明大スポーツ第535号 八幡山対談企画 競走部×サッカー部

明大スポーツ新聞 2024.01.23

 明大スポーツ第535号2面では、明大八幡山グラウンドにフォーカスした特集を掲載。昨年3月に新設された第三合宿所で生活する、競走部の齋藤司主務(商4=城南静岡)とサッカー部の江口雄翔主務(法4=桐朋)に対談取材を行った。

 

本記事では紙面に掲載し切れなかったインタビューをお送りします。(この取材は1月14日に行われたものです)

 

――お二人とも主務ですが、交流はありますか。

齋藤 サッカー部が公式戦でグラウンドを使う時に、競走部はその周りのトラックで練習をしているので相談したり、スケジュールの調整で連絡を取っていました。

江口 公式戦の時に運用の関係で協力して頂かないといけない部分が多いので綿密に連絡を取り合って協力していただきました。とても助かりましたし、ありがたかったです。

 

――他の部活との関わりはありますか。

江口 今年度からの試みで八幡山の主務で集まって話す機会を設けて、競走部、サッカー部、アメリカンフットボール部、ラグビー部、アイスホッケー部、アーチェリー部が参加してくれました。地域貢献活動などを八幡山でやるにあたって他部と連携が取れた方がやりやすいですし、次の代の主務をどうするかとか、マネジャーと選手どちらが主務をやるべきかとか、主務だからこそ分かる悩みもあるので有意義な機会になりました。これから他の部も巻き込んでやれたらなと思います。

 

――地域貢献活動とはどのようなことをされているのですか。

江口 今年度、八幡山でホームゲームを開催する機会が多くなって、開催にあたって試合前に地域の小学生を呼んでサッカークリニックをやったり、旧寮の跡地にキッチンカーを呼んで観戦で来られた方や地域の方に利用していただいたりしました。あとは周辺の清掃活動や雪かきもします。

 

――主務のやりがいについて教えてください。

齋藤 寮内の管理やマネジャーへの指示、取材対応など裏方の大黒柱として動くので、考えていたことが上手くいったときにはやりがいを感じます。でも一番のやりがいはサポートしている選手が結果を出した時ですね。

江口 僕はマネジャーと主務の兼任で、マネジャーとしてサポートする中で試合に出られない人が練習で必死に頑張ってレギュラーをつかみ取って点を取った時とかはうれしいですね。頑張ってきた人が報われる瞬間が見られるのはうれしいなと思います。主務は日常をつくっていく作業だと思うので、試合のエントリーとか普通に試合が行われるためにも大変ですし、試合が一つ終わるとほっとしていました。

 

――主務として大変なことを教えてください。

齋藤 選手は全国レベルの成績を出しているすごい人ばかりなんですけど、やはり提出物忘れたり「え、こんなことありましたっけ?」って平気で言ってきます(笑)。すごい人たちなんですけど、やはり一人の大学生というか、ちゃんと弱い部分も強い部分もあるので、そこをきっちり見ないといけないのは大変だと思います。

江口 サッカー部に限って言うと、今まで102年間ずっと選手が主務をやっていたんですけど、マネジャーが主務をやるというのが部にとってはじめての経験でした。競技をやっている人だからこその説得力があると思うんですけど、プレーで示せない以上、裏方での作業で人一倍、誰よりもチームのために走らなければいけなかったのは最初の方は悩みました。

 

――寮生活はいかがですか。

齋藤 部活に入る前は一人のファン、観客として箱根駅伝を沿道から観る立場でレースの走っている部分だけしか見られないんですけど、寮生活だとそこに至る過程も含めて全部見ることができるので楽しいと感じます。

江口 人の顔が見れるというか、ピッチ上の頑張っている姿だけじゃなくて、一緒に生活すると『こんな一面があるんだな』とか『こいつこんな良いやつなんだな』とか、人の顔が見れるので、それは寮生活やっていて良かったなと思います。

 

――寮生活のルールを教えてください。

齋藤 夜の10時までに帰ってくるとか、10時半に消灯とか、寮内飲酒はだめとかがありますね。僕ら長距離は個人競技で、一人一人の生活リズムでいくらでも成績は変わってしまうので、生活リズムを確立してほしいという意味で基本的なルールは決まっています。

江口 基本的なことは同じように決まっていて、サッカー部独自のルールだと、練習に行く前に1階の脱衣所に着替えを置いて、練習から帰ってきたら2階の部屋に戻る前に風呂に入るというルールがあります。そのまま2階に上がってしまうと汗で汚れてしまったり、ゴムチップが落ちてしまったりして良くないので、そのようなルールを学生内で決めています。

 

――ありがとうございました。


[春木花穂]

 

◆斎藤司(さいとう・つかさ)商4、城南静岡高

◆江口雄翔(えぐち・たけと)法4、桐朋高


関連記事 RELATED ENTRIES