明大スポーツ第526号『アフターコロナ会話攻略法』 「MU STREET PARK」インタビュー拡大版①

明大スポーツ新聞 2023.01.22

 昨秋、駿河台キャンパスに明大初の〝キャンパスピアノ〟が設置された。御茶ノ水の街に響き渡った美しい音色の正体は、学生団体「MU STREET PARK(以下、MUSP)」のストリートピアノ。今回は、そんなMUSPで活躍する学生の声をお届けします。

(この取材は昨年12月14日に行われたものです)

 

◆10・26~12・23 MU STREET PARKプロジェクト(アカデミーコモン広場) 

・ストリートピアノの設置

・コーヒーの提供~カフェパンセコラボ~、MU WALLの設置

・くつろぎスペースの提供

 

MU STREET PARK(MUSP)とは?

 学生の自主的な活動を大学が支援するM-Naviプロジェクトの枠組みで立ち上がった学生団体。昨年10月から12月の毎週水曜日と金曜日に、駿河台キャンパスにあるアカデミーコモン前の広場におけるストリートピアノの設置やコーヒーの提供などを通して、居心地の良い空間づくりを実践した。

 

MUSP代表・久我さん(政経3)

ノートパソコンを使っている男性

中程度の精度で自動的に生成された説明

(インタビュー中の久我さん)

 

――イベントのきっかけを教えてください。

 「MUSPの始まりは、同じゼミのメンバーが多い構成でした。ゼミで習ったこと、大学の講義で習った内容、都市政策という授業で習った中で、公共空間を利活用して地域ににぎわいを生み出していくみたいな手法がありました。そこでその手法を『じゃあ実際にやってみよう』ということでこのプロジェクトが動き出しました」

 

――イベントの目的を教えてください。

 「目的は硬い言葉で言うと『日本有数の音楽の街、楽器の街である御茶ノ水において、自由を掲げる明治大学が、音楽を通じて大学と地域の一体性の形成やそれを深める』です。最終的には御茶ノ水エリア全体を巻き込んで、エリアマネジメントという考え方があるのですが、地域に滞留する人をさらに増やして、御茶ノ水エリアの価値を上げていくという試みを、明治大学初でやろうとしています」

 

――イベントが始まるまでにどのようなことが大変でしたか。

 「大変だったことはもう山ほどありますね。まずこういう取り組みをするのが、大学の事務室さんもこちらとしても大学全体としても、初めての取り組みだったので『本当にやって大丈夫なのか』といった懸念もありました。そこで学生支援事務室さんと連携しながら『ピアノをここに設置したい』とか『そういう取り組みをできますか』みたいなやり取りも山ほどあって、そこは第1の壁みたいな感じでした」

 

――M-Naviプロジェクトの選考はいかがでしたか。

 「もともとゼミでやったことを実践したいという思いがあり『じゃあ御茶ノ水は楽器の街だ しストリートピアノやってみよう。コーヒーもついでに出して相乗効果を生み出せたらいいね』という案出しから始まって、それをうまく論理的に『こうだからこうで、じゃあ活動はこういう風にやっていこうとか、詳細はこういう仕組みでやっていこう』とかそういうところを考えて、それをPowerPointの資料にまとめてプレゼンをしてということが、おそらく一番大変でした。僕はその仕組みを組む段階とかをたくさんやっていたのでそれが大変でした」

 

屋外, 建物, 公園, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

(アカデミーコモン前の広場に設置されたMUSPブース)

 

――イベント初期の人の集まり具合はいかがでしたか。

 「第1回目を10月26日にやって、その時は正直なことを言うとそこまでの盛り上がりはなかったです。普段とそこまで変わらず、少し人が増えたりもしたのですが、用意した椅子にもあまり座ってもらえなかったり、ピアノを弾く人も少なかったりしました。しかし、広報がインスタグラムなどを使って頑張っていった結果、最近では常連さんみたいな人もできたり、椅子にも座ってくれたりして、わいわいするようなスペースになってきたかなと思います」

 

――周りの人からの反響はいかがですか。

 「音に関してはさまざまなご指摘がありました。口コミやTwitter、InstagramのDMもくるのですが『ふと音が聞こえてきた、いいね』みたいな意見をいただいたり、駿台予備学校に通っている浪人生の方からもInstagramのDMがきたりして、うれしい反応がいただけました。周囲の病院からも『いい感じで聞こえてきた』といったうれしい反応がいただけましたが、その反面、やはり授業に影響が出てしまうという面もあります。日中のかなり長い時間でやっていたので、各方面から少し『気になるな』という意見をいただきました。音に関しては賛否両論あると思います」

 

――アカデミーコモン前の広場にピアノを置いた理由はありますか。

 「あそこに置いたのは、明大通りとの連携を意識していたからです。そもそもこのプロジェクトの名前がMU STREET PARKという名前ですが、MU STREETとはMEIJI UNIVERSITY STREETを指します。したがって当初の大きな構想では明大通りも使ってイベントをやりたいという案があって、しかしそれは難しい問題が多かったので、あそこの空間となりました。それは御茶ノ水駅から歩いてきた人々に『何かやっている』と思わせたいと考えたからです。そのために、音が聞こえてくるというのも重要なことだとは思うのですが、それだけではなくて視覚的にも『何かやっている』ってやはり思わせたいなと考え、そうすると明大通り側に寄ったところでやろうと思って、あそこの位置になりました」

 

――ピアノの音が聞こえにくい場合はどう対応されましたか。

 「明大のピアノのサークルの方が来てくださったときに相談をしたら『ピアノの上を開けられるよ。ふたを開けると音が大きくなるよ』と言われて、実際に開けてみたらさまざまな所に音が広がっていく感じがあって、さまざまな所に響く環境にはなりました」

 

ピアノを弾いている男性

自動的に生成された説明

(ストリートピアノを実際に弾いている様子)


[渡辺悠志郎]

 

インタビューの続きはこちら

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読