(2)全日本インカレを終えて 4年生引退インタビュー 主将・小倉晴太

 今年度の戦いを終えたヨット部。11月に行われた全日本学生選手権(以下、全日本インカレ)では、13年ぶりに6位以内に入り総合入賞を果たすなど、充実の一年となった。昨年度は上級生の代が不在という厳しい状況を経験しながらも、2年間、屋台骨として常にヨット部を支えてきた4年生。引退を迎えた現在の心境を主将、副将に伺った。第2回は主将の小倉晴太(法4=磯辺)のインタビューをお送りします。 ――11月に行われた全日本インカレを振り返ってみて、改めていかがでしたか。 「13年振りの総合優勝、470級のリーダーとして470級の入賞を達成して、素直に嬉しかったです。最高の終わり方ができました」 ――入賞が決まった瞬間はどんな気持ちでしたか。 「陸に帰ってきた時点では入賞しているかが全くわからなくて、確定したのが1時間半後位でした。帰ってきた時は多分入賞しているだろうと、片付けに移っていたのですが、発表された時はやっぱり嬉しかったです。決まった瞬間は実感もわかなくて、ただ表彰式で賞状を手にした時はこの4年間が報われたと思えました」 ――学生として臨む最後の大会で、個人としてはどのような気持ちで臨みましたか。 「競技自体はまだ続けるかもしれないですけど、学生としては最後のレースだったので、自然と楽しむ事できたと思います。結果が良かったので、全日程楽しむことができました。最終日に入るところで既に入賞圏内だったので、いつも通りやることを意識しつつ、個人としても一つでもいい順位で帰って来ようと思っていました」 ――好成績の要因を教えてください。 「現実的なところでいえば4年生の僕と朝倉が個人成績で10番以内に入ったことです。もちろん2番艇、3番艇も頑張ってくれました。3年連続で両クラス全日本に出場すらしていないチームだったので、2年間つくりあげたチームを信じて、大会期間中も緊張しなかったです」 ――470級は久々の全日本出場となりました。 「現実的に考えて優勝できないような位置づけだということも理解しながら、でもやれると信じて、ある意味周りからのプレッシャーはなかったと思います。最後まで自分たちのやり方を貫くことができたというのも大きいです」 ――「自分たちのやり方」とは具体的にどういったものですか。 「例えば、大会一週間前に会場の西宮に前乗りしたのですが、西宮の海って風がないんですよ。その中でほとんどの大学が練習しようとするのですが、風がなければ自分たちは海に出なかったです。だから、大会期間中もほぼ海に出ていないです。他を気にせず自分たちのやり方を最後まで貫きました」 ――全日本インカレ総合入賞はチームで追い続けてきた目標でもありました。 「もともと優勝するという目標を持っていたのですが、目標というのは達成しなければいけないものなので、今年のシーズンに入る前に、達成すること前提で入賞という方に下方修正しました。なので、ある種当たり前のことが出来たなと思います。もちろん達成感もあります」 ――上級生のいない2年間は大変でしたか。 「自分は自分のやり方を貫き続けてきたという感想です。実力がみんなよりも高い位置にあったということは自覚していたし、そのやり方が最後の最後に結果に結びついて安心しています」 ――主将に就任した際と今では気持ちに変化はありますか。 「気持ちの部分ではそんなに変わっていないですが、いろいろな部分で成長することができたと思います。大きく違うのが視野が広くなったということです。同じ勝ちたいという思いを持っていても、2年前と比べたら色々な観点からそこに結び付けられるようになったので、変化はあると思います」 ――4年間で一番辛かったことは何ですか。 「周りの部員とのモチベーションや力のギャップがある中で、周りと分かり合うことが難しかったです。どこまでが正解なのか、迷う期間も長かったです。代も毎年入れ替わる難しい環境の中で、やはりチームで勝つというのは個人で勝つより難しくて、周りを巻き込むという所が一番大変でした」 ――逆に、楽しかったことはありましたか。 「競技面で言ったらやはり成績を出した瞬間です。関東の個人で入賞した瞬間とか、最後の全日本インカレとか、自分が結果を出せたことはものすごく覚えています。あとはこの4年間を通して先輩、後輩、OB、OGと色々な方と出会って、その方達とヨット以外の時間を過ごすことが楽しかったです」 ――この4年間で一番印象に残っている出来事を教えてください。 「全日本インカレを除くなら、4年生の春の個人選手権で同期の横井と乗ったレースは結果としても良かったし、今でも印象に残っています。一般生で入ってきた同期と一緒に結果を取れたということもあり、印象に残っています」 ――苦楽を共にした同期への想いを聞かせてください。 「いろんなやり方で頑張ってくれたじゃないですけど、各自自分の役割を全うしてくれたなと思っています。上から目線みたいになってしまいますが、各自が各自のやり方で部活に貢献してくれたと本当に感じています。その部分でそれぞれ感謝の思いは持っていると思います」 ――同様に、後輩への想いを教えてください。 「3年間、共に密度の濃い時間を過ごしてきて、感謝しかないですし、チームとして僕らが抜けることでいろんな意味で大きく部が変わると思うので、自分たちのやり方を見つけて欲しいです。どう変わっていくかが楽しみです」 ――明大ヨット部の中で、これだけは誰にも負けないと言える部分はありますか。 「個人で言うと、この4年間ヨットという競技を誰よりも楽しんだという自信はあります。合宿所も素晴らしいし、のびのびできる環境もあるし、自分のやりたいことを4年間やり通すことが出来ました」 ――最後に、ヨット部に入ってよかったですか。 「もちろん、良かったです!」 ――今まで本当にお疲れ様でした。ありがとうございました! [高野順平] ◆小倉 晴太(おぐら・せいた) 法4、磯辺、173センチ・64キロ
READ MORE

(1)全日本インカレを終えて 4年生引退インタビュー 副将・朝倉史悠

 今年度の戦いを終えたヨット部。11月に行われた全日本学生選手権(以下、全日本インカレ)では、13年ぶりに6位以内に入り総合入賞を果たすなど、充実の一年となった。昨年度は上級生の代が不在という厳しい状況を経験しながらも、2年間、屋台骨として常にヨット部を支えてきた4年生。引退を迎えた現在の心境を主将、副将に伺った。第1回は副将の朝倉史悠(商4=日大習志野)のインタビューをお送りします。 ――11月に行われた全日本インカレを振り返ってみて、改めていかがでしたか。 「思い返してもチームとして総合入賞した瞬間というのは本当にうれしかったです。12年間ヨット競技を続けてきて、最後の4年間、同期と後輩と頑張れたのが報われた瞬間でした」 ――学生として臨む最後の大会で、個人としてはどのような気持ちで臨みましたか。 「学生として臨む最後の戦いですし、12年間、土日は毎日ヨットに乗り続けてきたので、それに一区切りをつける、自分の人生のターニングポイントのような大会だと思っていました」 ――結果についてはどう捉えていますか。 「うれしい半分、ちょっと悔しいです。470級は入賞して、僕たちのスナイプ級は惜しくも32点差で入賞を逃してしまったので、そこの点差をひっくり返せなかったのは悔しかったです」 ――最終日となる2日目はどのような気持ちで臨みましたか。 「順位を死守するというよりも、僕たちはチャレンジャーとして臨んでいたので、1レース1レース結果を求めていきました」 ――緊張はしましたか。 「初日の第1レースはめちゃめちゃ緊張しました。どんなスポーツでも入りは大切だと思うので、多少そこのプレッシャーはありました。初日が終わったタイミングでその緊張は取れました。自分たちのレベルが把握できて、そこからはチャレンジ精神を出すことができました」 ――そんな中臨んだラストレース。楽しかったですか。 「楽しかったですね。いろんな感情が出たというか、のびのびヨットに集中できました。ここまできたら同期と乗りたいと思って、4年生のクルーと乗ったのですが、やっぱり感慨深いものがありました。ヨット人生の中で一番楽しむことができました」 ――結果、明大ヨット部としては13年ぶりの総合入賞を果たしました。 「めちゃめちゃ喜びました(笑)。終わった後に抗議を受けてしまって、どの順位になるかわからなかったのですが、それが全部解消されて。入賞が決まった瞬間に同期や後輩と肩を組んで喜び合いました。あの瞬間は最高でした。今でも鮮明に、思い出すと鳥肌が立ちます」 ――全日本インカレ総合入賞はチームで追い続けてきた目標でもありました。 「途中から楽しむことを忘れないようにしました。最後は笑顔で終わりたかったですし、僕たち4年生全員が思っていたことだったので、それがいい方向に働いてくれたんだと思います。オンオフをしっかり切り替えられるようにはしました」 ――上級生のいない2年間は大変でしたか。 「大変でした。去年は自分たちが全部まとめていたのですが、何をすればいいのか正直わからなかったですし、下の人間関係もいろいろありましたから、ほぼ0の状態からのスタートでした。ただ振り返ってみて、その2年があったからこそいろんな成長を実感したし、就活で自分のことをしゃべる時でも、ここから全てピックアップできるくらい濃厚な2年間でした」 ――その中でも一番辛かったことは何ですか。 「大変だったのは部員同士でうまくいかないことがあった時です。ペア競技なので、海の上で喧嘩なんかされちゃったら、陸に帰ってきても自分も状況がわからないから介入もできないですし(笑)。あとはあれだけの人数がいましたから、そこの人間関係をどう勝ちにつなげていくかということには苦労しました」 ――逆に、楽しかったことはありましたか。 「いい意味でオンオフの切り替えができていたので、海に行けばどんな練習でも120パーセントで集中して、陸に帰ったら100パーセントでふざけていました(笑)。今思えば本当にバカなことばかりしていたなと思いますけど、それが息抜きにつながっていました」 ――この4年間で一番印象に残っている出来事を教えてください。 「自分の気持ちが変わったのは2年生の時で、その年の4年生が引退する最後の大会です。自分がものすごい足を引っ張ってしまって、全国でも8位を取るような実力のある先輩がいたのですが、その人を表彰台に上がらせる事ができませんでした。実力のなさを痛感して、その悔しさと申し訳ない気持ちは今でも覚えています。それをどうにかして変えていかなければいけないと思って2年間過ごしてきました」 ――4年間で成長できたことを教えてください。 「自分の中で、どんなことに対しても客観的に物事を捉えられるようになったかなと思っています。入部した当時は自分が強くなればいいとだけ考えていたので、他の人を見下していました。たとえ先輩であっても舐めた態度を取ってしまったのですが、そこで先輩からいろいろなことを指南してもらって、自分もそれを自分の中に落とし入れることができたので、4年生になった時にはペアやチームのことに向き合えるようになりました。そこで起こった問題に対しても、第三者からの観点で見て解決できるようになりました」 ――苦楽を共にした同期への想いを聞かせてください。 「セレクションとして入ってきて、自分と小倉は自分のことだけを考えていたので、思い返せば一般生に対して酷い扱いをしてしまったと思います。でもそれに耐えて、最終的にはチームリーダーをしていた僕たちについてきてくれたっていうのは心から感謝しています。言葉にはなかなか言い表せないですが、これ以上の人たちには出会えないと思うくらいいい人たちだと思っています」 ――同様に、後輩への想いを教えてください。 「入ってきた当初から尊敬してくれる子もいたりして、やりやすかったです。でもそこは大人数だったのでソリの合わない人もいたりしました。それでも最後引退する時に泣いて別れを惜しんでくれて、これも言葉ではうまく表せないですけど、よくついてきてくれたなと思っています」 ――ヨットという競技は好きですか。 「結局は好きですね。小5の時と中3の時に一回嫌いになった時期はありましたがそこで負けたまま終わったらダサいと思って、次の週からはすぐに復帰しました。もう1つは、ヨットをやっている自分ってかっこいいなって自負していたので(笑)、それもあいまって続けられました」 ――最後に、ヨット部に入って良かったですか。 「100パーセント良かったです!」 ――今まで本当にお疲れ様でした。ありがとうございました! [高野順平] ◆朝倉 史悠(あさくら・しゅう) 商4、日大習志野、173センチ・63キロ
READ MORE

映画『his』プレミア試写上映会 主演の宮沢氷魚、藤原季節が登壇

 1月20日、明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターと名古屋テレビ放送(株)の主催による映画『his』プレミア試写上映会とトークセッションイベントが開催された。多くの学生が詰めかけ、会場は大いに盛り上がった。 ストーリー 宮沢氷魚さん演じる迅の前にかつて恋人だった藤原季節さん演じる渚が突然現れる。しかも渚は6歳の娘・空を連れていた。離婚協議中だという渚に押しかけられるような形で、3人の共同生活が始まる。 この作品では8年ぶりに現れた渚を迅がどのように受け入れていくのかという恋愛ストーリー、親権を争う法廷劇や変化していく家族の形やシングルマザーが直面する現状がリアルに描かれている。そしてこの作品には悪役が存在せず、すべての人が社会の一員としてフラットに描かれる。マイノリティだからと何かを諦めてきた迅と渚、そして2人に関わった人たちが境界線を越えていく人間ドラマである。  プレミア試写上映会には主演の宮沢さん、藤原さんがサプライズ登場し、会場を沸かせた。トークセッションでは学生時代にやるべきだったと思うことの質問に対し、『全力で楽しむこと』と宮沢さんはフリップで回答。「いざ社会人になると時間がないので、学生にしかできない時間使い方をしてほしい」と語った。藤原さんは『自分から好きになる』とフリップに書き、作品での好きなセリフと交えながら学生へのメッセージを送った。  映画上映後には『his』の企画・脚本を手掛けたアサダアツシさん、ファッションモデル・タレントのIVANさん、一般社団法人fair代表理事の松岡宗嗣さん、宮沢さんの4名によるトークセッションが行われた。作品を見ての感想や多様性についての議論がなされ、学生たちは真剣な表情で登壇者の話に耳を傾けた。 [大西健太] トークセッション最後のメッセージアサダさん 僕らが作品を制作していて、こういう風に思ってほしいということはありませんが、ただ何かを考えるきっかけを与えられればうれしいです。映画を観て、どのようなことでもいいので、今までの考え方は違うな、今までやっていなかったことをやってみようと思ってくれることが1番です。 宮沢さん 僕も多くの人に観ていただきたいです。何よりやっぱり自分を愛してほしいですし、僕も役作りを含めると1年半くらいこの作品と向き合ってきていますが、日々自分の考えが更新されていくことに気づいています。映画のパンフレットでコメントを書かせてもらっていますが、それを今見ると半年前の自分はこんなことを言っていたのかと思います。別に間違ってはいないですし、その時自分が感じたことを正直に書いていますが、読み返して見ると自分の変化を感じます。皆さんも自分の感じたことを信じて、どんどん変化していく自分を受け入れていただければと思います。今日はありがとうございました。 IVANさん 当事者でない方も新しい角度からマイノリティと言われる人たちの恋愛物語を観ていただければなと思います。日々変わっていく自分や、少し違うのかなと思っている自分でも、それが自分なのだと愛していけるように、もっともっと自分のたくさんいいところを見つけて、生きていけたら毎日笑顔になれると思うので、無理せず毎日楽しく過ごしてください。周りのことは気にしないようにして、何かあったらおいしいものを食べてください。今日はありがとうございました。 松岡さん 本当にこの映画のリアリティはいろいろな人に刺さると思っています。まだもしかしたら同性愛者のことを身近に感じていない人も日本には多いと思うので、いろいろな人に届けばうれしいと思います。この映画が違和感なく、何でもない面白くないような時代になれば、それは本当の意味で当たり前になると思っているので、本当にこういう時代が来ればと思います。この映画が爆発的に売れるといろいろな制作者が違う作品を作ろうとかなと言って、他のトランスジェンダーやレズビアンなどを扱ったいろいろな作品が出てきて、それが当たり前の社会につながるかなと思います。ぜひ皆さんで宣伝していきましょう。
READ MORE

果たせなかった連覇 武井組、〝真価〟にあと一歩届かず/全国大学選手権

 無情にも連覇の夢はこぼれ落ちた。国立競技場が5万7千を超える大観衆で埋めつくされた今年度の大学選手権決勝。伝統の明早戦は序盤から思わぬ展開に。早大のスピードあふれるアタックに前半だけで4トライを奪われ、0-31で折り返す。後半に入ると反撃を開始し、5トライを挙げたものの、今季最多となる45失点が響き、35―45でノーサイド。2年連続14度目の日本一とはならなかった。 ◆1・11 全国大学選手権(国立競技場)▼決勝 対早大戦 明大35{0―31、35―14}45早大○  前半の失点を取り返すことができなかった。「早稲田の準備が明治を上回っていた」(田中澄憲監督)。対抗戦では快勝した相手だが、センター中野将伍、フランカー相良昌彦ら主力が復帰した早大は以前とは全く別の姿だった。「失点からパニックを起こしてしまった」(フッカー武井日向主将・商4=国学院栃木)。開始早々早大の猛攻を受けると、前半だけで4本のトライを許す。対する明大はチャンスすら作れず、0―31と大差を付けられてしまう。「一人一人の役割をもう一度果たそう」(武井)。後半、明大のプライドを懸けた反撃が始まる。3分、敵陣でのマイボールラインアウトから素早く大外に展開。フルバック雲山弘貴(政経2=報徳学園)からパスを受けた右ウイング山村知也(営4=報徳学園)がトライを決めた。7―38で迎えた16分には、スタンドオフ山沢京平(政経3=深谷)のオフロードパスに右ロック箸本龍雅(商3=東福岡)が反応。そのまま走り切り、インゴールに飛び込んだ。その後もトライを重ね10点差まで追い上げたものの、逆襲は一歩及ばず。35―45でノーサイドとなった。勝利にはわずかに届かなかったが、明大が見せたのは最後までプライドを捨てず、互いの意地と意地をぶつけ合う熱戦。これからも多くの歴史をつくりあげていく国立という大舞台に武井組は確かに大きな爪痕を残した。  これが勝負の厳しさか。早大が歓喜の胴上げを行う一方で、明大フィフティーンはそれぞれの思いを胸に国立を一周。最後まで応援の声を絶やさなかったファンの方々に向けて一礼をした。「後半の諦めない心は、明治の今後につながる」(武井)。今シーズンは、決勝前まで公式戦無敗。〝真価〟のスローガンの下、プレー、私生活の細部までこだわり上げた。「連覇するか、去年だけのチームと言われるか」。武井が1年間伝えていた言葉を結果で体現することはかなわず。ただ、明治の〝価値〟は確実に進化し、未来につながったはずだ。 この想いは次の世代を大きく成長させる。来季目指すは〝奪還〟の2文字のみ。「絶対に早稲田に勝って、優勝する」(箸本)。好敵手の雄姿をただ見ているわけにはいかない。次こそこの舞台で歓喜を見せつける側に。「この敗戦はこれ以上ない経験だった」(箸本)。10点差の逆転劇はここから始まる。 [上松凜助] 選手のコメントはFW編・BK編
READ MORE

小佐井10位も1年全員に多くの課題が残った/JOCジュニア・オリンピック・カップ

 17歳以上19歳以下のトップ選手が出場できる今大会。明大からは1年生の4人が出場し、最高成績は小佐井彩花(総合1=宇土)の10位。関東大学新人戦では準優勝だった中村優里(営1=成立学園)は28位と不本意な結果で幕を下ろした。一方、男子は柏崎瑞仁(理工1=田名部)が25位、成田航也(政経1=秋田北鷹)は30位で終えた。 ◆1月9日 JOCジュニア・オリンピック・カップ(駒沢体育館)▼男子フルーレ個人    柏崎――25位、成田――30位▼女子エペ個人 小佐井――10位、中村――28位 <女子エペ個人> 小佐井は初戦で足を捻挫し、スピードを使った勝負ができない状態に。しかし「相手との駆け引きを有利に進めた」と日頃から意識してきた距離感を本番でうまくつかむことに成功。予選を全勝で勝ち抜き、本戦も1、2回戦を難なく突破する。迎えた準々決勝、相手は高校生ながらジュニアランキング1位の寺山珠樹(乙訓高)。駆け引きに秀でた選手であるだけに「お互い考えて駆け引きしているのが楽しかった」。普段から練習してきた駆け引きを存分に発揮。13―15で敗れたものの格上の相手に大接戦を繰り広げた。総合10位と自己最高の順位を叩き出して昨年からの成長を実感。今年の活躍にも期待が高まる。 一方、中村は本戦の2回戦。「練習でつかめていた距離感が本番でつかめなくなった」と自分のペースを見失い、相手に主導権を握られる。相手が高校生だったこともあり「すごく力が入った」と本領を発揮することができない。7―15で敗れ、総合28位と悔しさが残る結果となった。  中村、小佐井ともに今年の目標は「1部リーグに残留する」。今年、チームの精神的支柱として団体戦を支えていた4年生2人が抜けることとなる。それでも「先輩がいなくても自分たちがやる」(中村)と意気込みは十分だ。新生明大フェンシング部の躍動から目が離せない。 <男子フルーレ個人> 長尾康司監督も「確実に成長している」と太鼓判を押す柏崎は予選を全勝で勝ち抜く。しかし、ベスト16を懸けた試合、相手は以前も敗れたことのあるジュリアン・ガッツチョーク(セントメリーズ)。「相手に詰められた時のレパートリーが少なかった」と健闘ならず。5―15で敗れ総合25位と、反省点が多く残る結果となった。 同大会のカデ部門で優勝経験のある成田は「高校生は意識していない。勝つか負けるかだけ」と平常心を保って試合に臨んだ。しかし、柏崎と同じくベスト16を懸けた試合で「何かが足りなかった」と敗退。総合30位で不本意な結果に終わった。 [下神大生] 試合後のコメント長尾監督--試合を振り返っていかがでしたか。 「トーナメントにみんな上がれたし、気分を乗せたいい試合ができたと思いました。勝てる相手には勝てたかと思います。今後は格上の相手と当たった時にチャレンジ精神で向かっていって、勝てるように練習していくだけですね」 柏崎--2019年はどんな1年でしたか。 「自分は調子が落ち込んだ時期もあったのですが、ここに来てなんとなく、今後のフェンシングのために大事な1年だったなと思います」 成田--今年の目標と意気込みをお願いします。 「個人では高円宮杯に出場して、64位以上を取りたいと思っています。リーグ戦では明治を1部に昇格させたいと思います」 小佐井--2019年はどんな1年でしたか。 「10月末に距離と駆け引きを考え始めたのがターニングポイントでその前まではずっと高校生みたいなフェンシングをしていたと思っていました。その時は自分では、高校生みたいなという自覚はないし、先輩からアドバイスをもらっても、言っていることは分かるけれど、どうすればいいのかというのが分からなかった。でもその10月末に気付いた頃から先輩のアドバイスも受け入れられるようになったし、大会を経るたびに少しずつ成長できました。本当に大きい1年でした」 中村--今回の順位どう受け止めていますか。 「正直最悪でした。ジュニアの最後の年で、正直ベスト4や8を狙わないといけなかったのですが、ベスト32で負けたのは本当に情けないという一言に尽きます。でも、これは自分が今変わろうとしているから成長のチャンスだと思って、この悔しさを次はリーグ戦にぶつけていきたいです。リーグ戦まで時間があるので、しっかり修正して悔しい気持ちをただ悔しいという形で終わらせないように次につなげたいと思います」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読