帝京大に完敗 5年ぶりの日本一ならず/全国大学選手権

ラグビー 2024.01.14

 5年ぶりの日本一を懸け挑んだ帝京大との決勝戦。前半は序盤こそ相手にリードを許す苦しい展開となるも終盤に2トライを立て続けに取り、12―14と反撃ムードで折り返す。しかし、後半はペナルティーも重なり流れは帝京大に。リードを広げられる中、最後まで反撃の糸口をつかむことはできず。最終スコア15―34で敗れ、2年ぶり13度目の準優勝で今年度の明大の戦いは幕を閉じた。

 

◆1・13 全国大学選手権(国立競技場)

▼対帝京大戦

 明大15{12―14、3―20}34帝京大○ 

 

 開始早々、試合が動いた。前半3分、帝京大の左サイドへの展開とステップワークに対応できず、先制点を献上。直後のコンバージョンゴールも決まり、7―0とリードを許してしまう。その後は両者チャンスを作るもディフェンスが粘りを見せ、得点にはつながらず。前半22分には落雷の影響により選手がグラウンドから退くと、結果的に55分という長時間の中断となる。異例の状況下となり、コンディション維持が難しい中、試合再開直後にはラインアウトモールから追加点を許し、リードを広げられる。相手に流れが傾いたかのように思われたが、前半35分に反撃開始。敵陣5メートルのラックからパスで左サイドに小刻みに展開すると、最後は大外に構えた右センター秋濱悠太(商3=桐蔭学園)が3人のタックルをかわし、トライ。「前半の大事な1本目のトライを取れて良かった」(秋濱)。さらに39分、帝京大のノックオンで敵陣深くのスクラムを獲得。セット後、スタンドオフ伊藤耕太郎(商4=国学院栃木)からのパスを受けた左ウイング海老澤琥珀(情コミ1=報徳学園)が抜け出し、グラウンディング。「4年生のおかげで取れたトライだった」(海老澤)。12―14と両者譲らぬ展開で試合を折り返す。

 

 「ハーフタイム中には、問題ない。大丈夫だと話した」(中山律希・政経4=天理)。確かな手応えをつかみ迎えた後半も雨と雪が降り続ける悪天候の中、開始。ところが、そのようなグラウンド状況の影響からか明大は立て続けにペナルティーを犯してしまい、ペナルティーゴール2本を決められ、点差を広げられてしまう。その後も必死の攻防を続けるも、相手の攻撃を止められることができず、点差が徐々に拡大。「簡単にボールを手放してしまった」(スクラムハーフ萩原周・商4=大阪桐蔭)。23分に左センター廣瀬雄也主将(商4=東福岡)がペナルティーゴールを決め、3点を返すが反撃もここまで。その後も相手の追加点を阻止できず、最後は15―34で無情にも終わりを告げるホーンが鳴り響いた。

 

 明大の伝統に誇りを持ち、日本一奪還を掲げひたすらに走り続けた今年度。しかし、王者・帝京大の壁は高く、すぐそこにあった栄冠にはまたも届かなかった。それでも、試合後帝京大が歓喜の輪を作る中、国立競技場には廣瀬コールが巻き起こった。「本当にたくさんの方が応援してくれていたんだなと。明治を選んで主将をやらせていただいて、本当に幸せな瞬間だなと思い、いろいろな感情が込み上げた」(廣瀬)。「間違いなく100年で一番いいキャプテンだったと思う。副将として隣でラグビーができて幸せだった」(左ロック山本嶺二郎・法4=京都成章)。100周年という節目に優勝という記録は残せなかったかもしれない。だが、間違いなくチーム廣瀬の1年間は感動を与え続け、多くの人々の記憶に残っただろう。そして、その姿は次の明大の100年間を担っていく後輩たちの目にも色濃く映ったと同時に思いをつなげたに違いない。4年生が成し遂げられなかった日本一という夢を追いかけ、これからも明大ラグビー部は〝前へ〟と進み続ける。

 

[廣末直希]


関連記事 RELATED ENTRIES