竹田が初完投! 血の明法戦の初戦を勝利で飾る/東京六大学春季リーグ戦

    投打がかみ合い競り勝った。先発の竹田祐投手(政経4=履正社)は、自身初の完投勝利を挙げエースの貫禄を見せつける。打ってはルーキー・宗山塁内野手(商1=広陵)が決勝打となる右越本塁打を放ち、相手エースをノックアウト。価値ある1勝を挙げた。(明)○竹田―植田(法)●三浦、武冨、尾﨑、古屋敷―舟生、大柿【安】(明)5(法)5【本】(明)宗山(5回)(法)三浦(5回)【二】(明)植田(2回)、村松(6回)(法)後藤(7回)(明)◇犠打5 丸山2(6、8回)、上田(6回)、竹田(7回)、堀内(9回) ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁2 陶山(3回)、村松(3回) ◇失策1      気迫の投球を見せた。エース・竹田は、法大打線に的を絞らせず、打たせて取る投球でアウトを重ね、序盤はスコアボードに0を並べる。5回裏に相手投手の三浦(法大)に本塁打を浴びたが、その後は走者を背負いながらも法大打線に三塁を踏ませず。終わってみれば、9回を投げ107球。要所を締める投球で、〝11番〟にふさわしい投球を披露した。    エースの好投に打線も応えた。1点を失った直後の6回表、先頭の村松開人内野手(情コミ3=静岡)が二塁打で出塁すると、4番・上田希由翔内野手(国際2=愛産大三河)が犠飛を放ち1点を追加。明大らしい粘りの野球で、法大に流れを渡さなかった。    期待のルーキーも躍動した。3回から途中出場した宗山が5回表、好投手・三浦の初球を捉えると、打球は右翼手の頭を越えスタンドへ。この本塁打が、リーグ戦初安打となった。第2打席でも右前に打球を運び、これからの活躍を予感させた。    負けが許されない中で序盤に先制点を奪い、試合終了まで終始主導権を握り続けた今試合。「先制、中押し、ダメ押しをしていきたい」(村松)。まさに理想的な形で勝利を収め、勝ち点1を手にした明大。翌日も好投手がそろう法大をチーム一丸となって打ち崩し、4季ぶりの優勝に向けて突き進みたい。 [伊藤香奈]
READ MORE

(19)法大戦事前インタビュー① 三浦銀二主将、古屋敷匠眞投手

(この取材は3月16日に行われました) 三浦銀二主将――現在の調子はいかがですか。 「順調に調整は進めています。チームはいい雰囲気でやっていて、オープン戦はそこまで勝っているわけではないのですが、その中でも雰囲気だけは崩さないように心掛けてやっています。個人的には、昨年度はチームに貢献できていないと思っているので、今年度はよりチームに貢献できる投球ができればと思っています」 ――冬の取り組みを教えてください。 「昨秋の最後の方に痛みが出て投げることができなかったのですが、その期間がちょうど自分に向き合って考えるいい時間になって。自分の武器はストレートだと思って、この冬はストレートで空振りやファウルが取れるように練習していました。そのためには下半身を安定させないといけないので、ウエイトや走り込みは意識的にやっていました」 ――昨年度を振り返っていかがですか。 「自分のフォームやバランスを崩してしまっていて、打者に向かっていく気持ちが足りなかったと思っています。そこは自分の中で克服してきているので、そういった意味でいい1年だったのかなと思います。(チームとしては)秋は自分たちの野球がなかなかできない悔しいシーズンになったので、その悔しさをみんな持っています。先輩たちが味わったその思いを晴らせるように練習しています」 ――主将に就任されてから、意識の変化などはございましたか。 「3年生までは自分のことを中心にやっていたのですが、主将という立場を与えられたので、もっと周りを見るようになって、今までは指摘してこなかったようなこともしっかり指摘したりと、チームがより良い方向に向かうように行動するようになりましたね」 ――どんな野球をしていきたいですか。 「一人一人が優勝に向かってベクトルを合わせてやっていけば、おのずと締まった試合になると思うので、そういう意味では練習からしっかり意思統一をしてやることを意識しています」 ――三浦主将が期待を寄せる選手はいらっしゃいますか。 「平元銀次郎(投手・法大)です。同じ投手というのが大きいのですが、彼が今まで苦しんできた姿を自分は見てきているので。頑張ってほしい選手の1人です」 ――明大の印象はいかがですか。 「細かい野球をするチームだという印象ですね。足を絡めてきたり、繊細な野球をしてきます。自分で投げていても、一人一人のバッターに神経を使わないといけないので、嫌ですね」 ――警戒する選手はいらっしゃいますか。 「丸山(和郁主将・商4=前橋育英)ですかね。足もそうですが、打撃の方にもパンチ力があるので、塁に出したくないですね」 ――今年度の目標を教えてください。 「個人としては、チームを優勝に導く投球をしたいので、防御率にこだわってやっていきたいと思っています。チームとしては、リーグ優勝、全日本優勝まで見据えて、無駄な試合がないように、負けない野球をやっていこうと思っています」 ――ありがとうございました。 古屋敷匠眞投手――昨年度を振り返っていかがですか。 「春に関しては自分の中で非常に悔しい思いがありましたが、秋に関してはとても収穫がありました。神宮で投げられたこともそうですし、自分の自信のある球で抑えられたのが自信になりました」 ――イップスになられたとお聞きしました。 「春季リーグ戦でもあったのですが、力が抜けて捕手が捕れないようなところに球がいってしまいました。それがだんだん悪化して、キャッチボールなどでも球が抜けて、変なところに飛んでいくというのはあります。(イップスになった時は)『もう野球をやめようかな』と思いました」 ――治療法というのはどのようなものでしたか。 「イップス研究所というところに通って、無意識のメンタルトレーニングや技術指導をしていただきました。治療期間は2ヶ月くらいでした」 ――新体制になってから変化はございますか。 「加藤(重雄)監督が投手出身ということもあって、投げる時の技術指導をしてもらっています。いろいろと教えていただいて、自分の中でしっかりと吸収できているのではないかと思います」 ――明大打線の印象はいかがですか。 「足が速い選手が多くて、しっかりと打線になっている印象ですね。特に丸山や陶山(勇軌外野手・商4=常総学院)は嫌ですね」 ――今シーズンの意気込みをお願いします。 「春季リーグ戦で優勝して、全日本選手権でも優勝して日本一になれるように頑張りたいです」 ――ありがとうございました。 [加川遥稀、久保田瞬](2枚目写真はスポーツ法政新聞会)
READ MORE

(20)法大戦事前インタビュー② 齊藤大輝内野手、岡田悠希外野手

(この取材は3月16日に行われました) 齊藤大輝内野手――昨年度を振り返っていかがですか。 「春に優勝できて、その流れで秋に臨んだのですが、優勝できなくて悔しい思いをしました。油断などはなかったと思うのですが、結局、試合に勝てなかったので一人一人の詰めの甘さが出たのかなと思います」 ――個人としての課題はございましたか。 「自分の持ち味は打撃だと思うのですが、打率が上がらなかったです。秋にレギュラーを獲れず、悔しい思いをしました。今季はしっかりとレギュラーをとってチームに貢献したいです」 ――出場機会は年々増加していると思います。 「レギュラーを獲れていないという部分はあったので、まだまだ自分の成長は止まらないなというのはありますね。出場してこその成長もあって、経験を積むことで『(相手が)何を考えているのだろう』とか『次の球はこれが来そうだな』というのは経験が大事だと思います」 ――冬はどのような調整をされましたか。 「ひたすら振り込みですね。ひたすらに振り込んで、手にマメができるくらいずっと振り込んでいました。自信を持って今季に望めたらなと思います」 ――明大の印象はいかがですか。 「やはり伝統的な血の法明戦というのがあるので、本当に負けられないというイメージはありますね。年々ドラフト1位級の良い投手が出てくるので要注意です」 ――今シーズンへの意気込みをお願いします。 「昨年度の春は優勝しているので、自分も後輩などを引っ張りながらまずは春を優勝できるように頑張っていきます」 ――ありがとうございました。岡田悠希外野手――今年度は副将に就任されました。 「銀二(三浦主将・法大)が投手で主将なので、野手は自分が先頭に立ってやっていければと思うのと、投手兼主将で気付かないこともあるので、助け合いながらやっていければいいなと思います。自分はそれほど厳しいことは言いませんが、練習を始める前などにしっかり『気合入れていこう』と言っています」 ――昨年度を振り返っていかがですか。 「良いことも悪いこともありました。打撃ではずっとメンバーに入るか入らないかという感じだったのですが、実際にリーグ戦に立ってみていけるなと思いました。最初は良かったのですが、後半につれて打ち損じが多くなってアウトになるというケースが多かったです」 ――1番としての出場機会が増えました。 「1番はやったことがなかったので、新しく始めた打順で対応できたのは良かったと思います。自分の中で1番をやってみて、自分が先頭で出塁してチームに流れを持っていこうと思いましたし、やっていて楽しかったです」 ――4年生になり心境の変化などはございましたか。 「大学野球最後の年でもありますし、今年結果を残せなかったら終わるというか、最後の年くらいの覚悟でやれているので、気合い十分です」 ――チームのキーマンはどなたでしょうか。 「自分と言いたいですが、やはり投手陣ですね。古屋敷(匠眞投手・法大)、銀二郎(平元投手・法大)、銀二、山下(輝投手・法大)。その4人がキーマンだと思います」 ――明大投手陣の印象はいかがですか。 「球も速くて変化球のキレがいい投手が多いなという印象です。竹田(祐投手・商4=履正社)や石原(勇輝投手・商2=広陵)の印象が強いです」 ――今シーズンへの意気込みをお願いします。「自分の最後の年になるので、六大学野球をやり切れて終われたなと思えるように、悔いのないようにプレーして日本一になります」 ――ありがとうございました。 [久保田瞬] (写真はスポーツ法政新聞会提供)
READ MORE

(21)慶大戦 選手コメント/東京六大学春季リーグ戦

(この取材は4月27日~5月5日、電話にて行われました) 丸山和郁主将(商4=前橋育英)――慶大戦を振り返っていかがですか。 「1回戦は勝てた試合でした。粘らなければいけないところで粘れず、押し切らないといけないところで押し切れませんでした。そういうところが響いて逆転負けしたのだと思います。2回戦はミスも目立っていて、流れを完全に持ってくることができませんでした」 ――ご自身の調子はいかがですか。 「良くはないですがヒットは出ていると思います。ただ、チャンスで打つことができていないので、主将としてもっと打ちたいです」 ――法大は好投手が多いですがどのようなところがカギになるとお考えですか。 「1人で向かっていくのではなく、9人で束になっていきたいです。個人的には、守備でも打撃でもチームに貢献したいです」 磯村峻平投手(文4=中京大中京)――慶大戦を振り返っていかがですか。 「あれだけ(打撃陣に)点を取ってもらって負けたので投手が悪い試合でした」 ――法大戦に向けての意気込みをお願いします。 「連敗していて雰囲気も悪いと思うのでしっかり法大に2勝して、残りのカードに向けていい流れで持っていけるように頑張ります」 植田理久都捕手(国際4=高松商)――慶大戦で見えた課題などはございますか。 「2試合とも投手陣は頑張ってくれたと思います。野手陣がもっと点を取っていれば投手は楽に投げられたのかなと感じます。打撃面は、1回戦は残塁が多く、2回戦はピンチの後の好機を生かせませんでした」 ――本塁打を打った時の感触はいかがでしたか。 「打った瞬間『入ったな』と思いました。結構完璧でした」 篠原翔太内野手(政経4=報徳学園)――2回戦目は無観客で行われましたが影響などはございましたか。 「声の通りは良くなりましたが、応援がないとつまらないと感じました」 ――今後への意気込みをお願いします。 「これからの3カード勝てるように頑張ります」 陶山勇軌外野手(商4=常総学院)――ご自身の調子はいかがですか。 「調子自体、本当に悪くなくて『どんどん積極的に振っていこう』という意識が良い結果につながっているのだと思います。オフ期間にいろいろな方が明大のグラウンドに足を運んで下さり指導してもらったおかげで、自分のバッティングが見つけられるようになりました」 ――1番打者として意識していることはございますか。 「初回の先頭打者のときに、自分がどんどん振っていく姿勢を見せようと考えています」 ――法大戦ではどのようなことが重要になってくるとお考えですか。 「法大は良い投手がそろっているので好機は少ないと思いますが、守備でいいリズムをつくってそこから1本出して、1点差でもいいので勝ちたいです」 髙橋聖人投手(商4=小諸商)――ご自身の投球を振り返っていかがですか。 「全体としてはよく収められたと思うのですが、初回の立ち上がりが悪く2失点してしまったのでそこは反省しています」 ――法大戦に向けての意気込みをお願いします。 「ここからは負けられない戦いになるので、一戦一戦勝ちにこだわってやっていきたいです」 竹田祐投手(政経4=履正社)――慶大戦での投球を振り返っていかがですか。 「ピンチで粘り切れなかったのがすごく悔しいです。回を追うごとに体が突っ込んでしまって球が高めに浮いたので打たれてしまったのだと思います」 ――無観客試合が続きますがいかがですか。 「無観客で応援団もいないので少し寂しいですが、やるべきことは変わらないので全力で投げていくしかないと思います」 村松開人内野手(情コミ3=静岡)――慶大2回戦の最終回での安打には執念を感じました。 「次戦に向けて3人で終わらせたくなかったので、そこは1本出て良かったと思います」 ――法大戦への意気込みをお願いします。 「序盤から点を重ねて、先制、中押し、ダメ押しというふうにいけるのが最高な形だと思うので、上位を打つ身としてはチームに勢いを与えられる打撃をしたいです」 山田陸人内野手(法3=桐光学園)――慶大戦を振り返っていかがですか。 「我慢しなければいけないところで我慢できなかったのでチームの弱さだと思います」 ――2試合目は無観客でしたがいかがでしたか。 「やはりやりづらいです。声は通りますが、違和感はあります」 上田希由翔内野手(国際2=愛産大三河)――慶大戦で調子が上がらなかった要因を教えてください。 「打ち気になりすぎていたと思います」 ――法大戦勝利へのカギはどうお考えですか。 「4番が打たなければいけないと思います」 ――ありがとうございました。 [硬式野球部担当一同]
READ MORE

格上松蔭大相手に反撃及ばず敗戦/関東大学女子選手権

 勝負どころで決めきれなかった。今試合の相手は2部Aリーグに所属する松蔭大。前半から相手の素早い攻撃を止められず、リードを許してしまう。後半も相手のディフェンスに阻まれ、流れをつかめない展開に。終始リードを許し、67―90と今大会3回戦目で敗退となった。 ◆4・24~5・9 第55回関東女子選手権(各大学体育館)▼5・5 松蔭大学 (浦安市総合体育館) 明大67{16―26、21―24、17―23、13―17}90松蔭大◯   スターターは、G西来実主将(理工4=鵬学園)、G沖咲月(文2=埼玉栄)、G新林未悠(理工1=湯沢翔北)、F佐藤美怜(文3=安城学園)、C大和千夏(文4=埼玉栄) 攻守であと一歩及ばなかった。第1Q開始早々沖がシュートを決め、幸先よく先制する。しかしその直後「簡単にボールを回されてしまった」(西)。相手の素早いボール回しに翻弄(ほんろう)され、すぐに逆転を許してしまう。その後も相手ペースで試合が進み、37―50とリードを許したまま前半を折り返した。続く第3Qでは近藤はづき(法1=安城学園)がリバウンドから素早いドリブルでゴール下へ。見事シュートを決めて流れを引き寄せたものの、最後まで相手の固いディフェンスを崩すことができないまま試合終了。「勝負どころで決められるかどうかが相手との違い」(沖)。何度もあったチャンスをモノにできず、ほろ苦い黒星を喫した。  新チームとなり初の公式戦での敗戦となった。それでも格上相手に「オフェンスはうまくいった部分もあった」(西)と選手は前を向いている。次に見据えるは秋のリーグ戦だ。昨年度は新型コロナウイルスの影響で入替戦が無くなり、昇格のチャンスが失われた。昨年度の悔しさを晴らすためにもチーム一丸となって昇格してみせる。 [宮本果林] 試合後のコメント西主将――格上の相手でした。 「ディフェンスに関してはボールを簡単に回されすぎてしまい簡単に3Pシュートを打てれてしまったのでもう少し修正していきたいです。ですが、逆にオフェンスはみんなドライブとかができていて上位が相手でも通用すると思ったのでその部分をもう少し伸ばしていきたいです」 ――今後の意気込みを教えてください。 「4年生にもなって出場できる試合の数もだんだん少なくなっていくので、1試合1試合を大切にしていきたいです」 沖――相手のディフェンスはいかかでしたか。 「ディフェンスは結構固かった割には点数を取れなかったわけではないのでよかったです。シュート力など、今練習してないことをこれからのリーグ戦に向けてやっていくので、もう少し点数を取れるようになると思います」 ――新人戦への意気込みを教えてください。 「まずは自分たちができることをやり、勝敗というよりも内容にこだわって頑張っていきたいと思います」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読