北本4打点の大活躍! 38年ぶり大会制覇へ好発進/第68回全日本大学選手権

硬式野球 2019.06.12

全日本大学選手権の2回戦。シード枠だった明大は上武大(関甲新学生連盟)を下した福井工大(北陸大学連盟)との試合となった。2-2の同点で迎えた5回に北本一樹内野手(文4=二松学舎大付)の中前打で勝ち越すと、6回にも北本に3点本塁打が飛び出し突き放す。7回にも1点を加え、初陣をコールド勝ちで飾った。


 

◆6・12 第68回全日本大学選手権(神宮球場)
▼対福井工大
○明大9×―2福井工大
 123456789
福井工大0002000  2
明大000233  9


(明)○伊勢、磯村―西野、蓑尾

(福)、斉藤、武盛、國光、谷―宮石、小川

【安】(明)8(福)4

【本】(明)北本(6回)

【二】(福)神藤(4回)

(明)犠打1 清水頌 併殺0 残塁9 盗塁5 添田(6回)、陶山(4、7回)、丸山(5回) 失策1

 

 頼れる副将が躍動した。勝ち越しが懸かった5回の第3打席。「どんな球でも食らいつこうと思っていた」と低めのフォークボールを技ありの打撃で中前にはじき返す。続く6回の打席では四球の直後ということもあり、直球にヤマを張り狙い撃ち。打球は打った瞬間に分かる特大アーチ。テクニックだけでなくパワーも見せつけ、4打点を上げる大活躍を見せた。今春リーグ戦終了後に打撃フォームの改造に着手。余計な動きをなくすことをテーマに掲げ、高校の先輩である鈴木誠也選手(広島東洋カープ)の打ち方を取り入れた。その結果、対応力の高い打撃を手に入れた。

 投手陣では伊勢大夢投手(営4=九州学院)が昨秋リーグ戦秋以来となる公式戦での先発。今後の大会の命運を左右する初戦の先発を任され「期待されていると思った」と覚悟を決めてマウンドに上がった。今春のリーグ戦では150キロも記録した伊勢。しかし高校時代の監督から「力んで投げるな」と助言を享受。この日はその言葉通り、低めに球を集める丁寧な投球で6回を2失点に抑え、先発の役割を果たした。

 

 38年ぶりの優勝に向けて上々の出だしとなった明大。次戦の相手は戦国東都を制した東洋大。「ほんとに次がヤマ場だとおもう」(北本)。六大学代表のプライドに懸けて、絶対に負けられない。

 

[小畑知輝]

 

試合後のコメント

善波達也監督

――初戦を突破しました。

 「立ち上がりは不安でしたが、北本を中心に反撃して初戦を突破できてありがたいです」

 

北本

――本塁打を打った感触はいかがでしたか。

 「打った瞬間は行ったかと思ったんですけど、本塁打は昨秋以来だったので入った瞬間はホットしました」

 

――初戦を突破しました。

 「もう一度神宮で試合ができるので、この勢いのまま勝っていきたいです」

 

伊勢

――久しぶりの先発はいかがですか。

 「神宮での先発は久々だったので少し緊張はしました」

 

――投球の手応えはいかがでしたか。

 「しっかりと低めにも行ってましたし、直球で差し込めていたので良かったと思います」

 

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内