竹田執念の投球! 法大下し4連勝/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2020.10.13

 優勝へ向け一歩前進だ。竹田祐投手(政経3=履正社)は7回途中まで無失点と好投。その後も小刻みな継投で法大打線を寄せ付けず無失点で試合を締めくくった。打線も4回、竹田、日置航内野手(商2=日大三)の連続適時打で先制。さらに上田希由翔内野手(国際1=愛産大三河)にも7、9回に適時打が生まれ5-0で白星を挙げた。



(明)○竹田、髙橋、磯村、入江―植田

(法)●鈴木、三浦、山下輝、高田孝―大柿

【安】(明)12(法)2

【三】(明)上田(7回)

【二】(明)丸山(1回)

(明)◇犠打3 丸山(3、9回)、西川(7回) ◇併殺0 ◇残塁10 ◇盗塁1 陶山(8回) ◇失策0


 次期エースの誕生だ。春季リーグ以降先発から遠ざかっていた竹田。実に公式戦では8試合ぶりの先発マウンドとなった。初回からテンポよく試合を展開し、5回まで一人も塁に走者を出さず。7 回途中までに許した安打は1本、また8つの三振を奪うなど圧巻の投球を見せつけた。さらに打っても4回、2死一、三塁で左前適時打を放ち先制点を挙げるなど、投打で大活躍。春に防御率9.72と苦しんだ竹田だが、ここにきて完全復活を遂げた。

 4番の一振りで試合を決定づけた。打線は4回、竹田、日置の連続適時打で2点を先制する。さらに7回、2死二塁の場面で打席には今季から4番に定着した上田。甘く入った球を右中間まで運ぶ、適時三塁打で貴重な追加点を挙げる。9回にも1死二、三塁の場面で左前への2点適時打を放つなど、好機に強い打撃でチームを援護。今後も頼れる4番の成長に目が離せない。

 

 明大の勢いは誰にも止められない。立大、法大戦で勝ち越しチームは4連勝。竹田の先発復帰でさらに厚みを増した明大にスキはない。次は陸の王者・慶大との一戦。残りの試合も着実に勝利を重ね、優勝街道を一気に駆け上がりたい。

 

[久野稜太]



https://lp.unlim.team/cp-big6/2020/autumn/



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読