痛恨の敗戦 昨春王者に連勝飾れず/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2021.05.09

 今季のカギを握る一戦だった。先発の髙橋聖人投手(商4=小諸商)は初回を三者凡退に抑える。しかし2回表、連打で1点を先制されると、法大打線につかまり5回途中4失点。終始、試合の主導権を握られ連勝を飾ることができず。優勝へ向け、昨春王者の法大に痛い敗戦を喫した。




(明)●髙橋、米原、磯村、石原、渡部翔―植田

(法)○山下輝―大柿

【安】(明)8(法)12

【本】(法)岡田悠(5回)

【二】(明)丸山(4回)、五十嵐(5回)(法)海﨑(2回)、中原(4回)、後藤(5回)

(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁0 ◇失策0

 

 前日の完投勝利から一夜明け、この日のマウンドを託されたのは髙橋。2回表に先制を許すと、4回表には法大の6番・中原にこの日2安打目となる適時二塁打を許し失点を重ねる。さらに5回表、先頭の岡田(法大)に浮いた球を捉えられバックスクリーンに本塁打を浴びると、後続を止めることができずに降板となった。火消しを託された米原大地投手(情コミ4=八王子)も、左翼線への適時二塁打を許しダメ押しとなる3点目を献上。法大打線の勢いを止められなかった。

 

 一方の打撃陣。序盤こそ安打を放つものの、ホームベースが遠く4回までを無失点に抑えられる。しかし5回裏、先頭のルーキー・横山陽樹内野手(情コミ1=作新学院)が出塁すると、代打の五十嵐寛人外野手(文4=山梨学院)が二塁打を放ちチャンスをつくる。一死二、三塁の好機を迎えると、打席には陶山勇軌外野手(商4=常総学院)。二塁への内野安打は失策を誘い2点目を追加。反撃の狼煙(のろし)を上げたかに思われた明大打線だったが、その後は法大・山下の外角低めに決まる直球に押され無得点。完投勝利を許した。

 

 血の明法戦を連勝で飾ることができなかった明大。来週の明早戦からは5000人上限での有観客試合が再開される。神宮球場に詰め掛けた観客の前で勝利をつかむことができるか。逆転優勝へ向け、明大の春はまだまだ終わらない。


[栗村咲良]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読