打線爆発! 二桁安打で東大を圧倒/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2020.10.31

 投打がかみ合い快勝した。打線は初回に植田理久都捕手(国際3=高松商)の適時打で1点を奪う。その後も打線の勢いは止まらず、10安打9得点の猛攻で東大を突き放す。投げては入江大生投手(政経4=作新学院)が6回を無失点に抑え、チームを勝利へと導いた。



(明)○入江、磯村、村田、金光、髙橋―植田、小池悠

(東)●西山、横山、松田、奥野、柳川、小宗―大音

【安】(明)10(東)6

【三】(明)西山(3回)

【二】(明)西山(5回)、村松(6回) (東)宮崎(2回)

(明)◇犠打3 公家2(5、6回)、村松(7回) ◇併殺0 ◇残塁11 ◇盗塁5 丸山2(1回)、村松(2回)、陶山2(3、6回) ◇失策0


 積極的な走塁が大量得点につながった。初回、先頭打者の丸山和郁外野手(商3=前橋育英)が四球で出塁。執拗(しつよう)な牽制のなか二盗、三盗を決めると、5番・植田が適時打を放ち丸山が生還。2回、6回にも盗塁が得点につながり、足を絡めた攻撃が打線を活気づけた。

 大きく組み替えた打順も生きた。今季下位打線を担っていた西山虎太郎内野手(商2=履正社)と公家響主将(政経4=横浜)がこの日は2、3番。この起用に応え、西山は長打2本を含む3出塁、公家は適時打と2つの犠飛でチームに大きく貢献した。

 

 投げては入江大生投手(政経4=作新学院)がエースの意地を見せた。ドラフト会議後、初の登板となった今試合。毎回のように走者を出すも、要所を締め後続を断ち切る。6回無失点と好投し、ドラフト1位の貫録を見せつけた。7回以降は小刻みな継投で東大打線を抑える。最終回に3点を失うも、危なげない試合運びで大量の援護を守り抜いた。

 

 コロナ禍でのシーズンも残すは1試合のみ。4年生にとって最後の試合だ。現在チームは3位につけており、春季の5位からは大きく飛躍した結果となっている。最終戦も勝利を収め、有終の美を飾りたい。


 [西村美夕]



https://lp.unlim.team/cp-big6/2020/autumn/


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読