待ちに待った開幕の日! 1-0で駒大を下す/関東大学1部リーグ戦

 忙しない日常に、大学サッカーが戻ってきた。当初の予定から約2ヶ月遅れで迎えた前期リーグ開幕節は、昨年度9位・駒大とのカード。前半に飛び出した小柏のゴールを守り抜き、新チームの初陣を飾った。 試合が動いたのは前半19分。岡庭が左サイドから蹴り込んだボールは、ゴール前の混戦を抜け出し、最後は10番・小柏のもとへ。「狙いのこぼれ球が実際に転がり込んできた」。見逃すことなく振り抜き、2020年度初得点を生み出した。後半7分には相手FWにフリーでPA内侵入を許すピンチを迎えるが、早川がこれを好ストップ。相手スコアを0から動かすことなく、90分を戦い抜いた。(写真:先制弾を放った小柏) 今年度のコンセプトは「流動性のあるサッカー」。今試合もスタート時には4-4-2だったシステムを、後半の途中からは3-2-3-2の形に転換。中盤を厚くすることで相手のカウンターを封じ、勝利の一因となった。「途中から入った住永、太田、時里がいい働きをしてくれた」(栗田大輔監督)。形にはまらないサッカーで、簡単に隙を与えない。複数ポジションをこなす選手の多い明大でこそ成せるスタイルだ。(写真:開幕デビューとなった1年生・太田) 快進撃の再現なるか。昨年度の前期リーグ開幕節でも、桐蔭横浜大を相手に1-0のスコアで勝利を手にした。「初戦だったので堅い試合になるのはわかっていた。内容というよりも結果を喜びたい」(早川)。少々気は早いが、昨年度記録した勝ち点56の更新へ、最高のスタートを切ったと言えるだろう。次節は立正大を相手に、開幕2連勝を狙う。 [高野順平] 試合後のコメント栗田監督――試合を振り返っていかがですか。 「相手の対策を1週間しっかりやって、その中で1-0でも勝てばいいと割り切っていました。その意味で1-0で勝ったことは大きかったと思います」 ――1、2年生のメンバー入りが目立ちます。 「この1ヶ月、もちろん今までのメンバーが中心ですが、純粋に評価をした結果です。開幕で1年生が3人もベンチ入りするのは明大では珍しいことで、コロナ明けの競争の中で今日を迎えられたので、これからどんどん競争してくれたらチーム力もさらに上がると思います」 小柏――自身のゴールを振り返っていかがですか。 「セットプレーでしたが、中に大きい選手がいたのでこぼれ球を狙っていて、実際に転がり込んできて、それをしっかり決められたので、良かったです」 ――昨年度に引き続き10番を背負うことについて、プレッシャーはありますか。 「昨年度この番号を背負った時点で、期待の度合いや、やらなければいけないことはとても感じていたので、プレッシャーはあります。ですが、自分が引っ張る気持ちでしっかりやっていきたいと思います」 早川――自身のプレーを振り返っていかがですか。 「相手がワンチャンスを狙いにきていたので、そこに対して冷静に、自分の間合いでしっかり勝負するというのは常に意識しています。そこで勝負した結果があそこで出たと思います」 ――コーチングの面で意識している事はありますか。 「前線の方は各々に任せていますが、その時のリスク管理の面を僕は喋るようにしていて、そこを重点的に伝えるようにしています」
READ MORE

山田陸の一振りで決着! SUBARUに5-4で逆転勝ち/夏季オープン戦

 長かった自粛期間を経て、ついに夏季オープン戦が開幕した。3月末以来となる対外試合の相手は、社会人の強豪・SUBARU。0-4と一旦は大きく離されるも9回裏、打線が爆発。最後は山田陸人内野手(法2=桐光学園)の適時打でサヨナラ勝ちを飾った。 最後の最後で粘り強さを見せた。4点差で迎えた9回裏、1死二、三塁の好機で打席は市岡奏馬外野手(情コミ4=龍谷大平安)に。甘く入った球を逃さず、右中間へ適時三塁打を放ち、2点差まで詰め寄った。これを契機に村松開人内野手(情コミ2=静岡)、明新大地外野手(政経2=明大中野)にも適時打が生まれ、試合は振り出しに。2死一、三塁と一打サヨナラの場面で、打席は山田陸に回ってきた。振り切った打球は左翼手の前へ落ちる適時打となり、逆転に成功。〝粘りの明治〟を見せ、開幕戦を劇的勝利で飾った。 レギュラー争いは熾烈(しれつ)を極める。山田陸を始め、村松、明新、長南佳洋外野手(文2=八戸学院光星)など、多くの2年生が結果を残し猛アピール。数少ない出場機会をものにし、春季リーグ戦に向け一歩一歩前進し続ける。 [久野稜太] ◆明大OB・森下智之選手(平31文卒・現SUBARU)の活躍に注目!◆ 森下選手が5打数3安打の大活躍を見せた。第1打席、第2打席は中前へ、続く第3打席は右前へ安打を放ち猛打賞。守っても安定した守備を披露するなど、18年春の大ブレーク男は社会人になってもチームをけん引していく。 
READ MORE

明スポ的他大学分析!(4)慶大編

 弊部記者が全5回にわたり、他大学の戦力分析をお届けする。第4回は慶大。直近の7季、常に優勝争いに絡んできた常勝軍団だ。昨年度のドラフトでは4人のプロ野球選手が誕生した。 豪速球が持ち味の木澤。新エースとしてチームを引っ張る 今年度も最強の投手陣を擁する。その筆頭が木澤だ。最速155キロの直球はマシンガンともいうべき球威。変化球の球速も速く、攻略するのは容易ではない。〝剛腕〟という言葉がこれほど似合う投手が存在するだろうか。復活を目指す佐藤宏 左腕の佐藤宏は最速150キロを超え、1年次秋のリーグ戦では驚異の防御率1.03を記録。2、3年次はけがにより、本来の実力を発揮できなかった。ラストイヤーで復活すれば、難敵となるのは間違いない。安定感のある投球が光る森田 3年生の森田は昨秋、先発に定着。第2先発としての役割を果たし、リーグ3位の防御率1.35を記録した。持ち味のテンポの良さでチームを支える。その他にもけがからの復活を期す関根智、昨年度は1年生ながら中継ぎとして12試合に登板した増居ら140キロを超す直球を投げる選手が複数人いる。投手陣に死角は見当たらない。 長打力のある正木 打線の中心は正木だ。慶應義塾高時代より世代屈指のスラッガーとして名をはせていた。大学入学後も順調に成長。昨春はリーグ戦初本塁打を記録し、打率3割2分4厘の結果を残した。正木が打てばチームが勢いづくことは間違いない。手痛い一打に警戒だ。堅実な守備が持ち味の瀬戸西 主将の瀬戸西は守備でチームを盛り立てる。2年次春より正遊撃手として定着。打球に対する1歩目の早さが持ち味だ。明大も瀬戸西の好プレーに、幾度も涙を飲んできた。 正捕手候補の福井は今年度のブレーク候補だ。大阪桐蔭高時代は主将兼正捕手として春の選抜優勝にチームを導いた。昨年度までは絶対的な正捕手・郡司裕也選手(現中日ドラゴンズ)に阻まれ、一塁手での起用も目立った。今後は郡司選手の後釜として、強力投手陣を支えるリードが求められる。 この他にも通算5本塁打を放っている嶋田、昨秋、1年生ながら打率3割4分9厘を記録した下山など選手層の厚さはリーグ屈指だ。  慶大は過去3年で1度しか勝ち点を上げられていない明大が最も苦手としている相手だ。だが昨春は勝ち点を奪い、優勝を一気に引き寄せた。今春も慶大戦の勝ち点次第で命運が分かれるだろう。近年の慶大はその名の通り、陸の王者として君臨し続けている。紫紺戦士が王者の勢いを食い止められるか。真夏の神宮は熱気であふれそうだ。 [小畑知輝]<選手たちの接点表>
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読