特集記事
SPECIAL

(2)生田軟式野球部インタビュー② ~長島洸生内野手編~

明大スポーツ新聞 2022.07.08

 廃部の危機から復活を遂げた。今年で創部60周年を迎える生田軟式野球部。しかしコロナ禍で活動が制限され、昨秋には部員が0に。この危機にOBOG会が立ち上がり、20人以上が入部、念願の春季リーグ戦出場を成し遂げた。今回は苦難を乗り越え部活動存続の一助となった選手たちにインタビューを行った。

※第2弾は長島洸生内野手(理工3=大和)です。このインタビューは6月25日に行われたものです。

 

――軟式野球は大学に入ってから始めましたか。

 「そうですね。高校時代は硬式野球をやっていました」

 

――なぜ生田軟式野球部に入ろうと思いましたか。

 「部活自体が昨年の12月までやっていなくて、私も入ったのが2年の12月でした。先輩もいない中でしたが、同じ高校出身の嶋根寛人主将(理工3=大和)に一緒にやろうと言われたので入りました」

 

――コロナ禍での活動で苦労したことはありましたか。

 「先輩がいないので、最初は練習ができないほど人数が少なかったです。2年生もかなり来てくれていたのですが、人数が少ない中で練習をするのは大変でした」

 

――この期間、部員自身が考えて活動したことを教えてください。

 「たくさん連絡を取ったりして、自分たちで練習するようにしていました」

 

――コロナも落ち着いてきましたが、変化はありましたか

 「一番大きいのは1年生が何人も入ってきてくれたことです。人数も増えて試合の練習ができるようになったので、助かっています」

 

――下級生を見ていて思うことはありますか。

 「活気があって練習もたくさんしてくれています。初心者も入ってくれたのですが、毎回来て頑張ってくれています。なので自分たちもしっかりやろうと気を引き締めて頑張っています」

 

――コーチはどのような方でしょうか。

 「OBの方なので積極的に動いてくれます。始動した時もユニホームなどが間に合わなかったのですが、OBの方たちが送ってくれたのですごく感謝しています」

 

――春季リーグ戦ではスタメンで出場していましたが、どのような気持ちで臨みましたか。

 「高校の時はあまりスタメンではなかったので、楽しいという気持ちが強かったです。とにかく自分が楽しめたら、と思っています」

 

――自分自身をどのような選手だと考えていますか。

 「守備がそこまで動けるということでもないので、投手を助けるような粘り強い打撃を心掛けています」

 

――秋季リーグ戦へ向けて、ご自身の目標はありますか。

 「試合に出られるかは分かりませんが、一つでも多く塁に出て好機をつくることができればと思います」

 

――チーム全体の目標を教えてください。

 「(リーグが)1部と2部で分かれているのですがコロナ禍で混ざってしまい分かれていない状況です。なので1部に残ることが目標です」

 

――ありがとうございました。

 

[高橋佳菜]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読