中村吏/秋季リーグ戦開幕直前特集 4年生インタビュー

バスケットボール(男子) 2021.09.13

 ついにラストシーズンとなった。今年度の4年生は2年次に2部落ち、3年次は新型コロナウィルスによって秋季リーグ戦が中止となり苦難の大学バスケット生活を過ごしてきている。既に2大会の中止が発表されている今年度。経験不足を危ぶまれる中で果たしてチームを最高の舞台に連れて行くことはできるのか。今回は最後のリーグ戦、そしてインカレ出場をかけて闘志を燃やす最上級生たちにインタビューを行った。

※第8弾は中村吏(法4=正智深谷)選手です。このインタビューは9月2日に行われたものです。

 

――秋季リーグに向けて個人、もしくはチームの状態の仕上がりについて教えてください。
 
 「自分の仕上がりはリーグ戦に向けて調整はしているのでそこそこいい状態だと思います。トーナメントでもそうだったのですが得点が止まったときに自分のところでもう少し攻められると思いましたね。やはり自分も今年からメインで出ている選手なので少し遠慮してしまっていました。そこをもう少し積極的に点を取りにいったり、リバウンドの面で競り勝ったり、そういったところはチームにも勢いを与えられると思うので。チーム内でも戸堀(春輝・営4=國學院久我山)や常田(耕平主将・政経4=正智深谷といったメインで点を取ってくる人たちだけではきついので、自分ももっと点を取るっていう意識は持つようにはしていますね。チームにもけが人がいたのですが戻ってきているのでトーナメントの時よりも選手層に厚みが増したのでチームとしてもいい方向に持っていけるのではないかと思います。」


――昨年度のオータムカップは準優勝、この時点で来季の課題は見えていましたか。
 
 「1部と2部の違いはディフェンスの強度だと思っています。2部で勝ち上がるにはディフェンスでどれだけアドバンテージを作って速い攻撃につなげられるかが課題だと思うので、そこをチーム全体で意識してやってきた感じですね」


――代として行ってきたことは何かありますか。
  「特にはないですが、4年生の個人個人がチーム内での声掛けやキャプテンを先頭に役割というか、自分には何ができるかを考えて発信してきたというのはありますかね」


――練習試合の勝敗はどうですか。

 「途中まで勝てていて、最後やはり留学生にやられちゃったりするとかもあるのですが手応えもすごく感じています。それとやはり本番になったときに経験の浅い選手たちが緊張で縮こまっちゃうとかが多かったので、もう少し対外試合をやりたいっていうのはあるのですがしょうがない部分はありますね」


――春季トーナメント戦では下級生の活躍が多く見受けられました。秋季にもその力は必要になってきますか。
 
 「下級生はいい選手が沢山入ってきていいチームになっていると思うんです。それでもまだ4年生のチームなので最後は4年生の出来で変わってくると思いますし、勢いと貫禄が合わされば相当強くなるのではないかと思っています」


――チームの鍵となる選手はいますか。
  「4年でいえば常田ですかね。やはりキャプテンが勢いづいているとこっちも良くなりますし下級生で言ったら田邊(太一・情コミ2=福岡大大濠)や平松(克樹・情コミ1=福岡大大濠)といったフレッシュな力を与えてくれていますけれど、やはり常田がいい時はみんないい顔してバスケをやっているので、常田かなって思います」


――ラストシーズンとなります。最後にかける意気込みを教えてください。
 
 「2部で全勝が目標で、インカレチャレンジマッチにも勝ってまずインカレに行くことですね。下級生は、すごくいい選手がそろっているので経験させてやるのが目標ですね」

 

――ありがとうございました

 

[菊地秋斗]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読