稲森美奈/秋季リーグ戦開幕直前特集 4年生インタビュー

バスケットボール(男子) 2021.09.12

 ついにラストシーズンとなった。今年度の4年生は2年次に2部落ち、3年次は新型コロナウィルスによって秋季リーグ戦が中止となり苦難の大学バスケット生活を過ごしてきている。既に2大会の中止が発表されている今年度。経験不足を危ぶまれる中で果たしてチームを最高の舞台に連れて行くことはできるのか。今回は最後のリーグ戦、そしてインカレ出場をかけて闘志を燃やす最上級生たちにインタビューを行った。

※第7弾は稲森美奈(政経4=竜ケ崎一高)マネジャーです。このインタビューは9月2日に行われたものです。

 

――秋季リーグ戦に向けて個人、もしくはチームの状態の仕上がりについて教えてください。
 
 「トーナメントで思うような結果が出なくて、でもそこでチームとしての反省点とかが見つかって、私は負けたことが良かったと言うのは良くないと思うのですがそこでリーグ戦への準備というか、より引き締まって頑張ろうとその負けからみんななったと思うので。やはりリーグ戦に向けては結構高い意識を持って練習できていたので、まだまだだとは思うのですが明治のバスケというのができているのかなと思います」


――代として行ってきたことは何かございますか。
  「私の代はキャプテンにまとめる力があってみんながキャプテンに任せきりなところが最初はあったのですがそこはやはりよくないとなり、それで4年生みんなでしっかりとチームを引っ張っていこうっていう意識を持っていました」


――コロナ禍では大会の延期や練習試合の中止が相次ぎました。その中でチームの雰囲気などはどうでしたか。
 
 「コロナ禍で大会が延び、いつできるか分からない状態が続いていて、リーグ戦も一応できるとはなっていますが、いつどうなるか分からないというところで、予測できない状況なのでモチベーションを保ち続けることや変わる日程の中で照準を合わせ続けるのが大変なのは見ていて思いますね」


――マネジメント業で変わった点などはございますか。

「コロナに対する意識というか、みんなの体調管理や消毒の徹底など、そこら辺で私たちスタッフの意識もだいぶ変わってきたと思います」


――キーとなってくる選手はいますか。
  「やっぱり私は自分の代に期待していて誰とかではなく代として注目してほしいです。常田(耕平主将・政経4=正智深谷)みたいに表立ってガンガン引っ張っていくっていうのも見てほしいのですが、プレーとかコート内で引っ張っていく姿を見せてくれる選手もたくさんいるので自分の代の選手には注目というか、期待しています」


――ラストシーズンとなります。最後にかける意気込みを教えてください。
 
 「目標は、2部全勝優勝するというのが私の中にもありまして、そのためにもまずはリーグ戦を全部ちゃんと戦いきれるように選手の体調管理をしてわずかな変化を見逃さずに気配りとかをして選手のコンディションを1番に考えられるようにしていきたいです。あとは試合の面でも私にできることは何でもやって悔いのないようにサポートしていきたいと思います」


 

――ありがとうございました

 

[菊地秋斗]

 

(写真は明大男子バスケットボール部提供)


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読