終盤での粘りを見せる! 全勝で40回目のV/東京六大学秋季フレッシュトーナメント

硬式野球 2020.11.13

 〝粘りの明治〟は顕在だ。2連勝で迎えた決勝の相手は慶大。試合は両校ともに譲らぬまま、最終回に突入する。均衡が破られたのは9回表。相手のミスを突き、得点圏に走者を進めると、8番・久島光太郎内野手(政経1=徳島城南)がしぶとく犠飛を放ち、これが決勝点に。終盤に勝負強さを見せ、代替わり後初の栄冠を手にした。



(明)髙山、○石原―小池悠 

(慶)橋本達、森下、田中陸、●渡部淳―善波

【安】(明)4(慶)3 

【二】(明)岡田舜(3回)

(明)◇犠打3 岡本(4回)、堀内(8回)、久島(9回) ◇併殺0 ◇残塁8 ◇盗塁1 大音(9回) ◇失策0


 投手陣の力投が勝利の女神を引き寄せた。先発のマウンドに立ったのは、初戦の早大戦で悔しい内容に終わった、髙山陽成投手(文2=作新学院)だ。序盤はピンチを背負うも、要所を締める投球で慶大打線を寄せ付けない。7回途中を無失点で抑え、チームの勝利を信じて石原勇輝投手(商1=広陵)にマウンドを託す。代わった石原も、直球を中心に三振の山を築き、2人の継投で慶大打線を完封した。

 代走・大音壱汰(政経1=津田学園)の采配も功を奏した。9回表、一死から走者を出すと、大音が代走に送られる。素早く盗塁を決めると、塁上から相手バッテリーにプレッシャーをかける。大きなリードで相手投手の暴投を誘い、続く打者の犠飛でホームイン。大音の好走塁が、数少ない好機をモノにした。


 今シーズンを有終の美で飾った。早大、法大、慶大に3連勝をし、明大は3年ぶり40回目となるフレッシュリーグ制覇。投手陣を中心に、好投・好打で実力を発揮した。来シーズンからの若猪達の〝継勝〟に期待したい。


[野口優斗]


https://lp.unlim.team/cp-big6/2020/autumn/



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読