内定選手によるコメント M F、F W編/Jリーグ加入内定選手合同記者会見

サッカー 2020.12.23

 駿河台キャンパス、グローバルフロントにて、12月22日現在で来季Jリーグへの加入が内定している12選手による合同記者会見が行われた。明大からのJリーガー誕生は、11年連続となった。当記事ではMF、F Wの選手のコメントを取り上げる。

 

以下、選手コメント

M F住永翔(政経4=青森山田)


 「明大では様々なことを学び成長させていただきました。サッカー面では特徴を磨くだけでなく、自分の課題と常に見つめ合い、成長を積み重ねることができました。サッカー以外では、人間性の部分など、社会で必要とされる人材になるための訓練というものをしてきました。今後の抱負として、1月の全国大会を最高の仲間たちと共に制覇したいと思っています。卒業後はAC長野パルセイロの勝利に全力で貢献し、サポーターの方々に愛され続ける選手になるために頑張りたいと思います。」

 

M F坂本亘基(ロアッソ熊本ユース)


 「大学生活を振り返って、みんなサッカーのこと言っているので、学生生活を振り返ってみると、同じ法学部の岩田(寛生・法4=藤枝東)と一緒に徹夜で勉強してまた朝練をするサイクルを繰り返したテスト期間の苦しみが蘇ってきます。ロアッソ熊本ではコンスタントに試合にでて、チームのJ2昇格に貢献できればと思います。」

 

M F力安祥伍(文4=サンフレッチェ広島ユース)


 「みんなサッカーの話をしているので、自分はほろ苦い経験について話したいと思います。1年生の頃の話ですが、試合前日に食べたご飯に当たってしまって、試合に出れなくなった経験があります。当時はチームにも迷惑をかけてしまい、自分自身も申し訳なさと情けなさでいっぱいでした。そこからユニホームを着る自覚を持ってプレーしてきました。金沢では自分の特徴である運動量を武器に、勝利に貢献していきたいと思います」

 

M F持井響太(文4=滝川二)


 「大学生活で最も印象に残っていることは、昨年のインカレの決勝です。僕はけがで応援席からピッチを見ていましたが、あれだけチームが1つになって、日本一という目標に向かって戦う姿には感動しました。今後の目標としては、まず1月の全国大会で優勝する事です。東京ヴェルディでは、自分の持ち味であるドリブルを生かして1つでも多くの勝利に貢献していきたいと思います」

 

F W小柏剛(商4=大宮アルディージャユース)


 「昨年のインカレ決勝の日が一番思い出に残っています。試合が終わった後、もう4年生とサッカーができないと思うと自然と涙が出てきて、自分自身4年生が本当に大好きだったんだなと感じた日でした。明大での生活は残り1ヶ月ですが、そんな4年生になれたらと思います。今後の抱負としては、1月の全国大会で優勝して、プロの舞台でも自分のスピードという特徴を活かして得点を量産して活躍することで、明大に恩返しをしたいと思っています」

 

F W佐藤凌我(政経4=東福岡)

 「自分は4年生になったら絶対会見の場に立つという気持ちでプレーしてきたので、こうして会見に参加できる事をうれしく思います。寮生活は大学が初めてだったので不安も多かったですが、4年住んだ今は「住めば都八幡山」と思えるようになりました。常に仲間と切磋琢磨(せっさたくま)して成長できたと思います。東京ヴェルディでは支えてくれた人たちに感謝の気持ちを持ち、多くの人に感動や勇気を与え、多くの人たちに愛される選手になれるよう頑張っていきたいと思います」

 

F W狩土名禅(文4=桐生第一)


 「大学ではケガが多く、4年間のうち半分くらいしかプレーできませんでしたが、ケガをするたびに色々考え方が変わったり、視野が広がったりして思い出に残っています。1月の全国大会では4年生全員で絶対に優勝をつかみたいと思います。ギラヴァンツ北九州ではJ1に昇格できるように自分の力を発揮して頑張っていきたいです」

 

[サッカー担当一同]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読