橋元400メートル優勝! 1部昇格に向け大きく前進/関東学生対校選手権

競走 2021.05.21

 多くの決勝が行われる、勝負の2日目。男子400メートル決勝では橋元優成(法4=川薩清修館)が優勝。その他の種目でも続々と入賞を果たし、1部昇格に向けて前進した。

 

◆5・20~23 第100回関東学生対校選手権

(相模原ギオンスタジアム)

[2日目]

▼男子110メートル決勝

6位 飯島 14秒70

 

▼男子三段飛び決勝

2位 鈴木 15m88

4位 佐藤 15m25

 

▼男子400メートル決勝

1位 橋元 47秒32

4位 野口 47秒75

 

▼男子1500メートル決勝

4位 近藤 3分53秒31

 

▼男子4×100メートルR決勝

5位 小林牧、木村稜、木村颯、松下 41秒05

 

 雨がふりしきるグラウンドで、熱い勝負が繰り広げられた。男子400メートル決勝には橋元、野口航平(商3=洛南)の2人が出場。予選、準決勝と自己ベストを更新し、波に乗る橋元は「後半勝負しようと思った」。その言葉通り、後半一気に差し切り、見事優勝。「4年生の意地とプライドだけで走った」。レース後に見せたガッツポーズが4年間の苦労を物語っていた。

 

 男子三段跳び決勝には、昨年度優勝の鈴木憲伸(営3=明大中野八王子)、佐藤泰星(文4=会津)が出場。4本目以降、目まぐるしく順位が入れ替わる中、鈴木は一時首位に躍り出る15m88の跳躍を見せた。「悔いはない」(鈴木)。惜しくも優勝は逃したものの、事前に設定した目標はクリア。佐藤も4位入賞を果たし、明大に大きな得点をもたらした。

 

 その他、男子1500メートル決勝では近藤亨(商3=愛知県私立愛知)が4位入賞。前日、予選落ちした馬場勇一郎(政経2=中京大中京)、新井晴文(法1=国学院久我山)の思いも胸に快走を見せた。「2人の分も挽回してやろうと思っていた」(近藤)。好調を維持していた上級生が、後輩の悔しさを晴らした。

 

 前日からのいい流れそのままに、一部復帰の期待も高まる。現在順位は前日より2つ上がり2位に。翌日には明大の強みである競歩部門が控える。「一緒に頑張るように応援したい」(鈴木)。チーム一丸、1部昇格に向けて突き進む。

 

[飯塚今日平]

※レース後のコメントは後日「紫走堅固」にて掲載いたします。

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読