無念のコールド負け 連覇逃す1敗/東京六大学春季フレッシュトーナメント

硬式野球 2021.06.02

 投手陣が精彩を欠いた。先発・蒔田稔投手(商2=九州学院)は2点リードで迎えた2回裏、姫木(法大)に本塁打を浴びる。さらに4回裏には下位打線に猛攻を浴び逆転を許した。何とか勢いを封じたい中継ぎ陣だったが、その後もリズムに乗り切れず、終わってみれば被安打1511失点。無念のコールド負けを喫した。

 

 

(明)蒔田、●森、浅利、渡部慎、千葉―石﨑

(法)○尾崎、塙、武冨―久保田

【安】(明)5(法)15

【本】(明)杉崎(2回)(法)姫木(2回)、今泉(5回)

【三】(法)内海貴(6回)

【二】(明)山﨑(8回)(法)内海貴(3回)、久保田(4回)、西村(6回)

(明)◇犠打1 小池裕(7回) ◇併殺0 ◇残塁5 ◇盗塁2 水谷(2回)、久島(8回) ◇失策0

 

 文字通りフレッシュな顔ぶれが勢ぞろいした血の明法戦。明暗が分かれたのは試合中盤だった。4回裏、連打により逆転を許した先発・蒔田がマウンドを降りると、続く森勝哉投手(文2=広陵)もを投げ3失点壊れかかった試合を立て直したい明大は、試合終盤にルーキー含む3人の投手を投入する。しかし8回裏、四球と連打を許しこの回4失点目を喫したところで試合終了。課題の残る内容でのコールドゲームとなった。

 

 一方、何とか試合の流れを引き寄せたい打撃陣。序盤の2回表、期待のルーキー・杉崎成内野手(総合1=東海大菅生)が2試合連続となる本塁打をバックスクリーンにたたき込む。さらに相手の守備の乱れもあり、幸先よく2点を先制。しかし5回表、無死満塁と絶好の好機を迎えたものの、奪えたのは併殺崩れの1点のみ。8回表には代打・山﨑大智内野手(2=高知商業)の二塁打もあり1点を返すも、反撃には及ばなかった。

 

 Aブロックを2位で通過し連覇を逃した明大。次戦の順位決定トーナメントで迎え撃つのは早大だ。この試合の悔しさを糧に、若き力を輝かせることができるか。若猪軍団の〝逆襲〟に期待がかかる。

 

[栗村咲良]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読