二桁安打の猛攻! 立大から勝ち点1を奪取/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2020.09.26

 

 中盤からの打線爆発で快勝だ。1回裏、3回裏に本塁打を浴び一挙3点を先制されてしまう。しかし、5回表に植田理久都捕手(国際3=高松商)の適時二塁打で逆転に成功。投げては、先発・入江大生投手(政経4=作新学院)が6回3失点の粘投で今季初勝利。9-4で紫合戦初戦を勝利で飾った。


 

(明)○入江、磯村、宮内、渡部翔―植田

(立)●中川、比屋根、栗尾、宮海、南田―竹葉

【安】(明)13(立)10

【本】(明)上田(8回)(立)太田(1回)、三井(3回)、山田(9回)

【三】(明)丸山2(4、8回)

【二】(明)植田(5回)

(明)◇犠打3 植田(4回)、藤江(5回)、丸山(5回) ◇併殺3 ◇残塁10 ◇盗塁0 ◇失策0

 

 今春の課題であった〝終盤の粘り〟を克服する一戦となった。序盤に3点を先制されるも、明大ベンチから焦りは感じられなかった。4回表に犠飛で1点を返すと、その後明大打線に火がつく。5回表、2死二、三塁で打席に立ったのは、早大2回戦でリーグ戦初本塁打を放ち好調の植田。中堅手の頭上を越える逆転適時二塁打でチームに流れを引き寄せた。8回表には上田希由翔内野手(国際1=愛産大三河)のダメ押しの一発が試合を決定づけるものに。打線がつながり投打がかみ合う試合となった。

 

 紫合戦初戦は、明大らしい〝粘りの野球〟で勝ち取った1勝。残りの試合に弾みをつける価値あるものとなった。「立大戦に絶対に勝ち切ることを意識して練習できている」(公家響主将・政経4=横浜)とチームの雰囲気も良好。「一戦必勝で全ての試合を戦い抜く」(公家)。見据えるのはもちろん優勝。次戦も勝利で飾り、優勝に向け前進するのみだ。

 

[都甲可奈子]


 

https://lp.unlim.team/cp-big6/2020/autumn/


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読