入江に負けん 投手力で頂点へ 竹田祐投手/東京六大学春季リーグ戦展望

硬式野球 2020.07.31

例年4月の新入生歓迎号にて扱っております硬式野球部特集ですが、今年度は新型コロナウイルスの影響で発行を見送らせていただいております。そこで今回は4月に向け作成しておりました記事の一部をWEBにて公開させていただきます。



 「自覚と責任を持ってマウンドに立ちたい」。上級生になり一皮むけた姿が垣間見えた。竹田祐投手(政経3=履正社)は大学入学後、順調に成長街道を歩んできた。だが、昨秋は自己最小となる3試合の登板に終わり「全てが駄目だった」。それだけに強い危機感を持ち己を磨いてきた。投球の幅を広げるためにチェンジアップを習得。森下暢仁選手(令2政経卒・現広島東洋カープ)から握りを伝授された。「速い球だけでは打者も慣れてくる」。緩急で直球がより生きるように。さらに今までは捕手任せであった配球も、自ら考えるようになった。「頭をしっかり使って投げる」。打者に的を絞らせない投球術を徐々に確立しつつある。

 入学当初からのプロ入りという目標は変わらない。森下選手、伊勢大夢選手(令2営卒・現横浜DeNAベイスターズ)の2枚看板が抜け、竹田の活躍は不可欠。「あと2年で自分の人生も変わってくる」。その語気には強い覚悟が込められている。クールな男の覚醒に期待大だ。

 

[小畑知輝]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読