杉崎が3戦連発! 投打かみ合い早大を撃破/東京六大学春季フレッシュトーナメント

硬式野球 2021.06.03

 4番の一振りが勝利に直結した。初回に1点を先制し、迎えた3回表。杉崎成内野手(総合1=東海大菅生)が3試合連続となる2点本塁打を放つ。投げては岡田幹太投手(政経2=常総学院)が6回を1失点に抑え勝利投手に。杉崎の本塁打によるリードを守り切り、今大会を勝利で締めくくった。




(明)○岡田幹、熊野、石田、森、蒔田―菅原

(早)澤村、●加藤、齋藤正、伊藤―印出

【安】(明)7(早)10

【本】(明)杉崎(3回)

【二】(明)杉崎(1回)

(明)◇犠打1 山内(2回) ◇併殺0 ◇残塁5 ◇盗塁0 ◇失策1

 

 日差しの照り付ける神宮球場で主役を張ったのは、期待のルーキー・杉崎だった。ここまで2試合で2本塁打4打点を挙げている杉崎。注目の集まる中、初回から2死二塁の場面で右中間を破る適時二塁打を放ち、格の違いを見せつける。大物ルーキーの快進撃はこれだけではとどまらない。続いて迎えた3回表の第2打席。死球で一塁に走者を置くと、再び好機で打席が回ってくる。5球目を振り抜いた瞬間だった。確信を持った表情で一塁へ歩き始め、バットを放り投げた。打球は大きな放物線を描き、左翼スタンドへ。この一撃で3試合連続本塁打を記録し、明大ベンチを大きく沸かせた。加えて第3打席にも安打を放ち、この日3安打3打点の大暴れ。課題であった守備でも好プレーを何度も見せ、攻守にわたりチームを勝利へ導いた。

 

 1年生の活躍に先輩投手も応えた。先発の岡田が要所を締める投球で早大打線を6回1失点に抑える。その後も2年生5人の投手リレーでスコアボードに0を並べた。9回裏に2死満塁のピンチを迎えるも、蒔田稔投手(商2=九州学院)が一塁ゴロに打ち取りゲームセット。投打がかみ合い最終戦を勝利で飾った。

 

 この試合で明大は3位という結果に。優勝を果たせず悔しい順位となったが、杉崎をはじめとする期待の若手が頭角を現した。頼りになる下級生が明大の力を底上げし、さらにチーム一丸となって秋季リーグ戦に挑む。

 

[西村美夕]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読