打線爆発! 二桁安打で早大に完勝/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2021.05.15

 明大打線が早大相手に火を噴いた。1回表に3点本塁打を被弾し先制を許す。しかし、4回裏に同点に追い付くと5回裏、篠原翔太内野手(政経4=報徳学園)の適時打で勝ち越しに成功。最終的には15安打8得点で早大投手陣を圧倒し、明早戦初戦を勝利で飾った。


 



(明)〇竹田、渡部翔、磯村―植田

(早)●徳山、森田直、加藤、山下―岩本

【安】(明)15(早)10

【本】(早)蛭間(1回)、岩本(9回)

【三】(明)上田(6回)、村松(8回)

【二】(明)村松(6回)

(明)◇犠打2 竹田(4、6回) ◇併殺0 ◇残塁8 ◇盗塁3 丸山(1、8回)、陶山(8回) ◇失策1


 勢いづいた明大打線は止まらない。初回に3点を先制されるが同点に追い付き、3―3で迎えた5回裏。先頭の丸山和郁主将(商4=前橋育英)が安打で出塁すると、2死三塁の場面で篠原が適時打を放ち、逆転に成功する。続く6回裏にも先頭の宗山塁内野手(商1=広陵)の安打を皮切りに、1点を追加。なおも1死一、二塁の場面で4番・上田希由翔外野手(国際2=愛産大三河)の三塁打でさらに2点を奪い、試合を決定づける。今季ここまで当たりがなかった主砲が、2本の適時打を放ち、復調の兆しを見せた。また、この日上位打線が合計8安打3盗塁の大暴れ。「1、2、3番が出塁してかき回す」(陶山勇軌外野手・商4=常総学院)という言葉通りの活躍になった。

 

 一方で先発の竹田祐投手(政経4=履正社)は初回こそ蛭間(早大)の逆方向への本塁打を被弾するも、2回以降は落ち着きを取り戻し、安定した投球を披露。7回3失点と要所を締める投球で打撃陣に流れを呼び込んだ。

 

 明早戦の初戦は明大が15安打と打線が爆発し勝ち点1をつかみ取った。逆転優勝するためにはもう1敗も許されない。「4連勝して最低条件に乗るしかない」(丸山)と気合は十分。優勝を見据え次戦も勝利を飾り、神宮球場に神風を吹かせる。

 

[中村謙吾]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読