岡庭がJ1・F C東京へ来季入団内定!

サッカー 2021.06.04

 5月31日、DF岡庭愁人(政経4=FC東京U―18)のJ1・FC東京への来季加入内定が発表された。ユース時代を過ごした古巣への復帰が内定し、チームとしても待望の今季初のプロ入り内定選手となった。


写真:攻守で存在感を見せる岡庭

 〝明治の2番〟がその系譜を受け継ぐ。圧倒的な運動量と右足からの正確なキック、そして明大で培った対人の強さを武器に明大の右サイドを支える岡庭。明大入学前にはFC東京U―18の主将として高円宮杯U―18プレミアリーグ・日本クラブユース選手権の2冠獲得をけん引。4年後への大きな希望を抱き明大の敷居をまたいだ。明大では2年次から本格的に出場機会を得て5冠獲得に貢献すると、昨年度は常本佳吾(令3政経卒・現鹿島アントラーズ)のバックアッパーとして躍動。リーグ戦連覇に貢献した。今季はその常本から伝統の背番号2を引き継ぎ、全試合にスタメン出場。ここまでリーグ戦2アシストを記録するなど、攻守でチームをけん引している。「憧れは長友佑都選手(平21政経卒・現マルセイユ)」。加入内定発表時、祝福のメッセージを贈られた大先輩の背中を追いかけ、大学ナンバーワンSBがJリーグに旋風を巻き起こす。

 

[土屋秋喜]


選手コメントはこちら


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読