体育会一覧
CLUB LIST

ラグビー部

スクラムで圧倒し、春明早を制す/招待試合

ラグビー 2018.06.18

 春シーズンを勝利で締めくくった。来年のW杯開催地・豊田スタジアムで行われた早稲田との招待試合。序盤から明治ペースに持ち込み、前半を17―5で折り返す。後半は一時早稲田のタフなアタックに苦しむもののFW戦で優位に立ち29―5。伝統の一戦は明治に軍配が上がった。
 
◆6・17 招待試合(豊田スタジアム)
▼対早稲田戦
 ○明治29{17―5、12-0}5早稲田


  スタンダードの差が顕著に表れた。17―5で迎えた後半開始直後にキックオフボールを獲得ミスすると、一気に早稲田ペースに。テンポの速い連続アタックに苦戦し、自陣でのディフェンスが続いた。アタックが強みの明治にとって前に出られない我慢の時間だったが「ディフェンスでずっと前に出続けて、相手のアタックラインを下げることができた」(スクラムハーフ福田健太主将・法4=茗溪学園)。そして後半11分、自陣で相手ボールをターンオーバーすると、スタンドオフ二浦瑞樹(営3=明大中野)がキックパス。すかさず右ウイング山村知也(営3=報徳学園)がキャッチし、約40メートルの独走トライを演出。「全員が80分間集中力を切らなかった」(左プロップ齊藤剣・政経4=能代工)からこそ、攻撃と守備がかみ合い1トライに抑えることができた。
 
 スクラムで勝負は決まった。天理大戦からスクラムで後手に回ってしまい、チームの強みにすることができなかった。「組んだときのヒットがチームには足りない」(齊藤剣)。そこで早稲田戦前の練習からかなりの本数を組んで、8人でまとまって低く組んで押すことを再確認した。また13日にはトヨタ自動車ヴェルブリッツとFW合同練習を行い、安定感のあるセットプレーを追求。その成果が表れたのは前半12分だった。「組んだ時点で勝てると思った」(ナンバーエイト坂和樹・政経3=明大中野八王子)。相手ペナルティーで敵陣深くのマイボールスクラムを獲得すると坂が自らボールを持ち出し、先制となるスクラムトライを決めた。また22―5で迎えた後半29分にも敵陣ゴール前のスクラムで2度コラプシングを誘発し、認定トライを獲得。「相手にプレッシャーをかけてマイボールをしっかりキープできた」(齊藤剣)と重戦車のプライドを見せた。
 
 個人のレベルアップに特化した春シーズン。そのためチームの戦術には手をかけていないが「選手たちが主体的にコミュニケーションを取っている」(田中澄憲監督)。8月からの夏合宿から戦術面に取り組んでいくが「FWからでもBKからでもトライを取れるチームを目指す」(坂)。向上心の尽きないチームに死角はない。8月の菅平合宿でさらなる成長を遂げ、大学日本一への挑戦に挑む。


[木村優美]


試合後のコメント
齊藤剣
――今週はどの部分を重点的に練習しましたか。

 「アタックを積極的にやることです。FWはセットプレーとスクラムを重要視しました。結果的に良いスクラムが組めて相手にもプレッシャーをかけることができたし、マイボールもしっかりキープできたので良かったです」
 

――春に成長した部分はどこですか。

 「途中ケガもありましたが、自分の持ち味のボールキャリーを磨くことができました。今日もその部分をアピールできました。FWからでもBKからでもトライが取れるチームを目指します。そのために自分の強みを生かしてチームに貢献できるように練習していきます」
 
二浦
 ――どのようなゲームメイクを考えて臨みましたか。

 「ディフェンスがかなりいいチームだと聞いていたので、しっかりとダイレクトにゲインライン切ってアタックすることと、接点で負けないようにブレークダウンを取ることを意識して、明治らしい動かすラグビーをしようと考えていました」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内