佐田、近藤亨が自己ベストを更新、3日目以降に弾みをつける/日本選手権兼U20日本選手権

競走 2022.06.11

 全国からえりすぐりの精鋭が集まる日本選手権がヤンマースタジアム長居で開幕した。1500メートルに出場した近藤亨(商4=愛知県私立愛知)は予選で自己ベストを更新し、決勝で8位に入賞。最初で最後の日本選手権は、満足のいく結果となった。

 

◆6・9~12 第106回日本選手権兼U20日本選手権(ヤンマースタジアム長居)

[1日目]

▼U20男子400メートル予選

 2組 佐田 6位 47秒79

 

▼U20男子1500メートル予選

 1組 堀颯 7位 4分18秒22

 

▼男子1500メートル予選

 2組 近藤亨 4位 3分42秒50 決勝進出

 

▼U20男子5000メートル決勝

 森下 10位 14分25秒72

 堀颯 12位 14分47秒94

 

[2日目]

▼男子三段跳び決勝

 鈴木憲 記録なし

 

▼男子1500メートル決勝

 近藤亨 8位 3分45秒83

 

 最後の追い上げが光るレースだった。1500メートル予選に出場した近藤亨は前半、後方から先頭を追いかける走りを見せた。「後ろからいってラストまで余力を残して走ろうと思っていた」。その言葉通り、残り1周で加速。そのまま勢いを落とすことなく、自己ベストのタイムをたたき出し、4位で決勝進出を決めた。喜びのあまり、拳を掲げる場面も見られた。決勝でもラストスパートをかけ、8位入賞。「何よりも楽しもうと思っていた」と、日本選手権という大舞台を締めくくった。

 

 「トップとはまだ戦えないことを自覚したレースだった」(佐田龍昇・法1=大分東明)。U20男子400メートル予選に出場した佐田は、関東学生対校選手権(以下、関東インカレ)で課題としていた出だしの勢いの弱さを克服し、序盤から攻めの走りを見せた。しかし後半にいくにつれて、トップ選手から離されてしまい、差を縮めることができず。自己ベストを更新するも、6位で決勝進出とはならなかった。「体力がないという課題につながっている」と悔いの残る一戦に。またU20男子1500メートルに出場した堀颯介(商1=仙台育英)は、ラスト1周で転倒という思わぬ出来事が起こったが、最後まで粘り強い走りを見せた。

 

 4日間行われる日本選手権の好スタートを切った明大競走部。3日目には関東インカレにも出場した窪田悠人(政経1=沼津東)が登場する。U20への出場が多かった前半戦。同期からのバトンを受け継ぎ、どのようなレースを見せてくれるのか、期待が高まる。

 

[石井遥]

 

※レース後のコメントは後日「明鏡紫水」にて掲載いたします。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読