竹田が初完投! 血の明法戦の初戦を勝利で飾る/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2021.05.08

    投打がかみ合い競り勝った。先発の竹田祐投手(政経4=履正社)は、自身初の完投勝利を挙げエースの貫禄を見せつける。打ってはルーキー・宗山塁内野手(商1=広陵)が決勝打となる右越本塁打を放ち、相手エースをノックアウト。価値ある1勝を挙げた。




(明)○竹田―植田

(法)●三浦、武冨、尾﨑、古屋敷―舟生、大柿

【安】(明)5(法)5

【本】(明)宗山(5回)(法)三浦(5回)

【二】(明)植田(2回)、村松(6回)(法)後藤(7回)

(明)◇犠打5 丸山2(6、8回)、上田(6回)、竹田(7回)、堀内(9回) ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁2 陶山(3回)、村松(3回) ◇失策1

 

     気迫の投球を見せた。エース・竹田は、法大打線に的を絞らせず、打たせて取る投球でアウトを重ね、序盤はスコアボードに0を並べる。5回裏に相手投手の三浦(法大)に本塁打を浴びたが、その後は走者を背負いながらも法大打線に三塁を踏ませず。終わってみれば、9回を投げ107球。要所を締める投球で、〝11番〟にふさわしい投球を披露した。


    エースの好投に打線も応えた。1点を失った直後の6回表、先頭の村松開人内野手(情コミ3=静岡)が二塁打で出塁すると、4番・上田希由翔内野手(国際2=愛産大三河)が犠飛を放ち1点を追加。明大らしい粘りの野球で、法大に流れを渡さなかった。


    期待のルーキーも躍動した。3回裏から途中出場した宗山が5回表、好投手・三浦の初球を捉えると、打球は右翼手の頭を越えスタンドへ。この本塁打が、リーグ戦初安打となった。第2打席でも右前に打球を運び、これからの活躍を予感させた。


    負けが許されない中で序盤に先制点を奪い、試合終了まで終始主導権を握り続けた今試合。「先制、中押し、ダメ押しをしていきたい」(村松)。まさに理想的な形で勝利を収め、勝ち点1を手にした。翌日も好投手がそろう法大をチーム一丸となって打ち崩し、4季ぶりの優勝に向けて突き進みたい。

 

[伊藤香奈]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読