エースが躍動 日体大に3―1で勝利!/秋季関東大学1部リーグ戦

 勢いに乗って向かえた日体大戦。第1セットはミスや相手エースに苦しむも第2セットからは本来の力を見せセットカウント3ー1で試合終了。全勝チームを相手に見事勝利をあげた。 ◆9・7~10・26 秋季関東大学リーグ戦(駒沢オリンピック公園総合運動場体育館他)◆9・15 対日体大戦(キッコーマンアリーナ)○明大3{22―25、26―24、25―22、25―17}1日体大 <スターティングメンバー>(ローテーション順)OH(アウトサイドヒッター)鎌田佳朗(法4=東亜学園)、MB安井恒介(政経1=尼崎市立尼崎)、OP池田颯太(営3=松本国際)、OH島波輝(政経3=皇學館)、MB三輪大将(政経2=高川学園)、S上林直澄(法3=東亜学園)、Li鳴尾空海(商2=習志野)、Li瀧田大輔(商3=洛南)  頼れるエースが流れを変えた。1ポイント目はチャンスボールのお見合いにより献上してしまう。「立ち上がりが良くない」(鈴木康時監督)。この後もレシーブミスや、相手エースを止め切れず「好きなことをされた」(安井)。見せ場なく第1セットを落とした。完全にリードを奪われた明大だったが、流れを引き寄せたのはエース・池田だ。「思い切ってやれていた」(鈴木監督)。最大の武器であるサーブで相手のレシーブを崩すし、好機を演出。最後は、ライトから放たれる強力なスパイクでとどめを刺し、第2セットを奪い返した。迎えた第3、4セットから、強みであるセンター線が躍動する。「(上林から)センター線が強いと言ってくれる」(安井)。セッター・上林からの期待に、三輪、安井の両ミドルブロッカーが次々にスパイクで応えていく。「やっている中で良い流れにできた」(上林)。乗ってきた明大は、本来の力を取り戻し、セットを連取。3ー1で、リーグ戦無敗の日体大に勝利した。  次戦の相手は、秋季から1部昇格した青学大との一戦。強豪・筑波大に勝利をあげるなど勢いのあるチームだ。「チームの雰囲気としてやりずらい」(池田)。しかし、優勝争いに絡むためにも負けるわけにはいかない。立ち上がりからエンジン全開で勝利をつかみ取る。 [入野祐太]  試合後のコメント鈴木監督――勝因を教えてください。「後半からレシーブが上がり始めてきたので、自分たちのリズムをつくることができました」 池田――試合の振り返りをお願いします。 「日体大は全勝中で、プレッシャーがありましたが、勝っててよかったと思います」 安井――個人的な調子はいかがでしたか。「スパイクはいつも通り決まっていました。しかし勝負所で託された場面ではミスが出たり、向こうに流れがきそうな場面でミスしてしまいました。その一本でというミスが多かったという印象です」 ――次戦に向けて意気込みをお願いします。 「この日体大戦が勝負所だったと思うので、取り切ったというのは大きいです。来週の戦いでもサイドアウトをしっかりして、自分たちのバレーをやれば負けないと思います。どれだけ本番でやってきたことを出せるかにかかっていると思うので、頑張ります」
READ MORE

東大に勝利するも歯がゆさ残る/秋季リーグ戦

秋季リーグ2戦目は東大との対戦。前節に引き続き、大量得点での勝利を目指す明大は第1Q、WR#5九里遼太(政経4=明大明治)のTD(タッチダウン)で先制する。このまま差をつけたいところだったが、2度のインターセプトで思うように点を積み重ねられず。勝利こそつかんだものの、次への課題が残るゲームとなった。 ◆8・31~11・24 秋季リーグ戦(アミノバイタルフィールド他)◆9・15 対東大戦(AGFフィールド)○明大28{7―0、7―3、0―0、14―7}10東大 ディフェンス陣の活躍が光った。第1Q、九里がパスを受け、相手ディフェンスを突破。先制のTDを奪った。第3Qでは2度のインターセプトを許すも嫌な流れはディフェンスがすぐ断ち切る。「オフェンスのミスをリカバーできた」(LB#1徳茂宏樹・国日4=関西大倉)とインターセプトの直後も強固な守備で無失点に抑え、流れを引き渡さない。第4Qには再び点差を広げ、オフェンス陣がなんとか意地を見せた。「ディフェンスに助けられた試合だった」(RB#32小泉・政経4=足立学園)。勝利こそしたものの、得点につながる再三の好機を逃したオフェンス陣。「東大との試合で得られたものは大きい」(小泉)。修正が次へのカギとなる。  次戦の相手は鉄壁のディフェンスを擁する慶大。勝利には攻撃陣の活躍が絶対条件となる。「先制して試合を作っていきたい」(OL#56北村遼太朗主将・総数4=関西大倉)。ディフェンスへの恩返しは次戦で果たす。 [市瀬義高] 試合後のコメント北村主将――試合の振り返りをお願いします。「点数でいうと40〜50点ぐらいのゲームだったと思います。こういうゲームをしていると、この先勝てないと思うので、そこを頑張らないといけないという試合でした」 徳茂――夏休みの練習はどうでしたか。「夏休みは学校もなくて、部活に集中できる期間でした。自分たちの強みは団結力だと思っています。フィールドに出ている人、出ていない人全員が勝ちに向けて、役割を全うできるようになったが夏休み中に成長した部分だと思います」 ――次戦への意気込みをお願いします。「個人としてはトップ8のロスタックル数ランキングで一位を狙っているので、次戦でも積み重ねていきたいと思います。チームとしては日本一の目標を掲げているからこそ大差をつけて、圧倒的な力で見せつけて、他の大学の脅威になるような試合をしたいと思います」 小泉――残った課題を教えてください。「まだまだ足りないのかなってことがあって、何かに秀でていても何かできてなかったらやはりダメだと思います。今できていないことを残りの5試合でどれだけ修正できるか、今できていることをどれだけ伸ばせるかが甲子園につながると思っているので、それは自分たちの課題だと思ってこれから精進します」 
READ MORE

日体大に完封勝利 対抗戦・前半戦を最高の形で締めくくる/関東大学対抗戦

 他大の追随を許さない。対抗戦3戦目は外国人留学生を擁する日体大との一戦。開始早々から勢いに乗った明治はトライを連取し、前半で54得点。後半に入っても得点を重ね、103点差をつけて完封。筑波大、成蹊大に続く連勝で、対抗戦・前半戦を最高の形で締めくくった。 ◆9・15 関東大学対抗戦(足利市総合運動公園陸上競技場)▼対日体大戦 ○明治103 {54ー0、49ー0} 0日体大  疾風怒濤の攻撃で難敵を打ち負かした。ゲームが動いたのは前半7分。BK陣が相手のラインを崩す、テンポの速い展開で前進。「うまくスペースにボールを運べた」(キャプテン・フッカー武井日向・商4=国学院栃木)。相手のギャップをついたスクラムハーフ飯沼蓮(営2=日川)からパスを受けた武井がインゴール右隅にグラウンディング。このトライを皮切りにチームに勢いがつき始め、その後も得点を連取。前半を54ー0で折り返した。後半に入っても攻戦一方の展開は変わらず。「自分たちのラグビーができた」(ナンバーエイト坂和樹・政経4=明大中野八王子)。左ウイング山﨑洋之(法4=筑紫)を始めとしたBK陣の縦を突く鋭い攻撃で得点を重ね、最終的に15トライ103得点。途中メンバー交代がある中でも、終始試合の主導権を握り続けた明治。昨年度の対抗戦(○31-17)で苦戦を強いられた相手に、今年度15人制初のパーフェクトゲームで白星を飾った。  選手各々がスポットライトを浴びた。切れ味鋭いステップで相手を翻弄した山﨑は今試合、計3本のトライを挙げるハットトリックを達成。またスタンドオフ山沢京平(政経3=深谷)はコンバージョンキック14本全てを沈める大活躍を見せた。「試合の内容にフォーカスすることで次につなげる」(坂)。結果よりも内容を重視することが連勝に起因しているのは間違いない。ここからはワールドカップ期間(9月20日~11月2日)に突入する。「この期間でいかに成長できるか」(武井)。チーム力を一段と上げて、より強くなった明治に期待がかかる。 [内山嶺] 選手のコメントはこちら
READ MORE

秋季リーグ開幕! 駿河台大に白星発進/関東学生秋季1部リーグ戦

 ホッケーの秋が始まった。初戦の相手は駿河台大。2020年の東京オリンピックのために新設された大井ホッケー競技場での初試合ともなった初陣は5―2で勝利を飾った。  試合開始3分。エース・FW太田陸登(理工4=今市)の一発で幕が開けるとFW大森行洋(商1=伊吹)が続き、第1Qで2点を先制。「いいテンポで2点取れた」(MF舘亮佑主将・政経4=丹生)と上々の立ち上がりを見せた。さらに序盤からの頻繁な選手交代で大森をはじめベンチメンバーも多数出場。慣れないグラウンドでの試合となったが、多くのメンバーがゲームを経験し、2失点にまとめた。 白星発進にも課題の見つかる一戦となった。「7割くらいの出来」と小池文彦監督。第3Qでは、終始ボールをキープするも「DF陣がかみ合わなかった」(DF古川裕大・政経2=伊万里商)。攻撃の起点をつくれずシュート数はゼロ。「練習でのズレを修正しきれていなかった」(古川)とミスを引きずる内容となった。守備面でも第2QにPC(ペナルティーコーナー)での失敗からカウンターを受け、失点。8月は国体の影響から全体練習の時間が十分に確保できず、連携の部分で反省点を残した。  次戦の相手は法大を破り、勢いに乗る慶大。これまでの対戦では相性の良い相手だが「自分たちはチャレンジャー。勢いに負けることなく力を出したい」(舘)と油断はない。DF陣をはじめ、課題を克服し、全勝でプール通過を目指す。 [中野拓土] 試合後のコメント小池監督――試合を振り返っていかがですか。 「出来は悪かったです。得点が2点止まりで、前半にもう1点取れていたら楽な展開になったと思います。初戦の緊張感でリズムが作りにくくなってしまいました。最後は3点差を付けられましたけど、前半のうちにあのような展開にしたかったです」 舘――今日のフィールドの感触はどうでしたか。 「走っていて疲れやすいコートかなと思いました。八幡山とはバウンドの感覚が違います。ボールが進まないなどドリブルするときとかには少しやりづらさはありました」 ――初戦に向けてはどのような準備をしてきましたか。 「徹底するということをこれまで取り組んできました。セカンドに入ること、球際を強くすることなどを徹底していて、要所では出ていたかなと思います」 太田――第1Qで2点と入りは良かったように思います。 「1点目と2点目がすぐに入って、試合の入りとしてはスムーズで良かったです。ただ逆にディフェンスが甘くなってしまったのが課題で、そこで追加点を入れるか、失点をしないということをやっていかないと後味の悪い試合になってしまうなと思います」 古川――次戦への意気込みをお願いします。 「慶大はガッツがあって気持ちでくる場面が多くて、法大にも勝って勢いに乗っているのでそこをしっかり抑えて攻撃につなげていければいいなと思います」
READ MORE

女子団体は盤石の強さで完全優勝 男子団体は2大会連続の2位/関東学生秋季大会

 10月のインカレへ準備は万全だ。女子団体は昨年度に続いて完全優勝を達成し、男子団体は7月の日本学生選抜から連続の2位。男女とも上位に進出し、実りの秋を迎えた。 ◆9・12~15 関東学生秋季大会(長瀞射撃場)▼女子総合 明大――1位▼男子総合 明大――2位  女王は今大会も健在だ。昨年度、2位の日大に1点差で競り勝った女子団体。今年度は40点以上の差をつけ完全優勝を果たした。これで昨年度の秋関から4試合で3度の完全優勝。絶対的女王のスローガンは〝自分のいつも通りの射撃を〟。勝利へのこだわりを強く持つよりも、それぞれが自己ベストの更新を目指すことが強さの秘訣だ。「3、4年生がサポートしてくれて、雰囲気がとても良い」(佐々木琉杏・農2=北海道科学大)。個の実力を伸ばす明大のチームワークの良さは、女王の座をさらに確固たるものにしている。  偶然は必然へと変わった。日本学生選抜での2位から順位を維持した男子団体。しかし今大会の〝2位〟は選抜とは明らかに内容が違った。選抜では「正直棚ぼただった」(髙田裕介・政経3=到遠館)と、総合点数でわずかに東洋大を上回り2位。しかし今大会は3位の中大に20点以上の差をつけてみせ、つかみ取った〝2位〟。自信のつく結果を残した。  集大成のインカレは来月に迫っている。黄金期を迎えている女子団体の総合優勝は期待大だ。3年ぶりの優勝を狙う男子団体のカギは、王者・日大と互角に戦えるかどうか。「全員点数5点アップ」(髙田)により王者と競り合いたい。今大会も100点近い差をつけられている日大はまだ目標だが、インカレでは王座を脅かす存在へ。悲願のアベック優勝を射止めるのは、明大だ。 [前田彩貴] 試合後のコメント佐藤綾乃主将(法4=盛岡二)――女子は2年連続の完全優勝です。 「女子は昨年度の秋関から選抜を除いて完全優勝できています。本当に頑張ってくれています。みんな頑張っているのは分かっているので、私は頑張れとは言わず『自分のいつも通りの射撃を』とミーティングで言っています。その時のベストを毎回出してくれていて、良いレギュラーを選んだと思います」 ――来月のインカレに向けて意気込みをお願いします。 「女子はこのまま良い波に乗って、インカレまではそれぞれ点数を伸ばせるようにそれぞれ頑張ってほしいです。男子は3位や4位が続いていたのですが、今回2位に順位を上げられたので、少しずつですが確実に成長していると感じます。インカレの優勝は男女総合優勝なので、残り少ないのですが、インカレまでに挟まる国体も使って試合に慣れていくことが大事だと思います」 浅井優汰(法3=竜ケ崎一)――7月の日本学生選抜大会から連続の2位です。 「選抜でAR(エアライフル)、SBR(スモールボアライフル)両方とも3位で総合2位ということができるんだという気づきが夏もっとやろうというきっかけになりました。選抜から点数がすごく上がっているので、インカレにつながる重みのある2位になりました」 髙田――女子総合が完全優勝しました。 「身近である上で本当に尊敬に値する存在です。良いライバルでもあって切磋琢磨していければ良いです。ただもう根本的に強さが桁違いに違うので。自分たちが必死で頑張って出した得点を軽々越えていくので不思議ですね(笑)。サポートも受けつつ、男子も上がっているので、女子の力も借りつつ頑張ります」 ――インカレに向けて意気込みをお願いします。 「男子の目標は全員点数5点アップです。自分たちは主将が決めた目標に向かってただ進むだけという思いです。打倒日大です。AR(エアライフル)の男子が下級生なんですけど、どこまで粘ってくれるかだと思います。なんとかアベック優勝できればという思いはあります。個人的には来年度自分が主将になるので、来年度に向けてとても大事な大会になると思います」 佐々木――今大会の収穫と課題を教えてください。 「気づきが多くありました。これまで自分は撃っている時に1人で悩んでしまい、ネガティブな感情になってしまうことが多かったです。今大会で笑顔をつくると力が抜けるということを周りが教えてくれて、リラックスして撃つことができるようになりました。プレッシャーを感じすぎず、自分の射撃をどれだけ発揮できるかが大事だと思いました」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内