関東インカレ初日 3種目で決勝進出を決める/関東学生対校選手権

競走 2022.05.20

 いよいよ関東学生対校選手権(以下、関東インカレ)が開幕。初日は1500メートルや400メートル、そして4×100メートルRで決勝進出を決め、明日以降へ駒を進めた。また、1万メートル決勝では児玉真輝(文3=鎌倉学園)、富田峻平(営4=八千代松陰)がW入賞を果たすなど初日から紫紺が躍動した。

 

5・19〜22  第101回関東学生対校選手権(国立競技場)

[1日目]

男子1500メートル予選

 1組 馬場  4位 3分51秒06 決勝進出

 2組 近藤亨 2位 3分52秒40 決勝進出

    吉川陽 6位 3分52秒54

 

男子100メートル予選

 3組 小林枚 5位 10秒79

 

男子400メートル準決勝

 2組 野口 2位 47秒39 決勝進出

 

男子4×100メートルR予選

 2組 小林枚、木村稜、木村颯、松下 4位 39秒51 決勝進出

 

男子1万メートル決勝

 4位 児玉 28分47秒06

 5位 富田 28分47秒71

 17位 小澤 29分34秒74

 

 勝ち切る走りで予選を通過した。400メートルに出場した野口航平(商4=洛南)は予選で組3着に入り準決勝へ。「周りを気にせず集中できた」(野口)。準決勝では2着でフィニッシュし、余裕を持って明日の決勝へ進んだ。4×100メートルRでは昨年度、日本学生対校選手権で出した39秒96の明大記録を上回る39秒51をマーク。「昨年度から出せると確信していた」(小林枚也・法4=八王子)。決勝ではさらなる記録更新に期待がかかる。

 

 1500メートルには先月の法大競技会で結果を残した馬場勇一郎(政経3=中京大中京)、吉川陽(営3=西脇工)をはじめ同種目の日本選手権の標準記録を突破している近藤亨(商4=愛知県私立愛知)が出場。2組ともスローペースでけん制し合う展開で、ラスト1周のスパート勝負となった。馬場、近藤亨は集団から抜け出し決勝進出。3年生で初の関東インカレに出場した吉川陽は惜しくも組6位で次のステージへ進むことはできなかった。

 

 初日から主力が流れをつくった。1万メートルには今年度の長距離部門の三本柱である小澤大輝主将(政経4=韮山)、富田、児玉がそろい踏み。序盤から小澤が積極的に先頭に出てレースを進めていく。富田、児玉も集団の前方で力をため、様子をうかがう展開に。大きな集団のまま中盤に差し掛かると、カマウ(国士大)が大きく抜け出しレースが動く。「自分のリズムで走った方が楽だと考えた」(富田)。6000メートルあたりで第2集団から小澤が遅れ始め、集団は富田が引っ張りそれに他大学の選手や児玉が付いていく。そのままレースが進みラスト1000メートルになると入賞争いを巡り大混戦に。「ペースを上げられて良かった」(児玉)。スパート合戦を勝ち抜き児玉は4位、富田は5位入賞を果たした。

 

 「ここ数年で一番の点数を取っていきたい」(野口)。1部残留を目指す明大としては次につながる1日となった関東インカレ初日。2日目からは2年ぶりの優勝を狙う三段跳びの鈴木憲伸(営4=明大中野八王子)が登場する。また1万メートルからの連戦となる小澤、富田らが5000メートル予選に出場予定。勢いに乗り、大舞台で活躍する紫紺たちに明日以降も注目したい。

 

[桑原涼也]

 

※レース後のコメントは後日「明鏡紫水」にて掲載いたします。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読