チャンスつかめず 慶大とのカード初戦を落とす/東京六大学秋季リーグ戦

硬式野球 2019.10.19

 悪い流れを断ち切ることができなかった。明大は初回に本塁打を打たれ、2点を先制される。その裏に添田真海内野手(法4=作新学院)の適時打で1点を返すも、5回表に暴投と犠飛でさらに2点を追加されてしまう。そのまま追い上げることができずに1―4で敗戦。連敗を止めることができなかった。



(明)●伊勢、入江―蓑尾、西野

(慶)○髙橋佑、髙橋亮、津留崎、石井―郡司

【安】(明)7(慶)7

【二】(明)和田(1、6回)(慶)郡司(5回)、小原(5回)

【本】(慶)柳町(1回)

(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁8 ◇盗塁1 陶山(1回) ◇失策1

 

 立ち上がりに苦戦した。ドラフト会議後、初の試合で先発したのは横浜DeNAベイスターズから3位指名を受けた伊勢大夢投手(営4=九州学院)。初回、1死二塁の場面で打席に上がったのは同じく福岡ソフトバンクホークスから5位指名を受けた柳町(慶大)。「甘い考えがどこかにあった」(伊勢)とチェンジアップを捉えられ、2点本塁打を浴びる。その後も四死球が目立ち、7回を投げ4失点と、本来の投球ができなかった。

 

 一方の打撃陣も課題が浮き彫りとなった。明大は1回裏と3回裏に四球と安打満塁の場面をつくる。しかし、あと1本が出ず、得点圏の走者をホームに返すことができなかった。春季リーグ戦では〝粘りの明治〟を見せていただけに「何かが足りない」(北本一樹内野手・文4=二松学舎大付)。今試合で放った安打は慶大と同じく7安打。勝負強さが、勝敗を分ける結果となった。

 

 この試合の敗戦で5連敗となった。ここ5試合での平均得点はわずか1点と貧打が続いている。その状況を打破するためには、課題である打撃の克服が必要不可欠だ。残り試合数が少なくなってきた中で、「意地を見せたい」(北本)と気持ちを奮い立たせる。明日こそ投打がかみ合う試合を見せ、勝利を収めたい。

 

[都甲可奈子]

 

試合後のコメント

北本

――今日の試合の感想をお願いします。

 「全然歯車が合わないという感じですね。普通に負けました。バッティングもつながらないし、守備も乱れるし、ピッチャーも我慢できていません。当然勝てないだろうと思う試合です」

 

――もう負けられない試合しか残っていませんが、どのような思いでしょうか。

 「慶應にこのまま全勝されるのも、嫌ですし、明治の野球はこんなものかみたいに思われていると思うのですが、どこかで意地を見せないといけないと思います。今年のチームは粘り弱いなっていう部分があるので最後に粘りを見せられたらなと思います」

 

和田慎吾外野手(商4=常総学院)

――自身は2安打ですが感触はいかがでしたか。

 「タイミングも合っていましたし、きちんとボールも見極めていたので感触的には良かったかなと思います」

 

入江大生投手(政経3=作新学院)

――春よりも安定した投球ですが、手応えは感じていますか。

 「春よりも安定してはいますが、まだまだなので、もっと楽に抑えられるような投球をしたいと思います」

 

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読