悔やまれるボーク 痛いミスで惜敗を喫する/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2021.04.24

 緊急事態宣言前、最後の有観客試合は手痛い敗戦となった。初回に先制されるも植田理久都捕手(国際4=高松商)の本塁打などで3点を奪い、試合の主導権を握ることに成功する。しかし、6回裏に4点を奪われ再び慶大に流れを渡す展開に。終盤の反撃も及ばず初黒星を喫した。



(明)●竹田、米原、磯村、石原―植田

(慶)森田、○渡部淳、生井、橋本達―福井

【安】(明)12(東)7

【本】(明)植田(4回)、篠原(8回) (慶)渡辺遼(5回)

【二】(明)植田(2回)、陶山2(3、5回) (慶)福井(6回)、萩尾(7回)

(明)◇犠打1 竹田(5回) ◇併殺0 ◇残塁7 ◇盗塁0 ◇失策0


 ミスからの1点が重く響いた。先発のマウンドを任されたのはエース・竹田祐投手(政経4=履正社)。「チームを勢いづける投球を」。そう意気込んで臨むも制球難に苦しんだ。初回から先制点を許し、苦しい立ち上がりとなる。その後チームは逆転するも、6回裏、慶大の強力打線につかまる。2安打2四球で逆転されると、野選で追加点を許し無念の交代を告げられた。それでも負の連鎖は止まらず、後を任された米原大地投手(情コミ4=八王子)がボークを取られこの回4失点。8回表に篠原翔太内野手(政経4=報徳学園)の2点本塁打で1点差まで迫るもあと一歩及ばず。6回裏のボークによる失点を最後まで引きずる敗戦となった。


 しかし、優勝への道はまだ十分に開かれている。副将・植田が長打2本を含む猛打賞を記録。計12安打と打線の好調は依然として維持されている。試合の流れが相手に傾いたときも、ベンチの声が途絶えることはなかった。4月25日から無観客試合となるが、チームを鼓舞する明大ナインの声はやまない。悔しさを味わった今こそ、明大の反撃が始まる。


 [西村美夕]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読