特集記事
SPECIAL

友でありライバル2年生コンビで「ヒーローに」 手嶋杏丞&鈴木聖人

競走 2019.12.19

 今や明大を語るのに欠くことのできない存在となった鈴木聖人(政経2=水城)と手嶋杏丞(情コミ2=宮崎日大)。2年生ながらチームを支える2人の強さに迫った。


花開いた季節

 先に前に出たのは鈴木だった。高校3年次、3000㍍茨城県記録を塗り替えると一気に世代トップ選手へと成長。明大入学後も、阿部に次ぐ準エース格として三大駅伝全てにエントリー。常にチームの中心で活躍を続けてきた。そこに台頭してきたのが手嶋。大学1年次も随所で存在感をアピールしていたが、三大駅伝は予選すらも未出走。しかし今夏から調子を上げ、箱根予選会では堂々の日本人4位でチームトップに。11月の1万㍍記録挑戦会でも今年度チーム2位の28分40秒72を記録するなど、今最も注目の選手だ。


デッドヒート

 1年前の1月。手嶋は箱根3区にエントリーされるも、当日補欠に。「今までで一番悔しかった」。同学年ながら1区を任された鈴木の背中を見守ることしかできなかった。入学直後から「勝てたら世代トップになれる」と意識してきたが、以後はこれまで以上に張り合うように。距離でもペースでも、少しでも上回ることを誓った。主軸へと成長した今も気持ちは変わらない。それは他大の注目選手を尋ねられ「正直鈴木しか見えない」と答える徹底ぶり。ライバルの存在が手嶋を押し上げた。そんな同期を「伸び伸びと楽しそうにやっている」と評す鈴木。箱根予選会で5番手に甘んじるなど伸び悩む彼にとって、今の手嶋は少しまぶしい。それでも「自分が頑張れていたときは手嶋もこんな気持ちだったと思うから。悩んでいてもしょうがない」。並走はしない。いつも全力の抜きつ抜かれつで。負けず嫌いたちはさらに強くなる。


ヒーロー志望

 幼い外見や言動から、まとめて〝小学生〟と称されることもある似た者同士。箱根を走る理由にも「ヒーローになりたいから」と声をそろえた。彼らにシード権獲得が懸かっていることは間違いない。ただそこにいたのは、純粋に強さを求めるだけの2人の悪童だった。


【島田雄貴】



※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読