土壇場で痛恨の勝ち越し本塁打被弾 2戦連続で落とし優勝は絶望的に/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2020.08.11

 昨日・10日の早大戦を落とし迎えた立大戦。明大は初回から守備でミスが続き3回までに3点を失う。その後同点とするも、途中登板のエース・入江大生投手(政経4=作新学院)が8回裏に決勝点となる本塁打を浴び惜敗。早くも2敗目を喫し、優勝からさらに遠ざかる形となった。



(明)髙橋、宮内、渡部翔、●入江―篠原

(立)中川、宮海、栗尾、◯池田陽―竹葉

【安】(明)7(立)6

【本】(立)冨永(8回)

【二】(明)篠原(2回)、清水風(9回)

(明)◇犠打0 ◇併殺1 ◇残塁5 ◇盗塁0 ◇失策4

 

 明大は初回、2アウトから清水風馬内野手(商4=常総学院)の2つのエラーで先制を許す。2、3回もエラーと四球絡みで2点を失い、苦しい継投策を強いられる展開に。中盤は中継ぎ陣も踏ん張り、打撃陣もそれに応えるように7回表、同点に追いつく。

 3-3で迎えた8回裏。先頭・冨永(立大)に対し、入江が投じた2球目。148キロの直球を弾き返されると、打球は無情にもライトスタンドに吸い込まれていった。土壇場での勝ち越し本塁打に沸き立つ立大ベンチ。打たれた入江は、悔しさを押し殺すような表情でホームインを見届けた。9回表の追い上げも及ばず、3-4で決着。課題の残る一戦となった。

 

 今試合は、特に守備のミスが目立った。3回までに4エラー、4四球で3失点。序盤から主導権を握られたまま苦しい展開が続いた。過密日程かつ、猛暑の中マウンドで奮闘する投手陣。そういった状況だからこそ、野手陣が堅実な守りでリズムを作り、攻撃に勢いをつけることが求められる。

 

 3試合を残し0勝2敗と、連覇へ向け後がなくなった。次戦は陸の王者・慶大。例年苦しめられている因縁の相手を下し、わずかに残された可能性へ向け前進するのみだ。

 

[加川遥稀]

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読