無念の完封負け 自力優勝消滅/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2022.10.17

 届きかけた勝ち点は、そう簡単には手に入らなかった。前日のサヨナラ劇から一転、打線がつながらず零封される。慶大打線の勢いを止められなかった投手陣も7失点を喫し、優勝が遠のく一戦となった。



(明)●蒔田、千葉、石原、髙山、菱川―蓑尾

(慶)○増居、橋本達―宮崎

【安】(明)7(慶)10

【本】(慶)山本(1回)、廣瀬(3回)

【二】(明)上田(6回)(慶)宮崎(8回)◇犠打2 蓑尾(2回)、明新(2回) ◇残塁8 ◇盗塁0 ◇失策0

 

 流れを引き寄せることができなかった。先発・蒔田稔投手(商3=九州学院)は中1日での登板。初回に安打と四球を許した直後、迎えるは5番・山本(慶大)。ボールカウントが先行したものの2ストライクまでこぎつけた後だった。6球目に投じた球は大きな弧を描いて右翼スタンドに突き刺さり、3点本塁打で先制を許してしまう。3回にもソロ本塁打を打たれ、序盤から4点差を追う厳しい展開となった。

 

 4回途中に蒔田が降板。それでも慶大打線は止まらない。終盤の7回裏でさらに1点を取られ、8回裏には二つの四球で1死一、二塁のピンチの場面。打席にはここまで明大打線を0点に抑えてきた慶大の女房役・宮崎が打席に入ると、その打球は無情にも左中間を抜けていく。転々とする打球をよそに、続々と走者が本塁に生還し7点目。重いダメ押し点となった。

 

 打線は再三のチャンスをモノにできなかった。先制点を取られた直後の2回表、上田希由翔内野手(国際3=愛産大三河)の安打を皮切りに1死二、三塁とするも、後続が倒れ無得点。5回表にも安打2本でつくった好機が外野前進守備に阻まれ、またも得点できず。6回表には上田の二塁打などで2死満塁としたところで相手先発投手をマウンドから引きずり下ろした。1点でも欲しい場面だったが、リリーフとして登板した橋本達(慶大)の前に空振り三振。スコアボードに0が並び続け、完封負けを喫した。

 

 勝ち点制が復活し、初めて落とした〝勝ち点1〟。それでも先を見据えるほかない。優勝への絶対条件は立大から勝ち点を獲得すること。〝頂戦〟を終わらせないために、目指すは勝利のみだ。

 

[西田舞衣子]

 



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読