ジュニア最終戦 帝京大と引き分ける/関東大学ジュニア選手権

ラグビー 2021.11.22

 最終戦を迎えた関東大学ジュニア選手権。相手は前日の関東大学対抗戦(以下、対抗戦)で敗れた帝京大。前半はいい流れの中、3トライを奪いリードして終える。後半、立て続けに相手にトライを奪われ一時リードを許すも38分にトライを決め、同点。その後は両者攻め続けるも決定機をつくれず、最終スコア22―22で引き分けた。

 

◆11・21 関東大学ジュニア選手権(会場非公開)

▼対帝京大戦

 明大22{17―5、5―17}22帝京大

 

 「最初から自分たちの出せることを出していった」(左ロック松本光貴・商2=明大中野八王子)。前半15分、ゴール前からのラインアウトモールで押し込むと、最後は左プロップ中山律希(政経2=天理)がトライを決める。「最後はFWでこだわって取り切れて良かった」(中山)。チームの狙い通り先に主導権を握る。19分には敵陣10メートル付近のラインアウトからパスで外に展開すると、最後は右ウイング西川賢哉(政経2=桐蔭学園)がトライ。「しっかり外で勝負ができた」(西川)。相手に1トライを許し迎えた34分、右センター石塚勝己(情コミ2=桐蔭学園)が敵陣10メートルで相手ディフェンスの裏にキック。そのボールを左センター齊藤誉哉(文3=桐生一)がキャッチしトライした。「勝ちたいと思っていたのでうれしかった」(齊藤)。ジュニア選手権全勝に向けていい形で前半を終える。

 

 勝利に向けて相手を突き放したい後半。しかし立て続けに相手に得点を取られると、25分にはハーフウエーライン付近でターンオーバーされ、そのままトライを許し逆転される。「後半の入りのところで受け身になってしまった」(スクラムハーフ丸尾祐資・商3=報徳学園)。その後は、敵陣内でプレーするも決められない時間が続く。均衡が破れたのは38分。敵陣22メートル付近でのマイボールスクラムからパスをつなぐと最後は大きく外に展開し、西川がグラウンディングを決め、土壇場で追い付いた。ここからは両チーム決め手を欠き、同点のままノーサイドのホイッスル。両者一歩も譲らない激しい戦いに終止符が打たれた。

 

 「ジュニア全勝で終わりたかった。勝ち切れなくて悔しい」(齊藤)。前半、リードを奪っていただけに悔しい引き分けになった。それでもFWはペナルティーを取り、BKはスペースをうまく使うなど随所にいい場面があった。「ジュニアのメンバーがどれだけAチームに刺激を与えるかでチームは変わる」(丸尾)。ジュニア戦は終わっても彼らの熱い戦いはまだまだ続く。

 

[廣末直希]

 

試合後のコメント

中山

――FWの動きはいかがでしたか。

 「スクラムを課題としていましたが、ターンオーバーをしたりペナルティーをもらったりすることができたので良かったと思います」

 

――帝京大の印象はいかがでしたか。

 「昨日の対抗戦で帝京大に負けてしまい、ジュニアは勝ち切ろうと試合に臨みました。同点でしたがいい試合ができたと思います」

 

松本光

――引き分けという結果をどのように捉えていますか。

 「とても悔しいです。前半は勝つ流れをつくれていたにもかかわらず、後半に集中力を欠いてしまって勝てなかった点は反省すべきだと思います」

 

――これからの意気込みをお願いします。

 「自分はロックもバックローもできるのでどこのポジションで出場してもチームに貢献できるように頑張っていきたいです」

 

丸尾

――スクラムハーフとしてどのようなゲームプランを心掛けましたか。

 「やはり帝京のフィジカルは強いので、前半は負けずに体を当て続けてボールを出し続けることを意識しました。後半は縦のアタックが効き、スペースができると思ったので、ボールを前半以上に動かすことを心掛けました」

 

――BKの動きはいかがでしたか。

 「体を当てて強いプレーをして、空いたスペースでボールを運ぶことが自分たちは得意なのですが、それができたという意味でいい動きだったと思います」

 

齊藤

――DFはいかがでしたか。

 「ビックゲインもされませんでしたし、いいコネクションを保てていたのでいいディフェンスだったと思います」

 

――今後の意気込みをお願いします。

 「ジュニア戦は終わりますが、明早戦と選手権に向けてチームに貢献できるように頑張りたいです」

 

西川

――今日の試合を振り返っていかがですか。

 「前半にしっかりアタックができて点が取れたのは良かったですが、後半帝京の流れが来た際に止められたかので甘かったと思います」

 

――トライシーンを振り返っていかがですか。

 「一つ目はしっかりと外で勝負できたので良かったです。二つ目はセンターの人たちがしっかりとゲインしてくれて運んでくれてありがたかったです」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読