稲見がJ2・東京ヴェルディへ来季加入内定!

サッカー 2021.07.15

 7月9日、MF稲見哲行(文4=矢板中央)のJ2・東京ヴェルディへの来季加入内定が発表された。幼い頃から夢見ていたプロの舞台への第一歩を踏み出し、チームとしてもDF岡庭愁人(政経4=FC東京U―18)に続く2人目のプロ内定者となった。

 

(写真:中盤でキャプテンシーを発揮する稲見)

 紫紺のボールハンターがJ2を席巻する。中盤で相手のボールを刈り取り、圧倒的な運動量を持ち味にボランチから攻守の舵取り役としてチームを引っ張る稲見。明大入学前には矢板中央の主将としてベスト4進出をけん引し、日本高校選抜にも選ばれた。鳴り物入りで入学した明大では、大学サッカーのレベルの高さを痛感。1、2年次では公式戦出場なしと挫折を味わうも、3年次には住永翔(令3政経卒・現AC長野パルセイロ)ら強力MF陣のバックアッパーとしてリーグ戦2連覇に貢献した。副将として臨む今季は、ここまでチームで唯一全試合にスタメン出場するなどキープレーヤーとして躍動している。

 「プロ入りはゴールではなくスタート」。栗田大輔監督の言葉に、覚悟を新たに飛び込むプロの世界。紫紺の勇者が深緑のユニフォームをまとい、J2に旋風を巻き起こす日はすぐそこだ。

 

[土屋秋喜]


選手コメントはこちら


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読