明大勢躍動 戸上、宮川がベスト4/全日本学生選抜強化大会

 各学連で選抜された男女それぞれ128人が参加する今大会。明大からは11人が出場し、8人が決勝トーナメントへと駒を進めた。その中で宮川昌大(情コミ1=野田学園)と戸上隼輔(政経1=野田学園)がベスト4と、1年生の活躍が目立った。 ◆11・28~29 全日本学生選抜強化大会(横浜武道館)▼男子シングルス 戸上、宮川――ベスト4 出雲、西――ベスト8 遠藤――ベスト16  龍崎、沼村、竹崎――決勝トーナメント1回戦敗退 大野、川村、菅沼――予選リーグ敗退  明大の強さを見せつけた。今年、全ての大会が中止になった学生卓球界において「学生生活の思い出になる大会を」という思いで開催された今大会。出場した11人のうち、8人が予選リーグを突破。うち4人がベスト8と、半数を明大勢が占めた。  その中で、戸上、宮川はともにベスト4。戸上は準決勝までストレートで勝ち進める。「勝ちたいっていう気持ちがプレーに現れた」(戸上)。準決勝では松山祐季(愛知工大)に敗れたものの、大学初の公式戦で存在感を見せつけた。  宮川は決勝トーナメント2回戦目、昨年の全日本学生選抜選手権の優勝者である木造勇人(愛知工大)と対戦。「戦術が上手くはまり、自分のペースで試合ができた」(宮川)。1ゲーム目を11―7で先取すると、2ゲーム目。9―4の場面から奪われた6連続ポイントをサービスエースで食い止めた。「(明大に入って)普段強い選手と練習しているので、格上の選手にもいい勝負ができるようになった」。そのままストレートで勝利。持ち前の思い切りの良さを生かし、攻めたプレーで勝利をもぎ取った。  今年の1年生は強い。本大会で活躍した戸上、宮川。さらに、本大会には出場していないが、全日本選手権王者の宇田幸矢(商1=大原学園)と最強の面子がそろっている。「この3人が入ってきたのは部にとって大きい」(髙山監督)。今後の大会での圧倒的な活躍が期待される。[金井遥香] 試合後のコメント髙山監督――今大会の総括をお願いします。「ほとんどの選手が予選リーグを勝ち上がったので、久しぶりの試合にしては内容は良い方だったと思います。ただその中で負けた人の試合を見ていると、少しもったいない負け方をしまったところもあったので、そういう一つ一つのところを、全日本選手権など今後の大会に向けてもう1回やっていきたいです」 戸上――Tリーグ開催期間ですが、今大会に出られた経緯は。「Tリーグが11月から始まって、それまでその前の試合が3月の大会だったんですけど、3月から11月の間で今まで練習してきたものを発揮できる場をわざわざ強化大会という形で設けてもらったので、そこで一つでも自分に身につけられるようになれたらいいなと思いました」宮川――木造選手との試合中、攻撃面で意識したことは何ですか。「相手がフォアハンドもバックハンドもクロスが多かったので、レシーブでツッツキして3球目を狙い撃ちするなどです。攻めないと相手の方が格上なので勝てないと思ったのでそこはうまくできたかなと思います」
READ MORE

後半の追い上げも一歩及ばず 法大に敗戦で4年生引退/秋季リーグ戦

 4年生にとって引退試合となる秋季リーグ最終戦。対戦相手は2年連続勝ち越している法大。双方気合十分で挑むが、前半はリベンジに燃える法大に流れをつかまれて苦しい展開が続く。しかし第3Qに#18池田拓弥(総合2=日大二高)がTD(タッチダウン)をとると流れは一気に明大側に。続く第4Qで13得点をあげるも、法大に3年連続勝利することは叶わなかった。 ◆10・11~11・29 秋季リーグ戦※無観客試合のため、会場は非公開となっております。▼11・29 対法大戦 明大23{0―7、3―17、7―7、13―0}31法大〇  「苦しい試合になってしまった」(RB#29山田大葵主将・法4=関西大倉)。前半は始終法大のペースだった。タックルが決まらず、相手のオフェンスを防ぐことが出来ない。対するオフェンスも度重なるミスでインターセプトを許し、前半終了時点で3-24と大きく水をあけられてしまう。 しかし「点差が開いても4年生ためにという思いがあった」(DB#2野村馨・政経2=佼成学園)。学生最後の試合となる4年生を思う気持ちがチーム一丸となり、最後まで諦めない姿勢が実を結んだ。第3Q終盤に池田がこの試合初のTDを決めると、第4QではQB#1吉田拓郎(法2=日大鶴ケ丘)から183センチの長身を生かしたWR#7川原田拓実(商4=明大中野八王子)がTDパスを獲得。続けて野村もパントリターンTDを決め、法大に1点の追加も許さない攻撃を見せた。明大の流れに乗ったまま試合は終了したが、結果は惜敗。有終の美を飾ることはできなかった。  前途多難のシーズンだった。他大と違ってグリフィンズは学生主体の形態をとっている。「学生主体だからこそ焦りやすい」(川原田)と前半の立ち上がりからピンチ時の切り替えまで、指導陣抜きに行うことは決してたやすいことではなかった。だからこそ、この環境から得るものも多かった。「物事に対していろんな角度から考えるというクセがついた」(山田)。また、第4QでのパントリターンTDは「2週間前くらいにあのプレー自体ができた」(野村)。直前にできたプレーをすぐさま試合で取り入れることができるのは、学生主体のチームの利点だろう。 若い柔軟な思考力を武器とし、日本一を目指す。そんなチームから今後も目を離せない。 [向井瑠風] 試合後のコメント山田主将――試合を振り返っていかがですか「春シーズンが無かった分、自分たちのプレーが思うようにできなかったのがありました。その時間のない中で相手のチームはしっかり完成度があったのでそこに対して僕らの力不足っていう感じですね」 ――前半フィールドゴールだけだったのが後半には追い上げた展開、なにかきっかけなどはありましたか。「きっかけは特に無かったと思うんですけど、やっぱりみんなの最後まで諦めない気持ちが出てきたんじゃないかと思います」 QB#4西本晟(商4=箕面自由学園)――試合を振り返っていかがですか。「最後の試合なので、しっかりこの1年間の成果を出し切ろうって思ってやってきました。しっかり法大に3年連続で勝ち切って終わろうって思ってたんですけど、うまくいかなかったですね」 ――後輩に改めて伝えたいことはありますか。「何も考えずに4年間過ごすのはもったいなくて。他の大学と違って学生主体っていうのが明大です。より濃いものができると思っています。明治大学グリフィンズに入ってる以上は主体的に動いて行動することが大事なんです。時間って本当にあっという間です。やろうとしたら気持ちは絶対行動に現れると思います。そしたら絶対やってよかったなって思えるから。本気で頑張ってほしいと思います」 野村――リーグ戦を振り返っていかがですか。「結果4位という形になっちゃってそれでもみんな最後までやり切れたのはよかったかなと思います。でもやっぱり日本一って目標を掲げてやってたのでもちろん悔しいし、来年は自分も3年になるのでその悔しさをバネにやってこうと思います」
READ MORE

終了間際に被弾 順大に悔しい敗戦/関東大学1部リーグ戦

 第19節、明大を迎え撃つは、前節のリーグ戦で早大に圧勝した順大。優勝争いにおいても重要な一戦は、1対1のまま試合終了かと思われた後半終了間際、相手に勝ち越しを許し敗戦。土壇場で勝ち点を逃す結果となった。  まずは前半。「今日はいいゲームになると予測していて、良い流れができていた」(栗田大輔監督)。その言葉通り、序盤から両者とも激しい攻防が続いた。テンポの早いパス回しとドリブルを織り交ぜた攻撃で、チャンスを作るも得点には至らず。スコアレスドローで前半を終えた。(写真:同点弾を決めた佐藤凌)  迎えた後半、先に試合を動かしたのは順大だった。自陣右サイドから攻め込まれると、最後は逆サイドで待ち構えていた相手MFが落ち着いて決め、先制を許した。追いかける展開となるが、やられたらやり返すのが明大の攻撃陣。後半10分、木村が右サイドから放ったクロスに佐藤凌が頭で合わせ、すぐさま同点に追いついた。「ところどころ明大の良さを出せていた」(早川)。相手ゴールに迫る場面が続くも、得点に結びつかず。引き分けで終えようとしていた終了間際。再び試合が動いた。89分、クリアミスを拾われた矢先に相手が放ったシュートはディフェンダーに当たり、軌道が変わると最後は無情にもネットに吸い込まれた。(写真:攻守で存在感を発揮した常本)  悔しさを糧にチームは次のステージへ。今節から、鹿島アントラーズへ武者修行に出ていた常本が復帰。「自分は2ヶ月の経験を伝えていく必要がある」(常本)。チーム全体で意識を高めることはタイトル獲得へのカギとなろう。「明大で優勝することがプロに行くまでのミッションだと思っている」(早川)。7月に開幕したリーグ戦も残すは5試合。全勝で駆け抜けたい。 [須藤聖大・市瀬義高] ◆リーグ戦の順位表はこちら◆ 試合後のコメント栗田監督――試合の振り返りをお願いします。 「もったいなかったです。後半、同点に追いついてから30分くらいの時間は明治優勢のゲームだったと思っていて、あのような場面で質が上げられないと、この先勝てないのかなと思います」 早川――後半は特にキーパーとしての判断が難しかったと思います。 「起点となる相手選手を早めに潰すというか、前から守備をするのが大事かなって思いました。クロスの対応とシュートに対する準備はできていたので良かったです」 ――明大にいる間に、伸ばそうとしている部分を教えてください。 「キック・キャッチの技術もありますが、チームを鼓舞するとこと。上手くまとめてポジティブにチームを動かしてくという面で伸ばしていきたいです」 常本――ご自身のプレーを振り返っていかがですか。 「自分が求められているところは、DFラインではリーダーとして無失点で抑えること。攻撃では、オーバーラップからのクロスや、積極的な攻撃参加を求められていて、それに応えようとしましたが、自分ではまだまだだと感じています」
READ MORE

延長の末立大に敗北 あと一歩で優勝を逃す/関東学生特別大会

 優勝まであと一歩だった。前半4点のリードを許すも、後半怒涛(どとう)の追い上げを見せ逆転に成功。しかし試合終了間際に追いつかれ、延長の末敗北。悲願達成とはならなかった。 ◆9・12~12・13 関東学生特別大会※無観客試合のため、会場名は非公開となっております。▼11・29 決勝 対立大戦 明大5{0―0、0―4、2―0、3―1、0―1}6立大〇  王者の壁は高かった。0―0で迎えた第2Q。立大に先制点を許すと、その後はミスが増え立て続けに失点。一挙に4点を取られ苦しい展開で試合を折り返す。しかし後半に入って明大も反撃。「ボールを持ったときの攻め方を修正した」(井川裕之ヘッドコーチ)。AT(アタック)内野彩香(営3=所沢北)がこぼれ球を拾ってシュート。MF(ミッドフィルダー)藤村麻伊(農2=川和)も得点を決め2点差に縮める。第4Qになると流れは完全に明大。1点を返すと、AT岡部夏奈子(農4=日大三)が決めついに同点に。さらにAT佐藤啓主将(農4=星稜)が冷静にフリーシュートを決め逆転に成功。「スタンドにいるメンバーも含めてすごく一体感を感じられて、最高の瞬間だった」(佐藤)。 勝利は目前だった。ところが終了間際、立大に同点ゴールを決められ、試合は延長戦へと突入する。先にシュートを決めたほうが勝利となる延長戦。「練習でやってきたことをもう一度確認した」(井川コーチ)。しかし立大にボールを奪われると、そのままゴールを決められ試合終了。関東制覇に惜しくも届かなかった。  この試合が今シーズン最後となった。「一人一人個々の力が成長していたし出し切れた」(佐藤)。4年生は引退しチームは新体制へと移行する。「全員が成長し続けるチームにしたい」(内野)。4年生が叶えられなかった悲願〝打倒立大〟。今度は後輩たちが達成する番だ。 [牛嶋淳太郎] 試合後のコメント佐藤主将――主将としての1年間を振り返っていかがですか。 「最後勝ちたかったですが、スローガンである『ACTIVE』という部分に関しては一人一人がよくやってくれたなと思います。スタンドにいるメンバーも、大声が出せない中で工夫して、どうやって応援するかを考えて、ペットボトルにビーズを入れてマラカスみたいに使って応援してくれたりして。それはベンチにいるときにとても聞こえたし、すごく一体感が感じられましたね。みんなで1つになれたなと思いました」 ――後輩へ期待の言葉をお願いします。 「この特別大会を通してオフェンス力は2、3年生の力が光っていたと思うので、そのオフェンス力は継続して伸ばしていってほしいと思っています。それに対応して、どうやったらこのオフェンス陣を守れるだろうという風にディフェンス陣も考えて、オフェンスからディフェンスも鍛えていくという風に考えて相乗効果を上げて、勝負に勝てるチームを作っていってほしいなと思います」 桃井美沙(農4=鶴嶺)――優秀選手賞を受賞されました。 「選んでいただいたことは本当に嬉しいのですが、自分は今回の試合は何もできていないので、自分でいいのかなという気持ちはありますね」 内野――自身の得点シーンを振り返っていかがですか。 「落ちたボールで、カットにいった選手のこぼれ球でしたが、絶対にフォローすると思って取りに行って、そしたらゴールが空いていたので、ねじ込んだじゃないけど、絶対に決めようと思っていました」 
READ MORE

樋口が総合2位 トリプルアクセル着氷にガッツポーズ/グランプリ(GP)シリーズ NHK杯

 グランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯2日目。女子FS(フリースケーティング)を終えて樋口新葉(商2=開智日本橋学園)が2位、本田真凜(政経1=青森山田)は9位。樋口は大会ではトリプルアクセルを初めて着氷させた。 ◆11・27~29 グランプリ(GP)シリーズ NHK杯(東和薬品RACTABドーム)▼女子シングル(総合)2位樋口 新葉200.989位本田 真凜162.57    今シーズン全試合でトリプルアクセル挑戦を意気込んでいた樋口。回転不足でわずかに減点とはなったが、緊張感がある中で綺麗な着氷を見せた。演技後には「やっと試合で綺麗に決まったのが嬉しかった」と力強いガッツポーズが飛び出た。一方で、予定していたトリプルサルコウとトリプルルッツが2回転になるなどジャンプのミスが相次ぎ、ノーミスとはならなかった。「最後まで集中力を保ってタイミング良くジャンプを跳ぶのが難しかった」。スピンで取りこぼしもあり、FSは4位。「次につながる」収穫とともに課題も明白となった。(写真:笑顔で表彰台に立った樋口)  SP9位でFSを迎えた本田。ジャンプの回転不足が目立つものの、大きなミスなく笑顔で『ラ・ラ・ランド』を演じ切った。順位を上げることはできなかったが「今の時点でできることは出せたんじゃないかな」と前向きだ。今シーズンは右肩を脱臼し、不安な気持ちが演技にも影響。「試合の不安な気持ちや怖さを克服することが大事」と、自信を取り戻すために笑顔でいることを意識し、試合を楽しんだ。(写真:笑顔で滑り切った本田)  全日本選手権に向けて弾みをつけた。両選手とも次へつながる演技をした今大会。「全日本ではミスがないように滑りたい」(樋口)。最高峰の舞台でさらなる高みを目指していく。 [楠川颯也]試合後のコメント樋口――SP2位で迎えたFSでしたが、演技前はどのような気持ちで臨みましたか。 「SPはミスがあってもミスを引きずらないような演技ができ、点数的にもミスがあったにしてはすごく満足がいく点数だったと思うので、落ち着いてFSに臨もうと考えていました」 ――演技終わった後のガッツポーズはどのような気持ちのガッツポーズでしたか。 「最初のトリプルアクセルがやっと試合で綺麗に決まったのが嬉しかったというのが思い切り出てしまいました」 ――トリプルアクセル着氷成功の一番の要因は何でしょうか。 「いつでも降りられるような練習をしてきたので、その自信が試合で飛ぶ上で大切だと感じました」 本田――FSを演じてみてどのような所がプラスでしたか。 「今年はお客さんがいないというのもあって、不安な顔をしながら滑っていたなと今シーズン特に感じていました。最初から笑顔でというのを6分間練習のうちから心がけていたので、楽しんで演技できたかなと思います」 ――今後の課題について教えてください。 「回転不足がけが明けから多くて今回もそうだったので、もっとしっかり回りきって降りるのを次の試合では頑張りたいなと思います。ジャンプ自体は今日も大きなミスはなかったので、回転不足を直せば昨年以上の点数が出せると思うのでそこを頑張りたいと思います」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読