ルーキー特集(1) 力強い打撃でレギュラー獲得へ 頼れる主将を夢見て 長南佳洋

 毎年恒例の硬式野球部ルーキー特集。今年も全国からトップレベルの選手が入部してきた。その中でも活躍が期待される注目の選手を全8回にわたって特集する。   雪国で鍛え上げたスイングで六大学野球に挑戦だ。長南佳洋外野手(文1=八戸学院光星)は部員数100人以上をまとめ上げた主将としてチームをけん引。3年次夏には中心選手として甲子園出場を決め、前年成しえなかった先輩たちの雪辱を果たした。今春リーグ戦では5試合に出場し、初安打を放つなどレギュラー獲得へ早くも名乗りを上げている。 東北出身としての誇りがあった。兄とソフトボールで遊んだことがきっかけで始めた野球。中学に上がると、4番を任されるほど打撃が向上。着実に成長を遂げていた。そんな中、次第に意識するようになったことは自分たちの代が甲子園100回大会であること。記念すべき大会に出場するため日々練習に励み、複数の高校から誘いを受けた。 「自分の手で東北に優勝旗を持っていきたい」。一度も優勝したことがない東北の高校での全国制覇が長南の目標だった。そのため、関東からのスカウトを断り、青森県の強豪・八戸学院光星高進学を決意。雪国の過酷な環境での成長を誓った。                自慢の打撃でチームをけん引する 2度は繰り返さない。高校1年次の夏、スタンドで〝甲子園の魔物〟を目撃する。試合は愛知県代表・東邦高相手に7回で7点リードする展開。しかし「あんなに球場が変わると思わなかった」。徐々に追い上げる相手打線と応援は次第に観客の心をつかみ、球場全体が東邦への応援一色となった。打たれるごとに調子を増す声援の前になす術がなく、雰囲気に飲まれたチームは大逆転を許し敗北。しかし「1年生であの雰囲気を味わえて良かった」。甲子園では何が起こるかわからない、という覚悟が生まれた。 迎えた高校3年次の夏、甲子園で待っていたのは2年前と同じ光景。相手は兵庫県代表・明石商高であった。地元代表校への声援が多く、大量リードするも会場の雰囲気は完全アウェーに。だが、ここで2年前の経験が生かされ「プレッシャーは感じなかった」と落ち着いてプレー。逆境を切り抜け、勝利を飾った。  目指すは再び主将を務めること。そのため「同期には絶対負けたくない」。同じステージに立っている以上は1番を狙うのが長南の主義だ。立ちはだかるのは一段とすごみを増した大学の投手たち。「初めて打撃が難しいと痛感している」と高校の投手との力量の差に苦戦。だが、越えられない壁ではない。今春の法大3回戦では適時打を放ち、リーグ戦優勝に貢献。ここ一番で打てる頼もしさは長南の長所だ。 目標はそれだけではない。「日本一を8連覇したい」と、この男の見据える先は壮大だ。強気な姿勢でチームを引っ張り、明大に新たな風を起こす。  [久野稜太]  ◆長南 佳洋(ちょうなん・よしひろ) 文1、八戸学院光星、174センチ・76キロ、右投左打、外野手青森から東京に来て、人の多さに驚いた。人酔いした経験も。だが雪国出身のため、寒さには自信あり。 次回のルーキー特集は8月19日(月)岡本伊織内野手(商1=創志学園)です。お楽しみに!    
READ MORE

暑さに苦しむも11人が本選へ/関東学生ターゲット個人選手権大会予選

 梅雨明けの酷暑が多くの選手に厳しい試合を強いた。しかし昨年にインカレに出場した山邑祥次郎主将(営3=甲南)を筆頭に、各選手が健闘し、明大からは男女合わせて11人が本選出場を決めた。 ◆8・7~9関東学生個人選手権予選(はらっパーク宮代)  炎天下の会場は強い日差しを避けられず、長時間にわたり選手を苦しめた。しかし風の影響はほとんどなかった3日間。まさに己との勝負である個人戦だ。「暑くて集中力が持続しなかった」(玉川元喜・営3=明大中野)。612点のスコアで本選出場を決めた玉川は50メートルで297点の本人も納得の点数を記録。しかし点数を伸ばしたい後半の30メートルでは精彩を欠き315点のスコアで終わった。「気温は全員同じ条件だから言い訳はできない」(玉川)。今後の試合では暑さ対策も重要な戦略に入る。 「悔しい思いを取り返そうという気持ちで出場した」(鴨下壮一郎・文4=安城東)。唯一4年生で試合に出場した鴨下は、就職活動で3月頃から練習に十分には参加できなかったものの、個人の目標である550点を大きく上回る583点をマーク。「少ない練習量の割には緊張もなく射てた」(鴨下)。自身は本選出場を果たせなかったが、アーチェリー部の活動を「体育会に入って成長できた」と振り返り、これからの後輩の活躍を祈った。(写真:4年生で唯一の出場となった鴨下)  エースが今年も渾身の矢を放つ。昨年は本選を勝ち抜き、全日本学生個人選手権に出場した山邑。今回の予選への練習は、50メートルを中心に「自分の射形を意識して取り組んだ」(山邑)。練習が功を奏し、後半で大きく失速することはなく、640点で明大トップの成績を収めて本選出場を決めた。「昨年同様、インカレに出場して結果を残す」(山邑)。新チームの主将・山邑の本選とその後の活躍に期待だ。 女子のエースも心強い。荒井公佳(政経3=共立女子)は春のリーグ戦以降は国体に向けて「70メートルをたくさん練習していた」。それでも50メートル、30メートルの両方でハイスコアの633点を記録し11位で本選出場を決めた。「初のインカレ出場に向けて練習したい」(荒井)。リーグ戦を終え、新チームとなった明大を得点力で引っ張っていく。  明大からは山邑、花井大起(政経3=明大中野)、田崎裕斗(商2=明大明治)、玉川、織部佑己(営3=明大中野)、為ケ井眞(情コミ3=明大中野)、山内俊瑛(理工2=明大明治)、荒井、松原安莉(商3=湘南白百合学園)、濱田美桜(文2=明大中野八王子)、横山佳乃子(政経2=明大中野八王子)が本選に出場する。「50メートルのミスが響いてしまった」と語った横山の順位は103位で、100人の本選出場枠にわずかに及ばないと思われた。しかし繰り上りが発生したことで出場枠に入り込んだ。数点が明暗を分けるからこそ、試合中は常に気を抜けない。 「次が一番の大勝負です」(山邑)。本選では、予選にはない70メートルが試合を左右する。そして本選を勝ち抜くと、9月には全国大会が控える。目標は「70メートルでの自己新記録」と花井。個人戦のために各々が異なる目標を持つが、同じチームで日々高め合い、前に進む。予選から本選までの短い期間で、選手らがどれほどのレベルアップを果たせるか。それぞれの努力が、それぞれの結果に直結する。 [村川拓次] 試合後のコメント鴨下――他の4年生はリーグ戦を機に引退する人が多いです。「この試合に出ている4年生は自分だけです。就活があったので試合前に十分練習できませんでした。リーグ戦の時も自分の思うような練習ができなかったので、最後に本気で試合に出たいと思い参加しました」 山邑――次の試合の意気込みを聞かせてください。 「次が一番の勝負だと思っています。暑さはもちろん、70メートルなので風の影響が強くなります。昨年同様、しっかりインカレに出場して、結果を残せるように頑張ります」 荒井――リーグ戦を終えて新体制になりましたがいかがですか。 「新しい体制に馴染むのが難しいですし、1年生は14人も入部してくれたので、どのようにまとめていこうかと思っています。リーダーとしての姿勢を示して、点数でも引っ張ることができればと思います」
READ MORE

女子団体が復活のベスト4 王座の夢はリーグ戦に持ち越し/全日本学生選手権

 2年ぶりに神戸で行われたインカレ。台風の影響により、変則的な日程となる中、女子団体は準決勝まで勝ち上がり、ベスト4。射の美しさを評価され、射道優秀賞を獲得した。一方、男子団体は全国大会連覇が期待されたが、予選敗退となった。   ◆8・14~16 第67回全日本学生選手権(グリーンアリーナ神戸) ▼男子団体  明大――予選敗退 ▼女子団体  明大――ベスト4  台風の影響を受け、史上初めて個人戦が中止になるなど大幅な日程変更を余儀なくされた今大会。女子は予選から勝ち進み、準決勝で立命大と対戦。8中で同中となり、試合を決する同中競射へ。「競射で外してしまうのが弱さ」(廣谷はるか・農4=八戸北)。4中―5中と1本差で競り負け、敗戦。続く熊本大との3位決定戦でも7中―8中と表彰台手前で一歩かなわず、ベスト4で幕を閉じた。それでも「今年度で1番良い試合だった」(廣谷)。全関東学生選手権ではベスト16止まり、全国大学選抜では予選敗退。6月の2連戦は苦杯をなめた。「話し合いを長くして、チームを見つめなおした」(遠藤未來・営3=富士市立)。課題をチームで解決し、全国の舞台で結果を残した。    復活を印象付けた。遠藤は大前として出場。決勝トーナメント1回戦、準々決勝では皆中を達成するなど高い的中を収め、上位進出の立役者となった。1年次からレギュラーを張り続けたチームの主軸は、全関東ではメンバー漏れを経験。「底から脱するため、必死にもがいた」。様々な弓の引き方を試行錯誤の中で「自分の引き方を見つけることができた」。女子団体唯一のインカレ経験者として大一番に調子の波をしっかりと合わせてみせた。「下からチームを支えられる存在になりたい」。試練の時を乗り越え、一歩成長したエースから目が離せない。   「王座に出ることが目標ではなく、王座で優勝することが目標」(元川海徳主将・営4=川崎市商)。男女ともに9月に開幕するリーグ戦で優勝すれば、11月の王座への出場権を得る。全国大学選抜覇者の男子団体、今大会で復調を示した女子団体。本来の実力が出せれば、アベック出場は夢ではない。   [上松凜助] 試合後のコメント 寺本裕明監督 ――今大会を振り返っていかがでしたか。  「男子の結果は不本意でした。女子は期待以上に頑張った中で、手が届きそうなところで優勝をつかみ取れませんでした。3位決定戦もリードしていたのですが、最後連続で抜いてしまいました。いつもの試合以上に頑張ってくれたと思います」   元川 ――リーグ戦の目標をお願いします。 「自分たちが他大にプレッシャーを懸けられる存在にならないといけないと思います。確実に勝っていくには圧勝しないといけません。リーグ戦で優勝したら王座にいけるので、王座にいくのは大前提として王座で優勝したいです」   廣谷 ――ベスト4という成績に関してはどう受け止めていますか。 「出た3人中3人がすごく頑張ってくれて、遠藤と神中(美輝・法2=明大明治)が引っ張って支えてくれていい流れでできたのは本当に良かったです。近年なかなかインカレでいい成績が残せてなかったのでうれしいです。しかし、やっぱり順位を残したかったという気持ちが一番です」   遠藤 ――ベスト4という成績に関してはどう受け止めていますか。  「ここまで進めると思っていなくて、予選通って1回戦進めればくらいに思っていました。勝ち進んでいけたことはすごく楽しかったです。準決勝の立命大戦、3位決定戦の負けた瞬間はすごく悔しかったのですが、全体的にはいい試合で楽しかったです。得ることが多かったです」
READ MORE

法大に快勝!リーグ戦2連勝を果たす/関東学生リーグ戦

 初戦を勝利で収め、迎えた法大戦。法大のファウルから先制点を獲得すると明大のペースに。その後も得点を重ねていき、計11得点。守備ではゴーリー・桃井美沙(農3=鶴嶺)の好セーブもあり、11―3で法大に快勝。順調にリーグ戦2勝目をあげた。 ◆8・11~11・9 関東学生リーグ(富士通スタジアム川崎他)▼8・16 対法大戦(駒沢第一球技場) ○明大11{2─0、3─1、2─1、4─1}3法大  チャンスは逃さなかった。第1Q(クオーター)から積極的に攻め続け、法大のファウルを誘発。もらったチャンスに坂本季菜(農4=大和)がフリーシュートをしっかりと決め、首尾良く先制する。第2Q終了までに4点を追加し、5―1で迎えた第3Q。前試合で2得点をあげた岡部夏奈子(農3=日大三高)が裏からのシュートでこの日2点目を獲得すると、5分後にも立て続きにシュートを決め、3得点目で法大を突き放す。「良いイメージを持って臨めた」(岡部)と調子の良さを見せた。  その後は法大に攻められる展開が続き、明大のファウルでピンチを招くも「何が何でも止めようと思った」(桃井)。桃井がフリーシュートを2本連続で好セーブ。その他にも1on1のシュートを何度もセーブし、こちらも前試合に続いてチームの流れを引き寄せる活躍を見せた。  最終第4Qでもさらに4点を追加し「もう少し競った試合になると思っていた」(桃井)と11―3で法大に文句なしの勝利。次戦は昨年度優勝校・慶大。このままの勢いを保ち、3連勝を勝ち取りたい。 [岩田純] 試合後のコメント井川裕之ヘッドコーチ――課題を教えてください。 「オフェンス、ディフェンスともに1対1で勝てるようにというところが課題だと思います」 岡部――今回の試合を振り返っていかがですか。「前回の試合から期間がなくてあまり調整できず、厳しい戦いになると思いましたが勝てて良かったです」 ――桃井選手の好セーブが連発しましたがいかがでしたか。「チームに良い流れを呼んでくれたので次戦も期待しています」 桃井――第3Qでは1on1のシュートを何度もセーブしましたね。「すごく緊張しました。はじくでもなんでも良いから止めようと思い、フリーシュートに挑んでいました」 ――岡部選手が3得点をあげましたがいかがでしたか。 「いつもシュート練習を一緒にやっているので、誰が決めるよりうれしかったです」 
READ MORE

11得点で打線好調! 社会人の強豪・SUBARUに快勝する/夏季オープン戦

 社会人の強豪・SUBARUとの一戦。昨年度、0―8で大敗しているだけに負けられない試合。明大は前半まで一進一退の攻防を繰り広げるも、終盤に叩き込み11―5で勝利を飾った。 選手層の厚さをみせた。初回、今春大活躍した顔ぶれのクリーンアップが3連打で先制点を挙げる。すると続く6番・公家響内野手(政経3=横浜)もここぞとばかりに安打。7回には今試合外野手として出場した市岡奏馬投手(情コミ3=龍谷大平安)も負けじと2点3塁適時打。試合を通して、春季リーグ戦では出場機会の少なかった選手らが躍動。秋に向け首脳陣に大きくアピールをしてみせた。 一方投球では、6回から投げた長江理貴投手(文4=帯広緑陽)がテンポ良い投球で2回を1安打無失点に抑える。続く伊勢大夢投手(営4=九州学院)は最終回に2失点を喫するも、踏ん張りをみせ見事セーブ。投打で社会人相手に勝り、昨年度のリベンジを果たした。 秋季リーグ戦開幕まで残り1ヶ月。主力選手に負けずと多くの選手が調子の良さを披露し、熾烈(しれつ)なスタメン争いが繰り広げられる。[下神大生] 
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内