白熱の投手戦 終盤に追いつかれ痛恨の引き分け/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2020.10.19

 最終回に涙をのんだ。優勝に向け大一番となる慶大とのカード。入江大生投手(政経4=作新学院)と木澤(慶大)の両エースによる投げ合いは、緊迫した投手戦となった。両先発が初回から好投を見せ、相手打者に的を絞らせない。1点を追う明大は7回表、安打1本で2点を取り逆転する。このまま逃げ切りたいところだったが、最終回、四球と失策が絡み、1点を失い2-2の引き分けで試合終了。共に優勝を争う慶大との1戦目は、互いに勝ち点を分け合う形となった。



(明)入江―植田 

(慶)木澤、生井―福井 

【安】(明)5(慶)4 

【二】(明)植田(7回)、入江(7回) 

(明)◇犠打5 公家(2回、7回)、丸山(4回)、藤江(6回)、陶山(7回) ◇併殺0 ◇残塁5 ◇盗塁0 ◇失策1 

 

 〝粘りの明治〟を見せられなかった。先発・入江は、4回裏に1点を失うも、味方の好守備にも助けられ、力投を続ける。1点をリードされ迎えた7回表、無死一塁。5番植田理久都捕手(国際3=高松商)が三塁線を破る適時二塁打を放ち同点に。犠打で手堅く送ると、7番陶山勇軌外野手(商3=常総学院)の犠飛で一挙逆転に成功した。

 

 しかし最終回、明大守備に誤算が生じる。5回以降パーフェクトピッチングを続けていた入江が先頭打者に四球を許し、打席には4番の正木(慶大)を迎える。初球を捉えられ、打球はライトへ。すると、右翼手・陶山がまさかの後逸。あとアウト2つ、土壇場で追いつかれてしまった。残りの打者を抑え何とか引き分けに持ち込んだが、優勝を目指す明大ナインにとっては、煮え切らない結果となった。

 

 入江は、今秋開幕時こそ調子を崩していたが、今試合では慶大打線を相手に9回10奪三振2失点と、法大1回戦に続き完投。完全復活を遂げた。優勝に向けて、絶対に負けられない明大ナイン。「厳しい戦いになってくると思うので、数少ないチャンスをモノにして勝っていきたい」(公家響主将・政経4=横浜)。残り3試合、明大らしい〝粘り〟を見せ、春の雪辱を果たしたい。

 

[野口優斗]



https://lp.unlim.team/cp-big6/2020/autumn/


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読