特集記事
SPECIAL

小袖英人 「焦りはない」ロード克服で2度目の箱根へ挑む

競走 2019.12.19

 全日本区間5位、1万㍍記録挑戦会での自己ベスト更新。夏の故障から見事復帰を果たした小袖英人(政経3=八戸学院光星)。彼の進化は今なお続いている。昨年度の箱根のようにはならない。追い風を味方に付けて、チーム悲願のシード権獲得を狙う。


高みを目指す


 積み上げた努力のたまものだ。全体117位と悔しさの残る結果となった箱根予選会。すぐに気持ちを切り替え「全日本では自分が頑張りたい」。任されたのは流れのつくり手となる1区だった。責任の重さを感じつつスタート。7㌔過ぎで勝負を仕掛けると、最後まで先頭集団に食らいつく好走を見せた。3週間後の1万㍍記録挑戦会では、練習による疲労を感じつつも28分34秒33。自己ベストをたたき出した。大舞台で活躍を見せた一方、両レースを通して競り合いでの詰めの甘さを再認識。「自分に足りないものを埋めていきたい」。現状に妥協はしない。研さんを積んで学生最高峰ランナーを目指す。


抱くチーム愛

 1人の力だけではシード権には届かない。今夏から阿部弘輝主将(政経4=学校法人石川)は本調子で走ることができず、別調整の日々が続いた。そんな中「チームに貢献したい」。先頭に立って、けん引する役を買って出た。常に後輩への声掛けやアドバイスを欠かさず、その姿は「後輩の面倒見がいい」(前田舜平・政経3=倉敷)と同期も感心するほど。以前とは違い、周りを見る選手に成長した。常に心の中にあったのは「3年生として自分が頑張らないといけない」。今やすっかり板についた〝明大の準エース〟の肩書。そこには実力だけではない、仲間を気遣える懐の深さがあった。


動じぬ精神力

 前回の箱根は低血糖症に苦しみ、区間18位。ふがいない結果に終わった。その悔しさがあるからこそ、今年度は「箱根がモチベーションになっている」。ひたすら鍛錬を重ねたこの1年。練習量への信頼から「焦りは全然ない」。プレッシャーを感じさせない余裕を見せた。準エースへと成長を遂げた今年度の集大成として「区間5位以内が大きな目標」。この〝クールランナー〟が明大飛翔へカギになるのは間違いない。冷静沈着な彼の熱いレースに期待が募る。


【金内英大】



※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読