今季3位 試合動かず/東京六大学秋季フレッシュトーナメント

硬式野球 2023.11.03

 これまで、早大戦での惜敗、続く立教戦では最終回での勝ち越しとなかなか有利な試合運びができなかった明大。昨季のフレッシュトーナメント王者として、これ以上の敗戦は許されない状況にあった。先発マウンドを春季リーグ戦以降出番のなかった菱川一輝投手(文2=花巻東)に託し、打順を大幅に変更して試合に臨んだ。

 


(明)菱川、松本直、郷原、毛利―福原、中村

法)古川、針谷、永野―土肥

【安】(明)7(法)8

【二】(明)友納(1回)(法)佐藤拓(5回)、土肥(6回) ◇併殺2 ◇残塁8 ◇盗塁1 友納(4回) 犠打1 今井(3回)


 初回のマウンドに上がった菱川は、146キロの直球で気迫を見せるも、変化球を捉えられ失点。1死満塁のピンチで2ボール1ストライクから犠飛を放たれ、痛い先制点を献上した。しかしその後は追加点を許さず、4回を投げ被安打4と球数は多いものの最小失点で投げ切り、後続の投手にマウンドを託した。

 

 いきなり先制点を奪われ、明大打線も黙ってはいなかった。2回裏にすぐさま7番・岸本一心外野手(文1=横浜)、8番・瀨千皓外野手(営2=天理)、9番・福原聖矢捕手(国際1=東海大菅生)の3連続安打で好機を演出すると、2番・吉田匠吾内野手(文2=浦和学院)が同点に追いつく右前適時打を放つ。今大会全ての試合がビハインドゲームの中、試合を振り出しに戻した。

 

 明大は4回表以降、1年生右腕の松本直投手(情コミ1=鎌倉学園)、早大戦でも登板した郷原怜大投手(文2=東京都市大付)、毛利海大投手(情コミ2=福岡大大濠)ら3人が1イニングずつの継投でつないだ。四球や安打などで得点圏に走者を抱えるも、要所をしっかりと抑え無失点。6回表に迎えた1死三塁の危機では、あわやセンター前の打球を友納周哉内野手(文1=福岡大大濠)がダイビングキャッチの美技を見せ脱出。相手の追加点を許せない状況でもバックに支えられながら、裏の攻撃に望みをつないだ。しかし6回裏、そして最終回となった7回裏の攻撃でも走者を生還させることはできず、2時間の制限時間を超過しコールドゲーム。両者一歩も譲らないまま試合が終了し、明大は今大会を3位の成績で終えることとなった。

 

[松下日軌]


関連記事 RELATED ENTRIES