明大勢が奮闘するも、課題の残るレースに/兵庫リレーカーニバル

競走 2022.04.24

 曇天模様の中行われた兵庫リレーカーニバル。明大からは計4人が出走した。多くの選手が序盤から積極的な走りを見せるも、そのペースをうまく終盤まで引き継げず、それぞれに課題の残るレースとなった。

 

◆4・23 第70回兵庫リレーカーニバル(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)

▼男子アシックスチャレンジ1万メートル 

1組

 加藤 29分22秒42 10着

 杉  30分20秒67 17着

2組

 児玉 284044 4着

 富田 284323 6着 

 

 1組目は加藤大誠(営4=鹿児島実)と杉彩文海(文3=鳥栖工)の2人が出走。しかし、予想外に苦しい走りとなった。「前半から落ち着いていくことができた」(加藤)と、序盤はいい位置取りでレースを進める。だが杉はリズムをつかめず、早い段階で集団から離れてしまう。「トラックの基礎的な動きができていない」(杉)と、課題の残るレースとなった。また、いい位置取りをしていた加藤も「先頭を引っ張ってしまった」と、想定外の展開に対応できず、入れ替わりで他の選手に抜かれてしまう。「(加藤は)ここが踏ん張りどころ」(山本佑樹駅伝監督)。今回得た課題を、次の試合につなげたい。

 

 2組目は富田峻平(営4=八千代松陰)と児玉真輝(文3=鎌倉学園)の2人が出走。「タイムを狙っていた」(富田)。日本学生ハーフマラソンで4位になり、調子の良さを見せている富田は積極果敢な走りを見せる。「(児玉と)2人で交代で行こう」(山本駅伝監督)と指示が出たこともあり、児玉と二人三脚で集団を引っ張る展開に。終盤に実業団選手らに抜かれてしまい、惜しくも自己ベスト更新とはならなかったものの28分台でまとめる安定した走りを見せた。「昔より力まずに力を抜いて走れるようになった」(児玉)とシーズンを通していいイメージをつかめている児玉。それに対し富田は「ラストのペースアップが他の選手より大きく劣っている」と課題を感じたレースとなったようだ。

 

 今回出走したメンバーは全員5月4日に行われるゴールデンゲームズinのべおかに出走予定だ。「積極的に行ったのは評価できる」(山本駅伝監督)と、着実に上位を狙う意識は付きつつある。この意識を元に、今後の競技会での好記録に期待したい。

 

[菊地隼人]

 

※レース後のコメントは後日「明鏡紫水」にて掲載いたします。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読