特集記事
SPECIAL

(10)ポジション徹底分析 セカンドロー・バックロー編②

ラグビー 2020.05.08

こちらは続編です


<ナンバーエイト>

坂和樹選手(令2政経卒・現NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)に代わるFWキーマンは

学年名前出身校身長・体重
4年篠田昌寿日立一182㌢・95㌔
 箸本龍雅東福岡188㌢・107㌔
3年大石康太国学院久我山179㌢・96㌔
2年脇野倫太朗深谷184㌢・99㌔
1年石浦大貴桐蔭学園178㌢・100㌔

(引用:明治大学ラグビー部公式サイト 5月8日現在)


◆箸本龍雅(商4=東福岡)

◆箸本龍雅データベース◆
大会名試合数出場時間トライ数
2019関東大学春季大会2109分0
2019関東大学対抗戦7472分6
2019全国大学選手権3237分2

昨年まではロックのスタメン。関東大学春季大会日大戦、関東大学対抗戦青学大戦ではナンバーエイトとして出場した。坂選手の大きな穴を埋める存在は箸本がファーストチョイスか。

主将がどのポジションでチームを引っ張るのか。今季の最大の見どころの1つだ。


≪総評≫

今季のセカンドロー、バックローは3年次での公式戦経験豊富な選手がそろう。箸本、髙橋のポジションによっては、昨年と布陣が大きく異なる可能性も視野に入れたい。フロントロー然り、今季のFWレギュラー争いは激戦必至だ。


[内山嶺]


次回は11日(月)ハーフバックス(スクラムハーフ、スタンドオフ)編です。お楽しみに!


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読