特集記事
SPECIAL

(11)ポジション徹底分析 ハーフバックス編②

ラグビー 2020.05.11

こちらは続編です


◆齊藤誉哉(文2=桐生一)

◆齊藤誉哉データベース◆

大会名

試合数

出場時間

トライ数

2019関東大学春季大会

1

80分

1

2019関東大学ジュニア選手権

4

222分

1

2019関東大学対抗戦

1

80分

0

2019全国大学選手権

1

80分

0

 

昨年の関東大学春季大会日大戦で堂々の紫紺デビュー。下級生とは思えない抜群のキック力でゲームを展開するのが特徴。「(リハビリ中の山沢選手の穴は、齊藤誉にとって)経験を積むチャンス」(田中監督)。今年も10番の座を虎視眈々と狙う。

 

≪総評≫ 

 田中監督、田村優選手(平23文卒・現キヤノンイーグルス)をはじめ、多くのスターが生まれた明治のハーフバックス。

 「チームを勝たせるという思考はハーフ団としては必要不可欠」(田中監督)。新たに5人のルーキーが加わり、し烈なメンバー争いに拍車をかける。高校日本代表に選出経験のある大越勇気(営1=茗溪学園)をはじめとする一同に「本当に楽しみ」(田中監督)。紫紺の選手が躍動する日もすぐそこだ。


[中村奈々]


次回は14日(木)センター編です。お楽しみに!


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読