秋の主役は俺たちだ! ルーキーの活躍で東経大に辛勝/夏季オープン戦

硬式野球 2018.08.17

 投手リレーで逃げ切った。今春の首都大学野球連盟2部リーグで優勝を果たした東経大との一戦。2回以外無得点と打撃陣は苦しめられたが、4投手の継投で3-2と辛勝した。        


 

 頼もしいルーキーたちが躍動した。先発は竹田祐投手(政経1=履正社)。力強い直球を中心に5回無失点と、三塁を一度も踏ませない好投を披露した。打撃陣で光ったのが小泉徹平内野手(商1=聖光学院)だ。2回の2点適時打を皮切りに、この日2安打1犠打。指揮官の起用に見事応えた。今春リーグ戦、1年生ながらベンチ入りを果たした両選手。秋に〝奪冠〟のキーマンとなるべく、若武者たちが成長を続ける。


 勝負どころでの打撃がカギだ。2回以降毎回出塁するも、得点は2回に挙げた3点のみ。あと1本の出ない、歯がゆい展開になったことは秋へ向けた課題だろう。秋季リーグ戦開幕まであと1か月。一つ一つの課題を克服していく、そんなオープン戦にしていきたい。

[小野原琢真]



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読