権

 徹底した感染防止対策のもと、無観客で行われた日本インカレ。1日目、明大からは3種目に6人の選手が登場。1500メートルでは、前田舜平主将(政経4=倉敷)と佐久間秀徳(商3=国学院久我山)がダブルで入賞を果たした。※今回の内容は試合後、選手の方々に電話にて取材したものとなっております。 ◆9・11~13 第89回日本学生対校選手権(デンカビッグスワンスタジアム)[1日目]▼男子400メートル予選2組 野口 6着 48秒33▼男子1500メートル予選1組 馬場 7着 3分51秒35▼男子1500メートル決勝4位 前田  3分49秒505位 佐久間 3分50秒59▼男子1万メートル決勝8位 手嶋  29分02秒3011位  鈴木   29分37秒01  新型コロナウイルスの影響で、無観客試合として開催された今年の日本インカレ。大会や記録会の中止を余儀なくされてきた選手たちにとって、久々の大舞台となった。実践に対するブランクを感じつつも「緊張と楽しみという気持ち」(手嶋杏丞・情コミ3=宮崎日大)。不安と期待が入り混じるなか、待望の大会が開幕した。  初日の男子1500メートルでは主将の前田が出場した。長距離ではなく中距離での挑戦に「失うものは何もない」。序盤は先頭集団に位置付けるも、ラストで競り負け惜しくも表彰台を逃す。「最後の一歩まで出し尽くすという基本を思い出せた」(前田)と次戦への課題を口にした。緊急事態宣言からの自粛期間、現在もなお厳しい状況が続く中で主将を務める前田。最後の駅伝シーズン、チームと共に全力で駆け抜ける姿に期待だ。  男子1万メートルでは主軸の鈴木聖人(政経3=水城)と手嶋が参戦。手嶋は「前半も飛ばしつつ、後半も粘れた」と力の付き具合を確認した。一方鈴木は「勝負も全くできていない悔いの残るレースだった」と自分の力不足を認識したレースとなった。 [金内英大] *2日目、3日目の試合はこちらから試合後のコメント前田主将――1500メートル挑戦の手応えはいかがでしたか。 「試合の二週間前からはほとんど中距離を練習してはいないんですが、いい勝負ができたと思います。ただ、ラスト300メートルでのポジションが悪かったのが敗因だと思うので、そこには経験の差を感じましたね」 ――最後の最後で後続に追い付かれた印象です。 「優勝だけが目標だったんですけど、ラスト100メートルのところで追い付けきれなくて先頭が1位、2位と入ってしまって、そこで気持ちが切れてしまってそこを後方の選手に刺されて4位になってしまったという感じです。陸上の初心を思い出すという感じではないですが、最後のゴールラインまで一歩出し尽くすというのができなかったのが反省です」 ――久々の大会が無観客試合となりました。 「応援がないと寂しさはあるんですけど、アナウンスもよく聞こえて全体がどんな感じで進んでいるのか、とかは普段より聞きやすかったです。競技場の音楽を聞いてリズムを取れやすいという面ではいつもと違う雰囲気を味わえました」 佐久間――久しぶりの試合はいかがですか。 「目標は優勝を狙っていたので残念という気持ちがあります」 ――スピードとスタミナ、練習ではどちらに重きを置いていましたか。 「今回のコロナ期間で自分と向き合う時間が多かったので、体調管理なども細かく見ていった結果、筋力を強化しようと。筋力強化で体重が5キロくらい増えました」 ――レースにおいても感覚は変わりましたか。 「今までは後半に打ち上がってしまうというのがあったんですけど、ここ最近の東海大記録会、東京選手権、今回の日本インカレとその感覚がなくて、最後まで自分の思うように体が動くという感覚はありました」 手嶋――久々の大きい大会となりました。 「自分はトラックでの公式戦は初めてだったので、緊張と楽しみの両方の気持ちを持って挑みました」 ――前半は先頭に食らいついていましたが、プラン通りでしたか。 「いえ。ほんとはあまり前半は突っ込みすぎずに、後半勝負と監督から指示を受けていたんですけど、調子がかなり上がっていたのでスタートから飛ばした感じでした。前半飛ばしつつ後半もけっこう粘れて、そこは力が付いてきたと思っているので、いいレースになったと思います」 ――レース後に監督からアドバイスはありましたか。 「力は付いてきた、と言われましたがもっと上を目指そうっていう感じでした」 鈴木――手嶋選手と同じレースでした。 「入学してからタイムも自分の方が速かったですし、今回のレースはすごく悔しくて。やっぱり同学年に負けることはすごく悔しいです。自分は切り替えが遅いので、早く切り替えられるように。それも課題かなとは思います」 ――次の大会までに改善したい点は何ですか。 「積極的に前で戦うという強い気持ちを持って走りたいなというのが今の課題です。あとはなかなか試合にピーキングを合わすことができていないので、もう少しどうしたら自分の力が最大限に発揮できるかを考えながら練習をすることが、今後試合で結果を残せることにつながるのかなと思います」 馬場勇一郎(政経1=中京大中京)――大学初レースでしたが、いかがでしたか。 「初の公式戦ということで、緊張もしていましたが、紫紺のユニホームで走れることにワクワクしていました。また、昨年の日本インカレが岐阜で開催されていて出身が愛知ということで見に行っていたので、その舞台で自分も明大を背負って走れるということで頑張ろうと意気込んでいました」 ――結果としては予選敗退になってしまいました。 「夏の練習も順調にこなせていたので自信があったぶん、結果としてはとても悔しいです。ですが、レースの中身を見るとスローペースの中でジュニアのレースではないペースアップを体感し、これからの課題として感じるものは多くありました」
READ MORE

秋リーグ開幕! 因縁のライバルと張り合う展開に/関東学生秋季1部リーグ戦

 秋リーグ初戦は国士大との対戦。前半を6点ビハインドで折り返すも、ディフェンスから速攻の流れをつくった後半に得点を重ねた。最終スコアは29−29。引き分けで試合を終えた。 ◆9・13~10・31関東学生秋季1部リーグ戦(開智望小学校他)▼9・13 対国士大戦(開智望小学校)明大29{8-14、21-15}29国士大  「国士大は因縁のライバルのような存在」(服部將成主将・法4=中部大春日丘)。昨年のリーグ戦でも引き分けた国士大。今年もやはり一筋縄ではいかなかった。立ち上がりは決して悪くなかったものの、徐々に相手の変則ディフェンスに苦戦しシュートミスを連発。6点差を付けられ前半を折り返す。後半は守りを固め、得点につなげる作戦で巻き返しを図った。思惑通りの展開となり、鍬柄拓夢(営2=熊本マリスト学園)の4得点などでついに同点に。最後まで体制を崩さず、そのまま試合は終了。昨年と同じ結果とはいえ、次戦以降への期待がかかる内容だった。  いつもより遅い新チーム始動だった。新型コロナウイルスの影響で春リーグは中止に。また秋リーグも全員がそろって十分な練習ができない状態で迎えた。それでも「選手層がとても厚くバランスの取れているチーム」(岩田圭司・営4=千葉県私立市川)と不足はない。次戦の東海大戦へ向け「精度の高いプレーを目指す」(加藤監督)。上位入賞に期待がかかる。  [波木井里紗] 試合後のコメント加藤監督――今日の試合の振り返りをお願いします。 「試合の立ち上がりは良かったです。しかし、ミスが続いて前半は厳しい展開になりました。後半はディフェンスシステムの変更と途中出場した選手の活躍もあり、同点まで追い付くことができました。60分通して相手を追う時間が長いタフなゲームでした」 服部――国士大はどのような相手でしたか。 「今までずっと勝ったり負けたりを繰り返している相手なので、因縁のライバルのような存在です」 ――前半は6点ビハインドで終えました。後半に変えようとした事はありましたか。 「ディフェンスを立体に変えて速攻につながりやすいシステムにしました」 岩田――次戦の東海大戦に向け、意気込みをお願いします。 「初戦は勝利とはなりませんでしたが、前後半で修正をして結果的には良い形で終われました。今日の良い雰囲気を出だしから全員でつくれるように、万全の準備をして挑みます」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読